アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 桜とタイガース? | トップページ | 母の日とは・・ »

秋田のラーメンを食す

私たちの訪問まで待っていてくれた桜も
ゴールデンウィークに入ってからの暖かさで
あっという間に満開のピークを過ぎようとしていました。

そこで、三日目は桜というより、
例年通りの
「秋田のラーメンを食べる」遠出となりました。

今年のターゲットは能代市の「18番」です。
知る人ぞ知る名店のようで
町に誰もいないのか!?と思うほど閑散とした能代において
この店の前には長い行列が出来ていました。

P1020002_1 

このすごい店構え・・。
ごく普通のお家です。
中に入ると、テーブル席が3つほどと
すぐ横の座敷に長テーブルが並んでいて、
結構の席数でした。

あちこちの壁に
「騒ぐ子どもお断り」の張り紙。
ぎっしり詰まった客は大人も子供も
し~んとしています。
どうやら噂によると大人でも大声で話すと

つまみ出される(@_@;) らしい・・です。
私はこういうお店は嫌いなのですが、
・・楽しく食べてこそ食事と思っているので・・
ここまできて食べないで帰れませんので
ぐっと耐えて待ちます(^_^;)

次は私たちの番かしらと思っているとき、
ふともう1つ張り紙が目に入りました。

P1020007 「順番はご注文で決まります。席が決まらなくてもご注文をお願いします」
この張り紙の意味は??
そう思ったとほぼ同時に私たちのすぐ後ろに並んでいたお兄さんが声をかけてきました。「先に注文していいですか?」私たちは全員「・・???」 しかたないので、お兄さんに先に行ってもらいました。彼のやり方を見て真似することにしたのです。
まず、彼はまだ席に座る前に
厨房まで行って注文をします。
それからおもむろに席を探し、座りました。
なんと! 
厨房まで注文しにいくんですか??!! 
私たちは誰一人そんなルールをしりませんでした。
声を掛けてくれたお兄さんも
私たちを助けようとしたわけではなく、
いつまでも注文もしないで並び続けている私たちに
業を煮やして声をかけてきたという感じです。
私たちが彼を真似して注文したとたんに、
その後ろに並んでいた人たちが
どど~っと注文しに行きました。
ねぇ、皆さん、知っていたなら教えてよ・・
知らない人には極力声をかけない土地柄かしらん。

さて、写真は義姉が食べた味噌ラーメン
私は塩ラーメンを食べたのですが、
暗くていまいち上手に写真が取れませんでした。

もちろん、この味噌味も一口いただきました(*^^)v
P1020013 

分かりますでしょうか・・。
味噌ラーメンに入った
レモンの切れはし。
レモン風味の味噌味ラーメンですっ!
すごいです~。
美味しいかと問われれば・・好き好きかな・・と(^_^;)

私の食べた塩ラーメンは
どこか懐かしい味だったのですが、
それもこのレモンのせいでした。
肉出汁の塩味でレモンが効いているといえば・・

そうです、私の大好きなタイの味に近いのでした。
このお店では
「myラー油」ボトルキープ!するらしく、
私の隣で食べていたお兄さんは
タンタン麺のように表面真っ赤になるくらいかけてました。
その上でお酢もかなり入れていたので・・
味は相当変わっちゃってるでしょうねぇ(^_^;)
辛味とお酢を入れると、ますますタイ味だなぁ・・。

一度は食す価値があるラーメンではありました。

実は能代では、
ラーメンよりも感動した食べ物に出会いました。
駅近くの小さな和菓子屋さん
桔梗」の「翁飴」です。
P1020014 
P1020031 お店のご主人に進められて食べた試食でビックリしました。
その食感はやわらか~いグミと言いましょうか・・。
味は水飴の味なのですが、歯についたりはいたしません。
後味も爽やかで不思議な甘さです。

1812年から味が変わってないという話なのですが、
そんな昔に能代でこれほどの味が生まれていたとは、
日本の食文化の奥く深さに感服しました。

さて、その後、二ツ井というところに
「馬肉ラーメン」なるものがあるということで
移動することに・・・。

馬肉ラーメンはチャーシューが馬肉なのだそうです。
ところが残念なことにお店はお休みでした(>_<)

二ツ井というところは昔から馬肉を食す文化があるそうで
お肉屋さんにも普通に馬肉があります。
ラーメンは食べ損なったので、
仕方なく馬刺しを買うことになりました。

馬刺し??
そうですねぇ、先だって熊本土産で食べたばかりですが・・。
ところがこの時お肉屋さんのご主人に聞いてみると
熊本の馬肉はカナダ産のお牛さんだそうで、
有名になって値が上がったせいで、
他地方の馬肉も値が上がって売れなくなっちゃったらしいです。

で、肝心のお味ですが、
熊本と同じで癖もなく、とても美味しいものでした。
あえて違いを言うならば、
熊本の馬肉はお土産品であり、
二ツ井のは普段使いのお肉と言う感じ。
熊本もお肉屋さんで買うと味が違うかなぁ・・。

この日の夜は兄夫婦の子ども達も交えて
みんなで馬肉に舌鼓をうちました。

☆☆☆☆☆☆☆☆

あくる日、夕方のフライトでしたので、
お昼にまたまた無理やり秋田市内でラーメンを食べました。
吾作ラーメン
と言うこの辺りでは有名なチェーン店。
次々といろいろ凝った味の多い最近のラーメンの中で
昔ながらの札幌ラーメンというお味です。

午後から雨がひどくなり、
時間一杯遊ぶために選んだのは・・
映画鑑賞でした(^_^;)
見たのは
「ゲゲゲの鬼太郎」です。
意外と・・面白い(^_^;)
ウエンツ君だけミスキャストかと思っておりましたが、
結構健闘してましたよ~。

今年子ども達に買ったお土産はP1020030
「生もろこし」です。もろこしはいわゆるらくがんですが、生もろこしは乾燥する前のもので、
やわらかくて食べやすく、とても上品なお菓子です。お餅に包まれていたり、お饅頭みたいになっていたりといろいろ種類がありました。

実家からもらってきた秋田の春の味、
「アイコ」「シドケ」などの山菜や
道の駅で買った
「姫たけのこ」など、
帰ってきてからもしばらく秋田の味を楽しむ事が出来ました。

留守中の娘達もそれなりに楽しんでいたようです。
二人で外食したり、お料理したり・・
「焼き春巻」を作ったらしいのですが、
母にもいつか作ってくれるかなぁ・・。

今年もゴールデンウィークは終わってしまいましたが、
本当に楽しくて美味しい一週間でございました(*^_^*)

さぁ、また次の楽しみに向かって、
頑張りますかねぇ・・☆

« 桜とタイガース? | トップページ | 母の日とは・・ »

コメント

グルメな旅情報とっても楽しく読ませていただきました
我が家も二人(家人と娘婿)がラーメン通です
家族でタイ旅行した時も、毎晩二人で出かけていましたね
旅=美味しいものですが、地方のこだわりも楽しみですね
東北にお身内がおられるのは羨ましいです
甥が仙台にいますので、妹はよく湯治に出かけていますが素朴さがお気に入りとか・・・

 雰囲気も食事の大事なポイントですよね。そんな緊張しながら食べるラーメン屋さん・・・ツライです。
 レモンっていうのが不思議です。調味料をたくさん入れるってことは、そのラーメン自体の味は・・・ってことになるような。
 厨房まで注文に行くって、常連さんしか分からないシステムですよね。
 不思議ワールド秋田っ!!

上写真のお店。。
すごいシステムですね。
でも、それがまかり通る世の中って一体…と思います。
私はこういう感じのお店、苦手だな~
ぴあのさん、すごいな~と思ってしまいました。。

トン・トン・トンさん・・
東北は仙台と秋田しか知りませんが、
メジャーになっていないだけで、美味しいものは
沢山ありそうですよね。
毎年発見がありますから・・☆

ももんさん・・
私たちの座った席は偶然にも厨房から
まったく見えない席でしたし、
(店員さんが席まで来ませんから^^;)
結構のびのびとはしてました。
写真撮りまくってましたし・・。
味は、美味しいことは美味しいのです。
個性的だし。
このお兄さんは入れすぎですよ~(^_^;)

Tomocoさん・・
私も苦手です~。
いくら美味しいって言ってもラーメンでしょって思います。
職人気質ってことなのかもしれないですけどねぇ。
でもラーメン通の人たちからは
絶大な支持を得ているようですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/15013490

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田のラーメンを食す:

« 桜とタイガース? | トップページ | 母の日とは・・ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず