アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

あまりに美味しいものたち

3005010052
本来なら写真を載せたいところなのですが、写真なしで、グルメなお話を・・。

土曜日のお昼に前からマコリンが話してくれていた尾山台の中華レストラン「豪華飯店」に行って来ました。名前は「豪華飯店」なのですが、店自体は割りと入りやすい感じの趣きで、値段も割りとリーズナブル。一品1000円くらいの感覚で食べられます。
海老のふわふわ揚げ、春巻き、餃子、五目やきそば、五目チャーハンと3人でかなり食べました(^^)v
メニューはそれほど目新しい感じはしないかもしれませんが、それぞれとても美味しいのです。特に「餃子」。皮が厚みがあってモチモチしていて、とても食べ応えがあります。まるで小肉包を食べてるみたい。海老のふわふわ揚げは私の好物ですが、これもかなりいい線いってます。
都知事がこちらで召し上がって、「上手い!」と唸ったとか・・(^^)

その帰り道に、ちょっと遠回りして、深沢でSWEETSを買いました。お店は「NAOKI」といってとても素敵なケーキ屋さんです。種類もかなり置いてあり、どれもとても美味しそうで選ぶのに時間がかかります。こんなお店が近所にあったら毎日一つづつ買いそう(^_^;) 車の運転ができなくて良かったかも・・。

ケーキを買いにお店に入る前に、隣のパン屋さんが目に入りました。なんだかとても心弾かれる佇まい。迷わず寄ることに。もう、これが大当たり!。こちらも多くの種類を焼いていて、目移りです。今夜のメニューを急遽パン食ということに決め、あれこれと沢山買いました。それが・・もう・・めちゃくちゃ美味しいの☆ パン屋さんの名前は「モンタボー」。1977年創業らしいので、きっと地元では有名なお店なんじゃないでしょうか。

ケーキもパンも最高のお味でした。

この1週間はとても幸せでした・・ほんと☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

薔薇園

1
さて、夢のような夜を過ごしたあくる日・・。移動も含めて3時間ほど立ちっぱなしだったにもかかわらず、なぜか足は元気で(嫌なことだとすぐ音を上げるくせに^^;)、お天気もいいので友達とちょっとしたハイキングにでかけました。

ホントに残念ながら我が家の98では写真のアップができないのですが、とても綺麗なものを見に行ったのです。向ヶ丘遊園の「バラ園」です。前夜に引き続き気品のあるものを(*^。^*)

お天気が素晴らしかったこともあってバラはとても綺麗でした。ちょっと時期的に早すぎたらしく花の数はすくなかったのですが、いい癒しの時間となりました。春の方が沢山咲いてみごとらしいしです。「向ヶ丘遊園地」自体はかなり前に閉園してしまい、もう「跡地」状態なのですが、バラ園は川崎市のほうで面倒を見ているらしく、かなりの本数が残っています。ただ、資金不足なのか状態のよくない木が多く、その点がやや残念ではありました。入場料を取っていないのですが、一人たとえ300円でも取って、もっとバラの手入れをするとより素晴らしい庭になって、もっと人々が集まるんじゃないかと思いますね。

心地よい風とほのかなバラの香りを感じながら、ただダラダラとおしゃべりをしたのですが、実はこれが何より一番のストレス解消なんだって思いました。なんだかスッキリしたもの。主婦としては身近に友人がいないというのはやはりかなりのストレスなんだよなぁ。おしゃべり大好きだし(^_^;) もっとも話していた内容は、歳相応に「親の老後」とか「体の不調」とか「子どもの進路」とか滅入る話ばっかりだったんだけどね。でもそんな話題を何の遠慮も躊躇もなくただおしゃべりできる友人って少ないのですよ。そんな人がいることを本当に幸せだと感じました。

昨日に引き続き幸せな・・私です(*^。^*)☆

理想の恋人 QUEEN

music_s
Queenというバンドとの出会いは学生時代でした。ある日まこりんから見てみたいバンドが来てるから一緒にどう?と誘われ、確か3人ほどで連れ立って「当日券」を並んで買って入ったのです。あの頃外タレロックバンド武道館公演といえども当日並べば簡単に入れたんですよ。しかも意外といい席だったんですよ。ところが周り中がコアなファンだったらしく、そのものすごい嬌声に歌はまったく聞こえない状態で、たまらず係員に頼み込んで「立ち席」へと移動したのでした。それくらい当時のQUEENというのはアイドルなバンドだったのですね。しかし私はロックコンサート自体が初めてで、しかもアレですから(^_^;) すっかり毒気にあたった感じで音楽のよさを感じる余裕もなく、終わってから記憶に残ったのはフレディの声と彼の独特なパフォーマンスだけでした。よく傘や箒をマイクがわりに歩く真似とかしてましたね。キャンパスで・・(^_^;)
その後しばらくたってからようやく私はQUEENの「グレイテストヒッツ」を手にするわけです。その中で繰り広げられていた音楽の世界は壮大で美しく、コミカルで逞しく・・言ってみれば理想の恋人をそのまま音楽にしたような、そんな世界でした。理想のバンド、ここに有り!だったのですね。
その後のQUEENに関するいろいろを書くのはまたの機会といたしますが、そんな出会いのQUEENを学生時代の初ライブ以来、20数年ぶりに見ることができたのです。

まず、準備段階として水曜日にゆーちぃと「QUEENを歌う会」と称して・・ゆーちぃも今回のツアーを一緒に聞きに行きました・・カラオケで3時間歌いまくり準備万端整えました<どんな準備やねん(^_^;)

さいたまスーパーアリーナまでの道のりは長かったなぁ。1時間半以上かかってようやく到着。まずはグッズ売り場で前から買おうと思っていたTシャツを物色。結局欲しかったのは売りキレで別のデザインのもので我慢。当然パンフも買って会場内へ・・。
ファンクラブの友人に取ってもらった席は前から2番目。友人は前と言うだけで端っこ故に舞台があまりよく見えないこの席に恐縮してくれましたが、とんでもない。前から2番目だよ! ほとんど生でブライアンを見てる状態だよ。もうとにかくハッピィ(*^。^*) 座ってとりあえずはお食事(^_^;) 買い込んできたマックを頬張り開演を待ちました。

QUEENはボーカルのフレディが亡くなってほとんどバンドとしては消滅したようなものだと思いますが、今回残りのメンバーのうちギターのブライアンメイとドラムのロジャーテイラーが新しくポールロジャースをボーカルに迎えてライブツアーをしているのです。ポールはハスキーな男っぽい声の人だというイメージを持っていたので、繊細で美しくかつ力強いフレディの声とはまるで異質な彼がどこまで歌うのかということに興味がありました。

実際ライブでのポールは思ったよりもずっと声がよく、歌の技巧という点でもフレディを凌駕するほどだと感じました。しかし、歌は上手いだけじゃ駄目なんだということも改めて感じてしまいました。フレディの怪しげな魅力こそがQUEENの魅力の大きなエレメントだったんだということを痛感しました。もちろん、ポールを否定するつもりはまったくないのです。彼の勇気とそしてその人柄のよさ(^^) 本当に痛いほどそれは伝わり、彼がいたからこその今回のQUEENツアーであることにファンはみんな感謝しているのです。たぶん、多くのQUEENファンがアナタのファンになったと思いますよ・・ポールさん。マコリンに言わせればポールロジャースだって十分ビッグなロックアーティストであり、もっと彼の曲も聞きたかったらしいですし・・(^_^;)

今回は20年ぶりのQUEENとしてのツアーであり、ブライアンとロジャーの言ってみればお里帰りのような意味合いもあって、ファンも彼等もどことなく和やかに、十分楽しんで過ごせた2時間だったのではないでしょうか。日本のファンだけにサービスしてくれたらしい「I was born to love you」などは、ほとんど即興で歌っているようで、ブアライアンとロジャーをとても身近に感じることができました。たぶん、インタビュー時にどこやらの記者がリクエストしてくれたのもあったと思うんだよね。それに答えてくれた二人に感謝です。

QUEENの曲は本当に独自性の高い、それでいて、普遍的な魅力のある素晴らしい楽曲なのだということを実感し、大きな幸せを感じました。前に新宿でミュージカル「We Will Rock You」を見たときは涙が出て止まらず、今回も親しいQUEENファンの皆から泣けるよ~と聞いていたのですが、私はただただひたすら嬉しく、めちゃくちゃHAPPYで、涙より自然と「ニヤケル」自分を押さえられなかった・・そんな木曜の夜でした☆

PC入院中

so01398_p
しばらくお休み状態でしたが、忘れられてないかな?(^_^;)
実は何度かブーケにも書きましたが、windowsxpが「CD-Rが焼けない」という基本的な不具合があり、思い切って修理に出しているのです。ヨドバシで買ったPCで、もう購入から一年以上経っているのですが、ヨドバシ5年保証をつけてあるので、修理代もそれほど心配要りませんしね。それにしても購入来ほとんどCD-Rは使っていないので壊れるということは考えにくく、第一、まるで成功率が低い・・15枚に1枚くらい焼ける・・これはまず、購入時から変だったと言うことじゃないかと疑っております。違うかも知れんけど・・(^_^;)

そういうわけで、今まーちぃにあげた旧PC、windows98で書き込んでいます。これが、通信状態は同じなのに、まるで駄目ですね。ブログを読もうとしてもまず画像がほとんど出てこない。いえ、出てくるんですけど、遅いんです。書き込むのにも時間がかかって・・。面倒なのでどうしても滞ってしまいました。

ところが、そんなこの一週間、いろいろあったんですよぉ。本来なら画像つきでバンバン記事を書きたいところですが上手くいきません(>_<) とりあえず、出来事の羅列となりますが、少しだけご報告いたします。お暇な方は読んでね☆

築地の楽しみ

3005000018 ゆーちぃの受験結果は・・・合格いたしましたぁ!!\(^o^)/ カンパーイ! これで彼女は春から晴れて美容専門学校へまいります。良かった、よかった(ToT)

それでもゆーちぃの高校生活はまだまだありまして、来週火曜日からの中間試験に向けて勉強を始めました・・今頃(^_^;)。

そんなゆーちぃを尻目に今日は築地へ・・。月に一度は築地へ行っているかもしれません(^_^;)。まずはお昼をどうしようかという話になったのですが、15、6年前に行った事があるという記憶を頼りに築地場外にある「井上」というラーメン屋さんへ・・。

大通り沿いに並んだ小さな店たちの中に「井上」はありました。間口一間の厨房のみの店。ほんとに厨房しかないんです。お客は通路に並べられた立ち食い用のテーブル二つに自分でラーメン運んで食します。車道に駐車されたトラックにどうもスープやチャーシューなどがあるようですが、はっきりしません。食べ残しを捨てたりする大きなポリバケツがあって、昔はお客が自分で始末してたみたいですが、今は店員が何人かいてラーメンをテーブルに運んだりどんぶりを下げたりしてくれます。もっともお客へのサービスというより、近隣の店への気遣いなのではないかと思われますが・・。厨房でずっとラーメン作り続けている旦那はもう体がラーメンを作る機械になったんじゃないかってくらいの動きを見せています。

さて、ラーメンですが、透明醤油スープに細麺が結構多めに入っていて、屋台のラーメンというお味です。特徴はやっぱりチャーシューの多さでしょうか。ややしっかり煮込んだ風のチャーシューが6枚も入ってました。店の始まりは築地に仕入れにきた人たちのお腹を満たすためのものだったでしょうから、この量は喜ばれたでしょうね。もちろん、今でも相当な人気で店の前はかなりの列になっています。一度に5~6杯を作ってどっとみんなで「いただきま~す」。そして食べ終わる頃に次のグループが出来上がるというローテーションで上手く回ってました。長年の工夫によるんでしょうね。

今日は小雨が降っていて若干濡れながらのラーメンでしたが、なかなか面白い経験でしたよ。築地はまだまだいろいろありそうで、また遊びに来たいなぁ。

帰りにこれまた定番ですが卵焼きと佃權(つくごん)の練り物をいっぱい買いました。そして今夜はおでんを作りました。佃權の練り物でおでん・・贅沢やなぁ(*^_^*) 超、超、超美味しかったです!! 

綺麗の基準

cosmoskago 今日はいよいよゆーちぃの受験日でした。受験といっても学校推薦をいただいて面接&作文のみの試験です。それでも昨日から胃が痛むくらい緊張していたゆーちぃでしたが、なんとか無事終えて帰ってきました。結果は明後日。それまでドキドキですが、面接の練習や作文の添削など、やることはやったし、とりあえず終わって親子共々かなりホッとしました。

ちょうどお昼時だったので蒲田で待ち合わせていつものカレー屋さんへ・・。

シャングリラという名前のこのカレー屋さんは「インドネパール料理」 ということらしく、カレーのほかにも夜になるといろいろネパール風の食べ物があるようです。ランチはカレーのみ。インド式カレー屋さんに多いタイプの小さな丸いスープ皿にカレーが入ってきて、ナンをつけて(希望すればご飯も可)いただきます。 今日は初めてチキンカレー「辛口」を頼んでみました。つい最近、銀座のナイルレストランでかなり辛~いカレーを食べていたので、まぁ、そこそこだろうと思って食べたのですが、これが結構きました(^_^;)。ただ、この「辛口」の上にさらに「激辛」「超激辛」があるらしく、それは私には絶対無理だと思いました。辛口でも十分涙ものでしたし・・。美味しかったけど。

さて、ゆーちぃと蒲田でご飯を食べるために11時頃家を出てバスに乗ろうと停留所でしばらく待っていたところ、もう一人乗客が来ました。年のころ65歳くらいのおば様。バスはもう来るかしら・・みたいな感じで話しかけられ、なにげに会話をしたのですが・・。

突然このおば様が「あなた足が綺麗ねぇ」と仰るのです! あまりの唐突な会話にとても驚いていると、さらにおば様は「いつも言われてるんじゃなぁい?」とお聞きあそばしました!?

綺麗の基準は人によって大きく違うものです。そして最近思うのですが、年齢によっても綺麗の基準は違いますね。例えば若い人を「綺麗」というときの基準と年寄りを「綺麗」というときの基準は明らかに違います。大概年寄りの場合は「そのお歳にしては・・」という言葉が隠れていますし、また姿かたちというよりはもっと違うとことに目をやっている場合があるように思います。姿勢とか、肌つやとかシワの数とか・・。

私は若い頃はただの一度も「綺麗」とか「美人」とかいう評価を頂いたことがありません。まぁ、見たとおりなので自ら納得しておりますが・・。結婚相手のまこりんでさえ、そのような評価は決してしてくれません(>_<)ナニサ。・・まぁまぁ・・しゃあないやん。

ところが、この数年・・2、3年まえくらいからかなぁ・・「綺麗」といわれることがたま~~~にあるのです。顔立ちがよくなったわけではありません。もちろん整形もしてません。なのに・・なぜか?? つまり私も「そのお歳にしては・・」という対象になったということなのです。基準が別のところにある年齢になったと申しましょうか・・。

あぁぁぁぁ・・やめ、やめ。こんな分析やめ!!

素直に喜んでおこう(*^_^*)

★★★★★ おば様、ありがとう ★★★★★ 

洗濯機の値段の差は・・

3005010052 あ~~る日突然!! 洗濯機が壊れ~~たの(>_<) ←当然、「トワエモア」風に・・

4日前、洗濯し始めて5分・・突然洗濯機が死にそうな悲鳴を上げ始めたのです。「グギガガガガギィィィィ」という感じで・・。おっそろしく大きなそして耳障りな音でした。絶対このまま使っていたら恐ろしいことがおきてしまうぞと霊界からお告げがあったかのような、そんな不穏な音でありました。

それでも洗濯しないわけにいかんしねぇ。今日だけ調子悪いのかなぁなんてとことん甘い思いを抱きつつ、次の日も洗濯を始めたのですが、やっぱり音はするわけです。しかたなく、修理に来てもらいました。「どんなに早くても月曜になりますけど」という先方に早く洗濯したいよ~と懇願。金曜日に無理やり来てもらう事となりました。

修理に来たメーカーのお兄さんは、ちらっと音を聞くなり即断されました。「これは買い替えですね」  ナニィィィ・・・!!! ちょっと! つい2ヶ月ほど前に1万円もかけて部品交換したばっかりやないの! 新品同様になったって喜んでたのに・・。ひどいやないの!!

しかし・・・故障は故障。修理するより買ったほうが安いといわれてしまいました。

メーカーによると、洗濯機が大型化してきた背景には忙しい主婦が少しでも家事に使う時間を短縮したいという思いがあるそうです。だから家族4人分の洗濯を一気に済ませてしまえるよう7kg、8kgという容量の洗濯機ができてきたのだそうです。乾燥機つきなんていうのも忙しい・・つまり働く主婦のための開発なのでしょう。そのような洗濯方法を基準にモーターの寿命も計算されていて、私のように「白物」「汚れ物」「色物」「オシャレ着」なんて分け方して洗濯するようなやり方は洗濯機にとっては「使いすぎ状態」なのだそうです。誰でもそうしてると思ってたんだけど・・違うの??

私みたいな人はいろいろ機能のついている大型洗濯機ではなく、もっと単純でかつ中型程度の洗濯機を買ってきたほうがいいと言われました。それなら3万も出せば買えるからと・・。どのみち洗濯機の寿命は何を買っても6~7年ですが お客さんの使いかたではそれだけ持ちませんよ、って言われました(>_<)

ということで近所のコジマで4万円で買ってきた洗濯機が我が家にやってきました。中型といってもこれというのがなく、結局7kg容量を買いました。値段の違いはモーターで、まぁ、昔ながらのタイプと思えばいいのですが、洗濯そのものにはそれほど影響がないということでしたので、購入いたしました。

実際使ってみると・・・これが違いが大きい。

まず、節水タイプだった前のと比べると洗濯量に対する必要な水量が多い・・。このくらいなら20Lくらいだよね、と思うと30Lと表示が出る。これは洗濯機の構造上の問題で、今にして思うと、前のが超節水タイプだったのですね。音も「静か」であることが売りだった前のに比べると数値にして3dl大きい音がするのですが、これが意外と気になる・・。値段が半分だとはいえ、これは大きな違いだったのかもしれないなぁ。

いいところといえば、全体にコンパクトになったことと、自動給水の風呂水の使い方を細かく指定できることかな。風呂水の使い方しだいでは節水できるかもしれません。下洗いをしっかりして、一度に沢山洗うやり方に切り替えればもっと節水になるかもね。って、それじゃ修理のお兄さんのアドバイスは無駄って事?? う~~ん。

この子と仲良くなるには、私自身の頭の中を変える必要がありそうです。

なんでもそうですが、機械が進歩するのに合わせてこちらのスタイルも変えなくちゃならないということなんですよね。歳を取って変化に弱くなってきているので これは久しぶりに頭を使って家事を見直すいい機会なのかもしれません。

それにしても・・・4年前から買い換えたいと思っている冷蔵庫はまた遠のいたなぁ(-_-;)

お会式

P1000491 池上本門寺のお会式というお祭りに行ってきました。

池上本門寺っていうのは日蓮宗の総本山だそうで、かなり大きなお寺さんです。春には桜が見事で、今春にブーケに写真載せたかな?? 力道山のお墓があることから格闘家の方々にとっては特別なお寺だという話です。

お会式って本門寺だけじゃなくて日蓮宗のお寺にはあるようですが、日蓮さんが亡くなられた日ということで法要をするのだそうです。特に池上本門寺は亡くなった場所らしくて、たぶん、一番盛大に行われているんじゃないのでしょうか。・・ウチは日蓮宗じゃないので詳しくは分かりませんが。

いつも交通規制がかかってバスが途中からの折り返し運転になったりと、かなりの人出なんだろうなと想像はしていましたが・・相当なものでした(^_^;)

写真にあるような万灯(お花飾りのついた方)がいくつも行列になってきて、その前後で日蓮宗独特の例の太鼓を信者の方々がドンドンツクツクと叩いて練り歩くのです。これじゃ確かに交通規制も必要ですね。1282年から続いているそうで(@O@) 車社会の今の世でも車を止めてでもやらねばならないものなんだなと感じました。

まぁ、そんな深い意味合いはともかくも、夜店がすっごく沢山出ていて、子供の頃の気比神宮のお祭りを思い出しました。こんな沢山の夜店を見たのは仙台の七夕以来かなぁ・・。娘たちにとって見れば初めての経験かもしれません。一緒には行ってくれなかったけど(>_<)。友達と行くよね、そりゃぁね・・。

賑やかさに思わずたこ焼きと焼きそば食べちゃいましたが・・お腹が膨れず、というかまぁ、ビールが欲しくなり(^_^;)、家の近くのいつもの焼き鳥屋で一杯やってしまいました。

せっかくダイエットしてたのになぁ・・。まぁ、お祭りだしね・・てか(^^;;;;;

伊右衛門と戦った夜

akikusamaru 昨夜ちっとも眠れなかった(>_<) たぶん、寝る直前に飲んだ「伊右衛門」のせいだと思われるんだけど・・。2杯も飲んだし。

それにしても、寝なくちゃと思うのに眠れないのって苦しいよね。それに苦しい気持ちで横になってると考えることもなんだかマイナスなことばかりになってきて、「あぁ、ああだったらどうしよう」とか、「こう思ってるけど、実は独りよがりなのでは?」とか、「あれがああなったらこうなるかもしれない」とか・・まぁ、全部同じことか(^_^;)

そうやって同じ事を違った風に何度も何度も考えちゃう。そのうち、もう救われないような気持ちになってきて、あぁ、どうしてこんなに苦しいんだろうと思うと・・実はトイレに行きたかったりするんだよね。ほらっ、伊右衛門のせいだ!! 

京極夏彦の「嗤う伊衛門」を思い出す。おぞましい話だった(*_*;;。

3時近くまで伊右衛門と戦った夜だった・・・。

今日は歌のレッスンの日だったのに、お陰で声は枯れて裏返るし、散々だった(>_<)。 昨日せっかくまーちぃに伴奏をピアノで弾いてもらって録音したのに、練習した成果が半分も発揮できなかった・・・ような気がする・・気がするだけか?(^_^;)

今歌っているのはディズニーの「A Whole New World」です。アラジンのテーマね。これともう一曲はイタリア歌曲で「Ombra mai fu」です。とても綺麗なメロディの(たぶん)愛の歌だと思われます。

ディズニーは音源があったほうがよかろうと思い、TUTAYAでレンタルしました。課題曲しか聴いてなかったんだけど、今日アルバムを通して聞いてみてびっくり。前半で英語、後半で日本語、と一曲が二ヶ国語でそれぞれ入っているんです。子供向けのディズニーならではの企画ですね。

それにしてもディズニーの愛の歌って日本語で聞くとどうにも嘘っぽい歌詞になっちゃいますね。「お姫様」と[王子様」のお話だからいいのですが、もうどうにもベタな歌詞です。直訳しなくてもいいんじゃないかと思ってしまいましたが・・・

そんなこと思うのは私が不純だからかなぁ・・。

英語の歌詞は英語のままのほうが思いも音の響きも素敵なんだと思いましたね。だからほんとは・・イタリア歌曲も意味調べないと駄目なんだよね。そういえば「イタリア語辞典」買ってたような気がする・・(^_^;)

葛飾柴又帝釈天のあんみつ

『日曜日の部』P1000478

ヶ月ほど前からNHK・BSで「男はつらいよ」を全編放映しています。今、13作品目くらいかなぁ・・。この映画は前から嫌いじゃなかったのですが、それでも「好き」というほどでもなく、見たら楽しいかなという程度でした。でも今回、どうしても全部見てみたいというまこりんに付き合って見ているうちに、以前は映画の見方も、映画の持つ「わびさび」の部分も何もかもよく理解できずに見ていたのだということに気づかされました。理解するには若すぎたのですね。若いときにはただ面白く見ていた場面も、こうして人生過ごしてくるといろんな風に見えてくる、味わいも分かってくるものだと気付かされました。この歳になって初めて分かる「良さ」というものがあるんですね。

そこで、せっかくなのでちょっと遠出で「柴又帝釈天」へ家族4人で出かけました。家族4人のお出かけなんていつぶりだろうなぁ・・。

帝釈天はどうやら秋祭りのようでおみこしを組み立てているところでした。映画の第一作では春のお祭りの様子が冒頭で出てくるのですが、それと同じように火消しのまといもあって、なかなかにぎやかにやるようです。3連休ということで客足も多く、参道のだんごや・・これがいっぱいあるのだ・・も、佃煮屋も繁盛してます。

とりあえずお参りして、寅さん博物館へ行こうということに・・

ここでもうすぐ専門学校の受験を控えたゆーちぃがこともあろうに「おみくじを引く」と言い出しました。人一倍そういう結果に左右されるくせに、どうしてこういうことを言い出すかなぁ・・。家族みな、どきどき・・(>_<)。

「大吉ぃぃ!!」 結果オーライとは言いますが、このときくらい皆でほっと胸をなでおろしたことはありますまい・・ほんとに・・。

寅さん博物館には映画のセットや映画にまつわるグッズなどが展示してあります。「男はつらいよ」のファンなら一度は見る価値ありですよ。どうしても記念写真を撮ると言い出したマコリンに娘たちも逆らえず、家族4人で「寅さんと写真を撮ろう」コーナーで写真を撮ることに(^_^;)。よくある合成写真ですね。にっこり笑った寅さんと一緒にみんなでニカ~~と写真を撮りました。いい記念でした。

私とマコリンは帝釈天は2度目なのですが、前に来たときに食べて美味しかった「昔あんみつ」を娘二人に食べさせてあげるのも目的でした。参道に入る直前にある「かなん亭」は焼き鳥があったり、ラーメンがあったり、カキ氷も店の「売り」らしかったりと、なんでもありのお店です。私の食べた「昔あんみつ」は具のほとんどが寒天なのですが、お味は絶品。確かに銀座立田野のあんみつも絶品ですが、それとは違う、実に手作りの味がする美味しいあんみつです。餡もほとんど潰されてなく「煮小豆」状態で甘味も心地よく、後味がよろしい・・。ぜひ一度お試しくださいませ。

残念ながら出かける直前になってデジカメの電池がなくなっていることに気がついたため、できなかったのですが、柴又駅前の寅さん像と記念写真を撮るのも面白いですよ。

田園調布のやきとり

P1000476 三連休、いかがお過ごしでしたか? 我が家はやっぱり「食べる」連休でしたよ。 では・・

 『土曜日の部』

前から行ってみたかった田園調布の焼き鳥屋「鳥瑛」に行ってきました。

写真をご覧下さい。そう日本人にとって一野球選手である以上の存在、長嶋茂雄氏であります。実はこの焼き鳥屋さん、田園調布にお住まいの長嶋さんがお気に入りのお店です。よくTVに出てくるトラキチの集まる居酒屋のように、まるで長嶋一色の店内にはこの写真を初め、サインなどいろいろ飾ってあります。ビールのコップなどは「3」がプリントされてました(^_^;)

焼き鳥も肉厚で柔らかくジューシー、モモ焼きなども大振りで美味しかったです。でも、なぜか一種類を3本からの注文しかできません。つまり、「ハツ1本、ねぎま2本」とかはできないのです。「ハツ3本」もしくは[ネギマ3本」という注文の仕方しかできないみたい。もちろん、これも長嶋の3にかけてあるわけですね。なので、行かれる方は3人で行くといいかもですよ。

田園調布駅のまん前にありますから、すぐわかりますよ。

焼き鳥食べて、高級食材の店、「富澤商店」でポンディケージョのミックス粉と干したけのこ買ってバスで帰ってきました。田園調布って・・・ケーキのレピドールとか富澤商店とか・・駅前数件のみの利用です。住んでみたいな、田園調布~☆

感動のベースライン

cyuon17 今日は特に書くことないかなぁと思っていたけど・・夜になってちょこっと興奮することが(*^_^*)

何回か書いたことがありますが、ウチのゆーちぃは高校の吹奏楽部員です。中学時代ユーフォニューム吹いていたのに なぜか高校になって突然コントラバスに転向。それはそれは毎日苦労の連続で、3年目にしてようやく形になりました。9月末にあった文化祭が高校生活最後の大舞台でしたが、そこでの彼女は堂々としていました。

コントラバスの演者は曲によってはエレキベースを弾くのが彼女たちのバンドの伝統です。そこでゆーちぃもロック狂のまこりんがここぞとばかりに買ってきたフェンダーの「myエレキベース」を練習していました。文化祭ではその腕前を披露することもでき、聞いてるほうも音がよく聞こえて楽しゅうございました。

部活を引退して2週間。今日久しぶりに彼女はエレキベースを出してベンベン弾いていました。そこで・・・

私はやおらQUEENの「The Game」を取り出し、プレーヤーにセット。「ねぇ、コレ弾いてみない??」

やってくれたんですよぉ。ゆーちぃが・・ (T_T) ウレシナキ

「QUEENって案外ベースが中心みたいになってるね」とか言いながら・・。我が娘の弾く「Dragon Attack 」「Another One Bites the Dust 」・・く~~こんな日が来るなんて・・・(;。;)

さすが吹奏楽部員・・きっちり音とって弾いてました。初めてのQUEENとは思えない・・。まぁ、耳タコ状態で曲は聞かされてたからなぁ(^_^;)。

目の前で聞くエレキベースの旋律はまさに美しき旋律。ゆーちぃと共にQUEENの偉大さも改めて感じました。

ゆーちぃ・・もっとやって・・もっとベースの綺麗な曲あるから・・

ねずみ男のアパート

ayahadio_1862_21241958 我が家は近所にあまり綺麗ではない・・やや臭う・・川があるせいか、東京とは思えないほど虫がいます。地上よりかなり上に住んでいるのですが、最近の虫は結構飛行能力あるんですよね。時にこれが大発生してベランダなんて箒ではかなくてはならないくらい・・ (T_T) 。

最近はそんな大発生はないのですが、一番川に近い方向にあるまーちぃの部屋は蚊とそれに類する何かの虫に時々襲われるのです。一昨日も何箇所も体を刺されて嘆いていたので、昨日何年ぶりかで蚊とり器を買ってみました。電気に差し込んで使うタイプのベープを買ったのですが、その時本当に久しぶりに覗いた「蚊取り器コーナー」ですごい商品を見つけました。

その名も「ねずみ男のアパート」!!。

ねずみ男といえば我が敬愛する水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」の登場人物(妖怪?)で、その風貌といい性格といい愛すべきキャラクターですが、それがこんなところで商品になっているなんて・・(@_@)ビックリ! 

粘着シートでネズミを取る(?)らしいのですが、粘着シートにネズミが捕まっているところを想像できません(@_@;)。そんなヤワなねずみっているのかしらん??(そういうことかい!!)  

ウチは建物の最上階、ネズミ捕りは必要ないので、購入するわけにいかず、ねずみ男がネズミ捕りにどれくらい効果があるかを知るすべもありませんが・・アイツじゃネズミを使って台所から盗み食いしようとして逆に利用され、結局はネズミ捕り器の粘着シートにくっついてパニクルという絵が一番想像つきますけどね・・とりあえず、画像だけご紹介しておきます(^_^;)。

ベープマットですが、まーちぃが帰ってくる前、2時間ほど部屋を閉めて炊いてみました。虫は死んだみたいなんだけど・・部屋が臭くなっちゃって、時間が長すぎたかなぁ。部屋が臭くならない蚊取り器ってあるでしょうか?

その後リビングにも虫がいるのを発見し、ベープをリビングへ移動させました。寝る前に発見したまこりんに「コレ何?」と聞かれ、「蚊取り器だよ。切らなきゃね。」と答えた私・・。あらぁ・・・コンセントに挿しただけでスイッチはOFFのままジャン! なぁんか今度は臭わないなぁって思ってたんだよね・・。(^_^;)ブハハ。

秋です

cosmoskago  ようやく秋らしい風も吹いてきたことでもあるし・・。ブーケも模様替えしてみました(*^_^*)。

このテンプレート、「マロの家」って名前です。マロって麿?(^_^;) 

黒い猫ちゃん、可愛いでしょ? 色がなんとなく秋かなと思いました。ブーケも書き始めて早や8ヶ月目。時間の過ぎるのが最近早すぎるきらいがありますが、記事を見返してみると、確かに、まこりんがいう事も納得かなと思うのです。彼はいつもこう言うのですよ。「ブーケを読んだ人は君の事をなんて幸せで楽しい人生を送っている人だと思うよね」と。

ブーケはそのタイトルにもあるように「楽しいことの花束」にしようと書き始めたブログです。毎日毎日同じことの繰り返しの専業主婦の生活。楽しいことよりつまらないことの方が大いに決まっています。それなら楽しいことを探せばいいだろうと言われますが、今以上に家庭が管理できなくなっても本末転倒だしと、なかなか外へは一歩が出ません。それでせめて家にいても出来ることを、と思いついたのがブログでした。ブログを通して・・実はコメントを付けて下さるのはいつも同じ方々ですが・・読者は確実に存在して、ブーケを読むことで少しでも楽しい気持ちになってもらえたらいいなと思って書いています。だから「楽しいこと」しか書いていないわけですね。

毎日考えることはいろいろあって、つまらないことも腹の立つこともあるわけです。でもそれをここに書くのはなぁと思っています。

ただ、今までと少し趣向を変えてみようかという気持ちもあります。毎日の出来事なんてそれほど変わったことがあるわけではないので、今日思ったこと、も加えていこうかと考えています。別ブログを立ち上げるかもしれませんが・・。とりあえずはブーケで書いてみようと思っています。・・今までも皆無じゃなかったんだけどね・・。

ということで、ブーケ秋ヴァージョンも宜しくお願いします。m(__)m

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず