アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« テルマエ・ロマエ | トップページ | ハラナイ荘の人々 »

「HOME・愛しの座敷わらし」 舞台挨拶付き

映画のお話が続きます。

今、どういう気持ちになりたいか、が映画を選ぶ指針になっている、と
先回お話したばかりですが、今回観た映画は、まったく違う動機でした。

もはや、私の「相棒」好きは周知の事実であると思いますが・・。
この「相棒」のスタッフが総出で映画を作りました。
監督、監督補、カメラマン、音楽など、多くのスタッフが「相棒」の方々です。

120505_100054_640x480_5
「HOME・愛しの座敷わらし」という映画です。
主演はもちろん、水谷豊さん。

以下、若干のネタバレありです。ご注意ください。

原作は荻原浩さんの同名の本だそうです。
この方は
「明日への記憶」を書かれた方なんですね。
あちらは重苦しいテーマを背負っていますが、
こっちの映画は、
家族の絆や愛がテーマです。

実は・・・
タイトルに書いてしまいましたので、すでにお気づきと思いますが、

今回、わざわざいつもの川崎ではなく、有楽町まで行ったのは、
上映後に舞台挨拶があるからでした。heart04

思えば、「傷だらけの天使」から数十年。
ずっと、水谷さんのファンだったような気がします。
追っかけというほどの熱烈なファンではないかもしれませんが、
テレビに水谷さんの映るときは、それを選んで見ていたと思います。

大好きな俳優さんなのです。

その方のご尊顔を直接見ることができる機会です。
行かない手はないのです。

ドキドキして、前の日から遠足前日の小学生状態でした。sweat01
舞台挨拶は上映後です。映画をまともに見れるだろうかと心配していました。

映画のお話は・・movie
仕事で苦労するごく普通の高橋さんちのお父さんと、
反抗期の中学生の娘、ぜんそく持ちの息子、少し認知症の出始めた祖母。
そんな家族を支えようと奮闘する母親。clover

それぞれが一生懸命なんだけど、少しずつすれ違っていく・・。
そんな家族が父親の転勤で移り住んだ岩手の古民家で、
そこに棲んでいる
「座敷わらし」に出会うことで、
やがて、家族のきずなを取り戻す、というものです。

こんな人いるよねと思わせる登場人物たちが、
物語に現実味をもたせ、登場人物の気持ちをストレートに伝えてきます。

 座敷わらしは、東北地方の妖怪の一種です。
   家に憑く妖怪で見た人は幸せになるとか、
   憑かれた家は繁栄するとか言われています。
 
  小さな子供の妖怪で、この世に生を受けてすぐに
   間引かれた赤ん坊だという説もあるようです。weep

この座敷わらしの謂れを知って、高橋家のみんなが何を思ったか・・。
どう行動したか・・・。
それがまた高橋家の絆にもつながっていったのだと思います。

この世に生きることも遊ぶことも食べることさえ許されずに死んでいった子ども。
その悲しさ、愛らしさ・・

そして、家族のそれぞれが抱えていた悩みを少しずつ解決していきます。

正直に告白しますと、
映画が始まってすぐ、私は舞台挨拶のことも、その他の何もかもを忘れていました。
物語の中に完全に入り込んでいたのです。

気が付けば、頬伝う涙・・涙・・weep

映画が終わって、あちこちから拍手が起こり・・confident
やがて舞台上に多くのスタッフが上がって舞台挨拶の準備をするに至って、
ようやく気持ちが現実に戻ってきました。

私の席は前から5番目のど真ん中。sign03
真っ直ぐ目の前に立った女性スタッフが、

「こちらが水谷さんの立ち位置です」と言いながら
ライティングの確認をしていました・・ということは・・sign02
そうです。水谷さんは私の真ん前にお立ちになりました・・のです。heart04

水谷さんを中心に、草笛光子さん、安田成美さん、浜田龍臣くん、橋本愛さん。

水谷さんは、テレビで拝見するあのままの方でした。
ほんわりと柔らかな雰囲気で、でもお洒落で、笑い顔の素敵な方でした。

草笛光子さんのあまりの美しさにため息・・・。shine
発散するオーラがすごいのです。

このクラスの女優さんは、前にお会いした市原悦子さんもそうですが、
本当にお綺麗です。立ち姿も素敵なのです。

この時の様子はネットニュースになっているようです。
「HOME・愛しの座敷わらし」

そして、最後に特別にと紹介された座敷わらし役の岡部珠奈ちゃん
座敷わらしの衣装で登場~heart04
この子がものすご~く可愛いのです。
撮影当時3歳だったそうですが、本当に・・可愛い
こんな座敷わらしだったら会ってみたいですね。

映画も舞台挨拶も終わって外に出ると、
こどもの日のイベントで、マーチングバンドが行進していました。

P1010131_640x480

力強いマーチの音楽と、煌びやかな衣装、バトントワリングなど、
思いがけず、素敵なパレードを見ることができました。

せっかくの銀座なので、お昼ご飯を煉瓦亭でいただきました。
久しぶりに「カツレツ」です。
煉瓦亭の名物ですね。大きくて分厚いカツレツです。

P1010132_640x480食事を終えて、駅に戻ってみると、
さっきまでパレードをしていたところで、

P1010134_480x640大道芸人たちが、結構大がかりな芸をしていました。お姉さんもすごいパフォーマンスです。椅子をいったいいくつ重ねているんでしょうね。

本当に幸せな気分の一日を過ごせました。

 

< p>にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« テルマエ・ロマエ | トップページ | ハラナイ荘の人々 »

コメント

わー、良かったですねhappy01
読んでいる私も幸せ気分です。

休日の銀座なんて想像するだけで
疲れてしまう私・・・
でも混んでいてもそれだけ楽しい事が
たくさんあるんでしょうね。

そうそう、相棒を見ていなかった私も、
今夜の映画は録画しまーすbleah

プリモさん…
銀座は人が多いですが、街が綺麗だし、道が広くて真っ直ぐなので
比較的歩きやすいかな。
でも私も出来れば平日に行きたいです。

〉今夜の映画は録画しまーす
こんな風に言ってくださると…嬉しくて踊っちゃいます。
楽しんでいただけますように…☆

水谷さんを間近で見られてよかったですね!!
女優さんの素敵オーラ私も拝んでみたいです
そして何より映画が素敵なのですね。心も風景も美しい映画、見てみます(^^

テルマエ・ロマエも見てみたいです。
原作も面白かったし、監督はのだめ映画を演出された方なので期待が高まりますv
GW終わったし、平日のレディースデイがいいかなって思ってます(^^;

あやめさん・・
映画は本当に素敵です。
素直な心で、泣けますよ。
水谷さんも素敵だったし・・。
もし、次にまた相棒の映画があったら、
ぜひ舞台挨拶にチャレンジしたいですね。
きっと、映画あたりにでるんじゃないかと、思いますし・・。
え? もちろん、神戸君(^_^;)

私も水曜のレディースデイでしか見ません。
主人と行くと、シニアチケット(二人とも50歳過ぎ)ですけどね!

゚ぴあのさんの「相棒」をこよなく愛する
お話をいつも 拝見してましたが・・
一昨日 「相棒ー劇場版Ⅱ」を 初めて観てみましたぁ~
渋いでしたね・・ 
そして土曜日の「スマステ!!」の特集で
「相棒」まる秘映像公開をも 見てしまって・・
とっても奥深さを感じさせて頂きましたぁ~

座敷わらじの舞台挨拶  最後に流れてましたね!!
前から 5番目の ぴあのさん 探したよぉぉ
きっと あの形の良い頭の方が・・
ぴあのさんだったでしょうsearch
後ろ姿で ザンネン (^-^;

遅まきながら 相棒を知りたくなった 私ですsweat01

skuraさん・・
まぁ、見てくださったのですか?
ありがとうございます~。
自分の好きなものをお友達が見てくれるって嬉しいです。
「劇場版Ⅱ」は「相棒」の中でも、かなり重たい方です。
感情的にも、組織対組織と言う大掛かりな対立としても、
かなりテーマは重いですね・・

映画にしては渋すぎないかという意見もあったくらいです。
「劇場版Ⅰ」のほうは、もう少し派手でした。

普段の「相棒」はいろいろです。
「お笑い」の回ももあれば、滂沱の回もあります。
救いのある回もあれば救いのない回も。
あの劇場版Ⅱは救いがないですよね。

北海道HTB放送で昼間、昔のシリーズが再放送されてるみたいですね。
ご参考までに・・・。

スマステ、こっちでは最後に「舞台挨拶」の様子映ってないみたい(>_<)
きっと、その形のいい頭が私です・・ええ。きっと!

草笛さんは確か80近いと思いますが、
昔と変わらぬ美しさにはいつ見ても感動します。
どんなお手入れをなさっているのでしょうか?

座敷わらしもテルマエロマエも見たいのですが
多分、WOWOW放送待ちになると思います(^_^;)

でも、今日の記事で一番気になったのは
やはり「カツレツ」でした。おいしそー♪
すみません、食い気ばかりで(汗)

私このところご無沙汰してて~映画!!!
でも19日に“座敷わらし”を観に行く予定なんだ、すっごく楽しみなの~☆
水谷豊もアニキィ~から、とても良い感じに歳を重ねているし
また安田成美もいくつになってもキュートだよね。
お互い似たような年齢だし、これからも安田成美みたいに良い感じに歳を重ねていきたいよね。
それと・・・
来月の件、どうもありがと~☆
すべて任せるので、よろしくね。

まちこさん・・
煉瓦亭のカツレツは美味しいですよ~。
結構な肉厚なんですが、柔らかいのです。
とんかつは珍しくないからとあまり注文しないのですが、
たまに食べると、やっぱりいわゆるとんかつとは違うなと思います。

私もこのブログは「食べログか?」というくらい、
食べ物の話ばかりで・・すみません(^_^;)

ゆかりんさん・・
私は妖怪好きでもあるので、この映画は、
「妖怪」&「水谷さん」という大好き二大巨頭が集っていて、
見ずにおれようか、という感じでした。

いやいや、安田成美さんは、ずっとお若いですよ。
’66生まれですから・・(^_^;)

来月ですが、メールしましたけど、
上京するお時間、教えてくださいね~☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/54638663

この記事へのトラックバック一覧です: 「HOME・愛しの座敷わらし」 舞台挨拶付き:

« テルマエ・ロマエ | トップページ | ハラナイ荘の人々 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず