アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

はじめての・・

「はじめてのチュゥ・・♪」って音楽が流れるCM・・
なんのCMだっけかなぁ???

どこかで聴いたことのある歌だなって思ってましたが、
コロスケの歌ですね。キテレツ大百科?でしたっけ??

あれだけリズムが変わっていると、
すぐには思い出せませんでした(^_^;)

さて、今夜の私の初めては・・

P1010588

「マフィン」で~す。

そうなんですねぇ。マフィンは初めて焼きました。
意外と簡単(*^_^*)

難しいテクニックが何もいりません。
ただ計って混ぜて焼くだけ。
嬉しいなぁ、このシンプルさ。

実は昨日の読売新聞に「イギリスの味」として
レシピが紹介されていたのです。
粉や砂糖と牛乳や油など、粉物と汁物を別々に計り、
それぞれを混ぜておいて、一気に合わせ、
焼き上げます。

簡単そうでしょ?・・簡単です(^_^;)
ヨーグルトがたっぷり入るので、
香りがとてもいいのです。
フワフワとして、それでいて充分満足感があります。

甘味抑え目ですから、やっぱりこれも朝ごはんですね。
明日の朝が楽しみです☆

ボサノバの夜

東京BlueNoteへ行ってきました。

まずは秋田から仕事で上京していたマコリンのお兄さんと
日本橋の焼き鳥屋
「吾妻屋」で一杯飲むことに。
私は時間に遅れて行ったのですが、
どうやら私が到着する前にひと悶着あった様子。

どうも、予約が勝手に破棄されていて、
マコリンが激怒したらしく、
馴染みの客に怒られたおやじさん・・
恐縮しきり。
P1010576_2 急遽作られたビールケースのテーブルに
大きな体の二人の兄弟がちょこっと座って
ビールを飲んでおりました(^_^;)


親父さんは、よほど悪いと思ったのか、

いつもの焼き鳥の最後に、
見たこともないような代物を出してくれました。P1010577 刺身用レバーを軽くあぶったものと、
心臓の付け根。
付け根って、どういう意味かなぁ(-_-;)


ここで二人はすっかりできあがり・・
やや不安な気持ちでBlueNoteへ向かいました。
いいのか、こんな酔っ払い連れて行って・・(-_-;)

いやぁ~久しぶりに行ったBlueNoteは相変わらず
オシャレな空間でした。

P1010585 これはショーが始まる前の店内です。
奥の画面のある場所がステージ。

一流の音楽を楽しみながら美味しいディナーをいただいたり
オシャレなカクテルを楽しんだりするお店です。

立地もオシャレ、集う人もオシャレ、店の雰囲気もオシャレ。
で、今回さらに気がついたのは店員さんも素敵。

イケメンウエイターさんに美人なウエイトレスさん、
目の保養もできますねぇ(^_^;)

さて、肝心のミュージックですが・・

私にとっては初体験の「ボサノバ」
軽いリズムと優しい歌声。
それは心がほんわかと暖まる音楽でした。

スローなナンバーなどは、遠くブラジルの音楽なのに、
どこか日本人に共通の心があるように感じました。

アーティストはSONIA ROSAP1010586
なんでも彼女はブラジル人の歌手でありながら、
もう40年以上前に来日して以来、
すっかり日本が好きになり、ほとんど日本に住んでる様子。
日本語もそれなりに話せて、トークもとても楽しい。
上品でいて、センスもあり、ブラジルらしい陽気さもある・・。
こんなおばあちゃん、憧れます~☆

最後には「踊りましょう!」という彼女の言葉に
お客さんみんな乗せられちゃって・・(^_^;)

楽しかったですよ~。
マコリンは音楽を聴きながら、
「上手い! 素晴らしい!」を連呼してて、
やや・・煩かったですけどね(^_^;)

すばらしいショーでした。
ボサノバってこんなに楽しい音楽だったんですね。

機会があったら、また聴いてみたいです☆

休日の過ごし方

今日はお仕事はお休みの日。
最近は、どうもお休みの日のほうが忙しい・・(^_^;)

私の仕事は基本は、月、火、木出勤日
そこで、週2回のフリータイムを大事に使います。

水曜日は決まった用事が無い日。
だからこの日は買い出し日。
ごく近所にあった大型スーパーが撤退しちゃったお陰で
安い野菜を買おうと思うと、

自転車で10分ほど行かなければなりません。

ま、10分くらいはね・・(^_^;)

ゆーちぃが小学生の時に買った自転車のお下がりに乗り
山のように野菜を買ってきます。
金曜日は細々と続いてる「歌」と「フィットネス」
隔週で通っています。

歌のレッスンに行く日は教室の近くに
安いお肉屋さんがあるので、こちらで買い物です。

この二日間に遊びの計画も入れるから
たいへんなこととなるのです~(^_^;)

今日も久しぶりに会う友達と
川崎にできたばかりのショッピングモール
「ラゾーナ」へ・・。

ラゾーナはその店舗数、種類の多さ、
・・100円ショップからブランドショップまで・・
そして、食事どころの数の多さなど、
ちょっとしたアミューズメントパークみたい。

土日はすごい人でレストランなどは
とても入れる様子ではないのですが、
平日はなんとかなるのです。

今日は1階にあるフードコートでロコモコを食べました。
フードコートも有名店が入っていたりして、
結構いけてます。

北海道ラーメンの「すみれ」とか、
スパゲティの「壁の穴」とか・・。

お出かけの用事が無い日はパンを焼いたり、
ケーキを作ったり・・

例えば.・・

P1010575

これは先週のお休みの日に焼いたパンです。
中身はポテトとたらこ。
緑色はパセリです。

本当はポテトと明太子なんですけど、
間違ってタラコ買ってきちゃったの(^_^;)

仕事をしてると、やりたいと思っていること、
やらなくちゃならないと思ってることの半分もできません。

でもその分、休日にがっちり予定を入れて
楽しんじゃってるかなぁ。

家事も、遊びも、できないと思うからこそ
頑張っちゃうってところあるかもしれませんね。

専業主婦だと、いつかできるって思っちゃうから。

あっ!
でも10日も前から頼まれてた
マコリンの靴磨き・・また忘れたかもっ!!

頭のよくなる家

「頭の良くなる家」とかって話が最近ありますけど、
どうなんでしょ・・。家を変えると頭が良くなるの?

とりあえず、自分の家を診断してくれるサイトがあったので
やってみたのですが・・なんと・・42点!!

こちらです。↓
http://www.spaceof5.com/karte.html

ひどい(>_<) ひどすぎますねぇ・・。赤点ですねぇ。

中学受験をした子を対象にアンケートを取り、
その結果を元に
「頭の良くなる家」を設計したということだったので
子ども達が小学校高学年の頃を思い出して
答えてみたんだけど・・あらぁ~って感じです。

ただね・・
テレビとかで紹介されているのを見て思ったんですけど、
壁に子どものを絵(作品)を貼ったり
落書をしたりする場所を設けてあるのが特徴らしいのですが、
そんなことは誰でも思いつきますよね。
というかどのお母さんも一度はしているんじゃないでしょうか。
ウチも壁は子どもの作品でいっぱいだったし、
もっと小さい頃は落書きしたり
シールを貼ったりする場所を決めていました。
なぜなら・・もちろん他に書かれては困るからです(^_^;)。
皆さん、そうじゃないですか?

それに小学生の男の子が大人しく決められた場所にだけ
いたずら書きするとは思えませんが、
はみ出たら怒るんでしょうか?

勉強はどの段階で一生懸命するかということだと思います。
それは親の判断です。

中学受験の子は小学校4年生から塾に行くそうで、
私には考えられません。
一番活発に遊びたい頃だし、
また、遊ばなくてはならない頃だと思っています。
遊ぶことで心身ともに鍛えられるのは
小学校の時期を置いて他に無いと思っています。
もちろん、受験するにはそれだけの理由があるのも分かります。
すべては今の教育への大きな不信のせいなのでしょうね。
公立の小学校で教えてくれる事だけでは将来不安がある、
そのくらい程度は落ちてきているみたいですからねぇ。

でも本当に勉強したいことが分かりかけてくるのは
もっと大きくなってからですよね。
実はそれからでも全然遅くないのではないでしょうか。

高校生になって急に勉強が好きになって、
2年間必死で浪人して、東大に入った人、
ずっとスポーツばかりしてきたのに
ある時突然音楽に目覚め、

高校時代に楽器を始めて音大に入った人。
いろいろいましたよ。娘達の同級生にも。

子どもがリビングで勉強をしてますか?
というアンケートもあって、ほとんどがそうだったから
リビングを勉強しやすい環境すると頭がよくなる
とう話もありました。
でもきっと受験しなかった子達に聞いても同じ答えが
帰ってくるように思うのですが、どうでしょうか。
娘達の同級生でもリビングのテーブルで
勉強をしているというお子さん多かったですよ。

ウチの子たちも小学校まではリビングによく来ていました。
理由があったんですけどね。
まーちぃは自分で考えても
どうしても分からないところを聞きに来る・・。
ゆーちぃは自分じゃ絶対勉強しないから
リビングでするように私に命令されて来る・・(^_^;)

肝心なのは器ではなく、寄って気安い雰囲気を
親が作っていてあげるということだと思います。

子ども部屋の壁が透明なのも驚きです。
どこやらの元知事室みたいです。

どことなく違和感があるんですけど。
壁、透明なら無くてもいいような気が・・。
遮音だけしてるんでしょうか。
すごく不思議な気がしました。

なんだか赤点だったから
悪口言ってるみたいになっちゃいましたけど、
そんなつもりはまったくないのです。

あまりに不思議な家だったので、ね。

これからの家って住む人の細かいニーズに合わせて
作っていかないとならないのでしょうね。
求めるものも多様化していますし・・。

私が生きてきた頃と、時代が違ってきたのかもしれません。

嬉しい日

嬉しい日は年に何度かあるけれど・・

自分の誕生日をこの歳になっても祝っていただけるなんて、
本当に幸せですっ!

週末、いつもの仲良しメンバーで私の誕生日を祝ってくれました。
実際は私は9月生まれですが、
集まれる日を選んでこの日となりました。

場所はこのところよく行くテーマ系レストラン。
今回は
「不思議の国のアリス」です。

行く前まではみんなで、遊園地の逆さまの部屋とか
鏡の部屋とかを想像して、どうやってお酒を飲むんだと

ワイワイやっておりましたが、行ってみると・・

やや暗めの店内にブルーを貴重とした
ガラス張りの小部屋がいくつかあって、
アリスが落ちた穴のイメージかしら?と思いました。
トランプのボーイさんがお運びをしてくれるのかと思っていましたが、
それはなく(>_<) ウエイトレスさんたちがアリスの可愛い姿でした。

お料理のモチーフはメルヘンらしく「ハート」です。

P1010568_1 P1010571 

栗きんとんみたいなものでできた「ウサギ」(ネズミという説も)。

次が鮭のソテーですが・・
やっぱりハートつき(^_^;)

P1010572

最後に誕生日ということで私の前に置かれたケーキセットです。

いろいろプレゼントをいただいて
☆幸せいっぱい、胸いっぱい☆

誰かが自分の為に「何を買おうかな」と考えてくれている・・
私の顔を思い浮かべてくれているんだよね・・
それって想像するだけで涙が出そうなくらい幸せ
(*^_^*)
本当に、ありがとうございました。

また一年、元気で過ごせますように。
そして、またみんなと楽しく飲めますように・・☆

国分寺時代祭り

さて、遅くなりましたが、
先日の
「国分寺祭り」のお話を致しましょう。

実はいつものコスなお友だちがどーしても「時代行列」に
出たいと申しまして・・なかば無理やり・・ホントですぅぅ。

私は昔の有名な誰かになってみたいという願望はないのですが、
世の中、結構この手の願望を持っている方が多く、
こういった行列には「いつもの顔」が
集まる事があるらしいのです。
出も今回の国分寺祭りには純粋に国分寺市民が集うようでした。

私たちのグループはたった一人の国分寺市民の友人に
ぶら下がるように参加した、いわば「外様」でしたが、
皆さん、あたたかく受け入れて下さいました。

主役はもちろん国分寺市民が扮するので、
私たち外様はその他大勢となります。

私の役は天平時代の「女官」です。
天平時代の服装ってどんなのか

すぐには想像できませんでした。

016
そうそう・・こういうのですよねぇ~。
写真は私じゃないですよ。
祭りのHPから拝借しました。

意外と着やすくて着物に比べるとずっと楽です。
色も綺麗で気に入ってしまいました。

この格好で国分寺駅の改札前に整列し、
大勢の人が行きかう中で仮装の説明があります。
これには・・まいった・・(^_^;)

私たちのグループははみんな「諸国幟」という言わば旗持ち。
歩くうちに重さで手が痛くなってしまいました。

駅から30分ほど離れた国分寺公園まで行進し、
その後、「那須与一の扇落し」のパフォーマンスをしながら、
公園内を一周します。
かなり歩いたなぁという感じでした。

着つけとお化粧などの準備は国分寺にある美容学校を借りて
行いました。生徒さんたちがメイクしてくれるんです(*^^)v

とても楽しい体験でしたよ。

お祭りのあと、国分寺市民の友だちの家に遊びに行きました。
途中、 「お鷹の道」 という小道がありました。
P1010557
「真姿の水」という名水100選に選ばれた水も湧いているらしく、
都内とはいえ、ここまでくると本当に
自然溢れる環境なんだなぁと思いました。
小道に通っている小川には蛍もいるらしく、
ホントにほっとするような道でした。

国分寺そのものもありましたよ。

P1010555
あちこちにお墓もあり、
そういう意味では・・ちょっと夜は怖いかもしれません(((p(>o<)q)))

都内とはいえ、ここまでくると本当に自然が溢れているのです。
でも10分も歩けば、大きなデパートもあり・・

東京って面白いですね☆

キャロットブレッド

日曜日に国分寺祭りに参加してきました。
国分寺市民でもないのに?。。という突っ込みはまぁまぁ(^_^;)

またあとで写真と記事を載せますね~。

で、疲れちゃうだろうなぁと思って今日は休みを取り、
久しぶりに友だちとランチでおしゃべりでもしようと思っていたら、
朝、子どもが熱を出したと電話があり、今日はお流れ・・。
それじゃぁ、今日は少し丁寧に
お掃除でもしようとか思っておりましたが・・。

そうじもそこそこパンを焼いたり、栗の渋皮煮の下準備を
・・鬼皮剥き・・していました。
そうじは?? あれぇ??(^_^;)

で、とりあえず、パンの方だけ写真です。

P1010558 P1010559 

キャロットブレッドです。
型はメッシュなんですよ。
人参のすり卸しが沢山入ってます。

スライスしてハムなどのせていただきます。
明日の朝ごはんですね。

これから栗の味つけです~。
休みのほうが疲れるかもぉぉ(^_^;)

ドゥロアンヌの晩餐

ようやくゆーちぃの病気も治り、
家族みんなで久しぶりに外食となりました。

実はまーちぃが教職員試験に合格し、
無事、4月から小学校の先生になることが決まり、
そのお祝い会をしようということになったのです。

今回出かけたのは、恵比寿にあるドゥロアンヌ
フレンチの世界では結構有名店のようです。

マコリンが仕事の関係で知り合ったシェフのお店です。
今夜はシェフにお任せのコースです。

こんなお店のフレンチをいただくなんて、
恐らく最初で最後の贅沢・・☆

心ゆくまで堪能致しました。
順を追ってご紹介いたしましょう。
もしかして、細かいところで記憶違いがあるかもしれません。
その点はお許し下さい m(__)m

前菜が三種ありました。

P1010484_1 P1010487_1タラの白子のソテーです。フワフワで優しい味わいです。お魚のお腹の中のものとは思えないくらいあっさりとして臭みもまったくありません。
次は
赤カブの下にトマト、アボガド、オマールエビなどが隠れている面白いお料理。カブはやや甘めの味付け。フレッシュなトマトやアボガドとソテーされたエビとの味と温度のバランスが抜群です。

P1010489 三種目のオードブルはネギのテリーヌ
ネギはフランスのものだそうで、すごく太いものだそうです
。ネギの甘味が自然ですごく日本人好みかも。奥に見えているムースをつけていただきます。ソースはフォアグラだそうです。

メイン料理に入る前に、「フラン」がでてきました。

これは噂には聞いていたけれど食べるのは初めてです。最近流行の「とろけるプリン」のような舌触りのフランス風茶碗蒸しの上にソースがかかっていると思って下さい。ソースは今日はマッシュルームのソースでした。これはいわゆる絶品!というものですね。P1010490

さて、ようやくメイン料理・・。まずはお魚・・。

P1010492

舌平目のソテーですが、舌平目のソテーといえば、普通平べったいわけですが、これはくるっと巻いてあって、ふわっとさせているのです・・あぁ、なんて語彙が少ないのでしょう・・。上手く表現できない(>_<)

ソースはフォンドボーとお魚のソースを混ぜてあるらしく、なんとも複雑なお味。舌平目が淡白なのでとても合っています。

P1010494 次はお肉です。

ウチのまーちぃは実はお肉の脂身が苦手です。それを前もってシェフに伝えておきましたところ、今夜のお肉は鹿児島産の国産牛肉フィレのお料理となりました。ややレア気味に焼いたお肉に甘めのフルーティなソース。付け合せの大きなキノコはポルチィーニです。生のポルチィーニは見るのも食べるのも初めてでした。確かに出汁感のある美味しいきのこですね。ポテトとインゲン、焼き栗がついていました。フィレだったので、実にあっさり。お腹にドンときません。

さて、最後にデザートですが・・
シェフのお心遣いで、4人別々のものが出てきました。

まず、私の・・P1010496

モンブランということでしたが、中身は栗の渋皮煮。そして、焼いてあるので、表面はフランベした感じでカリカリしてます。添えてあるシャーベットはなんと「オリーブオイルのシャーベット」 これも見るのも食べるのも初めて。オリーブオイルって! 確かにオリーブの香りのするシャーベットなのです。これまたとんでもなく美味しい☆

次がゆーちぃの・・P1010497

ビターなチョコのシャーベットオレンジをまるごと煮詰めて作ったソースです。甘く、ほろ苦く、味のハーモニーはこれまた絶品。

そして、まーちぃの・・P1010499_1

チーズのスフレです。チーズの塩味がうっすらと効いていて、フワフワと夢心地の味です。

そして最後にマコリンの・・P1010500

グレープフルーツのシャーベットです。下にフレッシュなグレープフルーツも隠れています。ぐっと甘味を抑えてあります。一人ひとりに合わせてデザートを作ってくださって優しいですよねぇ。

すべてを食べ終えて、ゆっくりとお茶を頂きました。私はさらにリラックスしたいとリクエストしたところ、カモミールのハーブティが出てきました。

P1010501 素敵なカップにもうっとりです。

家族みんなで幸せに浸っていたら、最後にシェフが、まーちぃのために素敵なプレゼントをしてくださいました。

P1010504 これは銀のプレートにオレンジソースをベースに絵を描いてくれたものです。

白はヨーグルトソース、赤はフランボアーズ、ピンクは両方を混ぜてあるそうです。

見た目も素敵ですが、是非と進められてスプーンですくってみると・・味も抜群!

なんだか食べてしまうのがもったいない感じですが、あまり美味しくて、みんなで食べてしまいました(^_^;)

どのお料理もシェフのものすごい努力が
ぎっしりと詰まっていると感じられました。
たぶん、下処理
など徹底してしているのだろうなと思いますし、
お料理って手を抜かず、
細かいところまで気を配って作るものなんだよと
教えられた気がします。

「目標を自分で決めて、それに向けて進む事が大切。
そしてその目標をどこに置くかは自分が決めなくてはならない。」

シェフがこれから社会に出て行く娘達に話してくれた、
素敵なアドバイスです。
一流の人の口から語られると・・重みがありますねぇ。

美味しいお料理と
それを作ってくださった魅力あるシェフに感謝します。

あぁ・・明日からまた貯金するかな・・
一年くらい貯めたら、また来れるかも・・ね☆

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず