アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ちちんぷいぷいのお芋

Screensaver01 大阪・毎日放送のワイドショーで『ちちんぷいぷい』という番組があります。
5、6年前、大阪に住んでいた時のことです。当時フルタイムでパートをしていたのですが、たまに仕事が暇だと3時過ぎに家に帰る事がありました。
疲れて帰って夕飯の支度をするまでのわずかな時間、ほっとする
ひと時をよりほっこりとさせてくれたのが、この「ちちんぷいぷい」でした。

角さんというなんともほんわかした名キャラクターのおじ様がメインで進めるこの番組は、大阪ローカルらしい、ゆったりした時間の流れの中でポワポワと進行していく、実に平和な番組です。
芸能ニュースあり、スポーツニュースあり、バラエティに富んだ内容ではありますが、なにせ、角さんが天然でボケをかましてくれるので、大笑いとなります。かなり売れているタレントさんでも「この人どなたですか?」と聞いてみたり(^_^;)
ちちんぷいぷいのHPに血液型占いがあるのですが、これを見ていただくと番組の雰囲気がよく分かるかもしれません。
リンクしちゃいます(*^^)v ぷいぷいさんの血液型占い 
サイドにもリンクしておきますので、毎日しちゃいましょ!
ちなみにぷいぷいさんは赤い帽子を被ってラッパ持ってる人です。

P1000852_1 ある日、この番組の中のグルメコーナーで「大学芋」が紹介されていました。仕事帰りでお腹が空いていたというのもあるのですが、番組内で紹介そっちのけでパクパク食べる角さんの美味しそうな顔を見ていたら、どうしても食べたくなって、同じ大阪だというのに、取り寄せてしまった・・それが「嶋屋のポテト」です。

その時の番組での紹介によると、油で揚げたさつまいもをたっぷりの蜜にじっくりつけて芯まで蜜の味を染みこませてあるらしいです。
食べると、本当に中までしっとりと蜜が染みこんでいて、

美味しいこと!!

実は何年か前から東京でも二子玉川の高島屋で買えるのですが
(今でも売っているかな?)、なぜか大阪から取り寄せたほうが美味しいのですよね。今年もやっぱり取り寄せてしまいました。

『ちちんぷいぷい』・・東京でも見たいなぁ。
でも『なるとも』もあっという間に終わっちゃったしなぁ。
やっぱり無理なんだろうか・・☆

夜桜

P1000843 寒いですねぇ。もう3月も終わろうとしているというのに、寒くて体が
動きません。(>_<)

昨夜、前から約束をしていたので、寒さにめげず、夜桜を見に出かけました。場所は川崎駅側の小さな公園。
花見につきものの提灯もなく、照明がやや足りない感じで、暗すぎて桜の花がよく見えません (T_T) ガーン

しかし、我々は寒さにも、暗さにもめげず、なんとしても「花見」をしたという実感!を得ようと友人がわざわざ藤沢から持ってきてくれた「鯵寿司」をみんなでほおばりました。お酢がギュッと利いててすごく美味しい!! でもさすがに寒くてビールを飲む勇気は無く
「よし、花見したぞ! 撤収!!」とばかりに公園隣りのルフロンに飛び込みました。あ~暖ったかいヾ(´▽`;)ゝ 

P1000847_2 10階のレストラン街にあるタンドゥールというカレーハウスでさらに暖まりました。
4人で行ったので、野菜、マトン、チキン、シーフードと4種類のカレーを注文して、みんなで食べっこ☆

すべて堪能する事が出来ました(*^^)v 

カレーも美味しかったのですが、初めて飲んだインドビール、KINGFISHERも美味しかったですよ。
おつまみで出てきた薄っぺらなお煎餅はPAPADOというもので、ピリピリ辛いのですが、これにさらに、緑色のとんでもなく辛いソースをつけて食べるのです。ミント風味の珍味です。

花より・・団子なお花見でした。
週末まで桜が持つといいですねぇ。
今度はもっと暖かな日の光の下で楽しみたいです☆

乳ガン・・補足

3005010078 ちょっと衝撃的なタイトルをつけてしまいましたが、もしかしたら、どこかで悩める誰かが読んでくれるかもしれないと思い、検索しやすいタイトルをつけてみました。



昨日の日記に書いたように、本当に乳がんというのは、自己検診もでき、今では早期発見さえすれば助かる確率の高いガンです。
私にマンモを受けるよう励ましてくれた友人からのメールの一部を
紹介しますので、ぜひ、ご参考になさってくださいね。

尚、彼女はついこの間まで婦人科の看護師さんだった方です。

☆☆☆☆☆☆☆☆

予防は出来ない。けれど早期発見は簡単に出来ます。
マンモグラフィーという力強い味方に加えて、自己判断も出来ます。
主に注意する箇所は腋から外側の胸にかけてです。
癌が出来ると、乳首が患部の方へ向き、不格好になってきます。
なので鏡でよく自分の胸を把握しておくようにしましょう。

上部に出来るしこりは大概の人にはあるものですが、

心配なら外科か、婦人科でも乳がん検診の出来るドクターがまれに
存在しますので相談してみてくださいね。

「胸の痛み」を訴える人が居ますが
「癌は末期にならないと痛まない」のが現状です。
よく「肋間神経痛」を乳がんと思いこんで真っ青になってくる人も
たまにいるので(^^;;)最低限の知識は身につけておきましょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆

実は、私もお正月にキンピラを大量に作ったとき胸の筋肉痛に
なってしまい、それを「もしかして乳がんかも??」と思って青くなった
経験があります(^_^;)。

皆さん、健康には十分注意して、楽しく過ごしましょうね(*^_^*)

マンモグラフィー・命を守るということ

Habu1
マンモグラフィー
と聞いてすぐ何の事か分かる人って
どれくらいいるでしょうか?
私の年齢の女性ならたぶん、ほとんどの人が知っているものだと
思います。

先日、年に一度の主婦検診を受けに行ってきました。毎年この時期に受けているのですが、今年から婦人科の方にマンモグラフィーが
導入されることとなり、40歳以上は受けて下さいと言われました。

マンモグラフィーというのは乳ガン検診の検診方法のことで、
オッパイを上下左右からぎゅ~~と締め付け、
できるだけぺっちゃんこにしてレントゲンを撮ります。
まず上下に、次に左右に右、左と、計4回。
噂ではそれはそれは痛いという話で(>_<)、実はとても恐くて
・・ガンより怖い?・・
検査をやめようかどうしようかすごく悩みました。
でも多くの友人達に励まされ、受けてきました。
☆大丈夫、きっと大丈夫だから・・☆

小さい時に罰ゲームとして、「雑巾絞り」というのをしませんでしたか? 相手の腕を両手で持ち、左右反対方向にねじるっていう、あれです。あの時の絞られる感覚が胸にくると想像してみて下さい。
それがマンモの痛みです。
人によって感じ方は千差万別。特に出産授乳を経験した人なら、
特に恐れる事はありません。
想像していたよりもずっと楽だったのです。

終わってみてから、つらつら考えるに、私の狭い交友範囲でも、
実は乳ガンの人を3人も知っているのです。
みんな初期のうちに見つかりました。

でも一人は亡くなったんです。

随分、前のことです。
当時、乳ガンは胸を取ればすむような誤解があったのでしょうか。
早期発見したにもかかわらず、小さな子供をかかえていた彼女は
病院へ行く時間がとれず、発見から本格的治療に入るまでに
半年ほどを過ごしてしまったのです。

治療し始めて1年後に帰らぬ人となりました。
まだ30代半ばの、小さな子供たちのお母さんでした。

私のブログを読んでくださっている皆さんは、今おいくつでしょうか? 
男性の方なら、奥様はおいくつでしょうか? 
乳ガンは比較的簡単に見つけられるガンだと思います。
どうか、ぜひ、検診を受けて下さい。

マンモグラフィーは恐く無かったですから!!

商魂たくましい商品たち

土曜日の夜、ようやく禁酒が解けたσ(^^;)は、勇んで六本木へ
繰り出しました\(^o^)/。
なぁんて、実は、友人のバースディなのでした。

やっぱりお友達のLenny#さんのバンドがライブをやっているライブハウス「ロックアップ」でお祝い会をすることになり、久しぶりの六本木へ出かけていったのでした。

ライブはビートルズの”私の知らない曲”たちで進められていましたが(^_^;)、でもいつもながらに素敵で楽しめました。

P1000834 今回誕生日の友人のために用意したプレゼントは「どら焼き」
和菓子=餡子が大好きな人なのでとても喜んでくれました・・が・・

ご覧のどら焼きは直径約30cm、餡子ぎっしりの、重さ2kgという
巨大なもの。もらった友人は目が点になっていました(*^^)v。
みんなでご相伴に預かりましたが、これが以外にも美味しい。大きいだけではありませんでした。中の餡子があっさりめでいくらでも食べれちゃう感じ(^_^;)・・いえ、そんなには取りませんでしたよ、プレゼントだし。

それにしてもどら焼きにこんな字入れで売り出すなんてアイデアですよね。商魂を感じます。

P1000835 商魂を感じるといえば、今日、スーパーでこんな納豆買ってきました。こんなものにまで美容ブームが・・
そのうちコエンザイムQ10入り納豆とか出るんじゃないでしょうかねぇ☆

広島焼き初体験

3005000018 どうも先週末から体調が悪く、また腎結石じゃぁないかと心配になり、病院に通っています。去年5月にお世話になった病院は先生やスタッフはみんな感じのいい人ばかりでよかったのですが、どうにも入院病棟がお粗末で、またあそこに入院することになったら嫌だなぁと思い、病院変えてみました(^_^;)。

今回は思い切って昭和大学病院へ・・。大学病院にかかるのは随分前にバドミントンで足を捻挫し、半年たっても直らなかった時以来です。あの時は大阪だったので、阪大病院でした。結局「年齢」のせいだという診断を下され、ストレッチの教室へ通って半年ほどかけて治したのでした。

そんなわけで、特に大学病院に思い入れはないのですが、昭和大学病院は建物が新しいのできっと病棟も綺麗だろうという理由で選んでしまいました(^_^;)。

結局それほど重大な病状ではないことがわかり、しばらく薬を飲めばいいことになりました。
それにしても今時の巨大病院ってすごいですね。受付から診察、検査、会計まで素晴らしいシステムで流れていき、初診でしかも紹介状もなかったのに、待ったという感覚がありませんでした。11時に受け付けて、すべてが終わったのが12時30分ですからね。
特に感動したのは会計です。自動会計機であっという間に終わります。まるでATMみたいな機械です。やっと診察が終わってから会計にもう一息待たなくてはならないのが大病院でしたが、こんな機械があるなんて、驚きです(@_@;)

さて、病気になってもただでは起きない私です(^_^;)。
さっそく病院近くに美味しい店見つけました(*^^)v 
広島焼きの店「秀」です。店の中には広島出身らしきご主人が一人ですべてをやっていました。10席くらいしかない小さな店ですが、めちゃくちゃ美味しい!!

実は本物の広島焼きを食べたのは初めてでした。
薄~いクレープみたいな皮崩れた目玉焼き(^_^;)の間にこれでもかってくらいのキャベツや肉、イカ、別に作った焼きそばなどが挟まれています。ほとんど小麦粉が使われないのがお好み焼きとの大きな違いです。あんな風なら焼きそばだけでいいじゃん、と思いながら見ていたのですが、いざ、食べてみると・・
いや、いや、これがこの薄っぺらいクレープみたいな皮がとても重要で、麺を蒸す役割もあり、そのもっちりした歯ごたえが味のアクセントになって、美味しいこと!

残念ながら病院帰りだったので写真がありません(>_<)
これから病院通うたびに広島焼きを食べちゃうかもです☆

深川・江戸資料館

fukagawa
先週の木曜日のことですが・・
深川・江戸資料館へ行ってきました。

この日はかねてからのお約束で、中野大飯店の店主さんと『神田お江戸老舗めぐり』と題して、「神田・まつや」で蕎麦を頂き、甘味「竹村」で粟善哉をいただき・・やや時代がめぐって、明治創業の「近江屋菓子店」でケーキ&お茶をいただき・・なんぼ頂くんねん(^_^;)・・

そのあとお江戸つながりで深川まで足を伸ばすことにしたのです。

深川・江戸資料館は館内に江戸の町並みを実物大で再現してあります。一軒一軒がかなり細かく作られています。
嬉しいのは靴を脱いで家にあがり、小道具を手にとって見れる事。台所の水カメを開けたらお三どんの音がしてきたり、時折屋根の上の猫が鳴いたり、面白い仕掛けもあるのです。物売りの声が聞こえてきたり、カケスが鳴いたり、向かいの家の赤ん坊が泣いたり(^_^;)。

江戸の家といっても旅籠の部屋などは、つい子供の頃まで近所にあった日本家屋とそう変わりなく、なんだか懐かしいような思いに浸ってしまいました。じっと火鉢の前に座っていると幾度となく夜と昼が繰り返され(照明効果)、なんだかこのまま、まるで浦島太郎のように時を忘れてくつろいでしまいそうな、そんな幻想にさえ陥るのでした・・。

お江戸はどんなところだったのでしょうか。なんだか以外とみんな幸せに暮らしていたのではないでしょうかねぇ☆

妖怪になったミック

P1000832

昨夜人生2度目のローリングストーンズライブへ行ってきました!!
東京ドームであったのですが、あそこはやっぱり広い・・(-_-;)

ドームというのは西武インボイスと大阪ドームに行ったことがあるのだけど、少なくともこの二つに比べて、あまりに大きいのですよ。東京ドームの3階席なんて、豆粒のようにしか見えないと思います。

今回、私たちの席は一階席のほぼ正面あたり・・。かなりいい席と言えます。アリーナはご存知の通り、うっかりするとステージ見えませんから(^_^;)

7時からの開演だったのに、まず出てきたのは前座のグループ。前座って、私の体験したロックコンサートには一度も無かったので、びっくりしました。これがまず30分。いい加減にして欲しいなぁと思い始めた頃、ようやく終わり、おっ、いよいよか、と場内騒然・・。
しかし、それから待つ事さらに30分。どうしてこんなに待たされるのか分からない・・。何の説明もないので、初めからの予定だったのか、それとも何かトラブルか、それすら分からない。
実は私たちの席の斜め前あたりに100席くらいの空き席があったのです。どうしてまとまって誰も来ていないのか不思議だったのですが、なんと、8時前になってこの席にいっきに人が入ってきました。どうも団体客!だったようで、そして、これを待っていたのではないかと思われるのです。

彼らが席に付き終わった頃、ようやくライブは始まりました。

ステージ上部に巨大スクリーンとそれを取り囲むように建物が建っちゃってて驚き! しかもどうもその中に人がいるんだよね。
まさか、あれが噂のゴールデンサークルか??
5万円もするという・・。そうなんだろうか・・。

アリーナのかなり後ろの方にどうも第2ステージらしいものがあるのだけど、どうやってそこまで移動するのかがわからない・・。花道らしきものもあるけど、違うようにも見えるのです。

ここからは内緒にしましょうか?(^_^;) すぐバレちゃうかな。

実はステージごと移動するのです。花道はモノレールのレールのような役割をするのだったのです。演奏するメンバーを乗せたままぐ~~と前に大移動! やることが違うね、ストーンズは(^_^;) 結果、私たちのすぐ前方に彼らは移動してきたのでした。あぁ、やっぱりいい席だった☆

今回の曲目は結構有名どころだったのではないかと思われます。なぜなら、私の聞いた事のある曲が多かったから(^_^;)。

途中で昔エドサリバンショーで彼らが歌った曲が始まった時、TVの古い白黒画面が思い出され、その瞬間にとんでもない事に今さらながら気がついたのです。
あれからすくなくとも40年は経っている。。それなのに、ストーンズは今こうやって現役でしかも超大物ロックバンドとして東京ドームを揺るがしている・・。
これってすごいよね。ものすごいよね。
とてもとても長く広いステージが作られていたのだけれど、そこをミックジャガーは走り回るのです。それも歌いながら。ただ立って見ているだけの私は疲れてきているのに、ミックは動き続けているのだ・・。

ミックは妖怪になったんだ、きっと。

だからきっとまた来てくれるんじゃないかって・・
そんな気がしてきたのでした☆

王JAPAN、感動をありがとう\(^o^)/

top
私は野球が大好きです。もちろん、見る方ですけど(^_^;) 
小さい頃からテレビで親しんできた野球は、ご存知の通りアメリカで始まったもので、ずっとアメリカの大リーガーは憧れの的でした。あんなに大きな人たちが力いっぱいバットを振れば日本のピッチャーなんてひとたまりも無いなと感じさせられていた頃、もう30年近く前になると思うのですが、後楽園球場での日米野球で並み居る大リーガーをバッタバッタとなぎ倒した村田兆次のすごさを目の当たりにし、もしかしたら、これは近い将来、日本人がアメリカ人を倒す時が来るかもしれないと思ったものでした。

昨今、アメリカでも日本でも野球が下火になったような傾向があり、昨年のテレビでの視聴率もひどいものだったようです。何が原因か、一つを特定できないくらい、いろいろあったのでしょう。私なんかはのんびり観戦して楽しんでいるだけで、難しい事はわかりません。でも1ファンとして寂しい気分でもありました。視聴率悪ければテレビ局は冷たいしね(>_<)

でも、やってくれました!! 王JAPANの今回の活躍はいろんな意味で野球の素晴らしい側面を見せてくれたのではないでしょうか。チームゲームの面白さ・・。誰か一人が活躍する事で勝てるのではなく、誰かのことを考えて行動する事が点につながっていく。そして、野球の醍醐味の一つである細かい作戦による点の取り合い。バッテリーとバッターとの間の駆け引き。それらにすぐれた日本と韓国が見せた圧倒的な強さ。どれを取っても日本の野球を最大限に評価できるもばかりだったと思うわけです。
アメリカの勝手な行動がいろいろあって、個人的にもかなり問題を起こした人も(審判)いましたが、それらを吹き飛ばしてしまうような日本チームの素晴らしい活躍でした。

いつだったかサッカーファンの人に野球みたいなまどろっこしいものよく見るねと言われた事があったけど、サッカーと野球は違うものです。それぞれに魅力があり、それを楽しみたいではないですか。

今年の野球に期待したいと思います。WBCがシーズンにもぜひいい影響を与えて欲しいですね。大変でしょうが、ぜひWBCに参加した選手達には大活躍してもらいたいです。そのことで今回参加しなかった選手達が次回への参加に積極的になってくれるかもしれないじゃないですか。古田選手が言っていた「羨ましいですね」という言葉が本音であるに違いないわけで、球団側の姿勢にも強い影響を与えてくれるものと思っているのですが、どうでしょうか。

選手はみんな野球小僧だったってことが素敵でした。やっぱり野球は楽しいなぁ☆

フルーツグラノラ

sakura_sp_005 今週は月曜日からなんだかリズムに乗れませんでした。

晩ご飯が私と誰かの二人きりだと、どうも晩ご飯に向けて何かをしようという気が削がれます。たとえば、買出しに行くのも、どうしょうかなぁって感じ。冷蔵庫をごそごそしてなんとかあるもので作ろうともがくわけですね(^_^;) 出かけないとお金も出ていかないので、このところの金欠ママにはありがたいわけですし・・。

それでもどうしても水曜日あたりで(早っ!)外に出たくなってしまい(^_^;) 朝からの良いお天気に誘われるようにお出かけしました。
友人から教えてもらった
「フルーツグラノラ」を作ってみたくなったのです。甘くて栄養もあって、少しでお腹が持ちそうな、このフルーツグラノラ。ココナッツやらカシューナッツやら結構いろいろ買わないとならないので、一ヶ所で全部揃うようにと田園調布は「富澤商店」へいくことにしたのでした。ここはお菓子を初め、いろんな食材が売っています。

ココナッツとカシューナッツ、アーモンドスライスにクルミ。ついでにいつか作ろうとフランスパン用小麦粉も買いました。その後で田園調布駅前スーパー・・高級スーパーですっ!・・で普通の(^^;)生クリームと蜂蜜を買って、田園調布滞在時間約30分で帰ってきました。往復にバスで40分もかかるというのに・・(^_^;)

友人のレシピでは「オートミール」が入るのですが、そこのところを我が家に沢山あるケロッグのスペシャルK(無糖の玄米フレーク)」で作ってみました。ドライフルーツもタイで買ってきたお土産を利用して 
◇なんでも利用するのだ!◇

P3170426 

そして、今日の朝食に・・・
フルーツグラノラにイチゴのヨーグルトがけ、ミルクコーヒーです。

フルーツグラノラは甘くて、食べ応えもあり、初めて作った割には美味しくできました。
朝のお腹にちょうどいい感じで収まりました☆

困った爪

3005010052 最近爪の調子が悪くてちょっと恐いです。
ほんの少しでも伸びているとどこかにコン!とあたっただけでひび割れます。爪の先のほうがピキッ!といって、そこからボロッ!と崩れ、うっかり見過ごしていると、ググッ!とさけてきます。
ボロッ!ときたらすぐに切らないといけません。
そのため、常にお子ちゃまのような短さ(-_-;)

先日花粉のお薬もらうついでにお医者さんに聞いてみたんですけど、クリームでのお手入れとトップコートなどでの保護を勧められました。

どうやら体内水分が足りないみたいなのですが、特に水を控えてるわけでもなく、家にいるので、結構お茶やコーヒー飲むほうだと思うんですけどねぇ。
「歳ですか?」と恐る恐るきいたら・・  「違います!」だって(^_^;) 歳の近い女性のお医者様だったから、強く否定してくださったのね。

でも、手が一番歳を感じる場所である事は、確かですよね。シワも多いし、ちょっと冷たい風にあたると、真っ白に粉をふいたような手になる・・。だから私はバックには必ずハンドクリームを入れていて電車やバスなど座れる場所があったら、すかさずクリームをヌリヌリしているのですが、それくらいじゃ駄目だってことかなぁ。

ぎゃお~~ん(>_<) どうすりゃいいのさ~。

涙の終演

P1000821
昨夜はゆーちぃの高校生活最後の演奏会でした。
ずっと「吹奏楽なんて」といい続けて、音楽は好きだけど部活という形態がどうにも気に入らない様子だったのですが、中学時代から6年間、本当によく頑張って続けてきたと思うのです。

人との付き合いにとてもデリケートな彼女はずっと部員内のいざこざで悩み、夏休みの朝から晩まで毎日続けられる練習に音楽さえも嫌いになりそうになっていました。
でも、それもこれも乗り越えて、ようやく迎えた最後の演奏会は本当に素晴らしく、みな、感動、感動の嵐でした。

プログラムがすべて終わって、三年生全員が名前を呼ばれながら立ち上がり、後輩から小さなブーケをもらいます。
その後、「We are the World 」を演奏して、終わりかと思ったら3年生全員が前に出て、「栄光の架け橋」を合唱。先生への花束贈呈・・と演出も涙を誘うようにできていて・・。
母はボロボロ。壇上の皆もボロボロ(^_^;)

涙、涙の終演でした。

言問団子

江戸時代、隅田川にかかる言問橋のほとりに小さな茶店がありました。隅田川を行き来する人々や、花火大会の見物客など、多くの人に愛されていました。その茶店は今でも立ち寄る人にお団子とお茶を出してくれます。お店に入って黙って座ればすっとお盆にのせて出てくるのです。・・お団子しかないのです(^_^;) お店の名前はそのまま「言問団子」。

P1000817
美しきフォルムでしょう☆ 
お味もなんとも上品で口どけよく、美味しいんですよ。白餡、小豆餡、もう一つの黄色いお団子は味噌餡をくちなしで色付けした白玉のお餅でくるんでいます。

さて、お団子屋さんのテーブル脇に置かれていたグルメ紹介本によると言問団子という名前の由来となっている言問橋が、なぜ言問橋というのか、ということが書いてありました。

「名にし負わば、いざ言問わん 都鳥 
              我が想う人は ありやなしやと」

この歌は藤原業平が歌ったもので、ちょうど都から東の国へやってきた業平が隅田川の橋の上から川で遊ぶ都鳥を見て、京に置いてきた恋人を想って歌った歌ですが、この歌の一説「いざ事問わん」から「言問橋」の名がついたと言われています。

一緒に団子を食べていたマコリンが本を声に出して読んでいたのですが、歌のところで私が「名にし負わば~」と言い出したのでびっくり仰天(^_^;) 「どうして知ってるの?」というではないですか。

へっ? 私には知らない人がいることが不思議なんだけど・・。
私にとっては中学時代に教科書に載っていた歌の中でも特に印象に残っていて、何故か忘れることなく今日まで覚えていた歌です。そして、誰もがそうなんだと、いつのまにやら信じていました(^_^;) まぁ、よく考えたら、そんなわけないか・・。

たまには、私のほうがものを知っている事もあるのだなぁ、と思ったのでした(*^^)v

P1000820
お団子を食べた後、向かいにある長命寺の桜餅を買いました。お店の名前はこれまたまんまで「長命寺桜もち」。ここのは東日本版です。西だと桜餅は道明寺粉のお餅でくるんでいますが、東だと小麦粉でできた薄い生地にくるっとくるんである形が一般的です。もう一つ、長命寺の桜餅は桜の葉っぱが3枚もついています。桜の葉は塩気があって一緒に食すのが当然と思っていますが、さすがに・・3枚はねぇ・・。ちなみに、一緒に写っている湯のみは自作です(^_^;)

隅田川を行きかう屋形船や川沿いの桜並木、そして、そのすぐ脇を通る高速道路、遠くに霞む巨大高層ビル群・・。いかにも東京だと思う景色です。桜が咲く頃また来てみたいなぁ☆

小さなシアワセ

hanahana ずっと前からたまに、宝くじを買っています。
庶民のささやかな楽しみですよね。

知り合いに「100万円当たった!」なんて人、何人かいたりして、いつか私も、と思いつつ、当たるのは末等ばかり・・。

一度マコリンが10万円当てたことがありました。一等の組違い! 
あの時はびっくりしたけど、それでギターを買うと言われて、まぁ、確かに、10万くらいなら、私が当たってもエステ券とかに化けちゃいそうだし、しかたあるまい、と思いました。
そんな感じで、小額がたまに当たるのですが、すべてマコリンが買ってくるクジの方なんですね。どうも私にはクジ運がないみたいで・・。

そこで、数打つことにしたんですね。ジャンボ狙いじゃなくて(^_^;)
その方が私的かなと思いまして・・根拠無し・・。

そうです。ロトにしてみたのです。
そうしたら、なんと、今日、当選金が振り込まれてました
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ロトは銀行ATMで買っているので、当たると勝手に振り込まれてくるのですよ~☆

えっ? いくらかって?

・・・2000円ですけど・・・・

小さなシアワセのお話でした☆

今さら・・「牡丹と薔薇」

poster 先回の歌のレッスンの時、新しい譜面をもらって、次(今日)までに音をとってくるように言われたのですが、ずっとサボっていて、昨日、ようやく楽譜を見てみると・・。

なんだかどこかで聞いたことのあるような歌なんですね。「泣かせたまえ」という邦題がついているのですが・・。
とりあえずピアノで何度か弾いているうちに、突然、ヒラメキが\(◎o◎)/

あれぇ、これってば、確か・・・
そうです、あの小沢真珠演じる狂気の妹と大河内奈々子演じる清らかな姉の物語、「牡丹と薔薇」のテーマ曲ではないですか! 岡本知高さんが歌ってたらしいですね。確かにすごく綺麗な声だった・・。

それに気付いた時から、歌っていると、目の前に赤い牡丹と薔薇が出てきてしまうように・・ (T_T) 。

強烈なドラマだったもんね。たぶん、10回くらいしか見て無いんだけど、それでも記憶に残るくらいだから・・。最終回を見て、どうしてこういう展開にぃ??と思ったものです。

せっかくの綺麗な曲だし、ドラマは忘れて、楽しもうっと☆

毛ガニでお祝い☆

P1000814
ゆーちぃの卒業のお祝いディナーは北海道産の「毛ガニ」でございましたぁ~☆ なんか写真がヘタだなぁ・・(-_-;)

知り合いの知り合いの・・漁師さんに毛ガニを注文してあったのですが、それがゆーちぃの卒業式に合わせるように送られてきたのです。毛ガニはもう季節はずれだそうで、取れるかどうかわからないよ、といわれていたのですが、いやぁ・・いいタイミングで取れてくれました。
カニさん、漁師さん、ありがとう~\(^o^)/

毛ガニってミソも身もたっぷり詰まってるから、みんな大満足です。

メニューはこの他に、北海道にこだわって、「鮭のちゃんちゃん焼き」、新じゃがいもの「バタジャガ」、北海道産「イカの塩辛」、「生鮭の糀漬」、「スナップエンドウの塩茹で」でした。北海道の人は蒸したジャガイモに塩辛をつけて食べると聞いていたので、やってみたのですが、今回のしおからは「甘口」だったので、いまいち美味しさがわかりませんでした。

今日で、「大食い」は食い止め。春に向けて、少し真剣にダイエットをしようね、と言ったにもかかわらず、今夜は・・串カツを作ろうとしている私・・。

う~~悩む~~(((p(>o<)q)))

「卒業」

cosmoskago 記事をアップしてから、ゆーちぃが卒業の詩を作っていたことを知りました。
私が感じた思いと、ゆーちぃが感じていた思い・・
いろいろあったけど、素直な思いを母親に言える彼女は素敵だと思いました。
自分自身と比べてみても、彼女の素直さは貴重です。

そこで、大変親ばかではありますが(^_^;)、ゆーちぃの書いた「卒業」という詩をご紹介します。

《卒業》

今 飛び立つ
卒業の朝
嘘みたいに晴れた空
思い出したよいろんなこと
桜が咲いて初めてこの門をくぐった時
ドキドキ胸が高鳴って
希望ばかりが膨らんだ
でも 追い求めていた未来を見つけることが
どうしても出来なくて
気がつけば下を向いて歩くのが癖みたいになっていた

込み上げる想い
ぶつかる不安
そこで生まれた友情
今 この場所から見える景色はけして望みどおりとは言えないけれど
とても 輝いている

今 見えてきた
歩いてきた意味
込み上げるものが多すぎて
言葉より先に 涙溢れた

追い求めていた未来を見失ってから
どうしても笑えなくて
もうやめようと思った事もあった
でも気がつけばまるで違う景色の中で
私はちゃんと笑えていた

それは沢山の友達の優しさが
私を励ましてくれていたから
今 この場所から見える景色は
諦めや苦しみを乗り越え
みんなの優しさで 輝いていた
今 飛び立つ卒業の朝
この門をくぐることが無くなっても
この景色はずっと
私達の心の中に 輝き続ける

卒業

《そうだよ》

歩いていこう
そうだよ
もう歩くしかない
答えが今はわからなくても
足がどんなに重くなっていっても
進むんだっ!!
きっときっと辿り着ける
私はそう信じてる
今も…
これからも…ずっと。

☆☆☆☆☆☆☆☆

3年前に不安と緊張を抱えて、大阪から越してきて受験したゆーちぃ・・。慣れ親しんだ町を離れ、幼馴染達と別れてやってきた東京はなかなか慣れることのできない町だったよね。

新しい友達を作ろうと一生懸命だったゆーちぃ。自分のやりたい音楽と吹奏楽部との間で揺れ動いた心・・。強い責任感と、友達への思いはゆーちぃの優しさと一緒になってあなたを素敵な女の子にしてくれたと思うよ。それらの経験はきっとこれからの人生で、折りにつけ、支えとなってくれると思うよ。

今日、卒業を迎えて、多くの友達と楽しく笑うその顔に、3年前の不安はもう無かった。しっかり歩んだ、青春の、ちょっぴり苦くて切ない思い出のある高校生活に別れを告げて、また明日から、新しい未来に向って進んで欲しいと願っています。

《そうだよ》は最近のゆーちぃの作品です。前向きで自分へのエールのようなこの詩は今のゆーちぃの心境そのもののようです。barahanataba3

沢山の夢を抱えて、これからもガンバレ! 
母はずっと応援してるよ☆

雛祭り

今日は三月三日・・お雛様でしたね。

娘が二人になった時、お雛様を買いました。
私は小さい頃から小さなお雛様に憧れがあって、いつかケースに入ったいっぱい小さな可愛いお雛様が並んだものを買いたいと思っていました。どうしてか、大きなお雛様にはあまり興味が無かったんです。小さなお雛様の小さなお道具やそれが並んでいる段々飾りが、そう、ちょうど西洋の「ドールハウス」のようで夢を感じたのですよね。
でも、二人の娘には立派なものをというマコリンの希望でなんと、一部屋を占領してしまうほどの「七段飾り」を買いました。

もっとも小さなお雛様より、大きいほうを娘達が喜ぶのは当然で、わくわくしながら毎年飾っていました。それでも移り住むごとにどうしても出すスペースが無くなり、今の住まいになってからはお内裏様とお雛様だけをピアノの上にちょこんと乗せて飾るようになったのです。

ところが・・今年は結局出さなかった・・。お雛様もやや髪がほつれぎみで、修理が必要な感じだし、なんだか娘に嫁にも行ってもらいたくないし・・いえ、これは冗談(^_^;)・・。

P1000811
今年のお雛様はいつもどおり、チラシ寿司と貝のお吸い物と桜餅と雛あられでお祝いです。
なぜかはまぐりが見つからず、アサリです・・(>_<)ガックシ
もうちょっとよそ行きのお皿に盛ればよかったなぁ・・。しかも誰かが自分の分だけよそっちゃった後だし(-_-;)

娘が小さい時はあんなに楽しかったお雛祭りですが、なんだか今年は寂しかった。ご飯の時間もバラバラだったし。

ようし、来年は盛大にやるぞ~~☆

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず