アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

年末の喧騒

P1000566

今日築地へ買い物へ行ってきました。なぁにもわざわざ築地に行かなくてもって思うでしょ? 私もそう思います。でも行きたくなっちゃう(^_^;)。

ご覧くださいませ、この喧騒を・・。もっと近づいて写真を撮りたかったのですが、殺気立っててとても無理です。

築地での目的は「佃権の伊達巻」とばら売りしている「かずのこ」です。佃権の伊達巻は初めて食べたのがもう15年ほど前になります。よくカステラに蜜がじっとりと染み出てくるような甘いカステラがありますが、この伊達巻はまさに、あの状態。蜜がじわ~っと染み出てくるような甘味とコクがあります。伊達巻ってこんなに美味しかったのかと思わせてくれます。

「かずのこ」は「かずのこ」なのですが、バラで、しかも格安で手に入ります。格安といえば、今回ローストビーフ用のお肉も築地で買ってみました。味は食べるまでお預けですが、国産のかなりいい感じのお肉がなんと100g350円!! これは安いでしょう・・。その他にも出し昆布、照り焼き用サワラなど買いました。これも市価の6~7掛けくらいで買えます。特に昆布はかなり安かったです。どうみても2000円くらいしそうな昆布が800円でした。お徳用ということでいわゆる出汁用に短く切れたものなんですが、それでも品質はよさそうです。

朝食用に卵焼きを買おうと、卵焼き屋が並ぶ通りへ・・。ところがとてつもなく長~い行列ができていました。でもふと見ると、私がいつも買う店丸武・・ここは例のテリー伊藤さんのご実家として有名。私はここのが好きです。・・は列が無い!?。変だなぁと思いつつ近づいてみると、なんと「本日の分売り切れ」の張り紙が!! まだ12時ですよ! さすがに、築地の朝は早いのでした・・。

昨日、今日と買い集めた食材で冷蔵庫ははちきれそうになっています・・(*^_^*)シアワセ。これが全部お正月のご馳走となって・・そして・・全部お腹に入るのだと思うと・・

おぉぉぉ、来年もまず目標はダイエットかもぉぉぉ☆

今時の歯科矯正

P1000565 写真は本文とは関係ありませんが、昨日載せ忘れちゃった「NAOKIのクリスマスケーキ」です。見た目はごく普通ですが、スポンジの口どけ、甘さ、クリームの瑞々しさ、ミルキーなコク、イチゴの程よい甘さ・・ケーキにすっぱいイチゴが載っているくらい興ざめなものはありません・・どれをとっても一級品。過去最高水準といってもいいケーキでした。・・ので、写真だけでも(^_^;)

ゆーちぃは小さい頃からスキッ歯でそのお陰で虫歯も無く過ごしてきました。でも年頃になったら矯正したいと言い出すんじゃないかなぁと思っていたのですが、案の定・・。

最近歯科主治医になっている京橋のお医者様の紹介で銀座の矯正歯科へ行ってきました。一枚のドアとインターフォンがあるだけという、知らなきゃ恐くて入れないような病院でしたが、中に入ってみるととてもいい感じで、また、先生がすごく優しくていい先生でした。それは事細かに説明していただき安心することが出来ました。

医学の進歩というのは本当にすごいですね。歯列なんてほとんどどんなものでも治ります。私も前歯が一本へこんでいる状態だったのですが、10年ほど前に矯正しました。この歯のせいで、子供の頃からいじめられたり、からかわれたりでよく泣きました。でもいつのまにか、これこそ私の個性と思い定め、乗り越えてきた経緯があったので、ゆーちぃにもスキッ歯くらい乗り越えて欲しかったのですが、反面、自分が経験した辛い思いを娘にさせずに済むのなら、できるかぎりのことをしてあげたいという思いもありました。

矯正歯科の先生に言わせれば、歯列が悪いと後々歯が傾く原因となり、そのせいで歯肉炎や歯槽膿漏を誘発することにもなりかねないのだから、歯列の矯正というのも健康上必要なことのようです。それでも保険扱いにはならず、国は認識不足である、と矯正歯科の先生はお嘆きになるのですね。

つまり・・矯正にはとてもお金がかかります。そして、かなりの苦痛が伴います。「いいのね?それでも頑張るのね?」と何度もゆーちぃに確かめて・・なんとかやってみることにしました。小遣い減るよ、とか、痛いよとか言ったのですが、決心変わらず・・。

さて、長い道のりです。始めたら決して投げ出せません。ゆーちぃ、頑張ろうね!! 

クリスマスの食卓

P1000564

さぁ、やっと我が家もクリスマスパーティです。

毎年クリスマスにはチキンを焼きます。特に変わった味付けはしません。詰め物もなしです。ただ塩コショウしてたっぷりの溶かしバターとワインでひたすら焼きます。今年は少し大きめのチキンだったので1時間以上焼きました。オーブンで焼くと表面はカリッとしていて中はジューシーな丸焼きが出来ます。実に・・☆☆☆美味☆☆☆

今年の目玉はなんといってもテーブル中央に輝くドンペリ☆でありましょう(*^_^*)

会社のゴルフで景品として出されていたドンペリ・・。社長の差し入れらしいんですけどね・・これを最後にジャンケンで勝ち取ったマコリンは偉い!! ゴルフなのに、ジャンケンって(^_^;)

実は私、ドンペリを頂くのは初めてでございますぅ。毎年シャンパンは飲んでいるのでございますよの。大概は「モエシャン」です。去年はモエシャンのピンクをいただきました。それでも私には贅沢な一品でしたが、今年は・・ドンペリ!!! すごい・・(゜O゜)

これはねぇ・・美味しかったよ。本当に・・。一番の違いはその柔らかい口当たり。口に含むとフワーっと泡が消えていくのですがその泡が実に細かい・・。まるで雪のような口当たりです。こんなのもあるのねぇ・・。これがシャンパンなのねぇぇぇぇ(*。*)

今、幸せでございます。上品なお酒の酔いは上品なのでございます。ほんわかいい気分なのです。

皆さま・・

☆☆☆☆☆☆☆☆メリークリスマス☆☆☆☆☆☆☆☆

クリスマスにオーケストラを・・

P1000563

今日はクリスマスイブ。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

我が家ではずっと12月24日は家族でクリスマスパーティーをしてきました。マコリンが小さいときとても素敵な思い出があるみたいでクリスチャンでもないのにクリスマス大好きなのです。まぁ日本人にとってクリスマスって国を挙げてのお祭りみたいなところがありますものね。お祭り好きですからねぇ(^_^;)

ところが結婚以来初めて、今年の12月24日はクリスマスパーティを家族でしませんでした。なんというタイミングかと思いますが、まーちぃの大学オーケストラの定期演奏会があったのです。みなとみらいホールで行われたのですが、こんな日にお客がくるのだろうかという不安なんてものともせず大盛況でした。

曲目は ☆ラヴェル 古風なメヌエット ☆ブラームス ヴァイオリン協奏曲二長調 ☆シベリウス 交響曲第2番 二長調 の3曲です。ブラームスはプロのヴァイオリニストがソロをとってくれて、それはそれはすごいテクニックを聴かせて頂きました(*^_^*)。シベリウスは第3楽章でオーボエがとても活躍する部分があり、まーちぃのオーボエを久しぶりに堪能いたしました(*゜-゜*)イカッタッ。

みなとみらいホールのある一帯はショッピングビルあり、遊園地ありの、ご存知横浜のアミューズメント地域なのです。コンサートが終わって外に出てみると、そこはまるでアベックのための、というかアベック以外来てはいけないというくらいの場所となっておりました。あっちを見てもこっちを見ても二人連れ・・。あんなに混んでるティファニーっていうのもなかなかありませんよねぇ・・。皆さん、いいもの買ってもらってねぇ~。遊園地の観覧車なんて乗るのに2時間くらい待ちそうでした。

せっかくなので Queen's Square のツリーの写真を撮って、私たちは地元蒲田へ・・。そしてなぜかクリスマスだというのに"鰻!"を食べて帰ってきました。

我が家のクリスマスパテイーは明日やります。今年はNAOKIのケーキだもんね。楽しみだなぁ☆

エアコンとの戦い

3010129073 寒くて寒くて、大掃除が全然はかどりません(-_-;)

故郷福井は大雪だそうで・・。マコリンの故郷秋田も超寒いそうで・・。そして、ここ東京もとてもとても寒いのです!! 

確かにいつもの暮とは比べ物にならないくらい寒い気がします。私は何が苦手といって寒いのくらい嫌いなものはないのです。で、朝から何度もエアコンのスイッチを入れたり・・消したり・・(^_^;)

電気代ってどうしてこんなに正直なんだろうなぁ。我が家はリビングのほかにも子供部屋にそれぞれ暖房器具があります。で、冬は当然それがフル稼働するので、電気代はうなぎ登り(>_<) それで日中はなるべくリビングのエアコンは我慢するのですが、この寒さではどうにも耐え切れず、何度もスイッチを入れたり、切ったり・・トホホ。

エアコンは空気が乾燥してくるので1時間もつけていると喉と鼻がつらくなるのです。それと電気代の請求書が目の前にちらついて、つい、スイッチを切ってしまいます。で、また何時間かすると寒くてブルブルしている自分を発見し、しばし悩んだ末、結局またスイッチを入れる・・と。あぁ、もう冬はいらないよ~。えっ? 始まったばかり?? 

超テンション下がるんですけどぉぉぉ。(-_-;)ハァァァァァ~

しかぁし!! 大掃除はせんとね。頑張るべ~☆

SAYURI

chiyo_008 さてさて・・土曜日でございます。

チャンツィイーと渡辺謙の共演で結構話題になっている「SAYURI」を見てきました。そうか、話題になっているのはプロデューサーがスティーヴン・スピルバーグだからか・・。

渡辺謙以外にも桃井かおりや役所広治など日本の有名な俳優さんも沢山出ていました。やっぱり桃井かおりはどこにいても桃井かおりで(^_^;)、その存在感はたいしたものです。

映画全体からかもし出される不思議な雰囲気はアメリカ人の感じる東洋的な・・というより、今回は「日本的な」といってもいいと思いますが・・ものを十分伝えていたと思います。

着物の着方がきっちり出来ていたのは桃井かおりと工藤夕貴だけでしたが、これはたぶん作り手も追求してなかったのではないかと思います。より色っぽく「アメリカ人」が感じるためには着物もこれくらいは崩れて着て欲しいってことなんだろうなぁと思いましたね。あんなに襟を抜いたり裾を甘く合わせたりして着ていたらおそらく芸者としては失格です(^_^;) 

SAYURIというお話の世界は「日本」ではなく、日本をモチーフとして作られた別世界であるという風に理解して見れば十分楽しめます。変な日本人、変な日本文化だという思いで見ないで、まったくの作られた「御伽噺」の世界である・・と思うこと。それがSAYURIを楽しむコツですね。

それにしてもチャンツィイーの細いこと! あんなに細いから着物を着ても決まらないんですねぇ。それに可憐な感じが強すぎて芸者の色香というものが無かったのですが、それがかえって主人公の薄幸を感じさせて良かった気がします。

で、なんといっても渡辺謙。あの役は良すぎるでしょう・・。謙さんの個性的な顔はあんな風なとことん二枚目をやるには味がありすぎる気もするのですがねぇ。もっとも先回のハリウッド作品がバッドマンの悪役でしたから、それとの対比で役を選んだとすれば納得も出来ますが。

私はかような意見でございまして、十分楽しく見れました。でも一緒に行ったマコリンはニセモノの日本がしっくり来ないとか、チャンツィイーがある一場面(医者に足を見せる場面)以外は色っぽくなかったとか申しておりました(^_^;) ハイ、ハイ、次は「キングコング」に付き合ってあげるからね☆

根性の親子丼

003

さて、金曜日・・

前からの約束でゆーちぃを連れて京橋の歯医者さんへ・・。私が気に入って信頼している先生なので、一度検診をと思っていました。信頼できる歯科医ってなかなか見つからないものなので、一家揃って歯科主治医になってもらおうという気分です。

で、帰りにお昼ご飯を食べに行こうということとなり、人形町へ移動しました。玉ひで(リンク参照)で親子丼を食べようと思ったのですが、これが予想を上回る行列が出来ていたのです。平日だしそれほどでもないだろうと思って行ったのですが、やっぱり東京って変だよねぇ。どうして平日にこんなに行列が出来てるんでしょ(-_-;)

人形町には玉ひでだけでなく、他にも美味しいお店は沢山あるのですが、玉ひでが初体験のゆーちぃはもうどうしても親子丼を食べなくちゃ、という気分になってしまっていて、「絶対並んでも食べると」いうのです。根性の親子丼です!

並ぶこと1時間半! もう体は冷え切り、テーブルに座ってまずはじめに出てきたチキンスープが五臓六腑に染み渡りました・・(>_<) これも絶品なのよねぇ・・。

こんな寒い日に行列を作っていた方々はどうやら遠くからお出での方々のようで、ここまで来たからには、という根性の方々ばかりだったようでございます。でもベビーカー連れで並んでいた人も結構いて、あれは子供にとって苦行ではないかと思いました。

親子丼はと~ても美味しかったのですが、冷え切った体は元に戻りません。まっすぐ帰ってお風呂に入って温まりたかったのですが、どうしても練習したい(?)というゆーちぃのこれまた根性に負けて、フリータイムでカラオケなどして帰ってまいりました・・・。もうクタクタ・・。

根性で行動するほど若くないってこと、十分承知しているのですが・・普段なかなか遊んでくれないゆーちぃのお誘いは断れない。。母でありました☆

化粧品会社の・・エステ

yoruiebig ちょっとしばらくお休みしちゃいました・・。ではその間の出来事などを・・

友人からもらったシーボンエステの無料券・・。クリスマスまでに行かないとオマケの化粧キットがいただけないということもあって、木曜日にまーちぃと行って参りました。神田で靴下を買う用事もあったので、そのまま行きやすい店舗という事で日本橋店へいくことにしました。

さて、エステは初めてのまーちぃと曲がりなりにも4回目の私。シーボンはどのやうなところでありんすか?と入ってみますと、そこはエステというより、とても綺麗なヘアサロンという風情。なぜそう感じたかというと、個室ではなかったからですね。

何台かならんだエステ用のベッドと洗面台。この洗面台が沢山並んでいるという雰囲気もヘアサロンを思わせたかもしれませんね。この洗面台では顔を洗うのです。

まず、いろいろとお肌チェックをして、シーボンの酵素洗顔を自分でいたします。もちろんやり方を教えてもらってやるのですが、この辺もエステとは違いますね。エステは洗ってくれるから(^_^;)

次にベッドに寝て肩から顔にかけてマッサージとパックなどをしてもらいます。パックは15分以上放って置かれるのでここで間違いなく・・寝てしまいます(^_^;)

始めにしたお肌チェック結果と洗顔&マッサージ後のお肌チェック結果を比べ、ほら、こんなに変わりましたよ、ということとなり、シーボンのクレンジングの素晴らしさを力説してぜひお使い下さい、という流れとなります・・。これが、アータ、すんごい金額(@_@;)

私の場合、クレンジングからお化粧品まですべて揃えると・・当然、そのほうが効果が高いと説かれるわけですが・・22万以上になります!!

すごいねぇ・・そんなに買う人いるんだねぇ。化粧品を買うともれなくマッサージがついてくるというシステム。いいような、悪いような・・。得なんだろうけど・・。とりあえず、そんなお金はないですわ(^_^;)

でも、前に行った「たかの友梨」にしても今回の「シーボン」にしても決して強くセールスはしてきません。その辺はとても良心的ですね。親切にいろいろ説明してくれますし。

けど・・本来なら一万円くらいするエステを受けて・・しかも二人・・なぁんにも買わずに、おまけのクレンジングキット&化粧ポーチを二人分もらって帰ってくる勇気って・・褒めてもらえるのかなぁ・・☆

ワンコインコンサート

xmasmomirisu  横浜のみなとみらいホールでワンコインコンサートを聞いてきました。その名の通りワンコイン=100円(1ドルでも可)で入れます。初めて行ったのですが、盛況ぶりに驚きました。川崎駅前のミューザでもランチタイムコンサートを500円でやっているのですが、わりと楽に入れます。確かに、みなとみらいのコンサートの方が時間も倍ほどあるのではありますが、それにしても満杯! 

せっかくいつになく早くみなとみらいに着いたのに、「JRで行くからね」と言われていたにもかかわらず、友達のことを東急みなとみらい線の改札口で待っている・・という、いつもながらの失態を演じた後(^_^;)、待ち合わせ場所がホール前だったことに気がつき、約5分遅れでホールに到着した時にはすでに開場を待つ列が・・。

いえ、ぎりぎりに待ち合わせたのではないのです。始まるまでお茶でもしようと、1時間30分も前に待ち合わせたのです。それなのに、長い行列がすでにできていました。整理券が配られるわけでもなく、結局ずっと待って、開演20分前にやっと入れてもらいました。なんとかならないのかしらん。

コンサートはパイプオルガンの演奏です 。荘厳な響きのパイプオルガンって素敵ですよね。思わずうっとり☆ 会場がぽかぽかと暖かいのもあって、やや眠くなってしまいました。パイプオルガンの響きって体にも心地よく響いて眠気を誘うものなのですよ(^_^;)

みなとみらいの各ビルもすべてクリスマスのデコレーションでとても綺麗に飾られていました。もうすっかり年末なんですねぇ☆・・すみません、カメラ忘れました・・

ここはホテルかマンションか・・

3010129073 最近マンションを買った友人にお招きいただいて、出かけてきました。マンションと言ってもその辺にあるマンションとは違います。何が違うって、その大きさ・・。いえ、ビルの大きさです。40階建て(@_@;

びっくりしたのはその高さだけではありませんでした。まず、ビルに入った私たちを出迎えてくれるのはビル内に流れる水のモニュメント・・。そして、恭しく出迎えてくれるロビーの係員。ロビーに係員がいるんですよ! 「いらっしゃいませ m(__)m」と出迎えてくれます。この方達は帰り際には「いってらっしゃいませ m(__)m」と仰います(^_^;)

次に目に入るのが喫茶店。まぁ、大きなビルなら店の一つくらいね・・でもここはマンションか・・。いつでも出前OKでだそうです。

その後も友人宅にたどり着く前に、椅子とテーブルの並んだ「会議室」有り、PC使い放題の「勉強室」有り、ゲストを泊めるための「ゲストルーム」有り、大勢のお客様をお招きするときに使う「パーティールーム」あり。「フィットネスルーム」にキッズのための「プレイルーム」有り・・。ここはどこ?? ホテルだよ、まるで・・ほんとに。

内階段のため、外廊下にも絨毯が敷かれていて、見た目も本当にまったくホテルのようです。立地もよくて、景色も抜群のこのマンションは駅にも5分で行けちゃうし・・。最近のマンションってこんななんですね。

もちろん、ダスターは24時間使用可能。クリーニングは決められた場所に出せば勝手に出来上がって戻ってきます。郵便を出すのも頼めば例の「係員」さんがやってくれるそうです。ほらっ! ホテルでしょ。あっ、ホテルとの違いがあります。それは・・ペットOK。隣の音はまったく聞こえない・・(^_^;)

マンションって、だた住むというだけの時代は終わったんですね。これからはどう住むか・・。特に都心のマンションは子育ても終わって余生を送ろうという人によく売れているという話。マンション内でどれだけのサービスを受けることが出来るか。そんなことがこれからの着目点なのでしょう。

今、マンションのことで世間は大騒ぎになっていますが、買われる方はいろんなことを、とことん考えて、しっかり調べて、買ってくださいませ・・。

と・・あくまで他人事な我が家でした(^_^;)カナシー

お弁当が終わるときは?

3010129073 明日からゆーちぃは高校生活最後の期末試験です。

高校生の彼女は毎日お弁当を持っていく生活ですが、試験になると午前中で終わって帰ってくるのでしばらくお弁当もお休みになります。

普通、期末試験のあとは試験休みとなり、そのまま夏休みなり、冬休みなり、長期休みへと突入するわけです。だからお弁当作りも期末試験の始まりと共にお休みになるはずなのですが、クラブ活動に参加している子供達はそうはいきません。体育館を使うクラブは場所の関係もあって、半日活動ということも多いようですが、外で練習するクラブや、ゆーちぃのように音楽関係のクラブはほぼ一日練習します。だから・・お弁当もお休みになりません。

まーちぃが幼稚園に行きだしてからお弁当を作ってきた私。その後小学生時代に若干のお休み期間があったものの、延べ13年もお弁当作ってきたんです。一つだけの時もあれば三つ作っていた時もありました。(゜-゜)ガンバッタワ・・☆

この9月にゆーちぃがようやくクラブを引退したので、この冬から試験休みと共にお弁当作りも終わるなぁと思っていました。

・・・しかぁし!!

冬休みはクラブに行くんだって・・。3月に行われる定期演奏会には3年生も参加します。その練習にもう今から行くんだって・・ (T_T)

お弁当生活は、まだ終わりそうにないのでありました・・。

最後のお弁当はいつなんだろう。13年間の締めと思って、ちょっとはりきって作ってみようかな☆

・・まてよ・・専門学校行っても、お弁当だろうか(-_-;)・・・

白百合の花の咲く頃

cyuon17 先日たまたま一日中家にいたとき、同じ人の同じ歌を2回聞くことがありました。

一つは「徹子の部屋」でした。もう一つはNHKだったと思います。歌手の方の名前は「新垣勉」さん。歌は「白百合の花の咲く頃」です。

そのときはメロディの美しさと、新垣さんの心に染みる暖かな歌声に、一目ぼれ(?)してしまい、どうしても次に歌う歌はこれにしようと思いました。

新垣さんという人はいわゆるクラシックの歌手です。全盲の歌手で、それはそれは大変な人生を送ってきてます。詳しくはここで書きませんが、その人生が彼の歌の深みになっているのでしょうね。  

新垣勉←ご参考にどうぞ。

「白百合の花の咲く頃」はThe Boomの宮沢さんが、新垣さんがTVで「さとうきび畑」を歌うのを聴き、その返歌として作ったものだそうです。「さとうきび畑」と同じように淡々と歌われる曲調ですが、もっと明るい思いを感じます。去っていった(亡くなった)人を思う歌ですが、それでもただ悲しみ嘆くところから一歩先に進もうとしている、そんな歌詞だと思います。

とにかく、新垣さんの淡々とした歌い方と、その厚みのある、明るい歌声が、さらに思いを強く訴えてきて、涙が出そうになるのです。

こんな風には歌えないけど、ぜひに、この歌を歌いたいと思います。まずは今日、CD「命どぅ宝」を買ってきました。一緒に聞いたゆーちぃも感動してたみたい。そういえば、このCDの中で新垣さんは今時の若者の歌も自分なりに歌っています。MONGOL800の歌とか(^_^;) 彼らの歌も改めて歌詞を聴くと、すごく素敵な歌詞なのだなぁと思いました。

さぁ・・私も・・

☆練習頑張るぞ~!!☆ 

隣に座った人はどこの国のお方?

yoruiebig 今日、JR京浜東北線に蒲田から横浜まで乗ったのですが・・

まず、蒲田で隣に座った人は、中国語。三人組の中国人でした。観光客では・・ありません。

彼らが降りて、次に隣に座った人は、韓国語。やっぱり観光客ではなく、見た感じご夫婦。気のせいか、キムチの香りが・・(^_^;)。

韓国のご夫婦が降りた後に隣に座った人は、何語だ!? 金髪の女性二人組みはフランス語のような、ドイツ語のような、判然としない言語でお話していましたが、よく聞くと、ところどころ、日本語が混ざる・・。ということは、この二人は同じ国の人じゃないって ことですよね。おそらくは、フランス人とドイツ人が日本語も交えて 三ヶ国語で話していたんです!!

・・ねぇ、ここはどこ?? 日本だよね(^_^;)

最近は学校のPTAの集まりでもかなりの数の外国人のお母さんがいるという話。

いよいよ日本も人種のルツボですか?

「吉田茂」評伝

hana-f-kazari

土曜日の夜、大学時代の恩師の「出版記念パーティ」がありました。パーティといっても先生の教え子だけでワイワイとやったのですが、卒業以来・・何年ぶり?(^_^;)・・の人もいたりとまるで同窓会の雰囲気で楽しく過ごせました。

20代から50代まで幅広い年代のメンバーでしたが、いろいろな職業の人、もちろん、専業主婦もいましたが、共通してどの人も壇上で萎縮することなく挨拶できる、ということに驚いてしまいました。学生時代に考えをまとめて相手に伝えるということに関して、みんなある程度鍛えられたってことですよね。恩師とは有り難いものでございます。

先生が出版なさったのは岩波新書で「吉田茂」の評伝です。まぁ私としてはこのところずっとこの手の難しそうな本にはトンと縁が無く、この本も買ったはいいけど読めるだろうかと不安でした。本を買ってすぐに先生からも一冊サイン入りで送られてきて、これはいよいよ読まねばなりません(^_^;)

そして読み始めて驚きました。この手の本としてはかなり面白く、まるで小説を読むように読めてしまうのです。

吉田茂という人物の歴史を軸に明治から戦後にかけて繰り広げられる物語は、まさに、物語というにふさわしいスケールの大きい波乱に満ちた話です。歴史としてはある程度知っている世界ではありますが、その歴史がなぜそう動くことになったのかという、いわゆる歴史の「メイキング」といった感があり、ワクワクさえしてしまう、そんな本なのです。

大きく時代が動く中において、当時の歴代の政治家達がどう考え、どう決断し、どう動いたか・・。その結果日本が進む道がどう決められてきたのか、を見ることができます。そして、実は「小泉劇場」なんて言葉が「流行語大賞」をとったときいて面白がっている場合ではなく、今の政治が、これからの生活が行くべき道を選ぶ大切な地点に立っているのだということをしっかり捕らえなければならないのだということを感じずにはいられません。改革の名の下、改悪がなされないように、よく見なければならないのでしょうね。現実にはしっかり選挙に行く以外手が無いのではありますが・・。

それにしても、こんないわゆる裏話を話してくれる先生に歴史を習っていたら、高校時代の歴史の授業ももう少し楽しく勉強できたのではと思います。そんな余裕のある授業を組めるような教育であってくれればと思うわけです。

パーティに行く途中、おそらく教師たちがやっていると思われるデモに遭遇し、相変わらず、国歌や国旗の話をしていて、それも大事なのかもしれないけど、もっと今そこにいる子供たちの心の中をつかむような教育、授業をやってくれよ、と思ったりもしたのでした。

たまには・・こんな本を読んで今を考えるのも大切かな☆

身分を証明したい。

poinseti-p 来週からの歌の教室で歌おうと思っている曲は、昔懐かし名画「慕情」のテーマ曲”Love is a many splendored thing”です。ナットキンコールが歌っていたらしいんだけど、もう売ってないかなぁ。とりあえず、無いとは思いつつ、TUTAYAに行くことにしました。

といっても私は会員じゃないのでまず、カードを作るところから始めないとなりません。

きっと身分を証明するものが必要だろうと思い、保険証を持参することにしました。印鑑もいるかも、と思い、両方を持ってTUTAYAへ・・。

名作映画のサウンドトラックを集めたCDがあったので、これを持ってカウンターへ向いました。ところが・・

これって常識だったのでしょうか? TUTAYAで会員になるには保険証だけでは駄目だったんです(>_<)

保険証と公共料金の支払い証明書、すなわち、領収書が必要なんだって! 住所が書いてあるっていうのがその理由だそうです。同じように住所と名前が記載されてる「読売新聞」の領収書が偶然財布に入っていたんだけど、これじゃ駄目だって・・(>_<)

出直さなくてはならなくなった私は思わず、捨て台詞のように「こんなことなら初めからパスポート持って来ればよかったかなぁ」とつぶやいてしまいました。

でも、なんと、パスポートでも駄目なんだって!! 保険証とパスポートの両方を持っていっても駄目なんだって。パスポートくらい自分を証明するもので確かなものってないと思っていたので、ショックでした。

一つだけで許されるものは免許証はじめ、いろいろあるみたいでしたが、私の持っているものは何も無いのです。最近は運転免許証を持たない大人は一人前に認めてもらえないことが多すぎるのです。

肩身超~セマッ!(>_<)

それにしても「パスポート&保険証」より「運転免許証」が勝つ理由って・・窓口のお姉さんはただただ「駄目なんです」というだけで理由を説明してくれないもんだから、こっちは理不尽な扱いを受けているような気分になっちゃって・・ (T_T)

つまりは、住所が印刷されていないと駄目ってことなんじゃないかな、と勝手に理解しました。もうすこし、ちゃんと説明して欲しかったなぁ。

先日キャッシュカードをATMから取り忘れて、機械の中に吸い込まれちゃったとき、その後のカードの機能復帰に必要だったのは「パスポート」だった。確か口座をひらくのに必要なのは「保険証」じゃなかったかなぁ・・。クレジットカードだってそうだよね。保険証のコピーを送ったような覚えがあるもの。

だからやっぱりTUTAYAの欲しいのは「身分証明」というより、「そこに住んでいるという証明」ではないのかと思うのですが・・。違うかなぁ。

結局CDはショップで買ったので、もうTUTAYAはどうでもいいのですが・・

ずっと口にするだけで実行してないんだけど、やっぱり「原チャ」の免許だけでも取ろうかなぁ。身分証明のために・・トホホ。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず