アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 広島の美味しいもの | トップページ | 頑張れ、星野JAPAN »

美しい広島・・そして・・

広島といって思い浮かぶもの・・
広島焼きともみじ饅頭・・

いえ、そうじゃなくて・・

やはり日本三景の宮島と、
日本人なら一度は訪れておきたい
原爆ドーム

ということで、二日目はすこし駆け足でしたが、
この両方へ行くことと致しました。

宮島へは広島市内からまずJRで
宮島口駅まで行きます。
そこからは連絡船で島へ渡ります。

連絡船から見える宮島は、
テレビや写真で見るとおりの、
晴れ晴れとした美しさのある、
本当に綺麗なところでした。

P1030368 

P1030367 幸運にも天気に恵まれ、
海はキラキラと光り、とても綺麗です。

海にはこの時期小さな牡蠣をつけて
育て始めたばかりの養殖場が広がっていました。

宮島に着くとまず迎えてくれるのは・・鹿!です。P1030373
奈良の公園と同じで、みんな野生だそうです。

宮島の後、原爆ドームへ行く予定でしたので、
少しでも時間を節約しようと思い、
船着場からガイドツアーに参加しました。
1時間半のコースで桟橋から厳島神社まで、
あちこちを説明しながら連れて行ってくれます。

お年を召したガイドさんは、とてもお元気。
要領よく、見逃しがちなスポットを紹介しながら、
時々笑いを交えて進んでいきます。
なんといってもそのスピード感のゆるさ加減は、
まさに宮島を感じさせ、ほっこりとした気分になれました。

昔から日本は神仏一体という文化があるらしいですが、
ここ宮島も狭い島に、多くのお寺があり、
厳島神社とともに栄えていたようです。

厳島神社までの途中に五重塔もあります。
P1030377
島らしい狭い道や家々の間から、
そびえ立って見える塔は見事です。

厳島神社ではちょうど夏の甲子園に出場する
広陵高校が必勝祈願に来ていたようです。
ここは広島市民にとっても特別な神社なんですね。

そういえば、広島の高校が甲子園でする「おしゃもじ」応援は、
ここ宮島の名産品のおしゃもじのようですよ。

P1030389 何も産業が無かった宮島の人々の暮らしを豊かにしようと、その昔、えらいお坊さんが「おしゃもじ」を作って産業にすることを奨励したそうです。

←こんな碑もありました。

P1030395 
美しい厳島神社の中の廊下です。
床板は一枚一枚の間に隙間があります。
水が満ちすぎたときでも
水の圧力で床が持ち上がらないための工夫だそうですが、
歩きにくかった・・(>_<)

宮島は予想を遥かに超えた、
悠久の美と趣の中に息づいている、そんなところでした。

広島市内にもどる途中、横川駅で下車。
そこからタクシーで
原爆ドームへ向かいました。
もちろん、広電でも移動できます。

P1030407 

原爆ドームは想像していたよりもずっと小さく、
それでも、そこにドンと存在しておりました。

大きな建物の一部だったドームは、
なんとしてもここにあり続け、多くの人たちに
その存在意義を伝えていかなくてはならないのだと
訴えながら足を踏ん張っているように見えました。

原爆記念館も一通り見て回りました。
多くの遺品や、写真、再現された町など、
当時の様子がよく分かるようになっています。
どういう目的で広島に来ている人たちか分かりませんが、
多くの西洋の方が見学にきていました。

アジアからの観光客が
一人も見当たらないのは少し寂しかったのですが、
一人でも多くの世界中の人に
見てもらいたい、考えてもらいたい、そう感じました。

広島は、本当に多くの犠牲と苦労で、
今の都会に生まれ変わったのですよね。

広島人の、日本人の、底知れないパワーを感じます。
決してどのような不幸にも負けてはならないのです。

そして、まずは、人をここまで追い込む不幸を
二度とおこしてはならないのですね。

戦争は本当にいろんなものを奪い去ります。
人生の夢も、希望も、そして、命も・・未来も・・。

戦争をしないためにはどうすればいいのか・・。
簡単に答えはでません。

人類すべてが、同じように感じるには
どうしたらいいのか・・。

広島の旅は、たった24時間の短い旅でしたが、
ぎゅ~っと詰まったとても濃い旅となりました☆

« 広島の美味しいもの | トップページ | 頑張れ、星野JAPAN »

コメント

宮島の方には行ったことがありませんが、
とても厳粛な感じのするところですね。
行ってみたいです。
原爆ドームは、今まで2回ほど行きましたが、
心にずんと、響くものがありますね。
後世まで、この姿を残して、原爆の凄まじさ
恐ろしさを、伝えていってほしいものですね。

doryさん・・
宮島は観光客が多く、賑わっていますが、
やはり歴史の古いところですし、
厳島神社を中心に島全体が祈りの場という雰囲気はありますね。
原爆ドームは人類の愚かで、許しがたい行為の証であり、
見る人の胸に迫るものがあります。
ただ、怖いだけで終わらせてはならないものが
そこにはあるような、そんな気持ちになりました。

広島!!のタイトルに思わず・・・
30数年前の初めての赴任地です
5歳の娘が新幹線のホームに降りて真っ先に「山が置いてある!!」・・・慌てましたね~
関東から泣き泣きの引越しでしたが、その後の7回の転勤を経て今は一番思い出深い赴任地でした
あの頃は広島戦の日は、夕方早々にあちこちのお店のシャッターを下ろす光景に驚きました
阪神ファンとしては肩身が狭く、大人しくしていました!!
広島焼き美味しいでしょう!!我が夫婦はここからお好み焼きデビューで、あちこち食べ歩きましたね
あの豪快な焼き方には驚きました・・・

でも、この地の暑さ異常では?・・・ベトッとした暑さには参りましたが・・・
ぴあのさんは暑さに強い?・・・でしたかね
でも凄いパワーで広島を満喫されたのですね~
秋の広島も素敵ですよ!!又お出かけくださいね

トン・トン・トンさん・・
ちょうど、この時は、まだ湿度がそれほどなく、
刺すような太陽の熱が西日本らしくて、
懐かしかったです。

広島、あれ以来、強いんですよねぇ。
困りました・・連敗しちゃいましたよ<阪神 (^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/42027821

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい広島・・そして・・:

« 広島の美味しいもの | トップページ | 頑張れ、星野JAPAN »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず