アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« お宝?? | トップページ | 二十四の瞳 »

ジンギスカン

P1000421 日本でジンギスカンというのはラム肉の焼肉のことだと認識してます。私が食したことのあるジンギスカンは北海道札幌のサッポロビール園内にあるジンギスカン料理だけでした。フライパンをひっくり返したような形の鉄板でやや厚切りの一口サイズの肉ともやし、ねぎ、たまねぎ、などの野菜を焼いて、焼肉みたいにタレをつけていただきます。この料理が最近都内でもブレイクしてるんじゃないかと思われるのです。結構あちこちで見るんですね、ジンギスカンという看板を・・。北海道に行かなくても食べれるのなら一度試してみない手はないということで、行ってまいりました。東京ジンギス倶楽部http://www.to-jin.com/index01.htmlなる団体の評価を信じ、新橋駅徒歩5分ほどにあるジンギスカンの店「金の羊」へ。行ってみてびっくり。店の外には順番待ちのお客が列を成しておりました。まるで人気のラーメン屋です。それでも焼肉と同じでどんどん焼いて食べるしかないので、回転は思ったより早く、30分ほどで店内へ入れる感じです。ただし、グループの場合、一人でも遅れてきてると後回しになります。私たちも一人が仕事の関係で遅れたので、飛ばされちゃいました。それでも椅子が用意されているので、それほど苦痛を感じることはありません。

ようやく中に入ってみると、感じのいい店員さんたちが注文を取って次々と準備をしてくれます。今貴重な炭を使った七輪がカッカと燃え、その上に北海道と同じ山型のジンギスカン鍋(といっても網状に穴が開いていた・・)を乗せ、たっぷりの野菜と「生でも食べれるよ」というラム肉を乗せていきます。焼き加減に気をつけて特性タレでいただきます。醤油とソースが混ざったようなタレですが、これに刻みにんにくと一味唐辛子を好みでプラスして使います。これが絶品! 3人で7人前のジンギスカンを平らげ、最後に残ったタレにポットから厚い何かを足して、スープにして飲むのが流儀のようです。さぁ、この厚い何かですが・・なんと「ジャスミンティー」なのです。そして、これがまたと~~ても不思議なお味・・。美味しいのよねぇ。

にんにくプンプン臭わせながら、すぐ近くのバーに入りました。このバーが中国人の可愛いお嬢さんがカウンターにいて、とても、とても覚束ない手つきでカクテルを作ってくれるのですが、そんなカクテルだから、味はとても期待できるものではありません(^_^;)。でもとても気さくで居心地はよかったなぁ。カクテル3杯で2時間ほどいて本日終了。新橋のオツな夜となりました。

ともかく、ジンギスカンは絶対おすすめ! ジンギスカンを食す上でもっとも肝心なポイントは「生ラム」を使っているかどうか、です。冷凍肉は臭みが出て食べにくいのです。行かれる際は「生ラム」を使用してるかどうかご確認の上、ぜひ一度お試し下さい。(*^^)v

« お宝?? | トップページ | 二十四の瞳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/5229911

この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカン:

» 黒七輪でジンギスカン [■東西南北・閑閑話■]
無性に何かを食べたくなる時ってあるよね!? ボクは何故かやたらとラム肉が食べたくなってしまったんだ。 こういうことは直ぐに行動に移すのがボクの良いところ?で、しかしながら家族という共同生活・同一家計で生存中のボク、さしあたり細君の今夜の献立との兼ね合いを確認して、いざ買出しへ! こういう些細な気遣いが日頃から大事なんだよね〜 えっ、そんなの当然だって!(笑) まぁ�... [続きを読む]

« お宝?? | トップページ | 二十四の瞳 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず