アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

SOS・・

では、先回の続きでございます・・

優雅なひと時を新高輪プリンスホテルで過ごしていた私のもとに
SOSを発信してきたゆーちぃ・・。
お母さん、私具合が悪い。
病院へ生きたいんだけど、手持ちがない」

何ですってぇぇぇ!!

すわ一大事!
幸い、高輪から家はそれほど遠くないので、
下校途中のゆーちぃと家の近所の
行きつけの病院で落ち合うことにしました。

30分ほどして病院に行ってみると、
いかにもぐったりしたゆーちぃがソファに寝転んでいます。
院院について熱を測って
40度!もあったため、
一気に気が動転。
すっかり歩けなくなってしまったゆーちぃ・・。
血液検査の結果、なにやらウィルスに犯されていて
炎症反応が強いとの事。

風邪薬と抗生剤をもらって帰りました。

しかし、結局、薬よりウイルスが強かったようで、
ゆーちぃは二日後には点滴につながれる身となりました。

CRPとかいう値が正常値の90倍もあったんです(@_@;)
これは体のどこかでなんらかのウィルスが
悪さをしているぞということだそうで、
どこだか見つけるまえに
とにかく抗生剤で叩いてしまえ~、ということになりました。

ゆーちぃは小さい頃体が弱く、
一旦風邪を引くと悪化する傾向にありました。
気管支炎とか肺炎とか・・。

ここ数年はとても丈夫になって、
学校もほとんど休まず行っていたので、
すっかり油断していたのですが、

確かに、この4月から専門学校に通い始め、
それはそれは忙しい毎日を過ごしていたので、
かなり疲労がたまっていたのでしょう。

ゆーちぃは水曜日に発熱して、飲み薬では治らず
金曜から月曜日まで通いで点滴を受けることとなりました。
なんというか・・「プチ入院」ですね(^_^;)

点滴は慣れてるとはいえ、久しぶりだったので、
付きそう私もすっかり参ってしまいました。

マコリンに言わせると、まるで人が変わったように猪突猛進
ゆーちぃのために奔走しているように見えるらしいです(^_^;)

病院の付き添いはもとより、あれが食べれるかも、
これなら飲めるかもとあれこれ買ってきてしまいましたし・・。

でもそれはマコリンの方が上かな・・。
何も口に入れられないゆーちぃのために「カロリーメイト」の
飲料を買ってきてくれるように頼んだら、
いっきにあれこれと
・・ジュースとかお菓子とか惣菜とか・・
気を引きそうなものをなんと7000円分も買ってきたのですから。
二人とも親ばかです。もう彼女は19歳なのに・・(^_^;)

とにかくも本日より無事に登校いたしました。
午前中3時間の実技の授業があるらしく、

かなり疲れて帰ってくるだろうなぁと思います。
食べたがっていたオムライスでも作ることといたします☆3005010105_1

味の素暮らしの博物館 アフタヌーンティその2 新高輪ホテル 

椿山荘でのセレブなアフタヌーンティに味をしめた私と友人は
こんどは新高輪プリンスホテルでのアフタヌーンティに
お出かけしました。

ホテルに行く前に、ちょこっと寄り道。
品川にある
「味の素:食とくらしの小さな博物館」に行って
また「昔」を楽しんできました。

いつもご一緒する友人と私は10歳も歳が離れているので
懐かしく思うものがちょこっとずれるのですが(^_^;)
それでも基本的には二人とも
「昭和」が懐かしいわけです。

P1010472

こんな台所でしたよね~。
ちょうど私が育った頃のダイニングじゃないですかね。
私の家は私が小学生の高学年になったころ、
こういうタイプのダイニングになりました。

それまではいわゆる「茶の間」だったんですけど。
でもテレビは居間にあったかなぁ。
冷蔵庫ももう少し大きかったかな?(^_^;)

P1010473

こうなるともう私には今と変わらなく思えるのです。
自分が結婚し、子育てをしてきたまさに、職場でありました。

懐かしいオモチャなども展示されていました。
思い入れのあるオモチャってありましたよね。P1010471

TVコマーシャルも年代別に流されているのですが、80年代のものはよく覚えていることもあって、本当に懐かしかったですねぇ。

さて、新高輪プリンスホテルのロービーラウンジ「もみじ」での
アフタヌーンティです。

P1010474

椿山荘に比べるとすべてやや小さめですが、
その分お値段もお安く、これで一人2000円

たっぷり優雅な気分に浸れますので、
これはお得感たっぷりですねぇ。

いつもながらのたわいもない会話を楽しみながら、
とってもセレブにお茶をしていたのですが、

もうそろそろお開きかと思い始めた時・・
いきなり携帯が鳴りました・・

「あれ?ゆーちぃだ?」

彼女からのSOSでありました。
つづきは・・また後ほど・・

残り物の利用法?

ある日の我が家の昼食と朝食です。

まず、こちら・・お昼ごはんですが・・

P1010462
前日のミートボール入りクリームシチュー
白いご飯にかけて、こういうのなんていうんでしょ?
とりあえず、我が家ではシチュー丼・・(^_^;)

P1010463

そして、こちら・・朝ごはん
前日焼いたシフォンケーキ
実はいつものバナナシフォンを作ろうと思っていたら、
肝心のバナナがなかった・・(-_-;)
それでしかたなくプレーンシフォンに。

すごくシンプルな味で、甘味も抑え気味だったので、
卵&ほうれん草とトマトを添えて、
朝食になったというわけです。

シチューをご飯にかけたり、ケーキをご飯にしたり
よそ様からみたら、
ちょっとおかしな組み合わせかもしれませんが、
我が家ではよくある、残り物を利用したお食事でありました☆

秋の夜長に読書でも・・

ブログのカテゴリーに「書籍」というのがあるわりには
ちっとも本を読んでいない私です・・(^_^;)
なにせ、愛読書が週刊文春ですから・・

さて、秋は読書の秋とも言いますので、
これからは少しつめて読んでみますかしら。

P1010465 

まず、「クライマーズ・ハイ:横山秀夫」です。

これは書かれたのは随分前です。
筆者が小説家になるまえに地方新聞の記者だったのですが、
そのころのことが下地になっているのでしょうね。

今でも多くの人の心に残っている大きな事故、
御巣鷹山にJAL機が墜落したのはもう20年以上前ですが
当時の群馬の地方新聞社での緊迫した状況を
一新聞記者の目を通して、描いています。
といっても事故が話の中心ではなく、大事故を受けて

右往左往する記者たちの、それぞれの思い、判断、
生き方、などが話の中心です。

横山秀夫の作品はこれで4冊目ですが、
どれも時間の流れのようなものを
すごく効果的に物語の軸にしていると思います。

その時の流れの中で自分自身の生き方とその変化、
組織との葛藤、価値観の変化などが書かれていると思います。

ただ、どうしても男性の、それも企業マンの思いが多いので、
若干、女性でしかも主婦の私には
疑問に感じるところもあるのですが・・。

それに対して、「誰か、名もなき毒:宮部みゆき」です。

宮部みゆきの作品はとても読みやすく、
そこで描かれる人間の心理が横山秀夫作品に比べると
私にはすんなりと理解できます。
やっぱり女性が書いているからでしょうか。

この2冊は主人公が同じなのですが、
新聞の記事などによると、シリーズ化したいらしいです。
私的にはもう少し、主人公が個性的な方が好きですけど。

主人公の設定が、大金持ちの娘と結婚し、
その親の会社で働いている・・ということで
ちょっと聞くと少女マンガ的ですね(^_^;)
でも主人公はそれを利用するのではなく、
自分に正直に生きようとしているだけ・・。

面白いんですけど、どこか物足りなさもあるかなぁ・・。
犯人を極悪人としないところなども
女性らしい展開かもしれません。

でも、どちらも読んで損はないと思います。
お時間がありましたら、お試し下さいまし。

さて・・次の本に移りますかな・・。

美容学校の文化祭

ゆーちぃの学校の文化祭に行ってきました。

ちょっとしたエステやメイクをしてもらえるとあって、
友人誘って、ホイホイと行ってきました。

10時から始まるので、少し早めに行こうとしていたら
一番前にお母さんが並んでいるのはちょっと恥ずかしいから、
10時半ころきてと言われ(^_^;) 正直に30分遅れで言ったら・・

なんと!!

もう列が出来ていました(>_<)
ゆーちぃは
シャンプー&ブロー&トリートメントの係り。
ぜひにそれだけは予約しなくちゃと教室に行ったら、
もうすでに次の予約は12時!でした。

他のところも軒並みそんな様子でした。
カットもメイクもエクステを付けてくれるところまであったのですが、

どこも一杯。
なんとか
「ハンドエステ」だけは予約を取ることができました。

時間の余裕があったので、ヘアーデザインの優秀作品を見学。
どれもアイデアがすごいのです。
髪がほとんどチョウチョだったり、ケーキだったり・・。
編みこみも、まるで編み物のようになっていました。

その後、少し早めの昼食を学内のカフェテリアで
すませ、ワクワクとシャンプーの教室へ・・

ところがなんと! この時間帯、ゆーちぃは受付係り!

え~せっかく来たのに娘に洗ってもらえないの~?

結局、ゆーちぃの同級生に洗ってもらったのですが、
気を効かせてくれた先輩のアドバイスで
トリートメントを流すのだけゆーちぃがしてくれました。

学生さんたちは一生懸命で、とても気持ちよかった☆

その後、行ったハンドエステは・・夢心地(*^_^*)

暗めのお部屋で癒し系の音楽に揺られながら、
肘から下をマッサージしてもらうのですが、
もう・・至福の時です(*^_^*)
・・いつのまにか寝てました(^_^;)

年に一回しかない行事ですが、
近所の人は楽しみにしているみたい。
なにせ、学生ですから、全部無料なのです。

でもシャンプーもエステもすごく気持ちよかったし、
毎年来てる人がいるというのもうなずけます。

なんとか、ゆーちぃの勇姿を写真に収めてきました。

P1010461 
いかがでしょう?(^_^;)

初物・・3種

今年お初の美味しいものを作りました。

P1010457_1 

これはイクラの醤油漬け
昔、新婚時代に仙台に住んでいたころ、友人から教えてもらったものです。

仙台の名物に「はらこめし」というのがあります。駅弁でもあるから、召し上がったことがある人も多いかもしれません。

鮭で炊き込みご飯を作ってその上にイクラの醤油漬けを
たっぷり散らしていただくものですが、
そのイクラの醤油漬けを手作りすると、すごく美味しいのですよ~。

今の時期だけ売っている生の筋子を買ってきて、
薄い皮をとりのぞき、醤油+酒+味醂で漬け込みます。
これは絶品ですよ。

P1010459_1

こちらは今日の晩ご飯。
今年初の牡蠣です。
何して食べようか悩みましたが・・
お腹が治ったばかりなので、フライは避けて(^_^;)
牡蠣メシにしました。
・・十分食欲が戻っている・・(-_-;)

これも友人から教わったのですが、
牡蠣のほかに人参をたっぷり
入れます。
色も綺麗だし、栄養的にもぐっとアップします。

そして、その横の丼に入っているのは
先だってキムタクも食べていた
芋煮です。
やっぱり仙台にいたころ、川べりに行って、
みんなで大鍋で作って食べました。
芋煮会っていうんですよ。
川の流れを感じて、火を炊きながらいただく芋煮は
それは美味しいのです(^-,^)

東北各県に同じようなものがあるみたいです。
中身も呼び名も少しずつ違うみたいですが、
私のは仙台版かな(*^_^*)

秋の美味しいものでした☆

お葬式のスタイル・・どうする?

Akikusamaru 今日は近所の大きいお寺、池上本門寺の年に一度の大祭です。
ちょうど一年前に記事を書いたので
覚えてらっしゃる方もいるかもしれません。

静かにしていると、遠くからドンドコドンと太鼓の音が響いてきます。
なにせ、日本中から日蓮宗のお寺が集まって太鼓を叩くわけで・・
結構な音です。

そんなお祭りなのに、私は家で一人です。
実は昨夜友人達と飲みに出て、
調子に乗って食べ過ぎて(飲みすぎて?)
一晩中苦しくて眠れず、ほぼ徹夜状態・・(-_-;)

お陰で今日は仕事をサボってしまいました。

一日中熱っぽく、ボーっとしておりました。

やっと夕方になって外にでて、疲れたお腹に冷奴と、
木曜日のお楽しみ、週刊文春を買ってきました。

その文春の記事に自分のお葬式をどうしたいかという話が
あったのですが、皆さん、そんなこと考えたことありますか?

ウチのマコリンは実にいろんなことを考えていて、
音楽葬にするとか、お料理は絶品のフレンチにするとか
計画を立てているみたいです。変でしょ?(^_^;)

東京都の平均でお葬式は150万くらいかかるそうです。
変わったことをすればそれ以上ですよね。

そのほかにお寺さんにも100万ちかく払うそうです。

私は子ども達にはお母さんのお葬式はいらないよ、と
言ってあります。死んでまで子どもに迷惑かけたくないのと、
自分自身、お葬式にお金をかけるなんて無駄だと思うから。

きっと神様はお葬式をしていなくても
霊界には受け入れてくださると思うのですが、どうでしょうね。

知り合いで死んでから自分の体を献体した人がいました。
私も生きているうちに人様のお役に立つようなことが
できそうにないから、死んでから献体して医学の発展に
貢献しようかなぁと考えています。お葬式もしなくてすむだろうし・・。

なぁんてことを遠くお寺の太鼓を聞きながら考えてると
ますます具合悪くなりそうですね(^_^;)

歳なんだから、それ相応に飲み食いせねば・・ね☆

来客万来

先週、日曜日。
マコリンの会社関係のお友達がやって来ました。

お客が来るとなると掃除したり、お料理のメニュー考えたり、
一週間前から、あれやこれや大変です。
今回、一週間ずっと残業で、考える時間も無い。
しかも
雨続き自転車に乗れない・・
車を運転できない私は買出しも思うように出来ません。

もう少し気楽にすればいいのかもしれないのですが、
あー面白かったって思ってもらいたいと思うと、
どうしても
が入ります・・。
結局、買い物はまーちぃに手伝ってもらい、
玄関の鉢植えまで新調して(^_^;)・・準備はできました。

もっとも今回のお客様は我が家に初めて来る方ばかりなので、
メニュー決めに苦労がありませんでした。
レパートリー少ないですからねぇ(^_^;)

予定ではお客様は3人でしたので、
大量に作る必要も無く、私自身も楽しめそう・・。

さて、ここでご紹介していないお料理は・・どれかなぁ。

P1010452

これはどうでしたでしょうか・・。
ミートローフですが・・。

P1010451

こちらはスペアリブ
いつもは
「キリンレモン」で煮るのですが、
今回、何処を探しても「キリンレモン」が売っていなくて
・・キリンさん、売るのやめたんですか?・・
しかたなく、
「コカコーラ」で煮ました。
炭酸で煮るとお肉が柔らかくなります。
ビールで煮てもいいのですが、
ジュース系で煮ると、お砂糖がいらないのです。
仕上げに若干お醤油を入れます。

P1010456

このお皿はビールのおつまみです。
すみません、切って写真撮ればよかったですねぇ。
端から「サイボクハムの粗引きウインナー」
「タイ風春巻(エビ&豚挽き肉)」
「ソースカツ」です。

サイボクハムは埼玉にあるサイボク牧場のウインナーです。
挽き加減が絶妙ですし、脂っこくなくて、美味しいんですよ。
ネットで買えます・・(*^_^*)
タイ風春巻は
ナンプラーと香菜で味付けした具を包んでいます。
スィートチリソースで食べます。
ソースカツは我が故郷、敦賀で、私が子供の頃
唯一の洋食屋さんだった「ヨーロッパ軒」
ソースカツ丼を真似たものです。
普通にトンカツを揚げて、
ウスターソースと砂糖で甘辛く味付けます。
・・余談ですが、ソース通販してますね。知らなかった・・

P1010454

そしてデザートに、スイートポテト」

このほかに、いつものキッシュタコのマリネ
紅茶のパンなどを作りました。

キッシュと紅茶パンは「手作りの美味しいもの」→に入っています。

予定では男性一人、女性二人の三人のお客様だったはずなのに、
気がつけば男性が三人ほど増え、入れ替わり立ち代り、
それぞれの奥様方がおいでになるという
まさに「来客万来」状態でした。
お料理足りなかったけど・・急だったしねぇ。
ごめんなさいね。

みんなで、大いに笑って飲んで・・楽しゅうございましたぁ。

掃除だの、料理だの気にしているのは
最初のビールの一口目までですね。
あとは野となれ山となれ・・ハハハ。

後片付けはゆーちぃが手伝ってくれて・・
いい休日となりました☆

恨みの雨

  私の父は野球が好きで、Akikusakabins_4
よく友人達と野球をしていました。
当時私が住んでいたのもやっぱり社宅で、
敷地内には野球のグラウンドが2面ほどありました。

思えばとんでもなく大きい社宅ですよね(^_^;)

もちろん、テレビで野球をみるのも大好きで、
夏の間は毎晩のように野球観戦でした。

お陰で、私もすっかりプロ野球ファンになったわけですが・・

私の娘たちはどうかというと、
いつの間にかすっかりハマってしまっているのが一人(^_^;)

まーちぃはほとんど「狂」がつく「阪神ファン」 Taiga1
大阪に長く住んでいたせいもあるでしょうが、
本当に煩いくらいになったのは
ここ2年ほどです。

今年も毎日、毎日、戦々恐々。
阪神、阪神と騒いでいました。
・・惜しいところまでいってるしね・・
そこで、やっと教職試験から解放された
彼女をつれて、阪神戦を見に行こうと
計画を立てました・・それなのに・・

なんだ!
どうして台風なんだ!

昨日、神宮のチケットを買っていたのに、試合は中止・・。
泣きの涙です。

買い物以外で娘と二人で出かけるなんてことは
めったになくなっているだけに、
母としても、とても、とても楽しみにしていたのにぃ・・(>_<)

『娘と二人で野球観戦』という夢はもろくも崩れ去りました。

がっくし・・・(>_<)

来年こそはと、今から約束をした母でした☆

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず