アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー その8 | トップページ | 長崎・・ALWAYSな旅 »

やせうま

今週末に20数年ぶりに九州へ旅行へ行くことになりました。
12月で消滅しちゃうらしいマイレージのポイントを
なんとか無駄にしないように、ということで
急遽行くことになったのですが・・・

なんと、直前に大分出張が入ってしまったマコリン。
一ヶ月に二度も九州へ足を運ぶ事となってしまいました。
運がいいんだか、悪いんだか・・・(^_^;)

大分は初めてということで
お土産に何を買っていいかわからない・・
そう言われた私はネットでちょこっと調べてみました。

そうしたら・・
「やせうま」という世にも奇妙な食べ物があるらしい・・

やせうま???
痩せた馬???

とにかく、これを買ってみてと頼んでみました。

P1020333

はい、こちらが「やせうま」です。
どうみてもうどんです。

食べ方も10分ほど茹でて・・とあり、やっぱりうどん??
しかし、茹で上がった麺にかけるものは麺ツユではなく
「きな粉」・・きな粉!ですっ!!(@_@;)

もちろん、お砂糖も入っていて甘いのです。
ツルツルとした細長い平打ちの麺は
ちょうどきしめんのようです。
でも味は・・・きな粉味

どんな味か?
ご想像通りの味です。うどんにきな粉です(^_^;)
それにしてもなぜこれが痩せ馬なのか・・・

これは実はマコリンがちゃんと売店の方に聞いてくれていました。
昔、大分のお姫様が幼い頃、オヤツ代わりに食べていたもので
作っていた人の名前、「八瀬」に
「美味い」の幼児語「うまうま」が合体して
「やせうま」・・となったそうです。

P1020350 

こちらが出来上がりの写真です。
麺を茹で、袋の中についてきていたきな粉を
全部かけた状態なのですが・・
少し味が薄いかなと思っていたところ、
なんと、ネットでこんな写真を見つけました。

7d2da1116632

そうか・・本当はここまできな粉をまぶすのか・・・
これではまるで違う食べ物です。次に食べる機会があったら、
きっとこうして食べてみようと思います。

ところで、「やせうま」にはお団子もあるようで、
そちらは求肥にきな粉味の餡を包んだもののようです。
やっぱり珍しいのはこの「きな粉うどん」でしょうか・・。

この他に「ざびえる」というお菓子も買ってきてくれました。
大分にフランシスコ・ザビエルが住んでいたようですね。

P1020335_3 P1020336_2 P1020337 

写真は、外包装、箱、中身・・です。
あんまり素敵な包装紙と箱なので、
全部写真を撮ってみました。
特に箱は若干ビロードっぽい手触りで強烈なインパクトです。

バター風味の柔らかいクッキー地で餡を包んでいます。
金のざびえる銀のざびえると二種類あって、
銀が白餡、金が白餡&ラムレーズンとなっています。
これまた、ラムレーズンとは、その名に相応しく、
舶来の味でございますねぇ。

先日の秋田の揚げ干し餅といい、
まだまだ地方には珍しい食べ物がありますね☆

« アフタヌーンティー その8 | トップページ | 長崎・・ALWAYSな旅 »

コメント

 『やせうま』『ザビエル』って・・・名前だけで買っちゃいます(笑)
 きな粉まぶしうどんですか。お団子の方が良いかなぁ・・・
 福島や栃木の変わったものを探してみようかな♪栃木の郷土料理『しもつかれ』は見た目が強烈・・・

ももんさん・・
うどんにきな粉・・なんとかお菓子をお姫様に
と知恵を絞ったご家来の苦労が滲みますねぇ(^_^;)

しもつかれ???? お菓子ですか?
確かに、栃木とか福島もいろいろありそう。
特にご飯の友で珍しいものがありそうですねぇ。
今度、ぜひご紹介下さい☆

週末の九州旅行いいですね~
どの上面かしら?~
佐賀の呼子のイカは絶品です!
知覧の武家屋敷、記念館は是非もう一度行きたいところです
霧島の温泉、長崎の教会巡りも・・・

旅行の醍醐味は現地で頂く食べ物ですね~
素朴なうどんと黄粉ですがキット美味しいのでしょうね
大分は観光した事がないのですが、関さばが有名ですね
交通の便でいつもパスしています

晩秋の九州を満喫してきてくださいね

トン・トン・トンさん・・
ただいま~、今日(日)帰ってきました。
九州は長崎、博多への旅でした。
今年は関鯖はまったく取れないそうですよ。
海水の温度がいつもと違うそうです。
こんなところにも温暖化が悪影響を及ぼしています。

近いうちに旅日記アップします☆

 『しもつかれ』はお菓子とはほど遠く・・・何なんでしょう(笑)おかず??
 新巻き鮭の頭を使うみたいで、スーパーには鮭の頭だけが売っていたりします。面白いですよね。

ももんさん・・
ちょこっとネットで検索・・

これは見た目よりも作り方がすごいですね。
鮭の頭を刻んで大豆や野菜と煮込むんですね。
味は醤油酒粕など・・とありますが、
各ご家庭の味があるのでしょうね。

昔はこうやって、冬の間の栄養補給の為の
お料理が各地にあったのではないでしょうか。

食いしん坊のアタシとしては・・食べてみたいです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/17142398

この記事へのトラックバック一覧です: やせうま:

« アフタヌーンティー その8 | トップページ | 長崎・・ALWAYSな旅 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず