アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« ウェディング | トップページ | アフタヌーンティー その38 リーガロイヤル・東京 »

「容疑者Xの献身」 観劇

春から続いてきた、アカデミックな生活(?)も
ようやく終わりを迎えました。

って・・アカデミックは終わっちゃダメですよね?

ともかく・・
「相棒に出ている方に生で会おう」計画は、
滞りなく、予定を終わりました。

もちろん、まだお会いできてない方も多く、
これからも機会があれば計画を練ろうと思っています。

そして、この計画を通じて知った演劇の世界も
もう少し、覗いてみようかな。

ということで、最後を飾るにふさわしいお芝居を観てきました。

キャラメルボックスという劇団の演目で、120602_173537_480x640
東野圭吾さん原作「容疑者Xの献身」です。

以下・・ネタバレあります。ご注意ください。
原作を読んでらっしゃらない方は、
特に、ご注意ください。

そして、かなり自分本位で感想書きましたので、
お許しくださいませ。

東野圭吾さんの作品は、この「容疑者Xの献身」の他に、
週刊文春に連載されていた「片思い」「真夏の方程式」を読んだことがあります。
後は、映画で「手紙」を見ましたが、実は、それ以外知りません。

そしていつも感じるのは、
女性の描き方に少し違和感があると言うか・・。

上手く言えませんが、やっぱり男性が書く女性はどこか理想的だなぁとか、
そんな感想を持ったように記憶しています。

今回、観劇することでなんとなく持ったこの印象が
どう変わるかなという楽しみもありました。

こんな風に真面目な感じで臨んだように書いていて、
次の一文を書くのがすこし途惑われるのですが・・coldsweats01

いやぁ・・素敵でした~heart04
我が愛しの「川原和久」さま・・lovely

いえね。
なんてことなくてですね。
「相棒」の役者さんたちに生で会う、という主旨ですからね。
「容疑者Xの献身」も難しいことはともかく・・実は一番大事な目的は一つsign01

「相棒」の伊丹刑事を演じてらっしゃる川原和久さん、その人でした。
120602_173513_480x640

 

お背が高いので手足が長く、スタイルよく、
立っただけで絵になります。
渋いお顔は実によく動いて、豊かに表情を変えます。
その豊かな表現力で、重く沈みがちなお芝居に
上手く息抜きを入れる役目を果たしているようでした。

 

アドリブもあるのかなぁ?
ツイッターでフリータイムとかって言われてましたからね。

全体を通して、とても淡々として筋を追っていく感じのお芝居でしたから、
いい具合に笑いを入れる役割を、でしゃばりすぎず、
程よき塩梅でやってらっしゃいました。

脚本は、できるだけ原作に忠実に作ったらしいのですが、
そのせいか、セリフが多く、かなり早口で、
観劇に慣れていない私には聞き取りが難しく感じました。

実は2度観劇したのですが、2度目の方が明らかによく理解できました。
セリフに慣れたってことだと思います。

まぁ・・うっかりすると話の筋ではなく、川原さんの動きを追ってしまっていたのも
セリフについていけなかった理由かもしれませんがぁ・・happy02キャッ

登場人物の心の動きにもやっぱり少しついていけない部分がありました。

小説はもう少し、靖子の心の葛藤が描かれていたと思うのですが・・
石神を疎ましく思う気持ちと、頼るしかない状況の苦しさ・・。

最後に真実を知って、さらに苦しむ心など・・。
本当はもう少しそのあたりの表現が欲しかったかも・・。
一緒に観劇した友人もそこのところが惜しいと思ったようでした。

靖子という女性は、葛藤はあるとはいえ、
かなり自分本位で動いているし、その彼女が、

「あなたのために私ができることは自首すること」ってのが、どうも・・。

自首することで救われる心は誰の心か?
貴方と私と、そして何より娘のために、彼女は自首したのではと思えてなりません。
私・・素直じゃなさすぎでしょうか・・。

あの場に杉下右京がいたら、

「石神さん、あなたのしたことが、彼女への愛ゆえ、
愛する人を助けたい一心であることはよくわかります。
しかし、あなたのしたことは結局は一人の罪のない人の命を
奪っただけではありませんか。
そんなやりかたで、本当に彼女を救えるとお思いですかsign03 」

そして、プルプルと震える右京・・・なんてことになるんじゃないかなぁthink

はい、「相棒」の見過ぎです・・自覚ありますsweat01

もっとも、多くの方は素直に石神の愛に感動されてましたよ。
会場のあちこちからすすり泣きが聞こえましたから。

実は、パンフレット(フォトブック)に演者さんたちの座談会が載っていたのですが、
そこにあった川原さんの言葉に私は思わず、ポンと膝を打ちました。flair

川原さんは石神を評して、
「自分本位の人。自己犠牲的な自己満足の人。自分のすることで、
相手がどうなるかを考えられない人」

というようなことを言っていました。

まさに、そうだと思いましたね。
上手く解説してくれるなぁ・・さすが川原さん・・ありがとう。happy01
heart04

そんな石神だから、最後に自分の計画が破たんすることまでは分からなかった・・。
つまり靖子の心までは分からなかったのでしょうね。

まだ、公演は続いていますので、
ご興味のある方は、ぜひ観に行ってみてください。

ということで、ちゃんとお芝居も観たぞと主張しつつ・・
やっぱり川原さんは素敵だ・・大好きだ・・という確信をもった観劇でありました。

一緒にお芝居を見てくださった二人の友人にも感謝いたします。
またご一緒いたしましょう~shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« ウェディング | トップページ | アフタヌーンティー その38 リーガロイヤル・東京 »

コメント

こんにちは。
生で川原さん見ることができて良かったですね。
キャラメルボックスは昔から好きな劇団で、今もこうして活動盛んなのが嬉しいです。
映画はいちどテレビで見たのですが原作未読で・・・読んでみようと思います。

あやめさん・・
やっぱり俳優さんは生でお会いすると、とても素敵ですよね。
オーラもあるし・・(*^_^*)

「容疑者~」は映画はかなり原作から離れている感じがします。
雰囲気とか・・。話の中心も映画は福山雅治さんですけど、
原作はちょっと違うかなぁ・・。

機会があればぜひ読んでみてくださいね。

生伊丹刑事、いえ、川原和久さんに会ってらしたのですね。
よかったですね~♪
ぴあのさんの影響でしょうか。
相棒の再放送など、伊丹刑事ばかりを見るようになってしまいました(笑)
最初はわからなかった良さを、今、発見しています。

東野圭吾さん、結構読んだのですが、「容疑者Xの献身」はまだです。
面白そうなので、今度、読んでみます。

blue kittyさん・・
生川原さんは姿もそうですが、お声がとても素敵でしたよ~♡

東野圭吾作品は私はどういうわけか縁があって何冊か読んだのですが、
・・実は「容疑者~」はプレゼントされて・・
なぁ~んか、波長が合わないんですよね。(^_^;)

読まれた時はぜひブログにて感想をお聞かせくださいね☆

追伸:ちなみに私が伊丹ファンになったのは相棒がミッチーになってからです(^_^;)

「相棒に出ている方と生で会おう」 計画とは
なんと 素晴らしいプロジェクトなんでしょう~
乙女心を くすぐられますワ!!
是非 制覇して下さいねheart02
ぴあのさんの愛しの 川原和久氏とは・・
なんとも 渋くて 男っ気がプンプンしていますね~
一度 俳優としての 川原氏の演技を
拝見したくなりました

sakuraさん・・
一番の難関と思われた水谷豊さんにお会いできましたからねぇ。
映画の舞台挨拶っていい制度ですねぇ(^_^;)

私もまだファン歴が浅いのでよく知らないのですが、
川原さんはもともと舞台役者さんのようですが、
それにこだわっていると言う風にも見えません。
テレビドラマにもちょくちょく出てらしたようなので・・。

でも最近はほぼ「相棒」中心で・・。
ご結婚なさることですし、露出が増えるといいなと思っています。

会いやすい人にはよく会えるんですけどねぇ。
また来月、山中さんには会えそうです・・ふふ。

容疑者Xの献身・手紙は映画で観た~☆
東野圭吾さん独特の世界だよね。
容疑者もそうだけど特に手紙のラストは、もうホント泣けた泣けた…
キャラメルボックスといえば、
本当は私も“アルジャーノンに花束を”を観に行く予定だったのだけど、
例の諸事情で行かれなくなっちゃって・・・(>_<)
観たい映画もお芝居もまだまだ、たくさんあるんだ~☆
また今度ご一緒に…ぜひぜひ~☆
PS
アロマエのメッセありがとねー(^O^)
漫画も又違った視線で楽しそうだね。

ぴあのさんのプログはいつもいつも、感心させられます。
どうしてこんな長い文章がかけるのかしら。
小説読んでるみたいに、面白いです。

また、あらゆるもののセンスが良いこと!
 さすが、ゆかりんのお友達。

ゆかりんさん・・
私も両方とも映画見ました。DVDでだけど・・。TUTAYAだけど・・(^_^;)
「容疑者~」はやっぱり少し原作と違うからなぁ・・。
「手紙」の方はなんといっても山田孝之くんの演技ですね。光ってたねぇ。
役者がしっかり見せてくれた秀作だと思いますわ~☆
沢尻エリカも、あんなに清楚な演技できるのに・・もったいない・・。

映画も観劇もいつでもお声かけてくださいませ~☆

マリリンさん・・
そんな、お褒めのお言葉~感謝感激!!
面白いと言っていただけると、本当に嬉しいです。
実は、こっそり「面白い」を目指しているので・・(^_^;)

これでも下書きから文章をかなり削っているのです。
本当はもっと短くスマートに書きたいのですが、
どうしても饒舌になってしまって、
読んでくださる方は、面倒だろうなぁと思っています。

これからもお時間のある時に読んでいただけると嬉しいです。
よろしくね~☆

私も、「容疑者Xの献身」見てきました!!
川原さんはすごーくかっこよくて、ますます好きになりました。
川原さんダイスキです!!
やっぱり生のお芝居は迫力あるし、心にじーんときて、
最後は涙がでました。川原さんも素敵ですが、役者の
皆さん、さすがプロ!素晴らしいですね。

みかんさん・・
行かれたんですね、観劇!
よかったですね!

ね~素敵ですよね~<川原さん
セリフがないときもちゃんと刑事さんでいて、
当たり前なんでしょうけど、
お芝居ってそういうところも観れて楽しいですよね。
それに、アドリブも・・(^_^;)
あれは、ベテランならでは、ですよね!

また、こんな機会があるといいなと思っています。

ほんとうに!!素敵です☆☆
アドリブもおもしろくて。さすがベテランです!!筒井さんとの
掛け合いが(つっこみが)おもしろくてわらっちゃいました!
楽しかったなあ。
時間が許すなら何度でも、行きたい作品です。

また、舞台の川原和久さんがみたいです☆

みかんさん・・
そうですよね~。

湯川のところの学生とのやり取りも面白かったですよね。
私は2回観劇しましたが、両方、違うセリフだったんですよ。

大阪では大阪の話題を振っていたようですし・・。
そういうのが舞台の面白いところかもしれませんね。

毎年、何かやってくれるといいですね!

お久しぶりですhappy02
ときどき、ブログ拝見していますょ!!
「相棒」私も大好きです。
実は、今日まで、1週間ほど入院していましてweep
再放送の「相棒」ず~~~と見ていました。
見ている時は、痛みを忘れるほどでした(笑)

素敵な、楽しみ方していますねnote
負けずに・・・今の一番楽しみ(入院中の為)入浴します(o^-^o)

空元気さん!!!
まぁなんてお久しぶり!
sakuraさんのところで、お見受けして、嬉しく思っていましたが、
そうですか・・入院なさっているんですね。

入院中はテレビも一つの楽しみですものね。
「相棒」を楽しまれてるなんて、嬉しい限り・・(*^_^*)

お仕事柄、お疲れが出たのでしょうか?
どうぞ、一日も早く、よくなられて、あの素敵なお家に戻れますよう、
お祈りしています。

そして、またお時間がございましたら、
「ブーケ」にもお越しくださいませ~☆

学生とのやりとりもおもしろかったです。おばあちゃんの話ですよね。(*^◯^*)
観劇のたびにアドリブがでたり、大阪だと関西の雰囲気を出す場面があったり
するのってすごいですね!!
私は、地方に住んでいて、1回しか行けませんでしたが、
本当はもう一度みたかったです。それぐらい、何度みても
いい作品でした。

川原さん〜また舞台してください!!って心から思います。

みかんさん・・
そうです。おばあちゃんの話。
あそこのセリフが何パターンかあるみたいですよ。
川原さんの百面相みたいな顔芸が生きてますよね!

キャラメルボックスの役者ブログで、
今年はこれが最初で最後の舞台というようなことを
川原さんが仰ってます。
http://caramelbox-actor.blog.so-net.ne.jp/2012-06-14-1

終わったら、結婚式かな? 相棒の撮影かな?

またきっと楽しませてくれますよね。

あのおばあちゃんのシーン、何パターンかあるんですね。
舞台本当によかったなあ。いまでもいろいろ思い出します。

結婚式ですかね。いつかなあ??

みかんさん・・
私が見た、初期のものは

「あの人気ドラマが、あと10年は続く」と
おばあちゃんが予言して・・
川原さんが顔芸で・・「うそぉぉぉ!」と反応。

というものでした。
もう公演終わりましたので、ネタバレです(^_^;)

結婚式はお預けかもですね。
「相棒:スピンオフ映画」情報解禁になったみたいですし。

伊丹刑事が主演だといいなぁ・・。

あの人気ドラマがあと10年は続くだったんですね。
大阪は、上沼恵美子さんがでたようです。
私が観劇したときはなかったような・・・・・

映画スピンオフ本当だったんですね。
Yahooには、サイトにのってましたが、本当かなあ?と
疑っていたので、本当だと知り、とてもうれしいです。
イタミンが主役だったら本当にうれしいですが、
どうかなあ?米沢さんの2かな?大河内さんかな?といろいろ
勝手に想像を膨らませてます。
今度こそ、映画の試写会に申し込みたいなと思います。

もう一度生で川原さんを見たい!!と思うこの頃です。

みかんさん・・
試写会や舞台挨拶があると嬉しいですね。
公式の発表を待ちましょう。

楽しみが増えました~☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/54852657

この記事へのトラックバック一覧です: 「容疑者Xの献身」 観劇:

« ウェディング | トップページ | アフタヌーンティー その38 リーガロイヤル・東京 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず