アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 初詣 柴又帝釈天 | トップページ | 天使の都 バンコクへ »

KING KONG

P1000582

お正月映画は数々公開されていますが・・なぜかこの映画です(^_^;)

遠い昔、テレビでKINGKONGを見たとき、ゴジラが好きだったので、そのイメージで見たのですが、全然面白くなかったという記憶があります。あれは・・きっと30年以上まえだなぁ。もちろん、見たのは白黒の映画でした。その後も一度リメイクされているのですが、見ていません。やっぱりあんまり興味が無かったって事です。

それなのに今回映画館まで足を運んでしまった理由というのは、ただ一つ。今回の監督があの「ロードオブザリング」のピータージャクソンだったからです。

ロードオブザリングは複雑な物語も十分楽しめるのですが、何よりあのとんでもない映像の数々が本当にすごい、と思っているので、あの映像技術をもってKINGKONGをどう表すのかというのをぜひ見てみたかったのです。

まさに、そういった観点でいうならば、期待以上の映像でした。息を呑むというよりは感心し続けるという感じです。これでもか状態で繰り広げられるピータージャクソンらしい凝った映像作りは本当にすごいです。特に孤島でのさまざまな出来事、化け物のような生物たちの描写はロードオブザリングよりも、より現実味があり、作り物と分かっていてさえ身震いするほどです。気がついたら映画の主人公達と一緒に手であたりを振り払いそうになっていました。特に虫の場面は映画館にいることも忘れ、逃げ出しそうになりました・・ホントです(>_<)

ストーリーはそれほど深いものではありませんが、女性主人公とKINGKONGとの心の交流を表現することで女性にも受け入れやすいものになっているかなと思いました。それでも最後にはKINGKONGを殺さざるを得ない状況であるというところの悲しさと、殺されてしまうKINGKONGの理不尽な運命を考えさせるということでしょうか。

子供向けの怪獣映画とは一味違うと思いますので、お勧めします☆

« 初詣 柴又帝釈天 | トップページ | 天使の都 バンコクへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/8090580

この記事へのトラックバック一覧です: KING KONG:

« 初詣 柴又帝釈天 | トップページ | 天使の都 バンコクへ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず