アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

クッペ

P1010442

久しぶりにクッペを焼いてみました。

チーズクッペとベーコンクッペ。
あまりに久しぶりすぎて、成型の仕方忘れてた・・(>_<)

チーズクッペは思い出しながら成型したので変な形に・・。
チーズが平均に入ってません。
チーズの量が少なかったのかもしれない・・。
ベーコンの方が正解です(^_^;)

焼きたては美味しいです(^-,^)。

でも、今日はゆーちぃはバイト先で(フレンチの店)
私が作るより美味しいまかないを食べてるし、
まーちぃはオケの練習で帰りは11時を回ります。
そして、マコリンは今頃遠くペナンで仕事してます(^_^;)

その上、賞味期限が今日の桜えびが冷蔵庫に入っているので、
・・昨日パスタに入れ忘れた・・
あれで今日はかき揚げを作らねばなりません。

どうにもタイミング悪いですけど、
パン焼きたかったんだもん、しょうがないですね☆

このパンは明日の朝食かな・・☆

週末の美味しいもの

ずっと前から、娘達に「カボチャのケーキが食べたい」
言われていまして・・。

私の作るカボチャのケーキはとても簡単。
100gの粉に100gのバター。
100gのカボチャにお好みの砂糖などなど、覚えやすいのです。

今回、たまたまスーパーで超安売りしていた旬の栗を茹でて
入れてみようと思い立ち、やってみました。

P1010436 

きっと・・甘煮にしてからじゃないと駄目だったんです・・。
どうにも甘さがぼやけてしまいました。
でも我が家ではどちらかといえば自然の甘さがウケ
るので(^_^;)
評判は上々でした。

ただ、ちょっとボロッときたのは栗を入れたせいかなぁ・・。

切り方大きかったかしら<栗

粉砂糖で飾ると綺麗だったかなぁ・・。

こちらは日曜に行った奥沢の「豪華飯店」「酸辣湯麺」です。P1010435_2

何度かいろんなお店で食べたことがありますが、
このお店のは酸味が薄いかな・・
テーブルにお酢があるので、お好みで、ってことでしょうか。

具はまさに豪華で、イカ、お肉、ホタテなどの他になまこも入ってました(@_@;)不思議な食感・・。

「豪華飯店」はどの料理も一定のレベルをしっかりキープしていて
だいたいどれも1000円くらいなので、とてもお値打ち。
お腹がいっぱいになって、満足感100%のお店です。

結局今週末も・・食べる週末だったなぁ☆

テレビの言葉・・

Cosmostouka_6

Cosmostouka_6

前にもたびたび書いたことがあるけれど、
自分が何のために生きているのか、
誰の役に立っているのか・・
そんなことを考えることがあります。

何か特技があるわけでもなく、
価値あることを何かしているんだろうか、
へんな話・・
もし、私が死んでも困る人っていないんじゃないかとか・・
怒られるね、こんな事言ったら・・(^_^;)

誰でも一度はそんな悩みを持つんじゃないかなぁ・・。

それに対する答えは実は自分で見つけるしかなく、
見つけるためには
毎日一生懸命生きるしかなかったりするんだよね。

懸命に生きている間は見つけることができなくても
歳とって、ふと振り返ったときに答えが見つかったらいいんだよね。

今、ちらっと見たTVの中で、富士山頂で長い間天気予報のために
仕事をしていた人が、こんな風に言っていました。

「若いときはずっと山頂にいて、青春を無駄にしたと思い、
人間は何のために生きるのかと思ったが、
今、
人間は人間のために生きるんだな、
俺は役に立ったなと思う」

素敵だよね。
最近、どうも無力感があるので、
この言葉は心に響きました。

人間は人間のために生きる・・
その人間は不特定多数の人々でなくても、
今、目の前にいる人のためでいいんだよね。

小さい、小さい、力しかないけど、
役に立てたらいいな・・
誰かが私がいることで

少しでも楽しいな、嬉しいなと感じてくれるような・・
そんな自分でいれたらいいね☆

吉野家復活!

私は牛肉が大好きです。・・豚も鶏もだけど(^_^;)・・
どこでお生まれになっていても好きです。
神戸や松坂でお生まれなった牛さんとはなかなか会えませんが・・。

もちろん、アメリカ牛も大好き。
オーストラリア産より柔らかいし、味が濃い気がします。

狂牛病が問題になってもう長いですよね。
他人事のようにも思いますが、リスクは誰にでもあるのでしょう。
なんとしても水際で止めなくてはならないのも事実です。

どんどん複雑化するアレルギーの問題もあるし、食べ物は本当に
おろそかに出来ません。
それぞれの人が自分で食するものを選んでいく時代なのでしょうね。

アメリカ牛をアレルギーと同じレベルで語ってはいけませんが、
気持ちとしては、美味しくて安いから食べたいなぁ。

アメリカと政府を信じたいなぁ・・と思い・・

行ってきました、 「吉野屋牛丼復活祭!」

P1010432

並んでいました。。すごいよ~。
実は11時から販売というのを忘れていて、10時30分に
行ってしまいました。まだ誰も並んでいなかったので、しばらく本屋で時間をつぶしていたら、
あらら・・こんなに列がぁ(>_<)

慌てて並んだら、そこは「お持ち帰り専用」の列でした・・トホホ。

車の中で食べることとなりました。
見た目も味も昔のまま・・かな?P1010434
やや牛肉が堅いような気もしますが、
今回、100%アメリカ牛ではないそうで・・なんとなく納得?

目に付いたのは、働く人たちと並んで食べる人たちの、
すっごく幸せそうな笑顔です。

たかが牛丼、されど牛丼。
アメリカ牛の是非はとことん議論し、徹底的に管理する必要があるとしても

そこに賭けてきた店の、待っていたファンの思いがあるような気がしました。

私は牛丼にも吉野家にもそれほど思い入れはないのですが、
早くスーパーにアメリカ牛が並ぶことを願っているので、
吉野家を応援してみました・・☆

多摩川を吹く爽やかな風・・・

連休の中日は今にも降ってきそうなお天気でしたが
思い切ってウォーキングに出かけました。

このところ、夜の飲み会が続いていたマコリンが
ヘルスメーターの数字が上昇してしまい、なんとかせねば
とまたまた思いついたわけですが・・。

先日「矢切の渡し」に行ったお話をしましたが、
実は我が家の近所にも
「矢口の渡し」という場所がありまして
バスで通過するたびに気になっていました。

矢切の渡しは江戸川を千葉へ行く渡しですが、
矢口の渡しは多摩川を川崎に向かって渡るものです。

東急多摩川線「矢口の渡し」駅から徒歩15分ほどで
多摩川に着きます。そこから見える大きな橋は
Yaguchi1
「多摩川大橋」・・その向こうに矢口の渡しがあります。

といってもここは矢切の渡しと違ってもう渡し舟はありません。

船は動いていましたが、それは矢口の渡しからではないみたい。

Prek76_1  残念ながらカメラを持っていかなかったのでHPからお借りしました。
こういう看板が残っているだけなんですよね。

矢口の渡しを越えてどんどん進んでいくと、河川敷ではいくつも野球のグラウンドやサッカーのピッチが作られていて、多くの少年や元少年たちが大いに楽しんでいました。
特に野球が圧倒てきに多く、これだけみていると
まだまだ野球熱覚めやらずという感じを受けました・・ (T_T) カンドー

どんどん歩いて、「ガス橋」を越え、
「丸子橋」(タマちゃんのいた場所)を前にして土手を降りました。
そこはゆーちぃの高校がある町です。

さぁ、お昼だねぇ~と・・いうことで・・

すっかりお腹が減っていて、思いっきり食べてしまいました・・。
全然・・駄目よね<ダイエット(^_^;)

でも爽やかな川風にあたって、爽やかな野球少年たちを見て
すっかりストレス発散できた一日でした☆

連休・・やっぱり野球☆

P1010424 三連休の始まりはやっぱり野球となりました。

久々の野球観戦はもはや消化試合のような・・怒られるな(^_^;)・・
巨人対横浜。

横浜球場も本当に久しぶりでした。たぶん・・15年ぶりくらい。
当日に行っても指定席はまだ楽に買えます。
内野指定席もいくつかランクがあるので、お財布と相談して
席を選びます。球場が小さいのでどこでも充分楽しめます。

チェンジのたびにいろんな工夫があって、球場内のお客さんを
楽しませてくれます。写真を撮ってくれたり、ダンスコンテストを
してみたり・・。

ベイスターズなのでTBSがいろいろ企画してます。
ドラマの主演女優が始球式をしてたり
P1010426 こうやってTBSのキャラクターが愛想を振りまいたり・・。

試合のほうは二桁ヒットの割には点数が低い、
ややダレた内容でしたが、
お弁当食べて、焼き鳥つまみにビールを飲んだだけで

充分楽しかった私ですσ(^^;)

帰りに蒲田でラーメン通には有名な「上弦の月」
ラーメン&半熟煮卵=650円、を食べました。

うっかり味濃い目で注文してしまい、かなりしょっぱかったです。
この店はもともと味は濃い目なんですね。

P1010428

店先の張り紙にはどれほど材料を厳選しているかが
謳われています。店内でも壁は隙間無く説明書きが
貼られていて、しつこい程、材料の説明があります。
確かに麺も肉も工夫のあとが
感じられ、美味しいラーメンです。
常に満足することなく、前進しようとしているのも感じられます。

・・なのに・・テーブルの上の胡椒や一味などの調味料は
普通にスーパーで買えるものばかり。
やや矛盾を感じますね。
P1010430 

意外と、ラーメン屋さんってこういうところ多いですよね。

どうせこだわるなら最後までこだわって欲しいです。
なぜ、市販の胡椒でいいのか、その説明もあれば良かったかなぁと思います。

ただし、私自身はそういうディテールにあまりこだわりません。

大切なことは「美味しいこと」と「気持ちよく食べれること」
この2点です。
工夫があっても堅苦しければ私は駄目です。
「上弦の月」の場合は緊迫感があるのです。
注文を細かく聞いてくれる・・麺の堅さやスープの濃さなど・・
のですが、それをたった一人で切り盛りしている緊張感が
店に漂っているような気がします。
店主さんは女性でとても優しい感じの人なんですけどねぇ。
こんな風に思うのは私だけでしょうか・・・。

ラーメン通はそれぞれ頑固で煩いのは確かなですけど、
好みですからねぇ・・。すべてによくしようというのは難しいなぁ。

ラーメンはラーメン、気楽に美味しく食べたいなぁと思ったのでした。

再会

Akikusakabins_1  我が家はマコリンの仕事の関係で、
結婚以来、ずっと転勤族です。

始まりは仙台。それから、川崎、大阪と
移り住み、今、また東京に住んでいます。

川崎時代にアウトドアの達人と知り合い、
何度かキャンプに連れて行ってもらいました。私たちと、達人家族、そして、もう一つ、別の家族・・。

この家族には我が家とほぼ同い年の子ども達がいて、
みんな仲良く遊びました。
家が近かったわけではないのですが、
キャンプの度
に再会し、
川や山で冒険をして遊んだ記憶は
今でも結構鮮明に残っているようです。

大阪に引っ越して9年・・
お付き合いは夏、冬のご挨拶だけとなっていたのですが、
先月、ふとしたことで連絡を取り合い、
あちらの奥様とメル友になったのです!

そうですよねぇ。この手があったのです。
ずっと暑中見舞いや年賀状だけで付き合っていると
今の世の中、メールがあるなんてことにすら気がつかない(>_<)

遅まきながらメルアドを交換し合った私たちの
15年ぶりの友情が復活いたしました☆

そして、ついに、昨日、再会を果たしたのです!

ぴあの得意の(^_^;)「人形町」での再会は、
本当に楽しいひと時でした。
あいにくの雨でしたが、美味しいものをハシゴしながら、
一番のご馳走はなんといっても「お喋り」

15年分の話は尽きることを知らず、
お昼を食べ、喫茶店でコーヒーを飲み、
さらに甘味処であんみつを食べて・・もうお腹いっぱい・・。

近いうちの再開を約して、帰って来ました。

15年の歳月は子ども達を大きく成長させ、
それぞれの道をしっかり進んでいることを知りました。
そして・・アタシ達はちっとも変わっていないと・・
確認できました(*^_^*)・・ホントヨ。

いえ、でも大人たちもそれぞれの人生を歩いていたのです。

再会って素敵ですね。
今までの人生、仲の良かった人でも
もうすっかり会わなくなっている人もいます。

こうやって、ちょっとしたきっかけで旧交が復活し、
また仲良くできたら、嬉しいですよね。

私はあまり後ろを振り返らないタイプで、
付き合いは縁さえあればまたいつか復活すると思うのですが、
そろそろ後ろを少し振り向いてみるのもいいのかもしれません。

このところ、十年以上ぶりに人に会うことがたびたびあって・・
そんなことを思うのです。

あの人は今・・・連絡を取ってみようかしらん☆

川向こう・・

やっぱり行ってしまいました・・柴又・・。

草団子を買いに行ったわけですが(^_^;)
今回、ずっと気になっていた「矢切の渡し」へ行ってみることに・・。

P1010410_1 

江戸川は千葉と東京を隔てる川です。
江戸時代は関所となっていたんでしょうね。

矢切の渡しは確か、そんな歌もあったと思いますが、
今でも小舟で片道5
分ほどの渡しを楽しめます。
片道100円の運賃ですが、
さすがに川面を渡る風は涼やかで
なんだかタイムスリップしたような気分に浸れます。

川向こうはどんな国??
江戸時代に江戸川を渡って江戸に出てきた人たちも
千葉へ渡った人たちも土手の向こうに
思いを馳せていたことでしょうね。
P1010417_1を降りて土手を上がると・・
そこに広がっていたのは現松戸市。

なんとのどかなことでしょう・・。
反対側の柴又の喧騒とはまったく違う景色が広がっていました。

土手にはいっぱい猫じゃらしが生えていました。

P1010418 こうやって握って手をにぎにぎすると、猫じゃらしは上へ上へと移動します。
まるで生きてるみたいなんですよ。子供の頃よくこうやって遊んだのでした。

ちょうど今、お江戸が舞台の小説を読んでいたところだったので
なんだか気持ちもリンクして、とてもいい気分の川渡りでした☆

セレブな気分で・・アフタヌーンティその1 椿山荘

水曜日・・・

たまにはセレブにいこうよということで、
おなじみ店主さんとお出かけしました。

まずは目黒「旧朝香宮邸」へ・・。
P1010400

P1010401_1

昭和初期に立てられてというこのお屋敷は
アール・デコ様式の実にゴージャスな内装です。
各部屋の壁紙がそれぞれその部屋の持ち主に合わせてあったり
天井にかかるシャンデリアもすべて個性的。
まさに贅沢な作りとなっています。
P1010404_1 最上階に床がタイルでできている部屋がありました。
部屋の角には何故か水道の蛇口が・・??

そこは冬の間庭の鉢植えたちを避難させるための温室なのだそうです!
床がタイルだって事以外はまったく普通の部屋です。
窓も壁も・・

あぁ、植物のために、ウチのリビングより広い部屋が・・(>_<)

窓から見える庭も限りなく広いのでありました。

さて、せっかくのセレブ気分を保つために
午後は目白へ移動して「椿山荘」でティータイムを・・。

椿山荘に隣接するホテル「フォーシーズンズ」
ロービーラウンジ「ル・ジャルダン」
アフタヌーンティーセットをいただきました。

P1010406

段になっているお皿は下から
サンドイッチ、ケーキ、スコーンとなっていて、
下から順にいただくのが決まりだそうです。

お紅茶もそれは美味しゅうございました(*^_^*)
それもお紅茶が濃くなってくると
お湯が足され、いわゆる「飲み放題」状態(^_^;)
これもイギリス風のやり方のようです。

なんともリッチなひと時で、
すっかり日ごろのストレスは解消いたしました。

時計が5時を指したころ、夢から無理やり目を覚まし、
家路へとついたのでありました。

ところで、場所は目白。時は9月6日。
駅前では紀子様ご無事のご出産を祝って
振る舞い酒が配られおり・・しっかりいただいてまいりました☆

ハワイアンウエディングソング

P1010388_2   

昨日は姪の結婚式でした。
お天気が良くて本当に「良き日」でした。

今まで私が経験したことの無い
タイプの結婚式場でした。
レストランと結婚式場(チャペル)、
カフェやドレスショップなどが
こじんまりと一箇所にまとまって
建っています。
一つのビルの中に全部ある・・
というのではありません。
それぞれが独立した建物になっています。

その建物も煉瓦っぽいつくりでなかなか凝ってました。
そのせいで迷子になりかけましたけど(^_^;)

写真はウエディングベルのある塔です。
この下で紐を二人で引っ張ってベルを鳴らします。

小さい頃から何度も会っている姪が結婚するって
なんだか不思議な感覚でした。
彼女が選んだ伴侶はスポーツマンで
気持ちのすっきりした、今時珍しいくらい硬派な感じのする
優しい男性で、とても安心しました。

中学時代の同窓生らしいのですが、
当時はまったく知らない同士だったそうです。
2年前の同窓会がきっかけとか・・

末永く幸せであって欲しいです<叔母の願い

そうそう・・マコリンはすっかり自分の娘のことに
思いを馳せてしまって・・涙涙でした(>_<)

ところで、式場で突然に歌詞カードを渡され、
義兄の出し物に飛び入り参加することとなってしまいました。
以前からウクレレを弾きたいという話は聞いていましたし、
(義兄は昔バンドをしていたくらいの音楽好き人間です)
歌を歌ってよとは言われたことがあったのですが、
冗談だと思っていたので、びっくり!(@_@;)

姪っ子の結婚式をぶち壊したらどうしようかと思ったのですが、
宴もたけなわ、もう皆さんすっかり酔っていらっしゃったので、
ま、いっか、と歌ってまいりました。

・・ハワイアンウエディングソング・・

実はこの歌は私の大好きなエルビスが
ブルーハワイという映画の中で歌っていて
私にとっては思い出深き歌です。
中学時代に覚えた歌詞はまだ忘れていないのですよ。

・・昨日の晩ご飯は忘れているのに(-_-;)・・

喜んでもらえてたみたいで、ほっと一安心です。
私にとっても忘れられない結婚式となりました☆

タヌキに化けたキツネ

冷やしたぬき蕎麦のお話をいたしました。

素朴で・・あまりに素朴で、そして美味しいお蕎麦。
ずっと気になっていたお店が予想外に面白いお店だったので
皆さまにご報告したくて書いたのでした。

しか~し・・・

あれは「冷やしきつね蕎麦」ですっ!!

お揚げさんが入っているのは「きつね」ですっ!!

す、すみません m(__)m

関西地方ではたまにお揚げ入りを「たぬき」ということがあると
聞いたことがありますが・・全国的にはあれは
「きつね」です。

そして、ここ関東地方では間違いなく、「きつね」なのでありました。

ここに訂正して、お詫びいたします・・です。 m(__)m

山田洋次の原風景

P1010370

「山田洋次の原風景」というタイトルで
山田洋次監督展を横浜高島屋でやっているということで
フーテンの寅の大ファンであるマコリンと行ってきました。

山田監督の生い立ちから、映画にどうかかわってきたか
といった歴史がずっと紹介されていました。

展示会場の一角にビデオ鑑賞のスペースがあり、
そこでは山田監督についてゆかりの人物が語っていたり、
山田監督自身が自分のことを語っていたりするビデオが
流れていましたが、なかでも故渥美清との対談は
それ自体が珍しく、なかなか面白いものでした。

山田監督は子供の頃満州にいたみたいで、
「男はつらいよ」で描いている美しい日本の風景は
実は彼にとって決して「原風景」ではなく、
父母や祖父母から聞かされた故郷日本の風景だったようです。

憧れていた日本の美しい風景を映画の中で
永遠に残しておきたいと思ったのかもしれませんね。
「男はつらいよ」のなかで寅さんが旅する先々の風景を見ていると、
本当に日本は美しい国なのだと思いますから・・。

お約束のように作られていた団子屋「とらや」のセット。
そこでお約束のように写真を撮ってきました。

・・いえ、ここでは載せられませんが・・
実はいつもの癖でポーズ取って写した写真もあります(^_^;)

ここ一年くらいずっと寅さんにハマっているマコリンは
すごく楽しかったみたいで、よかったです(*^^)v

また柴又まで団子を買いに行きたくなりました☆

気になっていた蕎麦屋

池上本門寺に行くといつも気になっているお店がありました。

すごく可愛い店構えの甘味処「あらい」のことは
以前にブログで紹介したのですが(写真だけね^^;)

http://piano-chai.tea-nifty.com/bouquet/2006/04/post_436d.html#comments

その真向かいにある、お蕎麦屋さん「蓮月」

店構えからしてそう大きなお店ではなさそうだけど
建物はいたく年季が入っている様子。
ごくごく普通の蕎麦屋か、はたまた面白い店なのか・・
ずっと気になっておりました。

細い路地にあるから気がつかない人もいるかもしれません。

ようやく、先週末、行くことができたのです。
入ってみて中が以外と広いのに驚きました。
入り口はホント、ごくごく普通なんですが、
よ~く見ると屋根はとても古い感じで
中のお店はその屋根のままに、
まるでタイムスリップしたのかと思うくらい古いのです。

柱や天井は色艶よく年季が入って黒光りしています。
お店の方にお聞きしたら、昭和初期から商売をしているとのこと。
80年くらい経ってるって事??

少し暑い日だったので、「冷やしたぬき蕎麦」を頼んでみました。

P1010371

私はこういう冷やしたぬきには初めてお目にかかりましたねぇ。
暖かいたぬき蕎麦をただ冷やしただけのようなこの風体(^_^;)

でも・・美味しかったんですよ。
ちょっと期待を裏切る美味しさです。

なんとも言えない微妙な濃さのおつゆと甘いお揚げさん。
ありがちな「胡瓜」とか「みょうが」といったものは
まったく入っていないこのシンプルさ。

まさに「冷やしたぬき」です。

次はぜひ、スタンダードにざる蕎麦を食べてみたいと思いました。

何故に忙しいのか・・・?

あ~~忙しいのですぅぅ・・

何がって言われても答えられないんだけど、
なにげなく、どことなく、忙しいのですぅぅ。

実は明後日姪が結婚いたします<in 埼玉
で、田舎からご一党様がお出ましになるのですが・・

そこで仕事の無い日は服を買ったり、美容院へ行ったり・・。

やっと今日は何もなく一日家にいれるなぁと思っていたのに・・

そうか・・せっかく久しぶりに姪っ子、甥っ子たちと会うんだし、
ここは一つ叔母として何か気の効いたプレゼントでも・・と
思い立ってしまったとです<何処の人間??(^_^;)

で、結局半日かけて悩んで、お年頃の皆さんを思い、
BODYSHOPでお買い物してきました。

P1010374_1
写真は姪っ子用に買ったボディシャンプーのセットです。
可愛いでしょ?(*^_^*)
BODYSHOPの品物は香りがすごく好きなんです。
お高くてなかなか自分用には買えませんが
選ぶだけでも
楽しいんですよ~~☆

そして、気がつけばこんな
お時間・・ただいま夕方6時です・・

でもブログネタはあるのですよぉ。
・・つづく・・

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず