アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

ミッション・イン・ポッシブル

Ethan_20_3ミッション・イン・ポッシブル
見てきました。

(画像はHPより拝借しました)

先日、「日本沈没」を見に行った時は
「M:i:Ⅲ」は混んでて諦めた経緯があったのですが、今週はもう「ゲド戦記」が始まっていて、
お陰でこちらはやや空き状態でした。
もっともそのせいでいつもいくシネコンで
上映シアターが大型から中型の方へ追いやられてました(-_-;)。

このシリーズは全部見ているのですが、
それぞれ色が違って面白いのですよね。
でも今回のが一番好きかもしれません。

どこまでもストイックにスパイであれと思っている人には
ちょっと駄目かもしれません。

トムが強すぎるとか、いちいちマンガチックだとか、
都合よくいきすぎとかいろいろご批判のある映画のようですが、
私はそれでこそ映画だと思っているので(^_^;)、大好きです。

深く考えさせられる映画もいいのですが、
たまにはこういうトコトン楽しめる映画もいいじゃないですか。
始まった瞬間から最後まで、
まるでジェットコースターに乗っているようなスピード感と
これでもか状態に使われる火薬の量と派手な演出
これぞハリウッドというエンターテインメントたっぷりですよね。

ところで、映画の終盤で舞台となった上海
びっしりと立ち並ぶ民家の屋根の上を
トム・クルーズがすばやく移動していくところで、
実はすごくデジャブを感じたのです。

どこかで見たような見ないような、へんな感じ。
思い出して緊迫した場面なのに
思わず笑ってしまったのですが・・・。
私の頭に浮かんだのは30年以上も前に見た映画、

「燃えよドラゴン」でした!!(@_@;)

あの時は舞台は香港ですが、
同じような民家の密集した場所が舞台となって
アクションが繰り広げられた場面があったように思います。
たぶん・・・(-_-;)チガッタラゴメン
ふと
ブルース・リートム・クルーズの姿が重なったのでした。
何があっても結局は一番強い、なんてとこはそっくり?(^_^;)

トムは次は東京を舞台にしたいと
本気で思っているらしいという事ですが、
実現したら、面白いでしょうねぇ。
知ってる町を舞台に
あんなすごい映像が撮られたとしたら・・

なんだかワクワクしてくるのでした☆

辛坊治郎さんありがとう・・

今朝のズームインで辛坊さんが
いいことを言ってくれました。
・・・私は昔から辛坊さんのファンであります(*^_^*)・・
少子化について・・ある記事・・

「統計上、子供を産んでいるのは働く女性が多い。
専業主婦は子を持つ確率が少ない。
よって少子化対策のため、
国の補助は働く女性に有利なように
作らなくてはならない」
という記事があったが、
これは統計を間違って使っているという話をしました。

私も前に同じ話を
議員か評論家が言っていたのを聞いたとき、
馬鹿じゃないかと思ったのです。
そのときはさらに話が進んで、

「専業主婦は経済活動もせず、
子も産まず、国の役に立っていない。
故に年金もあげなくていい・・」
と発展していたと思います。

子供がいて働く女性のいったい何割の人が
自ら望んで働いているだろうか・・。
子がいるからお金がかかるから仕方なく、
一度職場を離れると戻ることが不可能だから。。など
本当は子供と一緒にいてあげたいのに
仕方なく働いているのだいう人が多いことがわからんのか、
男は駄目じゃ!と思ったものです。

主婦(母)の役割をそれほど軽んじる社会が
よい社会のわけはな
と思っておりました。

辛抱さんは、別の統計を紹介していました。

主婦の75%ほどが
子供が小さいうちはそばにいたいと思っている。
子供がいて働いている女性の多くは
40代以上の再就職でその理由は経済的なことが大半である。
・・学費かかる頃だしね。

そして辛坊さんは
国は働く女性だけを中心に考えるのではなく、
専業主婦がゆっくり子供を育てられるためのことを
考えなくてはならない、
そうしなければ少子化は止められない

ということを言ってくれたのでした。

あぁ、辛坊さん、ありがとう。

このところ、働かない専業主婦は
家で遊んでいるだけという風評が
世間にあるようで
肩身が狭かったけど、なんだかとっても嬉しい。

朝から思わず辛坊さんに拍手を送ったのでした☆

胃が痛い・・

Asagaokago 胃が痛い・・なんて経験は、実はあまりしたことがありません。

よほどのストレスを感じる時でも、食欲が落ちることはあっても痛みを感じることはまずない私。

長い人生、胃の痛みを感じたのは数えるほどなのに、
このところ胃が痛いのです。

まず考えられるのは寝不足。
ゆーちぃの練習に付き合って夜遅くまで起きているのに
やっぱりゆーちぃの朝練に間に合うように5時過ぎには起きて
お弁当を作る毎日・・。
平均睡眠時間5時間弱!
そんな毎日が1ヶ月は続きました・・今は終わっています・・

若いときならいざ知らず・・老体にはキツイわけです。

そこに持ってきてまず絶対不向きだと思って
今までずっと避けてきた「事務職」を始めてしまったこと・・。
覚えるとこメッチャ多い!! 
・・事務の人って偉いなぁ・・

これも胃痛の原因かなぁ・・・(>_<)

いえ! 皆さま!!
そればかりではございませんでした。
嘘を言ってはなりません・・。

実は先週末、大学時代のゼミの集まりがありました。
毎年、温泉好きの先生にお付き合いするように、
水上温泉に一泊旅行に行っているのですが、
今回もいつものメンバーが集まって大騒ぎとなりました。

今年は後輩の方もいつもより多く来ていました。
後輩と言ってももう会社では中堅どころ。
皆、いろいろと日々頑張っていて、お話もつきません。

ついには日付も変わるまで、飲んで食べて、お喋りして・・

まぁ、胃痛の原因はまず、それなのでございます(^_^;)

しかたなくいつも行く病院でお薬をいただいてきたのですが、
痛みが若干減ったというだけで、
もう一人前以上食べてしまっている・・(-_-;)

これじゃ、誰も同情してくれないなぁ・・☆

役立つ人になりたいと・・

子育てはどの時期が一番大変だと思いますか?

たぶん、今自分が置かれている時期が一番大変だと
みんな思うのではないでしょうか。
赤ちゃんを育てている時は寝不足の毎日で疲れ果て、
早く大きくならないかなと思い、
学校へ上がってだんだんと生意気になる子供を見ると
ねんねの頃が懐かしくなるのです。

中学へ行ったら楽になるかも・・
高校へ行ったら、自分の時間がもっと持てるだろう・・

そう思って子育てするのです。

でも・・今我が家の娘達は上が22歳、下が19歳と
もう親の手のかからない歳になったというのに、
親の苦労は減らないのです。

職業、つまりある意味、
人生と直結する大分岐点に立つわが子を
ただ見守るだけの苦しさは、
小さい頃、手一杯世話を焼き、
アドバイスをしたり手伝ったりしながら育てていた頃の方が
ずっと楽だったとすら思ってしまうのです。

マコリンもまーちぃもゆーちぃも
本当に苦労して頑張っている・・。
私もただ見守るだけでなく、

もっと実際的に役立てることがないかと思いました。

もちろん、美味しいものを作ったり、
お掃除したり、洗濯したり・・も応援することになると思います。
でも何かもっと積極的なことはないかと考えて、
思いついたのは仕事に出ることでした。

少しでもお金を稼いで、例えば、ゆーちぃが時間の無い中
バイトをしなくてもよくなれば、と考えたのです。

わずかばかりでも貯金をして、
来年は独り立ちするかもしれないまーちぃの
手助けができないだろうかと考えたのです。

主婦だって、お金を節約するだけではなく、
生み出すことだってできるじゃないかと・・。

言うほど稼げませんが・・(^_^;)
・・マコリンに言えば笑われそうだなぁ・・
ま、気持ちの問題ということです。

そうして私はパート先を見つけました。

先週から仕事始めてます。
週にたった3日ですが、これが今の私には精一杯。

仕事は事務職。事務員さんと呼ばれています(*^_^*)
パソコンを使っての仕事なので、
なんとかなるかなぁと思ってます。

こんな思いでパートにでるのは初めてですよ~。

会社にとっても、家族にとっても役立つ自分になりたいなぁ☆

日本沈没

P1010327 映画に久々に行こうという事になり、
今上映中の映画を検索してみると・・

今、いろいろ面白そうなのをやってるのねぇ。
さすが夏休み・・

いつも映画はネットで予約していきます。
そうすれば時間ギリギリにいっても大丈夫だし
予約時にだいたいの混み具合も分かりますし。

今回も調べてみると一番見たかった「M.I.P」は混んでる模様
以外とすんなり席が取れたのは「日本沈没」でした。

昔の映画を見ていないし、原作すら読んでいない・・。
評判はいいみたいだから、行ってみるか・・。

これが予想外に面白かったのです。

かなり原作とは違っているらしく、
時代設定のみならず、
登場人物の設定なども
かなり違ってるみたいですよ。
前の映画を観た人にも
新しい映画として楽しめるかもしれませんね。

草彅君もよかったですよ。
ちょっとそこまでいい役でいいのぉ?
・・ってくらいカッコいい役です(^_^;)

子供もからむので、涙もポロポロ流してしまいます。

今回の映画は前回と一点、まったく違う状況があります。
それは映画の中でも「阪神淡路大震災」
色濃く影響を与えているという事。
それは見る側にも強く印象付けられます。

私も当時大阪で経験したものとして、
他人事ではなく、現実感を持って感じる内容でした。

全然、地震対策してないんですよねぇ。
日本沈没じゃ、助かりようも無いけど、
せめて地震対策くらいしなくちゃなぁ・・と思いました。

大きいことはいいことだ!

P1010312_1 熊本に出張へ行ったマコリンが買ってきてくれたナス
「肥後むらさき」
です。
携帯との大きさの違いをご覧下さい。
すごいですねぇ(^_^;) 普通のなすの4本分くらいです。

そのまんまオーブンで丸焼きして、真ん中で裂き、
半分は生姜醤油
半分は熱いうちに溶けるチーズ
をのせていただきました。
普通に焼きナスを作るときは
後でむきやすいように皮そのものをわざと焦がすのですが、
オーブンで焼くとじっくり焼くため皮はしんなりとなってしまいます。
でも中は・・ふわっふわのほかほか状態(*^_^*)

こういうのも美味しいですよ!
今度普通のナスで焼きナスする時もオーブンを使ってみます。

さて、もう一つ熊本土産ですが、
P1010314
「豆酩(とうぺい)」といいます。
中はこんな感じ。
P1010315
豆腐の味噌漬けです。
沖縄の豆腐ように似てます。
あちらは泡盛でつけているので酒粕みたいな感じですが、

こちらは味噌味ですから
ご飯に乗せて食べると美味しいのです(^-,^)

熊本城に初めて行ってきたらしく、
感動していました。

私も大学時代に行ったのが最後なので
また行ってみたいなぁ・・。

おしゃべりは元気の素

長い長いココログのメンテナンス中に、
いろいろあって、日記書こうと思いつつ
日が経ってしまいました。

☆またコスプレしちゃいました。
・・あっ、それはもっと前かな?
☆「ぬしさまへ」と同シリーズの「しゃばけ」を読みました。
・・読書感想書かなきゃ。

でも、とりあえず、それはまたの機会に譲るとして・・

今日、とても久しぶりにお友達と3005010052_1
田園調布
レピドールで美味しいケーキをいただきました。

前からのお約束だったのですが、相変わらずの元気印。

すごく頑張り屋の彼女はただ今10年ぶりに妊婦です(*^_^*)
高校生の女の子と小4の男の子の下に赤ちゃんがやってくるのです。

いろんなことをよく知っていて、特に看護師さんだったこともあり、
まずは健康相談・・(^_^;)

趣味のお菓子作りからパンの粉の話、ホントよく知っている・・
教育論にはては家計の相談まで(^_^;) いろんな話をしていたら・・・
気がついたら4時間以上喫茶店にいたことに!!!

周りのお客はふた回りはしたね(^_^;)

お腹のベビーは大丈夫だったかな?

お疲れが出ていないといいけど・・。

帰ってきたら今度はお喋り好きの叔母からから電話が・・
これも久しぶりだったので、またまた長しゃべり(^_^;)

お陰さまですっかりストレス解消しました。
やっぱり女はお喋りするのが一番ですねぇ(*^^)v

北海道・・2日目

次の日・・
北海道らしいのんびりしたところへ行きたいということで、
お花がいっぱいの公園へ行ってみました。

P1010244

「百合が原公園」というところです。
比較的札幌駅から行きやすいという事で選んだのですが、
とても素敵な公園でした。
広々としていて、あちらあこちらで花が咲き、
なんといっても公園のほとんどを埋め尽くしている
芝生
あまりに生き生きと美しい緑で、
その緑と抜けるような青空のコントラストが素晴らしかった(*^_^*) 

思わず裸足になって歩いてみました。
フワフワと柔らかく、暖かで、気持ちよかったです。

P1010258 この季節、一番の見ごろは芍薬です。
『立てば芍薬、座れば牡丹。歩く姿がゆりの花。』
・・という例えの芍薬ですね。
芍薬の群生を見ていて思いました。

この例えに出てくる花はどれも「豪奢な品格」を持っている。
慎ましやかなお淑やかな女性の例えかと思っていたのですが・・
違いますね(^_^;)。
艶やかな色っぽい女性のことですね。
う~~ん、ますます遠のいた・・。

P1010262 P1010258_1

P1010271 お腹が空いたので市内に戻り、
これもずっと気になっていた
「スープカレー」を食べることに・・。
給食のカレーシチューのようなものかなと思っていたのですが、
まったく違いました(^_^;) 
透明でさらっとしたスープが強烈なスパイスの香りをさせ
ジャガイモ、人参、パプリカなど色とりどりの野菜が入っています。
こんなに美味しいものだとは思ってもいませんでした(^-,^)
これ、作ってみたいなぁ・・。

さて、そろそろ食べてばかりじゃなくて(>_<)
お土産を買わなくてはなりません。
ホテルから歩いて5分くらいのところに
観光客向けの市場があったのですが、

・・でもふと思ったんですね。
お土産屋さんは高いんじゃないかって・・。
そこでサッポロビール園隣に最近できたという
イトーヨーカ堂&ARIOに行ってみることにしました。

北海道まで行ってヨーカ堂と言う事無かれ!

やっぱりヨーカ堂も北海道となると売っているものが違うのです。
一切れ100円のシャケが
紅じゃけです(@_@;)スゴイ! 
躊躇無くそれを買い(^_^;)、
さらにこれまた北海道産のホッケも2匹500円!で買い、
アスパラも北海道産を198円!で買いました。
ヨーカ堂の魚売り場にカニが山と積まれておりました。
さすがです。

子供たちからのリクエストだった六花亭のお菓子もここで買い、
これでお土産も万全です(*^^)v

すごいですね。ところ変わればスーパーの商品も変わるのです。

夜はマコリンの会社の友人達とお食事会です。
海水に浸したウニが美味しかったなぁ・・。

食事の後行った音楽パブで面白いことがありました。

生バンドが音楽を聞かせてくれるのですが、
お客さんの中に楽器のプロがいて特別に演奏してくれました。

P1010281 お一人はサックス奏者。ジャズやラテンを・・。
そうしてもうお一人はなんと尺八奏者!
演目がビートルズ!だったので驚きました。

尺八のイエスタディはオツでしたよ~。

こうして二日目の夜も終わり・・
次の日の昼過ぎには東京に戻っておりました。

待っていたのは愛しい娘たちと2日分のお洗濯物でした・・(>_<)

目に美しく、口に美味しく・・
この時期の北海道はお薦めで~す☆

北海道・・一日目

まず、千歳空港からまっすぐ向かったのは「澄川」という町。
ここにあるのは予てから気にかけていた
北海道ラーメンの老舗
純連です。
かなりの確立でラーメングルメ本には紹介がいあると思うので、
行かれた方もいると思いますが、私は今回初めてでした。

P1010227

味噌ラーメンではありますが、とてつもなく濃厚。
味噌の味もさることながら、スープはまるで油でできているみたい。
でも、くどくて食べられないというのではなく・・
上手く言えないけど、美味しい油という感じ。
私のような猫舌にとっては拷問のようなその熱さ(>_<) 
でもあまりに美味しいのでつい、無理をして食べて・・
火傷しました・・トホホ。
一度は食べてみる価値有りと思います。

次に向かったのはなんと札幌ドームです。

P1010231

もぉぉぉ、嬉しいっ!! 

阪神時代からの大ファンである、
新庄選手に再び会えようとはっ!!! 
なんという華麗さ、なんという男前さ、そして、アホさ(^_^;) 

今絶不調の新庄はまったく打てずでしたが、
最後の打席で送りバントを決め、
喜んでスキップでベンチまで帰ってきました。
ある意味・・偉いよね~。
徹底したサービス精神です。

その昔、新庄が縦じまを着ていた頃、
甲子園で彼のヒットも、そしてレーザービームも目撃した私には
物足りない新庄の姿ではありましたが、
彼の現役最後の年にこうしてまた見ることが出来て・・
オバチャンは・・オバチャンは・・嬉しいよぉ~ん(T_T)  (T_T)  (T_T)

野球の後、P1010239
すすきので札幌名物のジンギスカンをいただきました。P1010237
これまた老舗で
「だるま」というお店です。
小さな小さなお店で、

七輪に乗ったジンギスカン鍋で焼きながら食べるのですが、
強烈に煙臭くなりました。
あぁ、でもとても美味しかったのです。
臭み無く、柔らかく、タレも美味しい!!

あまりに煙臭くなったので、
この日はこれでお開き。
ホテルでシャワーを浴びて休みました。
ワールドカップが気になりましたが・・。

夏の北海道へ・・

北海道に梅雨が無いってご存知でしたか?

私もこの話は聞いたことがあったのですが、
この歳になって、やっと体感してまいりました。

金曜日の昼、羽田を発った私たちは(私とマコリン)、
この上なく爽やかな夏の札幌に行ってまいりました。
あんなに涼しくて爽やかな夏があるなんて・・(*^_^*)

東京に住むようになって早や4回目の夏ですが、
大阪と比べると夏とは呼べないほどの爽やかさ。
TVでどんなに「今日は過ごしにくかったですねぇ」なんて言っても
「冗談や無いわ。大阪やとこれは春やで」って思ってました。

よくマコリンも言うんですね。
大阪の夏はしゃべりかけてくるって・・
「なぁ、兄ちゃん、暑いやろ・・暑おますやろぉぉぉぉぉ」

ところがです、皆さま。
北海道というところは、とてつもなく爽やか! 
梅雨なんて微塵もないのです。
夜は寒いくらいで困ったんですけどね(^_^;)

それでは・・はたまたのヤジキタ道中・・
お付き合いくださいませ m(__)m

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず