アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« お花畑のような・・ | トップページ | アフタヌーンティー その20 
「岩崎ミュージアム」と横浜ロイヤルパークホテル »

紫陽花にうっとり・・

Cimg0588
この季節、どうしても見たくなるのが・・紫陽花。

雨が降り出すと、うずうずしてききます。
それなのに、最後に紫陽花をたっぷり楽しんだのは15年前。
そのあと、機会はあれど、どうしても日程が合わず、
気がつくと、花の季節は終わっていて・・。

もちろん、紫陽花は日本の町中で、あちこちで見ることができます。
梅雨のうっとおしい毎日を、ふと救ってくれる、紫陽花の紫が
本当に、目の保養となり、日本の美しさを再認識するわけですが、
それでも・・やっぱり行って見たい紫陽花寺。

ようやく今年は日を決めて、友人と鎌倉に出かけることができました。

15年前に紫陽花を見たのは鎌倉の長谷寺でした。
狭い通路の両脇に紫陽花がびっしりと咲いていて、
圧倒的な美さだったという記憶があります。

今回は、紫陽花寺という別名があるという、
北鎌倉の
「明月院」に行ってみました。

北鎌倉の駅を降りると、既に雰囲気一杯。
さすがは古都鎌倉。
町並みも、しっとりと落ち着いていて、
千年の歴史のある都の静かなる重みを感じさせてくれます。

明月院は駅から歩いて10分ほどのところです。
門をくぐってすぐに溢れんばかりの紫陽花に囲まれます。
Cimg0567_2

自生しているのかと思うくらい、自由に咲いています。
Cimg0586
普段剪定された紫陽花を見慣れているので、
この自由さは新鮮で、
乱れ咲く紫陽花というのも美しいと思いましたshine

院内のお庭は本当に紫陽花で埋め尽くされていて、
いろいろな種類のものを見ることができます。
Cimg0598_2

幻想的な美ですよね。
紫陽花は花びらに見えるところはガクだということですが、
真ん中の青い部分がお花なんでしょうか・・

真っ白の紫陽花もありました。
Cimg0580_2
その美しさに虫たちの愛も高まったようですheart04

明月院をでて、駅のほうへ戻ってくると臨済宗総本山「円覚寺」があります。

もうあまり時間がなかった私たちは急いで、
せめて国宝だけでも見ようと立ち寄ったのですが、

国宝「供鐘」はビックリするくらい段数のある階段の遥か彼方にあり・・

もう、おばさんには死ぬ思いの階段を登る羽目になりましたsad

Cimg0619_4 
「供鐘」です。お・・大きい・・(@_@;)
ぜひ、クリックして大きな画像をご覧下さい。

1301年に北条貞時が寄進したものだそうです。
鎌倉が栄華を誇った時代を想像させる立派な鐘です。

短い時間だったのですが、本当に「古都・鎌倉」を堪能いたしました。

もちろん、ワタクシ、美味しいものもいただきましたよ。

北鎌倉駅からすぐのところにある笹の葉というお店です。
Cimg0612_3 Cimg0610_2  
自然食料理ということで、ご飯は玄米、
ハンバーグに見えるのはお豆腐のハンバーグです。

ジャガイモ、レンコン、トマトなど、
野菜でつくられたさまざまな味と色で楽しませてくれました。

普段の騒然とした都会の暮らしから、たった30分ほど電車に乗るだけで、
こんなしっとりとした
暮らしがあるなんて、不思議です。

日本の季節の楽しみ方には、花や木などを楽しむという事が不可欠ですが、
このうっとおしい季節に、紫陽花の色は本当に心を癒してくれます。

雨の季節の、素敵な一日でしたshine

« お花畑のような・・ | トップページ | アフタヌーンティー その20 
「岩崎ミュージアム」と横浜ロイヤルパークホテル »

コメント

これって、まさに私が一度でいいから行ってみたいコースなんですけどぉsweat01うらやましい!!宇都宮からも鎌倉へは日帰りできますが、なかなか機会が・・・

私も実現までに10年以上かかってしまいました。
結局は、思い立った時に、若干無理矢理でも計画を立て
約束をしてしまうしかないのですよ。
私は今回、電車の中吊りで「紫陽花祭り」という
広告を見なければ、また見逃していたかもしれません。

即、電車から友だちにメール・・休みを取って
決行しました(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/45315407

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花にうっとり・・:

« お花畑のような・・ | トップページ | アフタヌーンティー その20 
「岩崎ミュージアム」と横浜ロイヤルパークホテル »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず