アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« 田園調布のやきとり | トップページ | 伊右衛門と戦った夜 »

葛飾柴又帝釈天のあんみつ

『日曜日の部』P1000478

ヶ月ほど前からNHK・BSで「男はつらいよ」を全編放映しています。今、13作品目くらいかなぁ・・。この映画は前から嫌いじゃなかったのですが、それでも「好き」というほどでもなく、見たら楽しいかなという程度でした。でも今回、どうしても全部見てみたいというまこりんに付き合って見ているうちに、以前は映画の見方も、映画の持つ「わびさび」の部分も何もかもよく理解できずに見ていたのだということに気づかされました。理解するには若すぎたのですね。若いときにはただ面白く見ていた場面も、こうして人生過ごしてくるといろんな風に見えてくる、味わいも分かってくるものだと気付かされました。この歳になって初めて分かる「良さ」というものがあるんですね。

そこで、せっかくなのでちょっと遠出で「柴又帝釈天」へ家族4人で出かけました。家族4人のお出かけなんていつぶりだろうなぁ・・。

帝釈天はどうやら秋祭りのようでおみこしを組み立てているところでした。映画の第一作では春のお祭りの様子が冒頭で出てくるのですが、それと同じように火消しのまといもあって、なかなかにぎやかにやるようです。3連休ということで客足も多く、参道のだんごや・・これがいっぱいあるのだ・・も、佃煮屋も繁盛してます。

とりあえずお参りして、寅さん博物館へ行こうということに・・

ここでもうすぐ専門学校の受験を控えたゆーちぃがこともあろうに「おみくじを引く」と言い出しました。人一倍そういう結果に左右されるくせに、どうしてこういうことを言い出すかなぁ・・。家族みな、どきどき・・(>_<)。

「大吉ぃぃ!!」 結果オーライとは言いますが、このときくらい皆でほっと胸をなでおろしたことはありますまい・・ほんとに・・。

寅さん博物館には映画のセットや映画にまつわるグッズなどが展示してあります。「男はつらいよ」のファンなら一度は見る価値ありですよ。どうしても記念写真を撮ると言い出したマコリンに娘たちも逆らえず、家族4人で「寅さんと写真を撮ろう」コーナーで写真を撮ることに(^_^;)。よくある合成写真ですね。にっこり笑った寅さんと一緒にみんなでニカ~~と写真を撮りました。いい記念でした。

私とマコリンは帝釈天は2度目なのですが、前に来たときに食べて美味しかった「昔あんみつ」を娘二人に食べさせてあげるのも目的でした。参道に入る直前にある「かなん亭」は焼き鳥があったり、ラーメンがあったり、カキ氷も店の「売り」らしかったりと、なんでもありのお店です。私の食べた「昔あんみつ」は具のほとんどが寒天なのですが、お味は絶品。確かに銀座立田野のあんみつも絶品ですが、それとは違う、実に手作りの味がする美味しいあんみつです。餡もほとんど潰されてなく「煮小豆」状態で甘味も心地よく、後味がよろしい・・。ぜひ一度お試しくださいませ。

残念ながら出かける直前になってデジカメの電池がなくなっていることに気がついたため、できなかったのですが、柴又駅前の寅さん像と記念写真を撮るのも面白いですよ。

« 田園調布のやきとり | トップページ | 伊右衛門と戦った夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/6338805

この記事へのトラックバック一覧です: 葛飾柴又帝釈天のあんみつ:

« 田園調布のやきとり | トップページ | 伊右衛門と戦った夜 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず