アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

ファイバースコープ

連休明けに引いた風邪が、
治ったようで治っていない・・すっきりしない、という状態でした。
熱も咳も収まったのに何故か喉の痛みだけが
グジグジと続いていたのです(>_<)

風邪だし、そのうち治るんじゃない?
という調子で高をくくっていたのですが、
気がついたらもう3週間も経っているじゃないですか!!
しかも、先週末くらいから痛みが激痛になってきている(@_@;)
これは変かも?

とりあえず、前回と同じ主治医の先生のところへ・・。
治りきらなかったのかなぁということで別種の抗生剤など
また処方してもらいました。でも何気に先生が・・
「耳鼻科でしっかり診てもらったほうがいいかなぁ。もう長いしねぇ」
とつぶやいたのを聞いてしまった私は気になってしょうがない・・(>_<)

いただいたお薬を飲み始めて痛みはだいぶ良くなりました。
でも、気になる・・・(-_-;) すっきり感が無い・・
そこでついに決心し、大病院へと行って来ました。

耳鼻科へはなるべく行きたくない・・
歯医者より耳鼻科が嫌いなんですぅ。
のどとか鼻とかに何かが入るのって信じられない!!

私はドキドキしながら診察室へ・・。
そして先生が「ファイバースコープ」という言葉を発した時、

体が硬直!!(^_^;)

私は生まれて初めて鼻の穴に痺れ薬をシュッシュされ・・
ファイバースコープ・・鼻カメラ?・・を突っ込まれたのでありました(>_<)

結果、かなりの広範囲に渡って赤くただれているとのこと。
原因は十中八九風邪だそうで、
治りきらないうちにお薬やめたからだって!
でも2週間も飲んで、痛くなくなったからやめたんだよね~~。

やっぱり抗生剤というのは治ってからさらに
3日飲まなきゃというのはホントなんですねぇ。

結果を聞いてホッとしたのもつかの間! 
先生は次に長い綿棒を取り出し、
「何のばい菌か調べてみましょうね」と
私の喉から綿棒を突っ込んだんです。
これには・・ (T_T)  
何度もオエオエしてしまいました。
ぐるしかったぁぁぁ(>_<) 
どうしても上手く対応できない私に先生も途中で諦めムード。
ヘタレな患者ですみません(-_-;)

☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、とりあえず、すべて終わって院外処方のお薬をいただきに
病院の目の前の薬局へ・・。

車椅子のお年寄りとヘルパーさんが入ってきて
お薬を待っていました。

そのときヘルパーさんがやたらとお爺さんに
飲み物を飲まないかと勧めるのです。
水はサービスで飲めるようになっていたのですが、
お爺さんは喉が渇いてないからいらないとと何度も固辞。

そのうちヘルパーさんがこう言いました。
「たとえお水いっぱいでも私から飲むと
『介護保険』が出るんだけどねぇ。
付き添いだけだと自腹になるよ(たぶんヘルパー代)。」

それでも理解が及ばないのかなんなのか、
お爺さんは最後まで「いらない」を通してました。

そうなの?!
きっと保険を出してもらうには細かい決まりがあるんだろうけど、
それにしても・・お水1杯で自腹か保険か決まるとは・・
悲しい話のように思えてなりませんでした。

自分の親も自分自身もいつかは通る道・・。
まだ少しでも理解力のある今のうちに
「介護保険」の勉強しないと駄目かなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

とにもかくにも・・早く治りたいよ~。
まだアクビすると痛いのですよ。
自己治癒力が落ちたって事のようで・・
(((p(>o<)q))) カナシ~

週末のお楽しみ・・映画

P1010181 土曜日に今話題の「ダビンチコード」を見てきました。
先週封切日に行こうと思ったらすごい人で、諦めたんですよね。

謎解きのストーリーなのでここでのネタばれはやめておきますが、
評論家の間でもすでに見た人の間でも賛否両論。
ストーリーそのものに対してもキリスト教的、
また歴史的観点から嘘が多すぎるという人もいるし、
映画としても不出来だという話も多いですよね。

確かに小説そのものもすごく複雑で人間関係も入り組んでいるし、
謎を説明する場面が多く、難しいのですよね。

だから映画にしたらもっと複雑で(^_^;)
本を読んだり、ある程度の基礎知識を持って見ないと
一度では何がなんだか分からないかもしれません。
そういった意味では映画として成功しているとは言えないのかなぁ。

最近は難しいの多いですよね。
ロードオブザリングとかマトリックスとか難しく無かったですか?

でも、個人的な感想をいうなら・・
十分面白かったのです!
小説で疑問に思っていたことを改めて確認できましたし、
本&映画で理解が深まった感じです。

それでもまだよく分からないところがあるので
もう一度本を読み直してみま~す☆

週末のお楽しみ・・野球

私が野球ファンだっていうことはご存知でしょうか?

毎年夏の楽しみは野球観戦です。
もっともほとんどTVでの観戦ですが・・
時には球場まで足を運びます。

金曜日に今年初めての球場での観戦に行ってきました。
巨人対ロッテ交流戦です。

同じ野球なんですけどねぇ。
交流戦となるとなんだかいつもより面白いような気がします。

今にも雨が降りそうなお天気の中、
ドームでよかったなぁと思いつつ出かけました。
マコリンが会社帰りに買ってきてくれた
ケンタッキーおにぎりを頬張りながら、
なぜか定価がぐんと上がっているビールを飲み(^_^;)、
情けな~い巨人の攻撃を心で笑って・・
巨人応援席真横の席だったので・・

やっぱり心の中でロッテを応援してきました。

マコリンは巨人ファン!なのです。野球のみ・・敵です(^_^;)

P1010180

私たちの座っていた席のまん前から「飛行船」がぁ・・↑
いつもどこから出てくるのか不思議だったのですが、
これで謎が解けました(*^_^*)
綱でつながっていたり、時にはリモコンで動いていたり
なかなか面白い仕掛けでしたよ。

それにしても交流戦に入ってからの巨人のふがいなさは
敵ながら目に余るものがありますよねぇ。
それに比べて
我がタイガースの勢いは止まりません!!
素晴らしいぃぃ!!

来月はパリーグを観戦予定で~す(*^^)v

下町風俗資料館

先日、またまたおなじみ店主さんと、面白いところへ行ってきました。

場所は上野、「下町風俗資料館」。
3月に行った深川の江戸資料館のように建物の中に町並みが
再現されているのですが、時代がぐっと現代になり、
大正時代となっております(*^_^*)

昭和と大正って、それほど変わらないのね。
言われなきゃ、昭和の町並みだと思って歩いてたかも・・

79524204813qz12_2

またまた顔の見えない写真ですが、こんな風なところです。

緒に行った店主さんは私よりとぉもお若いので(^_^;)、
初めてみるものだらけの
ようでしたが、
アタシャ、知ってる、これ、
てなもんでございました・・(>_<)

木塀の家なんて普通にあったしぃ、振り子の柱時計なんて
今でも実家に帰るとあるしぃ・・。

井戸や共同洗濯所なんてのも記憶あるんです。
そうそう、釜戸もなんとなく記憶あるし、
氷を入れて冷やす冷蔵庫も家にあったんですよねぇ。
・・(-_-;)アタシッテ・・

さんざん楽しんで、次に行ったのは浅草のテプコ浅草館。
東京電力の展示館です。

こちらでは昭和の町並みが見られます。
珍しかったのは展示してあったのらくろの大きな絵。

沢山ののらくろとその仲間達が浅草のいろいろな町並みで
遊んだり、お祭りをしたりしている楽しい絵です。

かなり大きな絵ですが、のらくろを書いた田川水泡さんではなく
お弟子さんの山根赤鬼、青鬼、永田竹丸さんという方の合作で、
特に赤鬼、青鬼さんというのは手塚治虫氏の弟子でもあり、
そのためのらくろの耳が鉄腕アトムの耳に似ているんだと
館のおじさんが説明してくれました。

思わぬところで大作を見てしまいました(*^^)v
漫画家の店主さんは感心することしきり・・。

いろいろ歩いてみると面白いものに出会うものですね。

もちろん、お昼に浅草神谷バー
メンチカツを食べたことは言うまでもありません☆

とびうお

ちっともいい天気になりませんねぇ。
今年のGW以降の日照時間は30%ほどで
去年の
80%と比べるべくも無く雨ばっかりってことです(>_<)

梅雨宣言の前に梅雨だね、こりゃ。

私は四季ではが一番好きです。
いろいろ考えるのが嫌いなので(^_^;)、ぱっと行動しやすい気温が
好きなんですね。もともとそれほど汗かきじゃないので
夏は過ごしやすく、体の調子もいいんです。

あ~~お日様が恋しいよ~~。

今日、ゆーちいが2泊の国内研修旅行から帰ってきました。
あこがれの校長先生とお話できたらしく、嬉しそうでした。
すごくオーラがあったそうです。
そうだろうなぁ・・。女性で会社役員にまでなった方ですしねぇ。
一緒にご飯を食べたりして嬉しかったみたいです。
67歳ってことなんですけど、すごく綺麗なんです。
肌もツヤピカ☆ どうやっているんだろうなぁ・・。

いない間、心配してたんだよ~母さんは・・。
でも学校にバイトにバンドにフル回転の毎日だったので、
すごくリフレッシュしたらしく、ほっとした顔で帰ってきました。

もう少し、ゆっくり歩いてもいいのになぁ。
若いからこそ焦っているんだろうけど、そんなに急がなくても
いっぱい時間あるのに、って思うことが多かったので、
このゆーちぃの感想は嬉しかったです。

あぁ、時間が無いのはママだよ、ホント。
でもそれを言ったらゆーちぃに「まだ50年あるよ」って
言われちゃいました(>_<)

いやぁ、最後の10年くらいはただ生きてるだけかもしれないから
やっぱり終わりが見えてきそうで焦るんだよ~~。

でもとりあえず、今日もご飯作らなくちゃの時間でございます。

今日はとびうお買って来ました。一匹100円だったの!
マコリンはとびおう嫌いなのですが
今日はご飯はいらないと言っていたので3尾買ってきました(^_^;)
なんだろ、あの羽が駄目なのかな? あっ、羽じゃないか・・

ヒレですわね(^_^;)ホホホ
P1010178_1

無理やり広げてみました↑(^_^;)
淡白で美味しいんですよ。
ものの本によると確かに「関東以北」では食さないとなっているので、
マコリンが嫌いなのはそのせいかもしれませんね。
海面から20mのところを時に200mも飛ぶらしいです(@_@;)スゴイネ

とりあえず、塩焼きしま~す☆

迷宮美術館

P1010167 最近テレビの番組の名前とか放送時間とかまるで覚えられなくなってきています(>_<)

「チャングムの誓い」とか面白いなぁって思っているのに、全然見れない・・。いつ放送してるんだろう? 
もっとも、
もし分かっても忘れちゃうんですよねぇ。夜ってほんとに忙しくて、つい忘れるんです。

最近気になっている番組はNHKの「迷宮美術館」です。
ずっとBSの番組だと思っていたのに、
先日地上波でやっていて驚きました。
「チャングムの誓い」同様、「迷宮美術館」も
BSから地上波に昇格(?)したということかなぁ?

絵は好きなんです。
でもテレビ番組
同様、どうにも作家名や作品名を覚えられない・・
この手の能力は相当欠如してます(>_<)

オバサンになってから美術館も好きになりました。
でもちょっと変な見方するんです。

いちいち絵に解説をつけて見るんですねぇ。
・・「つっこみ」ともいいます・・(^_^;)

書き手とモデルは恋人同士だったのか?とか、
暖かな色彩なのに寂しい顔をしているのは何故か?
朝ごはん食べんかったの? とか・・(^_^;)

こんな楽しみ方は邪道ですよねぇ・・(>_<)ワカッテルノヨ

「迷宮美術館」という番組は
「突っ込み」を入れるわけではありません・・当たり前ですが・・
絵が書かれた状況とか歴史とか
いろいろな要素を明らかにしていくことで
絵に描きこまれた意味を推理していくのです。

これは面白いですよぉ。

例えば・・
Womanwithparasol2 モネの「戸外の人物」の婦人の顔が無いのは何故なのか? 
顔が無いことにはちゃんと意味があるのです。
絵から顔が消えた意味をモネの人生から探っていく・・

今、ダビンチの「最後の晩餐」が謎解きの対象として話題になっていますが、あのようなことですね。
先日の番組では「最後の晩餐」が取り上げられていました。

絵のテクニックを見たり、もっと純粋に芸術性を感じたりする鑑賞眼が
悲しいかなあまりないので、こんな風な見方をするのって
とても絵に親しみを感じるんですよね。

もっとも2ヶ月ほど前に見た東山魁夷なんかは
推理も想像も、ましてや言葉なんてまったく受け付けない、
無言の圧倒的なエネルギーをビシビシ感じて
絵の前から動けなくなってしまいました。

もしかしたらモネもダビンチも本物の前に立ったら圧倒されて
突っ込む余裕なんて無くなるのかもしれませんが。

もっと美術館へ行っていろんな絵を沢山見てみたいです。

あっ、その前に「迷宮美術館」が
何時から放送されているのか把握しなくちゃ(^_^;)

いやぁ、今日はアカデミックだったなぁ☆

母の日に・・

Barahanataba3 毎年、母の日になると遠く離れている二人の母に何をあげようかと悩んだものでした。

マコリンの母上は数年前に亡くなってしまいましたが、毎年変わらずあげるカーネーションを喜んでくれていました。
お花が好きな母でしたので、きっとお部屋に飾ってくれていただろうなと思っています。

私の実家の母は典型的なA型人間で、
決められたことが予定通りに行かないと気に入りません。
だから宅急便なども着く日と時間を前もって打ち合わせ
しないとならず、時間の読めないお花は送れません。

贈り物もかなり気を使います。
スカーフも下着もブローチもタンスの肥やしになってるみたい(>_<)
気持ちは嬉しいと言ってくれるのですがねぇ。
唯一バッグはとても気に入ってくれたらしく、
かなり長い間壊れるまで、使ってくれていました(*^^)v
結局はオシャレなものじゃなく機能性のあるものが
好きなんだということに気がつくのに相当投資してしまった(^_^;)

今年はマコリンの母上には
我が家のリビングに飾ってある写真に

マコリンが秋田の最中をあげていました。
で、実家の母にはすぐに使えるタオル地のハンカチを・・。
気に入ってくれてるといいなぁ。

ところで、私自身は娘たちから何をもらったかというと・・
P1010174 カーネーションの花とSKⅡのフェイスパック! 
もちろん・・ばら売りワンパックですが(^_^;) 
いいんです、母に綺麗でいてほしいと思ってくれている気持ちが・・

感動ですっ\(>▽<)/

もう一つはネイルシール。

綺麗になるわよっ! 自慢してもらえるくらいにね☆

オレンジのシフォンケーキ?

鬼の霍乱か・・
6年ぶりくらいに風邪を引いてしまい、
今週は思うように動けなかったのですが、
昨日あたりから、ようやく体は元にもどったみたいです。
まだ若干咳が出るので今日のフィットネスは
お休みしました (T_T)

そうは言っても家にじっとしてるとなんだか気持ちまで
暗~くこもってきてしまうので、
結局毎日お出かけ&買い物してたんですよねぇ(^_^;)

熱が中途半端だったせいもあるんですけど、
我ながらほんと貧乏症だなぁと思ってしまいます。

そのくせ・・
今日は絶対押し入れの大掃除&冬服の整理をするぞ!
と決めていたくせに、もう夕方だっていうのに
まったく手をつけていません(>_<)ダラダラ・・・

代わりに何をしていたかといえば・・・

P1010166

こんなもの作ってました(^_^;)

「オレンジのシフォンケーキ」です。
でもオレンジはジュースしか入っていない上、
バナナが二本も入るので、
食べるとそれは
「バナナのシフォンケーキ」です。
レシピを教えてくれた人が名前を間違ったのかなぁ(^_^;)

ちなみに高さを測ってみたら8.5cmありました。
卵を7つも使っているのです。膨らむはずですよね。

ホントはちゃんと生クリームでお化粧してあげると
表面のガタガタが隠れて
いいのですが、
私には絶対綺麗にぬれないことが分かっているので(>_<)
我が家では食べる時に5分立ての生クリームをトローンと
自分の好きなだけかけて食べることになっています。

美味しいんですよぉぉぉぉ(^-,^)

コホン・・

さて、今日もみんな遅いお帰りのようだし・・
冬物の整理くらいしてみるかなぁ・・・☆

一人の晩ご飯

今日はマコリンは飲み会、
ゆーちぃはバンド仲間との打ち合わせ、
まーちぃは大学のサークルと三人とも帰りは遅いみたいです。
ご飯を家で食べると言っているのはまーちぃだけです。
でもまーちぃの帰りは11時過ぎなので、結局一人の晩ご飯です。

P1010157 こんな夜は何も作りたくないのですが、
そういうわけにもいかず、
一昨日の残り物・・昨日じゃないのか?(^_^;)・・
ポテトサラダを春巻風にしてみました。
作ったのはこれだけ(^_^;)

あとは冷蔵庫の残り物で晩ご飯です。

覚悟していたとはいえ、ゆーちぃが専門学校へ入って
高校の時のように決まった時間に帰ってこなくなると、
こうやって夜を一人ですごくことが多くなり、ちょっとつまらない。

近頃、ゆーちぃが学校で習っているネイルの練習に
我が手を提供しているのですが(^_^;)、私自身にまったく
知識が無いので、ただされてるだけ・・。
そこで、今日、ネイルケアの本を図書館で借りてきました。

暇だから、これを読みながら今日は自分でネイルしてみよう☆

秋田の旅・・三日目

3日目はまた天気予報を裏切って秋田は穏やかな日でした。
私たちが秋田に着いた日からずっといいお天気で
暖かな日だったので一気に桜が咲いたようです。
これは角館も咲いているかも、
と突然再び角館に向かうことになりました。

まずは・・腹ごしらえ・・やっぱしね・・(^_^;)

P1010104 最近の義兄の一押しのラーメンを頂くこととなりました。
「八屋」というこの店は室蘭ラーメンということですが、どの辺が室蘭なのかはわかりません(^_^;)。
コクのあるスープですが、それほどしつこくなく、すんなり食べられます。麺がすごい卵色でその辺が北海道って感じです。

お腹をいっぱいにして一路角館へ。
近づくに連れて一昨日まったく咲いていなかった山間の桜が
ほぼ咲いていることに気がつきました。
これは・・角館は期待できるかも☆

P1010112 咲いていましたよ~。ほぼ満開。
不思議ですねぇ。二日前にはまったく咲いていなかったのに。

P1010108
桧内川の両岸に咲き誇る桜は圧巻です。

3_02_2

もちろん、黒塗りの武家屋敷になんともいえない風情を映し出すしだれ桜もあまりに美しいのです。
あぁ、この黒と桜色
のコントラストの町並みに江戸風情たっぷりの着物姿で立ってみたいものです・・・(*^_^*)コスムラ
ぼーっとしてたので武家屋敷の写真は撮りそこないました。
角館のHPからの写真ですが、綺麗でしょう?(*^_^*)

角館のすごいところはこの武家屋敷が今でもちゃんと住まいとして機能しているという事。作り物じゃないんですよね。本物です(^_^;) 時に映画の撮影に使われるそうですよ。

P1010115 さて、角館でぜひ食さねばならないものは・・「えびす餅」と「なると餅」でしょう。お花の形の方が「なると餅」です。粗めにつぶしたお米とあんこの「なると餅」と黒砂糖を練りこんだ餅にあんこを入れた「えびす餅」です。どちらもここにしかない味と言えますね。とても美味しいですよ。特に私は餅フェチなので、これは出来ればいっぱい買って帰りたいくらいです。でもすぐ硬くなるので・・その場で食べるだけです(>_<)

いやぁ、桜、満喫しました。同時に美味しいものも満喫しました。
今年もいい秋田でしたねぇ☆

秋田の旅・・二日目

二日目は穏やかな暖かい日となりました。
天気予報は雨だったんだけどね(^_^;)

すっかり歳を取って外に出るのも億劫がるようになって
しまった義父をなんとか外へ連れ出そうということになり、
長く行っていないという義父の生まれ故郷を
訪れてみることになりました。

義父の育った村は秋田市内から少し離れたところです。
そこへ向かう途中に「国際大学」という大学があります。
入学から卒業まで会話は英語だけ!という大学だそうです。

群馬辺りに同じような小学校が出来ましたよね。
あれと同じでしょうか。
小学生に英語漬けの毎日を送らせることの是非はいろいろあると
思いますが、大学生にはいいように思いますね。
留学するのと同じで結構英語は身に付きそうですよね。

P1010077 それはともかく、その大学の周辺は公園のように綺麗で
道路は満開の桜並木でした。沢山桜は見ましたが、広い車道でこれほどの並木になっているところは初めてでした。

桜を堪能してさらに奥に進んでようやく義父の生まれ育った村に着きました。ご先祖様のお墓参りなどすませて、義父が遊んだ場所を見て回りました。

まず行ったのが神社です。
小さな田舎の神社なのにやたらと構えが立派です(^_^;)P1010079
かなり見事な木彫りですよね。
傍らに小さな祠がありました。
何が祭ってあるのかと開けてみると
なんと馬です!
P1010081の馬の謂れはまったくわかりません(^_^;) 
ただ、義父の話では戦争に行く人たちを励ますのにこの馬の前で祈ったそうです。早馬に武運を祈るという事らしいです。

村を後にして「一つ森公園」へ・・。
すごく広い敷地に体育館やジョギングコースなど
いろんな施設があるそうです。
P1010084 私たちが行ったのは「自由広場」です。
そこにとても不思議な建物がありました。
中国の蘭州市との有効記念に作られたもので「友誼亭」というそうです。六角堂かな?

P1010096

P1010095

に行ったのが秋田市内で一番有名な「千秋公園」。久保田城というお城の跡で久保田門というりっぱな門も残っています。桜が映えて綺麗です。お殿様の銅像もありましたよ。佐竹義尭公だそうです。

最後にやっぱり桜が綺麗だという事で「護国神社」に行きました。
護国神社ってきっと日本国中いろんなところにあるのでしょうが、
初めて目にするものがここにはありました。P1010100
それは「さざれ石」! 
本物見たことあります? 
その名の通り小さな石が寄り集まって大きな岩となっておりました。
説明書きを読んで、君が代って昔むか~しの和歌が・・「古今和歌集」らしい・・歌詞になっているらしいというのを知りました。
そんなこと小学校の時習ったかなぁ?? (^_^;)

すごいなぁ・・
義父が一緒だったせいか、
この日は珍しく超真面目に
秋田を探索したのでありました・・グルメをしないで・・(^_^;)

では、最終日に続きます。

秋田の旅・・一日目

4月29日から秋田へ行ってきました。去年も30日から3日まで秋田へ行っていたので、まったく同時期の秋田を二年続けて楽しんだことになります。去年は満開の桜に出会うことが出来ましたが、やはり秋田も今年は冬が長く、まだ寒さが残っていました。
桜は見れるのかなぁ・・。

さて、一日目。

P1010049 

岩手は盛岡市へ・・。
県境のトンネルを抜けると同じ東北でもまるで文化の違う土地柄が現れるということです。
冬は雪のある秋田と風の冷たい盛岡では景色も違うのでしょうね。

岩手に向かう途中の山々の桜はまだつぼみ。
でも盛岡市内に入ると綺麗に咲いていました。
盛岡も秋田に似て町に川の流れる、とても情緒あるところです。

想像していたよりずっと城下町の雰囲気を残しています。
秋田よりも落ち着いた雰囲気でしょうか。
P1010057

盛岡でとても面白いバス停を見つけました。 「啄木新婚の家口」・・こんなバス停って(^_^;) 
でもバス停前の家は普通の家で、今は新婚の家は無い感じでしたね。

盛岡で軽く腹ごなしです。一応、昼食かなぁ(^_^;)

P1010052_3

じゃじゃ麺です。名前から味噌ダレだろうなぁと想像はしていたのですが、これがまったく見たことも無い食べ物でした。

知る人しか知らない、そんな食べ物に違いない(^_^;)

釜茹での熱々うどんに刻んだ生胡瓜!が乗るという
裏切りのような組み合わせ。
そこにやや甘い肉味噌が乗っています。
これを混ぜて食べるのですが、テーブルに並んだ調味料は?

おろしにんにく、ラー油、酢があるのですが、これは必須!
かけないと・・味がしまりません。
お皿についてくる「おろししょうが」と「紅しょうが」も必須。
結局甘辛味噌とピリ辛調味料でかなり辛くして食べるのですが、
仕上げはお客が勝手にするってことなのですね(^_^;) 

P1010055 食べ方にはまだルールがあります。
味付けたうどんは最後に一口分残さないとなりません。
そこにやはりテーブルに用意されている生卵を割り入れ、くちゅくちゅとかき混ぜ、お店の人に頼んであっついスープをかけてもらいます。
一気に卵に火が通り、出来たのは卵スープ。
これを称して「ちーたん」と言うようです。
じゃじゃ麺の後はちーたん(ちーたんたんとも言う)を飲む・・
という言うのが正しい食し方のようで、
小さな子供まで当たり前のようにこれを飲んでました・・。
以上で400円!!
私にはこの値段の方が驚きでしたねぇ。
美味しいかって?? 
食べてみる価値はありますかね(^_^;)。

P1010059 帰りに小岩井牧場へ寄りました。
広々としてとてもすがすがしい風です。
牧場の周りの白樺林はまるで軽井沢みたい。
でも景色だけ見ると冬みたいだなぁ(^_^;) 
とりあえず牧場恒例ソフトクリームを食べました。
甘くてミルキーな味は牧場ならではですよね(*^^)v

牧場を後にして、帰るのかと思いきや・・
ちょっとおやつということで
・・ソフトはおやつじゃないのか??・・
義兄お薦めの焼肉店「三千里」に寄る事になりました。
P1010068 オヤツに焼肉ですよ!! 
この兄弟って・・何??

とはいえ、当然、私もしっかりと焼肉をいただきました。
確かにお勧めだけあってかなりいいお肉です!そして何より、東京の半値近いお値段が魅力でした。

秋田から盛岡へ向かう途中に桜の名所「角館」があります。
でもやっぱりどの木もつぼみです。今年は楽しめないのかなぁ。
P1010071_1
桜は諦めて途中の道の駅「安藤醤油店」で、焼肉の口直しということで!?醤油ソフト(またかい!!)を食べました。これって、ほんと醤油味なんですよ。甘辛い磯辺焼きの味を思っていただけるといいかな。

さぁ、晩ご飯に間に合わないよと帰路に着いたのでした。
・・何食食べるんだろ(^_^;)・・

  ・・・こんなんで最後まで胃が持つのか、と思いつつ
              一日目は終わったのでした
・・・

ようやく・・春

ようやく暖かくなりましたね。

今日、やっと上着を脱ぎました。
秋田はまだ寒かったんですよ。
でも今年も東京で終わった桜を追いかけて
ちゃんと、秋田で満開の桜を見てきました。

写真も沢山撮ってきたので、順にアップしていきます
またお付き合いを~~。

           春

きみの笑顔が見れた日は
私の道に桃色の花が咲き誇る
きみと会えなかった日は
私の道にどしゃぶりの雨が降る

それはまるで 不安定な春の天気のようで
だから人は恋をすると 
たとえそれが夏でも秋でも冬でも
春が来たと歌うんだろう

きみと初めて手を繋いだ日
あれは曇りの日だったけれど
私には快晴にしかみえなかった

きみと初めて喧嘩した日
見上げた空は晴れ渡っていて
だけど大粒の雨が次から次と
私を濡らしているように思えた

それはまるで 不安定な春の天気のようで
だから人は恋をすると
春がやってきたと歌い 
そして夏を待ち望むのだろう

ああ 春が来た 春が来た
優しい風 冷たい風
まだ未知の明日

ああ 春が来た 春が来た

ちょうど去年の今頃、ブーケに載せた「春」という詩は
本当はこんなに長い詩です。
恋心の詩だけど、なんとなく春という季節に恋してるみたいで
ふわっと幸せを感じる詩です☆

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず