アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

子を送り出す世の中だから・・

最近なんだか立て続けに気分の暗くなることがありますね。

社保庁の不誠実な仕事のせいで、
多くの人たちが苦しんでいたり、
職業人としての、社会人としての
無自覚の塊のような社長率いる精肉工場の不正に
そこに生活の糧を頼っていた人をも巻き込んで
多くの人を不幸にしていたり、
自分のことをすっかり棚にあげて、
責任を学校に押し付けたり、
クレームや要求ばかりしている親たち。

裏返してみれば、
この機に乗じて社保庁を金儲けに
利用しようとする輩もいます。

一円でも安く、安くと、小さな下請工場を責め、
そして安ければ買うという単純な消費者もいて、
結果、不正という工夫がなされていく構図もあります。
どんなに親が守ろうと思っても
自ら先頭に立って子をいじめる教師だっているのです。

世の中。。ほんとうにどうなってしまったんだろう・・
それとも知らなかっただけで、
昔から世の中ってこんなものだったのだろうか・・。

なぁんてことを考えていると、
本当に悲しくなりますね。

今日も、明日も、多くの人は誠実に、
一生懸命、幸せになろうと努力している・・

きっと、そうだと信じたい・・。

そう信じられる世の中に、娘を送り出したい・・。
ようやく就職先の決まったゆーちぃを見ながら、
心からそう願わずにいられません。

P1020103 ほら、我が家のベランダで、冬の間、時々水をあげていただけの日日草がこんなに頑張って咲いているんだもの。
・・水だけで、よくまぁ、こんなに咲いてくれたこと!・・

きっと、これからだって
いい世の中になっていきますよね。

きっと・・きっと・・☆

軋む髪

いつの頃からか、ずっと髪を染めてます。
最初はマニキュアだったけど、
最近はそれでは間に合わず、カラーです。
昔は若白髪って言ったけど。。
いまじゃ、単に白髪です(-_-;)

半年ほど前から、
カラーはずっとゆーちぃにやってもらっていました。
つまり、市販のカラー剤を使っていたのです。
美容室に行くよりずっと安上がりだし、
なんといっても時間の自由がありましたし・・ね。

ところが・・

市販のカラー剤のせいかどうか、
すっかり髪がひどい状態に・・(>_<)

キシキシきしむし、切れ毛にはなるし・・
櫛はまったく通りません(>_<)
あまりのひどさに、
どうしようか・・と悩んでいたのですが・・

最近勉強と称して、
ゆーちぃがいろんサロンに行っているのですが、
青山のA店ならオバサン(!)も来てるから、
お母さんも行ってみたらと薦めてくれました。

でも、でも・・
有名店じゃん。なんかどきどきするじゃん・・。

二の足を踏んでいたのですが、
とにかく、この髪は本当にどうにかせにゃならん。

そこで、思い切って、本日行ってまいりました。

そこはね・・私の行ったことのある美容室とは
似て非なる場所でした。
ゆーちぃから聞いてはいましたが、
有名店というのは、内部の競争も激しく、
働く人たちがピリピリと緊張感溢れ、
キビキビと動いています。
アシスタントの人たちの、緊張感は
こちらにも伝わってくるくらいでした。
でもそれが息苦しいほどではなく、
仕事してるな、という好感の持てるものでした。

美容師というのも、
こんな風なすごい人たちもいるのだという、
なんていうか、ちょっとしたカルチャーショックです。

私はとにかく、軋んでしまった髪に
すっかり自信をなくしていたのですが、
そんな私の悩みに対し、理路整然と、
どうやって治していくか、
髪型をどう変えていくかを説明し、相談してくれました。
いわゆるインフォームドコンセントですよね。
押し付けでなく、相談、という感じで、
実に感じよく、納得いくものでした。
・・・これはもしかしたら担当者の性格かもしれませんが・・

結果、癖が強くブローの難しい前髪にはストパーをかけ、
他は髪の痛みがひどいので
しばらくパーマはかけない方向で決まりました。
カラーも自分ではしないで、と言われました。
一人一人の髪質、状態にあわせて、
美容師にカラーリングをしてもらわないと、
取り返しのつかない髪になる・・らしいです。

「パーマをかけなくても、自分の癖と少し残ったパーマを
最大限利用してしっかりまとまるカットをしますから
心配要りません」ときっぱり仰る!!!
すべてはカットしだい、だそうです。

自分の腕に自信があるんですよね。
ここまできっぱり言われるとかえって安心感があります。

ほんとは一見さんで、単に、経験と思って行ったのですが、
しばらく通おうかなぁと思ってます。
遠いんですけど・・

値段も普通の街場のサロンと変わらないんですよ。
高いだろうなぁと思っていたので、これも嬉しかったです。

さてさて、半年後、どれくらいよみがえっているかなぁ、私の髪。

家族の感想は・・
まーちぃ「今時の髪型だね」
ゆーちぃ「可愛い~☆」
マコリン「若すぎるだろ~それは」

です。
マコリンの感想は期待してませんでしたけどね(>_<)フン

あ、ただ、正直に言うと・・
スタイリストのお兄さん・・つまり、私の担当になったお兄さん・・

イケメンだったのよ・・ホホホ・・

次はいつ行こうかしらん~☆

記憶の記録

昨日、マコリンがデジタルDVDのデッキを買ってきました。

それが何物か・・?
いまひとつ私は理解をしていませんが・・(^_^;)
とりあえず、ビデオテープの代わりにDVDに録画する機械です。
・・ってここまでは今時、誰でも知っていますよね。

我が家には、もう1つ、
このデッキにやってもらいたい仕事があります。

それは、結婚4年目に買ったビデオカメラで
撮り綴った我が家の歴史
120分の8ミリフィルム数十本分の超大作。
これを保存に強いDVDに焼こうと思っているのです。

実は今使っているWINDOWS・XPを買うとき、
これを買えばこのフィルムからDVDへの
ダビングができるから、というのが
マコリンを説得する1つの口実だったはずなのですが、
いざやろうと思うと、なんだかと~ても面倒そうで・・。

そのうちDVDの録画能力のあるデッキを買うに違いないと、
その日を待っていたわけです(^_^;)

さて、これからぼちぼちとダビングを始めるわけですが、
再生しながらの録画なので、
かなりの時間がかかるでしょう。

でもこの作業はず~っと昔に過ぎていった
いろんなこととの再会となります。

小さい、小さい、子供たち。
まだまだお肌に艶のある私・・σ(^^;)
いまより、ちょこっと痩せてるマコリン。

きっと実家の両親たちも
若い姿を見せてくれるでしょう。

ビデオにはあまり悲しいことは写っていません。
楽しかったこと、おもしろかったこと、
家族の日常など、ギュッと詰まった幸せの歴史です。

人生振り返るのは早すぎるんだけど、
記憶の記録を紐解いて、
もう一度、明日への意欲を見出せるかもしれない、
そんな期待もあるのです。

あぁ、あのころは若かった・・
もう一度あの頃みたいに元気に強く生きてみたい・・
もう一度、花を・・と思いたい・・ Cut14w_3
そんな気持ちも込めながら、
ダビングの作業を始めようかな、と思っています

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず