アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

ゴールデンウィーク

明日から黄金週間ですね。
皆さんはどうやって過ごす予定ですか?

我が家のマコリンも最長と言われる9連休です。
でも子供たちは暦どおりだし、
忙しそうで全然連休という感じがしません。
特にまーちぃは毎年この時期に定演があり、リハで多忙です。

そこで私とマコリンは去年同様、秋田の実家へ
二人で帰ることになりました。
去年は超タイミングよく桜が満開だったんですよね。
初めての弘前公園もとても雄大で綺麗で素敵でした。
ただ、今年はどうなんでしょうねぇ。秋田も寒いみたいですけど。
ということで・・Hanahana_2
明日からしばらくパソコンは閉じられたままとなります。
帰ってくるのは3日です。
またいろいろ美味しいもの、綺麗なものの写真が撮れたらいいなと思っています。

楽しみにお待ちくださいませ~☆

☆コロッケ☆

P1010048
今夜はマコリンが晩ご飯はいらないよと言って出かけたので、
娘二人と私の三人分を作ります。
マコリンは平日は半分くらいしか家で晩ご飯を食べません。
これでも帰ってくるようになったほうです。
営業マンって家を顧みる余裕をもらえないんです (T_T)カワイソウ

こういう日はマコリンがいると食べられないものを食べます(^_^;)
つまり・・グラタンとかフライとか天ぷらとか・・。
そうです、カロリーの高いものですぅ(*^^)v

でも時々は昨日の残りですませようかなと思います。
女三人だと本当に少しあれば足りてしまいますし・・。

今日はすごく中途半端。
残っているのは「ゴーヤチャンプルー」少しと
「大根葉の油いため」のみ。
これではさすがに娘達は足りないだろうという事で、
こういう時は家に必ずある食材を利用して簡単なものを作ります。

今夜はジャガイモでコロッケ!!
コロッケはみんな大好物です(*^_^*)

今日のコロッケは玉ねぎとハムのみじん切り入りです。
まぁこれしか具になりそうなものが無かったんですね(^_^;) 
コーンの缶詰が入ることもあるし、
カボチャの煮物が残っているとそれがコロッケになることも。
まぁ、なんでも入れちゃうということですが・・(^_^;)

二人ともお帰りは10時頃です。
ちょっと寂しいですが、一人で食べちゃいま~す。

☆いっただきま~す(^-,^)

テーブルマジック

昨夜タッキーの舞台を見に
わざわざ福井からやってきた旧友とお食事をいたしました。
彼女はいわゆるジャニーズ好き。
「○○クンはダンスがヘタで・・
   ○○クンは喫煙をもみ消してもらって・・」などなど(^_^;)、
いろんな暴露ネタが飛び出してくる・・のだが、
誰の話じゃ~~?という感じで私には全然分からないのでした。

NewS? KAT-TUN?・・????
みんな同じ顔に見える~~(*_*)

さて、そんな彼女と一緒に行ったレストランは
銀座にあるGIOIAというお店。

お料理はイタリアンでお値段もリーズナブル。
最近よくある安くて美味しいお店というスタイルです。


そこのお店のお料理以外の売り物は「テーブルマジック」!

食事が終わると一人のマジシャンが音もなく現れます。
・・お喋りに夢中で気がつかなかったの(^_^;)

いきなりネクタイを手も触れずに持ち上げて驚かせます。
もっともこれって見た目は「かつみさゆり」の
かつみさんのネクタイそっくり(^_^;)ゴメンネ

まずはコインマジックで、2個を3個、3個を2個と

自在に数を変えて驚かせてくれます。
コインは最後には巨大なものとなり、
それをライターであぶっていかにもほら曲がってくるでしょ?
と客に振ってきます・・・が・・

コインの次はトランプ。
2組の色の違うトランプから一枚を抜き出して
探し当てるマジックです。
傍で見ても一向に仕掛けが分からず、

不信感いっぱいの私たちはいろいろと疑って掛かります(^_^;) 

最後のマジックはぐしゃとつぶされたコーラの缶を
ハンドパワーで復元します!!空だったはずのコーラも・・??

P1010046

あんまりバラしちゃうと、
もうこのマジックできない~と
マジシャンの浩太郎さん
怒られそうなので ネタバレは
このくらいにしておきますが、
とにかく私はほんの20cmくらい
しか離れていない席で

かなり凝視していたのに、まったくネタが見えませんでした(@_@;)
浩太郎さん、すごいです!!

ただ・・
写真撮らせてぇ、とか、そっちの手に隠してたんでしょ、とか
とにかくやりにくいお客だったようで、
さっさと終わらせて別テーブルへ行ってしまいました(^_^;)。

他のテーブルでの盛り上を横目に
「もっと素直にキャ~って言わないと駄目だっかしらねぇ」と

オバサンたちは反省したのでした・・もう遅い・・(>_<)。

このブログのURLを聞いていった浩太郎さん・・
読んでいただいていますか?
きっとマジシャンの浩太郎さんたちにとっては修行とか練習の
場所という意味合いなのでしょうね。

マジックの料金が入っているとはとても思えませんから。

頑張ってもっともっとメジャーになって下さいね~。
そのうちまたお邪魔しま~す☆

なつめ茶

いつもの仲間でお誕生会をしました。
今回お誕生日を迎えたのは会で唯二の独身男性Tさんです。
おめでとうございます~\(^o^)/

今回の集まりはおなじみ新大久保の韓国料理屋「ハレルヤ」です。
みなさん、マッコリ飲んでらっしゃいました。
酸っぱい甘酒みたいって言ってました。
美味しくて飲みやすいらしいです。

プルコギはみんなの好物です。
これは珍しく辛くないのです。
日本の鍋のように・・というか日本風にアレンジしてある?
最後にうどんを入れます。
P1010040甘辛くてお肉の出汁が十分にでたところへ
うどんを入れるので、すごくおいしいのです。
これが〆ですね。

みんなで仲良くお箸を伸ばしました(*^ー^)ノ~~☆

ご飯のあと、またまたいつものコースで
韓国風喫茶店「ルネッサンス」へ。
P1010041 

今回ルネッサンスの店内を写真に撮ってみました。シャンデリア!が下がっていてまるでクラブかバーのようですが、軽食喫茶です(^_^;)

これまたいつものように「なつめ茶」を飲みました。P1010043
甘くてなつめと松の実なんかが入っていて美味しいのです。すごく暖まります。

そういえば、ハレルヤに新しく「トッポキ」がメニューに増えてました。もうお腹いっぱいになってから気がついちゃったので、残念ながら食べられませんでした。

次こそは・・☆

災い転じて・・・

土曜日の朝、テレビを見ていたマコリンが突然・・
「神保町へ行こう!」と言い出しました。
なんだかロック関係の雑誌などのバックナンバーを
専門に売っている店が紹介されていたとか・・。

肝心の店の名前も分からないまま、
これかも?という店のHPを見つけて地図をプリントし、
それだけを頼りに出かけました・・
大丈夫かぁ(-_-;)??

神保町古書街なんて随分長い間来ていませんでした。
でも基本的な町の雰囲気は変わってなくて
なんだかとても懐かしい感じです。
立ち並ぶ古書店から流れてくる澱んだ歴史の重い空気や、
そこに出入りする人たちのエネルギーが街中に充満していて、
独特のにおいを作っています。

これかも?と思ってプリントしてきた地図を頼りに見つけた店は
確かに音楽関係の本の店ではあったのですが、
どうも邦楽専門の様子。テレビで見た店とは違ったようでした。

名前も分からないのだ・・万事休すか・・・。
しょうがないので、腹ごなしすることにしました(^_^;)

この本屋さんのある通りはすずらん通りというのですが、
同じ通りになんだかとてもレトロな雰囲気を醸し出している
カレー屋さんがあったのです。

P1010037_2
「キッチン南海」という看板の上がった
このお店はサンプルも
それが入っているケースも
ケースの上の象さんもとってもレトロ。
でも不思議なパワーが溢れてきているのです。

不安そうなマコリンの背中を押すように入ってみると・・

中は狭いのですが、ぎっしりお客が入っています。
カウンターの中に5人ほどのコックさんがいてとても忙しそう。
そして、私が感じたとんでもないエネルギーの源は
一人のウエイトレスさんだったのです。
彼女は注文取り、順番確認、配膳、そして、料金計算まで
全部一人で取り仕切っていたのです。

しかもものすごいスピードで!
そのオペレーションのすごさったらないのです。
狭い店を十分に使いながら客をさばき、店を運営していく・・。
この人がいなかったらこの店はどうするんでしょう・・・。

そして、味ですが・・これが抜群!! 
期待半分、不安半分だったのでこれは嬉しい驚きでした。
カレーも深みのあるかなり煮込んだうまみが十分にあり、
またフライも軽く美味しいのです。

P1010034カツカレー。カロリー高し(^_^;)
でもこのカレーは絶品!煮込んだ~という味。

P1010036_2


ひらめのフライです。なぜかフライのメニューにはすべてにしょうが焼きがつきます。これで700円→

あぁ、店を間違えてよかったね。
間違えたお陰でこのカレーに出会えたのですっ!

お腹がいっぱいになってから、気を取り直して散策することに・・。
須田町の近江洋菓子店でケーキでも食べようか
・・え?まだ食べるの?・・・
という話になり歩き出したのですが、
また道を間違えてしまったのです。

気がつかないまましばらく歩いたところで
何気に見上げた本屋の看板に「ロック」の文字。
なぁんと、こここそが探していた店だったのです。
店の名前は
ブンケン・ロック・サイドです。

P1010039_1 中は有名どころのロック雑誌のバックナンバーがずら~り。
ミュージックライフが出した初来日当時のQUEENの特集号
綺麗にビニールをかけられて
25000円!で売られていました(@_@;) 

その他にもファッション雑誌や映画雑誌などいろいろ並んでいます。
洋楽関係の雑誌は2000円くらいから5000円くらいまで。
思わず我が家のクローゼットに眠る本たちの算段をしちゃいました。

店から出てすぐに歩いている方向の間違いに気がついて、
ちゃんと須田町へ行き、ケーキも食べることが出来ました(^-,^)

それにしても、今日は道を間違えるたびにいいものを見つけたね。
「災い転じて福となす」ってあるのねぇ☆

ここは?? 

昨日、久しぶりに会った友人となぜか・・目黒へ(^_^;)P1010030

実は第一の目的はブログお友達obacyanさんに教えていただいた
《CURM APARTMENT》へ行くことでした。

目黒駅から歩いて10分くらいのところにお店はありました。
思っていたよりずっと小さなお店で、雑貨店がやっているレストラン、
ではなく、レストランがやっている雑貨店なのだと分かりました。
流行のコンクリートむき出しな店内と、かわいらしいグッズと
出されるメニューが和風なのがどれも意外な組み合わせで
面白かったです。

さて、食事を終えて、友人が「松岡美術館」の鑑賞券を持っていたので、すこし遠いのですが歩いて行くことにしました。
お腹がこなれてちょうどいいかな?

駅をはさんで反対側にある美術館までは歩いて
20分以上かかります。
もうすぐ美術館かなというあたり、プラチナ通りというらしいのですが、
その道沿いにはとてもコジャレたレストランやカフェが並んでいます。
オシャレねぇと見てみればその辺りの住所は「白金」。
シロガネーゼな気分で、美術館の帰りにはこのコジャレたカフェで
お茶をしようねと言いながら歩いていたのです。

P1010032

すると、とても、とても見覚えのあるカフェが目に入りました。

「ど、どこかで・・」という私に友人も「絶対知ってる・・」
分かりますでしょうか??

そうです、ここは「古畑任三郎」の舞台となったカフェだったのです。
お正月に放送されたもので
「松島奈々子」が初めての殺人犯の役をしていた回です。
古畑と松嶋奈々子が何度も待ち合わせに使っていたカフェです。

図らずも面白いものを発見した私たち・・。

P1010033ちろん、松岡美術館で美人画を観た後は このオシャレなカフェ
「ラ・ボエム」でお茶をいただきました。
店内は表のバルコニーからは想像もつかないような広さと
天井の高さでとても広々した雰囲気。

ちなみに、この写真を見ただけで古畑任三郎を思い出したのは我が家ではゆーちぃだけでした☆

☆アルバム作りました。
   手作りのお料理で今までブログでアップしたものを集めてます☆

図書館に集う人たち

京都旅行が新撰組の軌跡をたどるという旅でも(^_^;)あったので・・
まるで歴史を知らない私は前もって本を読んでいきました。
本屋で買うほどの情熱はないので(>_<)、
久しぶりに<図書館>へ行ってみました。

子供が小さい頃は2週間に一回の図書館通いをしていました。
一度に5~6冊借りてきて寝る前の読み聞かせを、
そうですねぇ・・8年以上してたんじゃないでしょうか。
毎回紙芝居も借りてきて、結構読むのも楽しかったですね。
思わず気持ちがのめり込んだりして(^_^;)


00995_3   
さて、私が借りたのは鈴木亨著の「再現・新撰組 見直される青春譜」という本でそのタイトルどおり、見直しているんですね。
新撰組というのは数多くの小説に書かれていて、いろいろ面白いように脚色しているらしく、それを正しながらのドキュメンタリーです。もっとも私
はその小説を読んでいないので、あれは違うとかこれが正しいとか言われてもピンときませんが。

でも本を読んだのは正解でした。知識が入っていたお陰で
京都新撰組の旅はとても充実していて面白かったですから。

昨日、本を返しに図書館へ行ってきました。
平日の2時頃、図書館にいるのは女子供、またはご老人と思いきや、以外と中年の男性が多いのに驚きました。
本をまだ読みきっていなかった私はくつろぎスペースのソファーに
座って残りを読んでいたのですが、目の前がCDの視聴コーナーに
なっていて、順繰り人がやってきてCDを視聴していきます。
その中にはステレオの使い方すら分からない様子の若者!
がいたり、おば様がいたりとしたのですが、
一番は、最後にやってきた40歳代と思われる男性。
フリーのご職業らしき風体なのですが、
音楽を聴き始めてすぐに足で拍子をとり始め!、
やがて5分もしないうちに大きく体を揺らし始めたのです!! 
それもどう見てもリズムはロック!!
オヤジさんってくらいの歳ですが、体全体を使って激しいリズムに
乗りまくりって感じなんですよぉ(@_@;) 
今にも声を出して歌いだしそうな口もと(^_^;)
あれで演歌聞いてたら笑いますけど・・。

図書館なんですけどねぇ・・。
あんなに乗って聞いてていいもんなんでしょうかねぇ。
音を出してないからいいのか??

平日の昼間に図書館行くと、面白い人に会えるかも・・しれませんよ☆

京都・太秦

翌朝、ホテル近くのコーヒーショップでモーニングを食べて、さぁ、今日は今回の京都旅行のメインイベントである太秦での映画村見学です。

電車を乗り継いで最後は京福電車嵐山線にのって一路太秦へ。
この京福電車って路面電車なんですね。
P1010001
しかも1両編成です。
路面電車に乗ったのって、
30年位前に長崎で乗ったのが最後じゃないでしょうか・・。

映画村は平日なのにそこそこの人手です。どうも修学旅行の子供たちがいるようでした。
この子供たちが・・後々大変なことになるのですが・・

映画村の中には昔からの資料が沢山展示してありました。いきなり「赤影」のビデオが流れていたのには驚きましたが、最近リメイクして映画になったんですね。知らなかった・・。
P1010005 町並みは本当に江戸の町です。水戸黄門の撮影中で「し~。お静かに!」と注意されました(>_<)ダッテェ~P1010007 

                                       

                                                               

実は、ここでの最大の目的は・・
「時代劇扮装の館」で変身する事(@_@;)!

専門のメイク師の手で本格的に時代劇のメイクを施してもらい、きちっと・・下着から・・時代劇中の衣装を着付けてもらいます。
もちろんカツラも!!

P1010024 後姿だけ特別公開!! 
本人千姫のつもり(^_^;)

これほど本格的にしてくれるとは思っていませんでした。
メイクだけで30~40分はかかったかなぁ。
そして映画村内を自由に散策します。
江戸の町並みをすっかり時代劇の主人公になった気分で歩きながら、許される時間は1時間なので、あちこちでポーズをとって写真撮影をしました。
ご同行の「中野大飯店・店主さん」の凛々しいお姿が評判をとりました(*^^)v 店主さんは「土方歳三」になったのです。
・・写真は中野大飯店さんにあります・・私のはないです(^_^;)

ここで先程の修学旅行生たちが・・。
どうも相当珍しかったらしく・・だろうね(^_^;)・・
写真を一緒に撮って、撮ってと今までにないくらいの人気ぶり☆

外国からいらしたグループや、地方からの観光客の皆さんにモテまくりました☆
どうやら世界規模で恥を晒した模様です・・。

あっという間に規定の1時間は過ぎ去り・・
化粧を落として着物を脱いだら、夢から覚めたのでした。

P1010026
太秦に別れを告げ、このたび最後
の訪問地はまだ十分に桜の残る南禅寺です。去年の秋に来たときは紅葉、春は桜といいものを見ることが出来ました。P1010027_1
そして名物湯豆腐をたんと頂いて、
京都に別れを告げたのでありました。
                                                 

たった二日間でしたが、食べて、遊んで、ハジけて・・充実してましたねぇ。
帰りの新幹線は早かったなぁ。気がつけば東京。夢のような時はホント早く過ぎてしまいます。また行きたいな☆

京都・新撰組な旅路

京都へ行ってきました。

久しぶりに新幹線に乗りました。
そこで、旅の醍醐味である駅弁を・・(^-,^)
最近東京の駅弁もいろいろと工夫が凝らしてあって、地方の名物弁当
に負けないくらい美味しいものができています。

P1000887 私が好きなのはこの「幸福弁当」

人形町は魚久の銀鱈の粕漬けや築地老舗の卵焼きなど、
駅弁でこれだけの味を揃えるというのもなかなかのものです。
量も男性にはやや少なめですが、これくらいの控えめな感じがちょうどいいのです。

京都は思いのほか暖かく、雨も止んでいました。
何より、東京ではもう終わってしまった桜がまだ咲いておりました。

P1000890 やっぱり京都に桜は似合いますねぇ。
高瀬川の桜です。風情があります~。

私は三年前まで大阪に住んでいたこともあり、
京都には何度も行っているのですが、
いつもお寺巡りか旨いもの巡り(^_^;)なので、
今回はちょっと真面目に新撰組ゆかりの地を訪れてきました。

P1000892 まずは新撰組が京都で初めて本拠地とした「八木邸」です。
ここでは保存会の皆さんが説明をして下さいます。
本宅はもう壊されていて、今は休憩所になっているのですが、
当時の「離れ」がそのまま残っていました。
そこは実は乱暴者の芹沢鴨たちを 近藤勇一派が暗殺した場所で、
なんだかど~んとした重苦しい湿った空気が充満していました。

(((p(>o<)q))) コ、コワイ・・P1000898_1

八木邸の本宅跡の休憩所で
壬生菜入りお餅とお抹茶をいただきました。

P1000894  八木邸の隣は壬生寺です。
ここでは新撰組が剣の稽古をしていたそうです。近藤勇の像とかあります。残念ながら八木邸も壬生寺も内部は撮影禁止です。

その後、ガイドブックに従って当時新撰組の志士たちが、
夜な夜な通っていたといわれる廓「輪違屋」を見に行ったのですが・・

途中ガイドブックには無い「土方通り」なる道に面白半分に
入り込んでいったのが間違いだったみたいで、すっかり迷子に(>_<)
何人かの方に道を教えていただきながら、ようやく「輪違屋」にたどり着きました。

が・・ P1000905_1

非公開だったんです! 
見れないのかぁ ......................... _| ̄|○
なんのために歩いてきたのか・・。
写真だけは撮ってきましたが・・。

新撰組の屯所となった地を見た後は、四条にもどって京のおばんざい屋さんへ。

「志る幸」というおばんざい屋さんです。
この「志る幸」は尊攘派の連絡係・・スパイってこと?・・をしていた
古道具屋の跡地で今回の「新撰組な旅路」の夜を飾るにピッタリの
場所でありました。

P1000908 お料理はごく普通のものばかりに見えますが、さすがに京都のおばんざい。とても上品でお口にお腹に優しい味付けでした。
お味噌汁は京都でしか絶対飲めない‘甘い’お味噌汁で
とても不思議なお味です。
飲むうちにだんだん味に慣れてきて、魅力にハマってしまいました。
でもこのお味噌、絶対東京じゃ手に入らないよなぁ・・。

夜はふけて、ようやくホテルへチェックイン。
超激安ツアーでやってきたので全然期待していなかったのに、
なんとお部屋はスイート。ベッドルームと応接室が完全にセパレート。
それぞれにドアまであるようなお部屋でした☆

のんびりゆったり、今日一日のいろんな出来事をお喋りしながら、
ぶぶをすすって、京都の夜は更けていったのでありました。

・・・つづく・・

入学祝の・・

昨日はゆーちぃの新しい門出となる入学式がありました。

うす曇の中、少し肌寒い日でしたが、これからの人生を決めるであろう学校生活の第一歩を無事踏み出すことが出来て、ホッとしました。

少し家から遠いのです。一時間以上かかって通います。
でも小さい頃から憧れた美容の仕事をしたくて選んだ学校ですから、
頑張って通って欲しいなと願っています。

入学式が終わってからお祝いだ~と人形町へ寄り道しました。
ちょっと奮発して芳味亭でランチです。
いつもながらの甘めのデミグラソースが冷えた体に染み渡りました。
美味しいのよ~
(*^_^*)

その後、いつものコースで甘味処「初音」へ・・。P1000883
ゆーちぃは初めてなのでオーソドックスに「おしるこ」を食べ、
私は「あんみつ」を頂いてみました。
あんみつは初めてだったのですが、写真でみるようにとてもシンプルなのです。
ちょっと拍子抜けするくらい。
ところが、食べてみるとこれがとんでもなく絶品なのです!

どうやったらこんなに美味しく煮アズキが出来上がるのでしょう・・??
一口食べては呻り・・さらに一口食べては・・と最後まで呻ってしまいました(^_^;)

さて、高校時代、自転車でたった15分の通学だったゆーちぃは
これから7時半前には家を出て長い道のりを通います。
もちろん、私は6時おきで朝ごはんをつくななければなりません。
初日は前の日のうちに「がんもどき」を煮付けておきました。
こういう工夫が必要だな・・これからも。

まだまだ母の苦労は続くのでありました☆

チキンバスケット

テレビで紹介されていた銀座の洋食屋さんに行ってみました。西銀座のキャンドルというお店です。
随分歴史のある洋食屋さんのようで、小さな入り口からトントンと降りていく階段の脇には色あせた有名人のサイン色紙が並べられています。
P1000877

はこの中に「あつみきよし」というサインがあり、
それがテレビで紹介されていたのです。今「男はつらいよ」にハマっているマコリンに見せてあげたいなと思ったのが、本日このレストランを選んだ理由でもありました。

もちろん、食べ物のほうもしっかり押さえましたよ(*^^)v 
看板メニューは創業当時から変わらない「チキンバスケット」

P1000878_3 テレビで紹介されていたものはバスケットに入ったフライドチキンと
ポテトとトーストのセット。特に特徴があるように見えません。
けれど、とにかく一度食べたら忘れられない味だというのです。
何処がどういう風に忘れられない味なのか・・。

どういう仕組みかチキンバスケットは注文してから30分を要します。
看板メニューなのでこだわりがあって、注文してから調理するという話ですが、それでも30分って・・。

とにかく、サラダと生ガキをつまみにビールを飲みながら待っている事にしました。
この生ガキが三陸産の高級カキ。一つ600円以上するのです(@_@;) でもとてもミルキーでまさに海のミルクというにふさわしい甘味のある美味でした。

ちょうどおつまみがなくなった頃、ようやくチキンバスケットが運ばれてきました。予想と違って、からあげではなく衣の着いたチキンカツでした。そして、一口食べて・・目が点になったのです! 

もう、その柔らかさといったら、どう表現したらいいか分からないくらいです。
確かにチキンの歯ごたえはあるのですが、ホロホロと崩れていくようなふわふわした柔らかさ!なんとも例えようも無く、生まれて初めて食べる食感でした。
チキンを包んでいる衣も硬さがちょうどよく、歯に残る事もなく、カリっとしすぎずフライのサクサク感を十分に残してもいる・・絶妙のコンビネーションなのです。
味はかなり薄味。濃い味のケンタッキーに馴れ親しんだ口には物足りなく感じるくらいの薄塩ですが、その分飽きることなく、胸にもたれる事もない、これまた絶妙の塩加減なのでした。
お肉の下処理に秘密があるんでしょうねぇ。お店の人にマコリンが聞いていましたが、「まぁ、いろいろと・・」と仰っていました。
企業秘密ね(^_^;)

チキンを食べて、オムライスをいただき、すっかりお腹いっぱいに
なって帰ってきました。

毎週、毎週、こんなに食べていていいんだろうか・・。
と、ブログ読者も思っていらっしゃることだろう。

夜は少し控えようと思ったのに、疲れた私は調理拒否!
久しぶりに崎陽軒のシュウマイ弁当を買ってきてしまいました。

これって美味しいんだけど相当のボリュームで、かなりのカロリー・・。

いいんだ。明日からまた粗食にするから(^_^;)ホントカ?

今日もご馳走様でした☆

テンプレート

テンプレートコロコロ変えてしまいました(^_^;)

いえ、実は、このところココログの調子が悪くて
いろいろ問い合わせたりしていました。
ようやく問題も解決し、
さぁ、心機一転新しいテンプレートでも、と思い、
まずはこの紅茶のテンプレートにしてみたのですが・・。

なんと文字のフォントがバラバラになるんですね。
どうしても直らない・・。

おかしな所だけ表示しないようにしても・・
それが反映されない・・。

苦労してたんです(>_<) 
その間、昨日まで仮に若葉のテンプレート使ってました

ようやく今日、上手くいきました。ナンだったんだろうなぁ?

一行の文字数が今までと違うみたいなので、写真と文字の並び方が
おかしくなってしまった記事もあるかもしれませんが、
もうこのままに致します。

お茶と楽譜。気に入ってます☆

携帯マナー

3005010078_1 携帯のマナーっていろいろありますが、一番一般的なのが、公共の場での使い方ですよね。
電車やバスなどの車内での使い方などはもうほとんど浸透してきているような気がします。

今日、買い物帰り、駅からバスに乗りました。駅の停留所なので出発時間までしばらく間がありました。
一人の若い女性が一生懸命携帯で話しているんですね。私はバスが止まっているから話してるのかなぁと思いながら見ていました。
ところが一人の老紳士が意を決したように彼女にバス内で携帯で話すのは駄目ですよと言ったのです。けれど彼女はやめない。
よく聞くと彼女の話している言葉は英語なのです
。これじゃコミュニケーションとれそうにないなぁと思ってみていると、なんと、この老紳士、今度は英語で話しかけたのです!
"No telephone in the car" "Don't telephone in the bus"

英語的にはどうなんだろうって感じですが、言いたい事は私には分かる・・私に分かっても駄目ですが・・(^_^;)
それでも彼は何度も繰り返したのです。ゆっくりと、とても品よく。
そしたら電話をしていた女性は電話口を押さえながら叫んだんです!
「電車じゃないでしょ! バスでしょ!」 
日本語です(^_^;)。片言でしたが。
う~~ん、どういう意味だろう? 電車では駄目だけどバスだからいいんじゃないかっていってるのかなぁ? 
でもバスも駄目なんだよねぇ(-_-;)

どうやら彼女は一人じゃなかったらしく、友人が、バスも駄目だということを説明していました。でも彼女はまったく納得していなかったです。

そのうち、電話も終了。バスが動き出しました。そしてすぐにいつもの車内放送「携帯電話についてのお願い」が放送されました。
もちろん、「通話はご遠慮下さい」って。

話の通じそうに無い相手に、それでも、臆することなく英語で注意した、あの70歳はゆうに過ぎているであろう老紳士に「あっぱれ!」をあげたくなりました。

マナーは人それぞれ微妙な捉え方の違いがあって難しいところです。
「通話禁止」ではなく「ご遠慮下さい」ってあたりが、微妙ですよね。
電話が掛かってきたら一旦は出て、「バスだから後で掛け直します」と
答えるくらいはいいかなと思ったりもするのですがねぇ☆

ハムロール

P1000876 久しぶりにハムロールを作ってみました。ハムロールは10年ほど前、パン教室に通っていた頃、ごく初期に習って、あまりの美味しさに、家族からのリクエストが多く、たぶん、一番回数多く作ってきた
パンです。
最近はどうも大きなかたまりでパンを焼くことが多く・・面倒くさくて(^_^;)・・なかなか作っていなかったのですが丸く伸ばしたパン生地にハムを乗せ、くるっと巻いて半折りし、スケッパで切ってひらくと、こういうかわいい形になります。上に乗っているのは玉ねぎのみじん切りとパセリをマヨネーズであえたものです。
ほんとはパセリは焼き上げてから綺麗に振り掛けるのですが、間違って混ぜちゃいました。そしたら、こんな風になってしまって・・(^_^;) ちょっと見た目が・・(*_*;

玉ねぎの辛さは焼けば飛んでしまいます。

ハムの枚数が必要なので、今回は8個分。残りのパン生地はチーズロールにしてみました。

パンは時間をかけて沢山作っても、あっという間に無くなります。
でも美味しいんですよ~~☆

春のうららの 隅田川

P1000863 今年のお花見はややお天気に恵まれませんでしたね。ちょうど見ごろを迎えた先週は毎日寒くて、夜桜の会はほんと桜の下滞在時間15分って感じでしたから。

ようやく暖かくなった土曜日の午後、前から今年は行こうと決めていた隅田川へ行ってきP1000868ました。桜の咲いていない季節でもその壮大な川の流れは見るに値する景色なのですが、予想通り桜が咲くと素晴らしい眺めとなりました。

春のうららの 
隅田川

登り、下りの
舟人が・・

とあるように行きかう船も多く、
そして、行きかう人もめっちゃ・・多い(@_@;)!!

P1000858 さすがのお江戸から続く花見のメッカでございます。隅田川の両岸にずらっと並んだ桜の木。いったい何本くらいあるのでしょうね。片側1.5kmといいますから、結構な長さでございます。

向島よりの岸辺にはずらっと花見の宴席が設けられていて、花火の升席宜しくテーブルを囲んで皆様、飲んだり、食べたり、
飲んだり、飲んだり(^_^;)

P1000864 桜橋近くのちょっと大きめの屋台には大勢の人が集まっていましたが、なんとそこでお運びをしていらっしゃるのは、向島のお姉さん方じゃぁあ~りませんか! 

まぁ、艶やかなこと(*^_^*) 

いつも向島へくると食べている言問団子は行列が出来ていました。桜餅屋さんもすごい行列・・(-_-;) 今回は諦めます。

どのくらいの人出があったんでしょうね。次の日曜日は曇り空でまた寒くなってしまいましたから、本当に今年はこの土曜日一日だけが「お花見日和」でしたね。

実は・・この寒くなってしまった日曜日にも凝りもせずご近所随一の桜の名所「本門寺」にも行ってしまいました。ものすごい風でしたが、そのせいでとても見事な桜吹雪をみる事が出来ました。

P1000874 そして・・前から気になっていた本門寺参道裏の
甘味屋さんに行ってきました。
結局・・花より団子かぁ☆

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず