アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

アニーズブレッド

P1000532

☆パン焼きました☆

毎年夏はパンを焼きません。暑さで発酵が上手くいかないから・・。ホントは水温とか粉温とかをちゃんと測って作れば夏でも上手くいくんですよねぇ。でも面倒だからしません(^_^;)

秋と春がパン作りには最適。20度くらいですかね、気温が。ベンチタイムの間にパンが発酵しちゃったりしないですから。今くらいの気温だと水分をやや暖める必要があります。もう細かい数字は忘れましたが、発酵終了時の温度が27度くらいがいいんだと記憶しています。だから水分はレンジで30度くらいに暖めてます。特に私はよく牛乳を使うので、冷蔵庫から出したままのものでは温度が低すぎて発酵が促進されないのですよね。

で、焼きあがったのが写真のパンです。「アニーズブレッド」といいます。どうも不器用なので均等な形になってません(>_<)。クルミとレーズンと蜂蜜が入ったほんのり甘くて・・カロリーのあるパンです(^_^;)

いいんだ、いいんだ。美味しいから(*^^)v

加齢とともに・・。

so01398_p 加齢と共に・・変わること。いっぱいあるわけですが、特に目に見えて違ってくるのは顔のシワとかシミですよね。それを隠すために日々努力しているわけですが(^_^;)、お手伝いしてくれるのは化粧品ですね。

私は子供を生んだ21年前、お化粧するのをやめました。時々洗顔後に保湿クリームを塗っていただけです。子供に頬ずりしたいというのが理由でした。お化粧しない時代というのは約10年ほどありましたが、パートにでるようになって、またお化粧を始めました。まぁ今はこれ以上汚くなりたくないなぁと思って化粧してる感じですかね。

ところで加齢と共によくなったこともあるんです。それは目の形。

私は子供の頃からずっと一重まぶたでした。例に漏れず思春期は「ぱっちり二重」に憧れて当時出初めだった「アイプチ」を使ってみたりしたこともあります。でも所詮一重をずっと支えるのは「アイプチ」には荷が重く(-_-;)・・。もう見てくれは気にせず生きるぞと決心したのですが・・チト大げさ?

ところが、今、私の目は二重です。パッチリ二重です。目はどちらかというと大きいほうだと思います。何がどうしたのか、まったく謎だと思っていたのですが、ゆーちぃに言われました。

「マブタ弛んだんじゃない?」 

へっ? タルんだ?? なぁるほど、弛んだんですよ。で、伸びた皮がゆるゆるとたたまれて、どういう按配か二重となり、目が大きくなった・・。なんだか弛んで得したなぁ(^_^;)

喜んでいいんだよね(-o-)?

小学生の頃、オバサンと間違われた老け顔も、その後あまり変わらず大きくなったせいか、いつの頃からか「若いねぇ」と言われるようになりました。「童顔だね」と言われることすらあるのです。

そういえば、子供の頃、超運動音痴で体育が大嫌いだったのに、オバサンになってから始めたバドミントンや先日行ってきたフィットネスなどでも以外と普通にできるのですよね。

皆さん、人間、若いうちに諦めてはなりません。いつ逆転するか分からないのです!!

・・・再逆転もあるわけで・・・油断大敵ではありますが☆

さてさて・・

無駄な思考はこの辺でやめておいて、明日あたりから大掃除でもボチボチ始めるかな。綺麗にするのは顔じゃなくて家でしょ、と指摘される前にね(^_^;)

ヤングのMとミセスのM

P1000529 

私のコートは6年か7年前に買ったもので、気に入っているのだけど、さすがにくたびれてきてます。毎年新しく買いたいなと思いつつ、気に入ったのが見つからなくているのですが、さすがに、今年はね・・買おうと思って探してました。

でも何処で見てもコートって高くて、どうしてもロングには手が出ません。ミセスのコーナーで買おうとするとロングはどれも5万以上!。安いのは重い・・。若い人のブランドは安くていいのですが、サイズが合いません(>_<) 本当にみんなあんな細いの着てるの???

先日新宿で探したけど無くて、今日、ゆーちぃに付き合ってもらって横浜高島屋でもう一度探してみました。無かったら今年も諦めよう・・と思いながら。

新宿で見て高くて諦めたコートと同じものを横浜でも見つけて、思い切って試着してみることに・・。薄いピンクのとても上品なデザイン。

しか~し、なんってことでしょうかぁぁぁ・・似合わないのよね~~~(>_<)  似合わなくてよかったという話も・・

自分の持っているイメージと客観的に見える自分との間にこんなにギャップがあるなんて・・トホホ・・

で、結局ハーフコートを・・。しかもヤングコーナーにて無理やり(^_^;)。値段がリーズナブルなものと思うとどうしてもヤングのフロアになるんですねぇ。

ヤングのものを着るには実は奥の手があるのです。

それは・・1サイズ上を買うのです。デザインは若い人のブランドの方が私には好みだし、値段もお手ごろ。サイズはワンサイズ上を買う、これが奥の手です。スカートもそうです。オバサン体型だとなかなかヤングのスカートって入らないんですが、ワンサイズ上だと楽ちん(*^^)v。

逆にミセスコーナーで買うとき、大きくてワンサイズ下を買わないとならなかったりします。同じMサイズでも全然違うんですよ。ご存知でした?

さて、写真ですが、高島屋の1階の吹き抜けに置いてあるツリーはこの赤いクマちゃんでできてます。すごい数のクマがびっしり並んでツリーになってるの。で、店内で1万円以上買うと、先着ではありますが、このクマちゃんいただけます。ウロウロと高島屋内を連れまわされて疲れきったゆーちぃへのいいプレゼントとなりました☆

フィットネス・ダイエットコース?

haroie-a 気分転換にフィットネスに行ってきました。本当は昨日ぎょっとするくらい顔にクマがでてたので、今日は無理をしないでじっとしていようかと思っていたのですが、あれこれと用事があり、じっとしていることはできないと観念して、それならいっそ体を動かそうと思ったわけです。

大阪時代にずっとバドミントンをしていたのですが、東京へ来てからはお仲間も見つけられず、スポーツからは遠ざかっておりました。でも危機感はあったのよね。体重増加!体が思うように動かない!どうもちょっと動くと動悸がする! そのうちコロコロと転びだすんじゃないかと危惧しておりました。そんなときご近所の奥さんからダイエットにフィットネスに通っているという話を聞き、お願いしてお仲間に入れてもらったのです。

フィットネスって想像もつかない世界だったのですが、インスタラクターのお姉さんがとっても優しく、絶対無理しないでくださいね~とゆっくり指導してくれるので、恐い思いも、辛い思いもほとんどせずにすんでます。

いろんな機械があり好きに使わせてもらえるのです。よくテレビなどでタレントさんがやっている、見たことのある器具ばかりですが、私にはピクリとも動かせないものもあり、タレントの皆さん、しっかり鍛えているのねと変なところで感心したりしちゃいます。

でもね、約2時間半、びっちりほとんど休み無く、次から次へと違う運動が課題として与えられるので、飽きることなくやり続けられるのですが、気がつくと終わる頃にはヘロヘロになってるんです。特に足がボロボロ(>_<) 

主婦の集まりらしく、ワイワイガヤガヤかしましい雰囲気の中、思いっきり力を入れながらも、お互いの不甲斐ない姿に笑い転げるのは精神的にもプラスですね。やっぱり外に出ないと駄目です。自分でもう少し積極的になろうかなぁと思いました。

でもちょうどお昼に終わるこのフィットネス・・。帰りにファミレスでランチがコースに入っており(^_^;)・・ダイエットにはならんかもしれません。

そうそう、測定によると私の身体能力的な年齢は実年齢より10歳くらい若いって!

ヤッタネ(*^^)v☆☆☆☆☆☆☆☆

更年期?

akikusamaru 火曜・水曜と実家に帰ってきました。私は一人っ子なので、本当はもっと頻繁に親に顔を見せるべきなんだけど、どうにも遠くに住んでいるのと、日常のあれこれで足が遠のいています。

この歳になると、子育ても終わり、今度は親のことが気ががりになってきます。当然親もぐっと歳を取っているわけですし。最近友達とあっても話題が子供のことから親のことへとシフトする率が多くなってきたようにも思います。真面目にこの先を相談しないといけない時期になってきてるんですよね。

たまたま市役所勤めをしている同級生と会うことができ、いろいろと最近の老人福祉の話を聞くことができました。親ともいろいろ話せて実り多い帰省となりました。

帰京してすぐに親戚の90才になる方がお亡くなりになったという知らせがあり、ますますこれからのことが大きく心にのしかかってきました。誰でも親が亡くなるのは辛いことですよね。なんだか独りぼっちになってしまいそうで、恐いですし。無条件に愛してくれるのはやっぱり親ですものね。できる限り大事にしたいと思うわけです。

と、タイトルに関係ないようなことを書きましたが・・・実は最近、こういう本当に真剣な話でなくてもちょっとした話、例えば、今日やるべきことが全部できずに終わっちゃったとき、とか・・できてないんです、体外(^_^;) すごく落ち込むんですね。私の持ち前は「ケセラセラ」ができるところなんですけど、気持ちが吹っ切れない。悩んでもしょうがないことを悩む。悩みでもなんでもないことだって分かっているのに、心から離れない。ご飯を食べる気にもならない。そんな感じです。でも例えばゆーちぃが「ただいま~」と帰ってきた瞬間に嘘のように治っちゃうんです。自分でもバカみたいと思うことがあって・・(-_-;)。

こんなこと無かったんです、今まで。もっとデンとしてたっていうか、自信があったっていうか。これって更年期じゃないかと思うんですよ。やたら不安定になるっていうじゃないですか。不思議なことに誰かがそばにいると全然平気だし、ずっと続くわけじゃないんです。何日かすると気分がよくなってるんですね。だから深刻に思っているわけじゃないんですけど、やっぱり依然とは違っているように思うのですよ。きっと更年期だな・・(-_-;)

昨日AMAZONから送られてきたQUEENのDVDでも見ようかな。美しい男たちを見れば気も晴れる気がしてきた・・・☆

えっ? あっ、ちょっと、呆れてる?? 見捨てないでぇぇぇぇ~~☆

東京国際女子マラソンの日

2005goal 昨日の日曜日は「東京国際女子マラソン」がありました。我が家でも話題の高橋選手が出るとあって、多少なりとも興味を持っていました。本当はテレビ観戦したかったのですが、どうしても用事があり、マラソンが何時から始まるのかも知らないまま、人形町へ・・。

途中五反田の「広州市場」でお昼を食べようということになり、車は五反田経由で移動していました。どの辺だったか、マラソンの横断幕がかかっていて、ふと、「このまま車を走らせていていいのだろうかぁ?」と思いました。そこで、運転していたマコリンに聞いてみましたが、その聞きかたが悪かった・・。「マラソンもう始まってるよ。大丈夫?」 マコリンは私の疑問の意図を理解せず(^_^;)、「えっ、もう始まってるの? ラジオ聞こうぜ」

それ以上追求しなかった私も悪いわけですが、そのまま、車は五反田へ・・。そしていつもの塩ラーメンを美味しく頂いた私たちは一路人形町へ・・。

東京の地理をご存知の方ならお分かりと思いますが、五反田から人形町へ向う途中、第一京浜・・つまりマラソンコースを通るのですよ!

そうとは知らない私とマコリンの乗った車は、平気な顔して第一京浜に乗り入れたのです!!

マラソンって42km以上あるじゃないですか。マラソンが始まって終わるまでずっと通行止めしてるわけにいかないんですよね。だから平気で入れてしまったのが、運のつき(^_^;)

品川のちょい先から入った私たちの車は5分ほど後ろを高橋選手が頑張って走っている第一京浜を走ってしまっていたのでした。

沿道の大勢の人たちの目、目、目!!その視線にに晒されて初めて事態に気がついたのでした・・平和だよねぇ・・まったく。

視線の主は沿道の応援の方々だけではありません。しばらく洗車していないと~ても汚い我が家のカムリ。そんな車が平気な顔してコースに入ってきちゃったからでしょうね。警察さんからもしっかり「ガン」飛ばされてしまいました(>_<)

よくよく思えば昨日はロシアのプーチンさんも来日してたのね。そのための交通規制もあったみたいだし、私たちが怪しまれたのは、そのせいかもね。でものぞいたらノー天気な二人が乗っていたから無視してくれたみたい。

それにしてもあれだけの人数に視線を送られながら走る気持ちって不思議でした。恐れ多くも・・やんごとなき方々はこうやっていつも外に出ているのだなぁと、妙な感慨を覚えたものです。

☆高橋選手、優勝おめでとう☆

ASKA SYMPHONIC CONCERT

cyuon17 もう10年以上のお付き合いのある友人はずっと前から「チャゲアス」の飛鳥が大好きです。もちろん、ファンクラブにも入っています。なぁんでか、最近SMAPに浮気してるみたいなんだけど(^_^;)、まぁ、本来は飛鳥ファンなんでしょう。

で、先日服部隆之指揮で東京ニューシティ管弦楽団と飛鳥のコラボがあり、この友人に誘ってもらって出かけてきました。飛鳥も初めてですが、プロのオケというのも初体験でした。

まーちぃが高校時代からオーケストラに入っている関係で、オケのコンサートというのは何度も見ているのですが、いつもまーちぃのオケ、つまり素人さんだったわけです。

さすがにプロのオケは上手ですよねぇ。当たり前ですけど。一番の違いはやっぱり音色です。ピッチをあわせるというのもあれだけの数のメンバーがいれば大変だと思いますが、何より音色は一人ひとりの技量の問題で、こればかりは素人とプロの差は大きいものがあります。

服部隆之さんというのはテレビドラマの主題もいくつも書いてらっしゃるようですが、今回、「新撰組」のテーマを演奏してくれました。音の迫りくる感じがとてもよく、迫力のある演奏でした。

で、飛鳥ですが・・。昔からよく見聞きした姿であり、声であり、ちょっと前にSMAPを見た時も「他人」とは思えないほど親しみを感じたのですが、飛鳥もなんだかずっと前からの知り合いのようなそんな雰囲気を持ってました。人柄がいいんでしょうね。声もとても良く通るし、声量もある、さすがな歌手だと思いました。・・・が・・・

残念なことがひとつ。それは歌の歌詞がほとんど聞き取れなかったことなんです。いつもあんなんだっけ?? テレビで聞いているとそれほど感じないんですけどねぇ。実際にコンサートで聞くと歌詞はほとんど分かりません。もっともロック界では歌詞が聞き取れないというのはさほど珍しくない話かもしれませんが(^_^;)。私は英語が得意ではないのでどのみち聞き取れませんが、ネイティブでもミックジャガーは何を言ってるのか分からないって話ですし・・。

でも、今回の選曲は聞くからにメッセージ系のものだったり、切ない恋心を歌い上げるものだったりしたようなので、是非にも歌詞を知った上で聞いてみたかったです。唯一知っていた「Say Yes」は聞き取れたので、知っていれば分かる、という範疇だったのだと思うのですよね。

それはともかく、年の瀬に似つかわしい、落ち着いたとてもいいコンサートで、素敵な気分になれました。

『ねえ』・・「願い星のゆくすえ」より

☆☆☆☆☆☆『ねえ』☆☆☆☆☆☆

       ねえ 少し落ち着いたら
      二人で宝探しの旅に出よう
    きっといっぱい見つかると思うんだ
     頑張って顔を上げた私の前に          
キラキラした未来が少しだけ見えた気がしたから

       二人で宝探しの旅に出よう
            知ってた?
         真っ暗な道のほうが
  キラキラしたものは見つけやすいって事を
             だから
          落ち込んでいる今が
          実はチャンスかもよ?
           ねえ 僕等今から
         宝探しの旅に出ようよ

落ち込んでいる今が、実はチャンスなんだっていう言葉は本当に勇気をくれます。明日を信じるのが一番早く幸せを感じる道なのかもしれません。宝は人によって違うだろうけど、未来が誰の前にも開けていきますようにと願います。

三丁目の夕日

P1000528

先週末久しぶりに映画を見ました。

「ALWAYS 三丁目の夕日」です。木曜日にマコリンのお兄さんから仕事サボって映画見たという(^_^;)メールがきました。5歳年上のお兄さんはばっちりとハマってしまったらしく、絶対に見てくれというのです。私たちはちょっと年代的にずれがあるなぁって話していたのですが、それほどいうなら見てみようかということになり、土曜にいつものとおり川崎DICEへ。

お話は昭和30年代初期の日本で、冷蔵庫やテレビや洗濯機が次々と家庭に入ってくる、今では考えられないくらい生活が劇的に変わっていく社会のパワーとまだまだ人情の残る街の人々の物語です。出てくる昔の景色や家庭用品などは私にはかろうじて記憶があるものばかりで、そのこと自体に感動するってわけではなかったのですが、そこに繰り広げられる物語は戦後の傷跡を引きずりながら、一生懸命明日を信じて生きている人たちのドラマで、すごく分かりやすく、感動ものでした。特に子供が主役の一端を担っているので、いわゆる「子供もの」のお涙頂戴ストーリーがあり、わかっちゃいるけど・・号泣でした(>_<)。

日ごろのストレスを少しでも軽くしたいとお考えの方は、心を純にしてこの映画を見ると、結構泣けて、すっきりします。いろいろ大人チックなひねくれた目で見てはいけません。漫画を読むような・・原作漫画ですが・・素の心で見てください。

映画をみる直前にキャッシュカードをATMに忘れる!という超ボケをやらかしてしまいましたが・・。ATMの優しく賢い機能に守られて無事カードも帰ってきまして、私もすっきり素の心で見ることができました。ご存知でしたか? 取り忘れたカードは機械の中に吸い込まれるって! 普通しませんけどね、こんな失敗・・☆

「ぼんち」の「お好みあられ」への道 

P1000527

《エピソードⅠ》

ぼんちという米菓会社を知ってますか? 西日本にお住まいの方ならきっとご存知だと思います。

私が大阪に住んでいた頃、近所に「ノダヤ」というスーパーがありました。歩いて3分で、ほぼ毎日通っていたスーパーです。ここに不定期に置かれる米菓がありました。それが「ぼんち」の「お好みあられ」です。「ぼんち」の「ぼんち揚げ」というのは昔からよく目にしていて、私の故郷、敦賀でも食べていた記憶があるのですが、この「お好みあられ」は見たことがありませんでした。

特に何か特別なものが入っているわけではありません。よくある小袋に入っているおつまみ系のあられとそう違いはありません。

しかし!!

とんでもなく美味しいのです。一つ一つの口当たりが軽く、またそれぞれの味もしっかりしていて、そのバラエティさのバランスが、味、見た目ともに最高なのですよ。

ところが! 

この我が家御用達の「お好みあられ」。東京に来てからどうにも手に入らなくなりました。どこで探しても見つからないのです。万策つきてとうとう私は「ぼんち」に直談判をしてしまいました。これが今年の4月の話です。

「ぼんち」という会社は純粋に製造会社のようでして、直で消費者に売ることができないという返事。しかも、東日本には流通していないということもわかりました。

こうなるとどうしても食べたくなるのが・・人情ですよねぇ(^_^;)

そんな私に同情してくれた「ぼんち」さんは、特別に、今回だけ、と念を押されて・・一箱(12袋入り)を直販売してくれました(*^^)v・・ほんとあの時はありがとうございました m(__)m。

☆☆☆☆☆☆☆☆

《エピソードⅡ》

今住んでいるところの近所に「オオゼキ」というスーパーがあります。店舗数数件の小さなスーパーです。でもその品揃えは驚くものがあり、また生鮮食料品の質のよさ、値段の安さは他の追随を許しません。そのオオゼキで1ヶ月ほど前にまーちぃがすごい掲示を見つけてきました。それは『通常取り扱わない商品でも一つからお取り寄せいたします』というもの。これに賭けるしかない! すぐに私はオオゼキの製菓担当「中川氏」にお願いしました。なんとか頑張ってみますというお返事を頂き・・・わずかな期待を胸に秘め・・・大阪・京都へと旅立ったのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆

《エピソードⅢ》

前々回の「京都旅情」での銀閣寺散策の後、銀閣寺からのバス停脇でスーパーを見つけました。

「もしかしたらここに『お好みあられ』があるかも・・」

2階建てのこのスーパーで「ぼんち」の「お好みあられ」を見つけたときの喜びといったら・・・本当に嬉しかったなぁ(゜-゜) すぐに5袋購入したのですが、レジで精算しながらふと思いつきました。ここから直で地方発送してもらえないものだろうか・・。私のこのお願いを聞いて出てきてくれたのは担当業者の「井上菓子店」の社長さん(たぶん・・^^;)井上氏。「なぁんの問題がありましょう」という感じにあっさりと引き受けてくださったのです。いつでも欲しいだけ注文してくれと(T_T) 。

このスーパーの名前は「丸銀百貨店」。本当にご親切に対応くださり、ありがとうございました。必ずお電話いたします・・(*^_^*)

☆☆☆☆☆☆☆☆

エピソード Ⅳ

さて、嬉しい気持ちで丸銀百貨店を後にした私の携帯にまーちぃからメールが・・。「オオゼキから電話があって、6袋入荷するって!」。

こんなもんです、はい。京都で5袋買って・・持って歩く羽目になったマコリンは文句言ってました(^_^;)・・丸銀百貨店で担当業者さんまで巻き込んで名刺まで貰って・・。東京に帰ると、もう6袋届いている・・。幸せなんだけど、どうにもすごいタイミングで・・・ハハハ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

《終章》

結局オオゼキから6袋頂くときに聞いた話だと、やはり東日本で流通経路を持たない「ぼんち」のあられは仕入れることが困難だということが分かりました。オオゼキが発注をかけた問屋からは一回の仕入れロットを300ケースでという返事があったそうで、そんなには仕入れられませんから今回限りということで、ということになりました。

そうか・・。なんでだろう?こんなに美味しい「お好みあられ」。絶対東京の人だって好きなはず。流通ってそんなに難しいものなのかなぁ。

こんなご時勢だし、ネット販売とかしてくれてもいいのになぁ・・。

とにかく、私の「お好みあられ」への道は確保されました。\(^o^)/

大阪ラプソデー3

P1000517大阪梅田へ戻ってまず腹ごしらえ(^_^;)<またかい・・。

これもまた、ずっと夢にまで見ていた梅田「美舟」の焼きそば&お好み焼き。美舟は昭和23年創業といいますから、戦後すぐに庶民の味となったお好み焼きの元祖みたいなもんですね。店構えもぐっとレトロです。大阪の焼きそばもいろいろありますが、ここ美船の焼きそばはまずソバが違います。ぶっといです!歯ごたえあります。まるできしめんみたいに。そしてソース。普通のソースに比べるとずっと甘いのですが、このコテ甘辛が大阪の味でんな。そして、お好み焼き。隣のテーブルの生粋大阪っ子のお嬢さんたちは実に上手に作ってましたなぁ。でも「ぴあの作(写真)」もなかなかでしょ?(*^^)v

またまためいっぱい食べてしまって膨らんだお腹を抱えつつ、最後の目的地「道頓堀遊歩道」へ・・。引っ越してからできたので阪神優勝の折にTVで見ただけなのですよ。実際行ってみると狭い川に一生懸命作っちゃいましたって感じは否めないのですが、以外とみんな楽しげに散策していて、あちこちでたこ焼きの舟を抱えて食べている姿は大阪っぽくていい感じでした。もちろん、私たちも「大ダゴ」のたこ焼きを遊歩道のベンチに座って食べました。

P1000520 たこ焼きを食べていると目の前に巨大なドンキの観覧車が・・!乗るしかないやろということになり、乗車ぁ(*^^)v。 これが下から見上げるのと違って結構大きくて高いのです。遠く通天閣まで見渡せて気持ちよかったですよ。通天閣も見えたんだけど、りっぱに復興した法善寺横町も見えて・・。結局観覧車から降りた私たちは「夫婦善哉」を食べることに(^_^;) 法善寺の真向かいにある「夫婦善哉」というお店は小さいお店です。善哉だけがメニューのお店ですが、あったかい雰囲気で好きです。今回も隣り合わせた大阪のおばちゃんたちにお茶を入れてもらったり、楽しいひと時を過ごせました。

楽しくて美味しくて、優しい大阪。大満喫です。

楽しかったなぁ。次に行けるのはいつかなぁ・・・☆☆☆☆☆☆☆☆

ずっと読んでくださったかた・・有難うございました。 m(__)m

足は・・・左の小指の爪が黒く変色するほど痛んでいます。こんなに歩くって思ってなかったもんなぁ。いい教訓となりました。

京都旅情

P1000499 あくる日、朝目を覚ましてまず思ったことは・・「うどん食べんとあかん・・」

昨夜はまず「焼肉」を制覇したので、今朝は爽やかに「うどん」と行きましょう。ホテルから近いところで思い出に残るうどんといえば、大阪第3ビル地下2階にある「はがくれ」です。ここは「大阪うどん」というより「さぬきうどん」のようですが、私にとって「はがくれ」のうどんは大阪の味なのです。お勧めはなんといっても「生醤油うどん」。器に茹でたて麺が形良く盛られてきます。店員さんが食べ方を教授してくれます。薬味をみんなぶっかけて生醤油は二回半まわしかける。それ以上かけるとしょっぱくなります。そして決して混ぜない! 混ぜるとうどんの粘りが出てまずくなるのです。

今回このはがくれに新メニュー「天ぷら」があることを知り、さっそく注文。チクワ、かぼちゃなどの他にゆで卵の天ぷらが入っていました。ゆで卵の天ぷら! これって初めて食します。勇んでガブッといったところで後ろから店員のお姉さんが「あ~~食べてもたぁ?」と叫ぶのです。半熟卵を天ぷらにしてあるのでうどんの上で半割にして食べろと言うのです。「もっと早よう言ってよぉ」と言いつつまだ黄身まで達していなかったので、そうっとうどんに乗せつぶしながら食べました。確かに・・美味(^O^)☆

大阪でのお楽しみは夜に残して、この日はうどんの後はすぐに京都に移動です。

JR京都駅からバスに乗って南禅寺へ・・。京都で紅葉が見れたらいいねと話していたのですが、どうやらわずかに色づいてきたのは南禅寺だけという話でした。バスに乗って南禅寺の先に銀閣寺があることが分かり、せっかくなので、まず銀閣寺に向うことにしました。

P1000500 この写真は銀閣寺の入り口にある垣根(?)です。見上げるほどの高さにきっちりと刈り上げられた木々の緑は職人芸というか、美への執念のようなものを感じました。

P1000503  中に入ると白い砂の庭が見えてきます。写真は少し山を登った展望所からの景色です。波のような文様がとても綺麗でしょ。この写真の左手に見えている黒い建物が「銀閣寺」。金閣寺はよく知っているのですが、銀閣寺ってこんなだっけ??って感じでした。

P1000507 次に南禅寺に移動。お寺の写真ではないのですが、これは南禅寺の敷地内にある昔の水路です。こんな立派なものを作ったんですね。

最後に四条に寄って、ぶらり散策。お土産を見て回りました。四条のとある交差点に「一銭洋食」の店があるのですが、その向かいに昔ながらの乾物屋さんがあります。そこで「乾燥湯葉」というのを買いました。初めて見たんですよね。お鍋にいれると美味しいとのこと・・。           P1000523 あとは八幡神社近くの有名和菓子店「鍵善良房」で秋限定のとってもかわいい干菓子を買いました。 見た目もお味も美味☆

すっかり夜になってしまった京都に別れを告げ、帰りは阪急京都線で大阪梅田へ向いました。そして・・靴の中の足はもうどうにでもして、ってくらい腫れ上がっていたのでした(>_<)。

・・続く・・

大阪ラプソディー2

P1000495 さて、焼肉をたらふく食べた私たちは、前から噂のサウンドインサムへ行くことにしました。

サウンドインサムはマコリンが大阪時代に時々行っていたスナックでいつも行くとお土産にココアシガレットを持って帰ってくるのです。今時、ココアシガレットをお土産にお客にくれる店って??? 話を聞くとめちゃくちゃ変わってる店みたいなのです。

長年気になっていたサウンドインサムに一足踏み入れた私の目に飛び込んできた光景は・・店中、壁も天井もいたるところに張り巡らされた60年代から80年代くらいに至るまでのアイドルの写真、ポートレート、雑誌記事・・。隙間無く張られたこれらはサウンドインサムのマスターが長年かけて集めたものです。マスターはその昔芸能界に身を置き、いろんな人と交流があったようです。スクールメイツをご存知でしょうか? マスターはスクールメイツのメンバーで、その関係でジャニーズの後ろで踊ったり歌ったりしてたらしいです。その後森昌子のマネージャーをしてた時代もあったとか・・。もちろん、芸能界の裏の裏をご存知で、「絶対嘘でしょ!」的な話をいっぱいしてくれます(^_^;)。当時疑問に思っていたことを今でも気にしてる方・・きっとみんな答えてくれます☆

しかし、何よりこの店で面白いのはそういった噂話ではないのです。

「私GSではオックスが好きだったのよね。赤松愛が失神するとかって言われてて・・」なんて話をしていると、突然店のBGMがオックスに・・・。それもなんとライブ音源!! これって?? 今で言うところの「○ート」ですかぁ??!! 古い音の向こうから懐かしい「野口ヒデト」の歌声が女の子たちの黄色い嬌声に乗って聞こえてくるのです。ジャニーズのスター、私の初アイドル「フォーリーブス」の声も聞かせてもらいました。とにかく当時のアイドルのことなら何を言っても、それがそこには存在するのです。

客が昔話をするうちにどんどん思い出してくる当時のアイドルの思い出を聞き拾っては、そのアイドルの声を、それも貴重な音源を聞かせてくれるわけです。雑誌も「明星」「平凡」と取り揃えていて、「ほら、こんな風だったでしょ」と出してきてくれます。

歌手だけではありません。「てなもんや三度笠」のオープニング、「鞍馬天狗のテーマ曲」、「水前寺清子が司会する紅白歌合戦」(^_^;)、昔の「吉本新喜劇」など・・。次から次へと数珠繋ぎで溢れる記憶がまさに現実の音として再現されていく・・。

サウンドインサムはめくるめく「タイムスリップ」の店なのです。

時の経つのもすっかり忘れてどっぷり昔に戻った、そんな一日でした。

写真はサウンドインサムのマスター(左)と偶然にも店の取材に来た大阪MBSのスタッフさんです。MBSは東京で言えばTBSではないですか! 先日友人のバンドマン「フレディ金子」氏がブロードキャスターの「お父さんのワイドショーコーナー」に出演したばかりなので、なんだかとってもご縁を感じてしまいました☆(この件についてはブーケにリンクしている「中野大飯店」をご覧下さい。)

・・続く・・

大阪ラプソディー

3005000018 11月の第一金曜日から2泊で大阪に行ってきました。

マコリンの仕事の関係で大阪に移り住んだのは今からもう12年も前のことです。それから9年間ずっと同じ地域に住んでいました。仕事柄そんなに長く一つ所に住むことがなかったので、大阪はもうすっかり第二の故郷のようになったのです。特にゆーちぃとまーちぃにとっては多感な時期を過ごした土地で、彼女たちがすっかり「大阪っ子」になっているのも無理からぬことなのです。といっても家の中で大阪弁がでることはないのですが・・。その辺は彼女たちは「バイリンガル」です(^_^;)

さて、金曜日に一足先に大阪へ仕事に発ったマコリンを追いかけるように一本後の飛行機に乗りました。伊丹に着いたのは午前10時30分。千中で友人と待ち合わせてランチ。ぶらぶら歩いていると別の友人にばったり出くわしました。9年も住んでいたので、ここには友達はいっぱい・・。こんなこともあるかと想像はしていましたが、びっくりしました。離れていた間の出来事を機関銃のごとく話しあって、再会を約し、3時頃千中を出ました。

新大阪に降りて、次は中学時代からの幼馴染で大阪に嫁に来ている友人と再会。昔話に花を咲かせました。私は今まで全然昔の友人と連絡を密に取るということをしておらず、現在近しくお付き合いいただいているのはこの新大阪の彼女を含めて二人ほど・・。身から出た錆びとは言え、寂しいねぇ。それでもいつ会っても幼馴染はいいもので、すっかり二人とも若返ってしまいました・・と本人たちは思っているわけで・・(>_<)

5時過ぎに新大阪をでて、今夜のお宿のある堂島へ・・。とりあえずホテルでマコリンと落ち合う約束だったので、地下を歩いてホテルまで・・。これが以外に遠かった・・(>_<)

この時点で「オシャレ」を第一義に選んできた靴の中で足が危険信号を発し始めていた・・(*_*;。

その後仕事が押してホテルまで来る余裕がなくなったマコリンとJR大阪駅で待ち合わせ、今夜の食事どころ「三福園」まで。

大阪といえば??と聞かれてたこ焼き、お好み焼き、焼きそばなど粉物と並んで賞せられるのはやっぱり「焼肉」なのです。東京と比べると値段が約2/3ほどで、味はむしろ上。大阪に行かれる方はぜひご賞味下さい。

あまりの美味しさにお腹いっぱいになるまで相当卑しく食べてしまいました・・。何人前食べたんだろう・・・。考えるのも恐ろしい・・(>_<)

・・・続く・・・

帰ってきたPC・・の顛末

3005010078 永い間ご入院あそばしていました我が家の「WINDOWS XP」殿がお帰りあそばしました。

先回やっと帰ってきたPCの音が出ない、というお話をいたしました。で、再入院したと・・。まぁ・・この顛末お聞きになります?? いりません?? いらないでしょ・・ね??(^_^;)

そう、ご推察の通り、あたしゃコードを一本挿し忘れていたのでありんすよ。でもね、言い訳させていただきますと、私が一番初めに疑ったのは「コードのつなぎ間違い」でしたのですわよ<何人だ?? なのでね、NECサポートに電話したとき「コードを繋ぎ間違ったり、繋ぎ忘れたりしたことで音が出なくなっているということは無いですか? 素人なので自信が無いのですが・・」と謙虚にお聞きいたしましたのよ。でも「音が出なくなるようなコードは無い」と・・そう教えられまして・・。信じましたの。今思えば一本一本確認してもらえばよかったのよね。

ま、笑ってくれ!! それが一番の供養じゃ!! <誰のじゃ~~

CD-Rが焼けなくなっていたのは「出力不足」とやらで、部品そっくり新しいのに取り替えたらしいのですが、同じものついてるのかなぁ・・。ホントにもう大丈夫かなぁと不安であります。とりあえず、1枚焼いてみましたが、無事完了いたしました。・・スティービー・ワンダーの新譜。これいいですよぉ・・。

ともかくも、これより、我が家のパソちゃんが(何故か女性のような気がする)いなかった間に起きたよしなしごとを、いくつかに分けて書きたいと思います☆

パソコン再入院

yamabudocat10
2週間かかってやっと戻ってきたパソコンでしたが、喜び勇んで起動したところ、音が鳴りません。起動音すら鳴りません。あわてていろいろ触ってみたけど、やっぱり音は戻らず・・・結局再入院してしまいました。

11月に入ってから新しい記事をアップしていませんが、何もなかったわけではありません。

2年前の3月に大阪から引っ越して以来、家族は何度か大阪に遊びに行っていたのですが、私はまだ一度も行っておらず、ずーっとブーブー言っていました。で、やっと4日、5日、6日と2泊で大阪に行くことができました。
大阪時代は子どもがまだ小さかったことも有り、あちこち行くということがまるでありませんでした。9年住んでいたといっても家のあった千中以外は知らないも同然でした。いつもマコリンの話をきくばかりだったのですが、今回の旅行で噂の店にも行くことができました。そんなこんなの面白い話は沢山仕入れてきたのですが・・。

これは絶対写真とともにご紹介いたしたく・・皆さま、もうしばらくお待ちください。きっとパソコンは直って帰ってくると信じておりますので・・。

ヨドバシの5年保証があって、今回の修理も無事無料でやってもらえたのですが、そう言う場合ヨドバシカメラの系列(?)の修理工場に出されるらしく、もはやNECに助けを求めても責任は取ってもらえません。「修理した人にもう一度ご依頼ください」と言われました。そりゃそうだよね(>_<)
もちろん、今回の修理屋さんを信頼していないわけじゃないのですが、そういうカラクリなわけかと今さらながら気がついたのでした。音が出ない以外、通信関係は正常でしたし、他にも特に以上はなかったようですが、まぁ、もともとの修理箇所である「CD-R焼き」については音が出なきゃ確認のしようがないので、まだ未確認なのです。

このWINDOWSXPは買って三日目にウィルス(と思われる・・)にやられていきなり再セットアップした経歴もあり、なんていうか・・まぁ、当たりが悪かった電化製品って感じですかね。

どのくらいで戻ってくるか分かりませんが、とりあえず、新しい記事のアップはもうしばらくお待ちくださいませ。m(__)m

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず