アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 今日は何の日? | トップページ | そしてついに・・ »

温泉とおいしいもの 敦賀

お久しぶりですっhappy01

久し振りにココログにアクセルすると
機能が増えてて驚きますねぇ。
そのくらいご無沙汰したってことでしょうかねぇ。

もう3週間近く前になってしまいましたが、
久し振りに家族総出で帰省して来ました。

私の故郷は北陸は敦賀でございます。
う~んと昔から・・そう戦国時代よりもっと昔から、
日本の玄関口として栄えた港町です。

今は港というより、
原子力発電所が沢山あることで有名かもしれませんね。

それでも夏になるとドンと人口が増える、
海水浴の町でもあります。

帰るのは一年ぶり。
家族揃ってとなると・・10年ぶり???

今年は私とマコリンの結婚25周年ということもあり、
みんなで温泉にでも行こうという話しになりました。

本当は福井県には有名な温泉町が沢山あるのですが、
母は腰の調子が悪くて、遠くに行きたがりません。
そこで、育ったとはいえ、私自身も行ったことのない
敦賀の温泉ホテルに行ってみることになりました。

敦賀の温泉は、
かつて道を通すために掘ったトンネルから
湧いたものでその名も「トンネル温泉」

トンネル温泉にはむか~しから
「北国グランドホテル」というのがありまして、
これが、いわゆる錆びれゆく地方の
象徴のようなホテルでして(^_^;)

一歩ホテルに入るとそこは昭和の香りですfuji

P1030601

部屋からは敦賀の町と海が一望できます。
お風呂からもこの景色とほぼ同じものが見えます。

ゆったりと入るには最適な景色と温度と・・
空き具合・・pig
私たちは金・土と泊まったのですが、
金曜日はほぼ独占状態でした。

温泉での楽しみはお湯と、やっぱり美味しい物ですね。
お料理も一流旅館と比べれば、どうも・・って感じでしたが、
それでも
「若狭牛のステーキ」「鯖の磯焼き」など、
敦賀ならではのお料理もあり、
敦賀の地酒もあって、それなりに楽しめました。
鯖の磯焼きというのは、
鯖の口から尻尾にかけて一本のくしをさして焼いたものです。
わりと大胆な料理ですね~coldsweats01 
私は生姜醤油でいただくのが好きです~。

みんな揃っての食事は、
本当にワイワイと楽しいものでした。

料理の味は、その大半が
「誰とどういうシチュエーションで食べるか」
かかっていると思うのですよ。
誰もが楽しく幸せを感じて食べていると、
料理の味は数段よくなるのですよね。

昼間、少しだけマコリンに敦賀の町を案内しました。

敦賀には結構立派な神社があります。
「気比神宮」というところで、
かの松尾芭蕉なども立ち寄って俳句を読んでおります。

P1030584 

P1030585 

松尾芭蕉の銅像もありましたよ。

銅像といえば敦賀の街中に「銀河鉄道スリーナイン」の登場人部のモニュメントがいっぱい立っていました。松本零二ロードというらしいのですが、かなりの距離に渡って、ずっとモニュメントが続いていましたね。どうして松本零二?って思いますけど、どうも敦賀開港100周年のイベントの時にゲストとしてきたのがきっかけらしいです。
参考→敦賀商工会議所HP

そしてぜひもう1つお伝えしたいのは、
福井県では有名な洋食屋さん、ヨーロッパ軒」です。

P1030582_2
子供の頃はこのヨーロッパ軒で洋食を食べるというのは、

とても贅沢で、憧れでした。
今思えば、お給料日なんかに、
連れてきてくれていたように思います。

ヨーロッパ軒のメニューの中で、
マコリンの目に止まったものがありました。
それは
「ジクセリ」「スカロップ」
ジクセリというのはいわゆる豚肉のピカタなのですが、
あっさりとした豚のもも肉が驚くほど柔らかくて、
たっぷりの卵とすごくいいハーモニーを奏でています。

P1030580
スカロップの方は注文しなかったので、写真が無いのですが、
トンカツに甘めのデミグラソースがたっぷりかかっていて、
敦賀の人にとっては、昔からの洋食の味なのですが・・・
参考→ヨーロッパ軒・メニュー

聞いたことがないというマコリンは
店の店員さんにお料理の謂れを尋ねました。
すると、奥から新聞のコピーを持ってきてくれました。、
記事によるとジクセリとスカロップは
ヨーロッパ軒のオリジナルメニューというより、
敦賀の郷土料理だというのです。

昔、洋食が伝わってきた頃、
名古屋に同じような料理があったそうなのですが、
それでもその由来はほとんどわかっていないようです。
当時敦賀には洋食店が多数あったらしく、
このスカロップが伝わり、
敦賀で定着したのではないかという話です。

そして、ヨーロッパ軒は福井のチェーン店なのですが、
ジクセリやスカロップがメニューにあるのは、
敦賀だけだとか・・・(@_@;) 知りませんでしたねぇ。
当たり前のように全国区であるメニューだと思ってました。
確かに、これだけ食べ歩いてますけど、
どこでも見たことないですね(^_^;)

もう1つ注文したのは、絶品の「ソースカツ丼」lovely
P1030579

私はカツ丼というのは
全国何処でもソース味だと思っていました。
甘味を加えたウスターソースベースのタレ
たっぷりと付けたトンカツがご飯に乗っています。
だからご飯はソース味(^_^;) 
初めて卵とじのカツ丼を食べた時、
べちゃっとしたフライが気持ち悪くて、
東京の人はこんなものを食べるのか、と思いました。
もちろん・・今は大好きですけど・・。

故郷を離れて30年以上経ち、
ようやく知った郷土の味の謎・・不思議なものですね。

久し振りの家族揃っての温泉旅行は、
本当に楽しいものでした。

二部屋とって、私とマコリン、ジジババと孫と
分かれて寝たのですが、
夜遅くまで、声の聞こえていた隣室は、
本当に楽しそうでしたし、
なんといってもこの歳になって、
三代で一緒に入ったお風呂は、
とてもいい思い出となりました。

すこしは、親孝行になったでしょうか・・・
ありがとう・・マコリンheart04

« 今日は何の日? | トップページ | そしてついに・・ »

コメント

盛りだくさんですね☆

とってもいい旅行でしたね~
読みながら涙が・・・・

ぴあのさんの年齢ではご両親様は未だお若いのでしょうが、一つでも多くの思い出作りをして差し上げてくださいね・・・

敦賀って行ったことがありません
郷土料理に惹かれましたね~
モダンで・・・
ネーミングも???ですが、敦賀語ですかね

昔、鯖江市出身のご夫妻の元でアルバイトをしたことがあります
福井県の方との初めての出会いでした~ご夫妻の会話が思い出しました

心温まる記事をありがとうございました

 良いですねぇ♪三世代で旅行だなんてnote
 サバの磯焼は想像しただけで大胆さが伝わってきました。大きなサバを使うのでしょうか??
 えぇ!カツ丼=ソースカツ丼なんですか?へぇ!!所変われば・・・ですね。こういうのって地元を離れないと分からないものですね(o^-^o)
 私の地元では『まんまいだんご』というきのこを食べます。本当は『つちぐり』というらしいのですが・・・どうやら福島県でもほんの一部の地域だけらしいです。

raftingさん・・
コメントありがとうございます。
ただ・・お名前をお書きいただければ、と思います。

トン・トン・トンさん・・
敦賀語ではないと思います(^_^;)
鯖江と敦賀はかつて・・江戸時代・・は別の藩でした。
だから文化や言葉は全然違うんですよ。
福井県は敦賀より北と南でまるで違うんです。
敦賀は・・ほとんど関西です(^_^;)

ももんさん・・
団子という名のきのこですか(@_@;)
どんな形&味なのでしょう?
団子といえば、私が子供の頃、敦賀で売っていたみたらし団子は
黒蜜のアンがかかっていたのです。
やっぱり東京でお醤油味のものを食べてビックリしました。
でも、今では敦賀でも黒蜜団子はあまり売っていないみたいです。

美味しそう~ 
旅行の良し悪しって、まず食べ物で決まるよね。
長野から福井までって日帰りが可能なのよ、
暖かくなったら、ドライブがてら“ヨーロッパ軒”に行ってみたいな~(^O^)

ゆかりんさん・・
旅行の良し悪しがまず「食べ物」っていうのは、
私たちの共通点のようですね(^_^;)

ヨーロッパ軒って福井県にしかないっていうのも大人になるまで知りませんでした。
私は敦賀のお店にしか入った事ありませんけど発祥は福井市。
機会があれば、ぜひどうぞ☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/42968981

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉とおいしいもの 敦賀:

« 今日は何の日? | トップページ | そしてついに・・ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず