アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« グルメはどうした? | トップページ | 九州の旅 お食事編 »

九州の旅 旅情編

前回、長崎を旅してから、5年の月日が流れました。
九州は何度か訪れていますが、福岡の観光はしたことがありません。
・・美味しいものは食べたけど・・

前回のブログは、こちらです。
長崎・ALWAYSな旅 ~ 長崎・博多の旅、・・お土産 三部作です(^_^;)

このたび、久しぶりに九州へ行く機会に恵まれました。
福岡に住む友人から、一緒に山笠見ようよ、というお誘いがありまして、
出かけることになりました。

ところが、ご存知のように、ここ数週間、九州はどしゃぶり。raintyphoon
大きな被害がでるほどの雨に、旅行の先行きは心配されておりました。think

当日、40分遅れで羽田を飛び立った飛行機が福岡空港に着くと、
外は意外に、小雨です。

これなら・・と思ったのもつかの間・・。
ホテルに着くころには土砂降りとなりました。rain
typhoon

ホテルのすぐ側に博多川端商店街がありました。
その商店街には、いくつもの山笠が飾られています。

P1010165_480x640

 

アーケードの天井につかんばかりの大きな山笠は見ごたえがあります。
P1010161_640x480

 

 

 

 
これらは「飾り山」というそうで、実際に担いで歩くものではありません。
こうやって街中に飾って置くもののようです。
こんな、かわいいのもありましたよ。

ドラえもん、ですねhappy01

一通り見学して、友人の予約してくれた居酒屋さんでご飯を食べ、
9時には一旦、ホテルに戻って就寝です。

なんと、この頃には雨は小雨となっていました。rain

実は、山笠というお祭りは、朝早くから始まります。
私たちは友人の予約してくれた桟敷で見ることになっていましたので、
3時にはホテルを出発しなくてはなりません。

頑張って2時半に起きましたよ~clock
ホテルを出てみてビックリsign01 なんと、空は晴れていたのです。moon3

桟敷席は櫛田神社の境内にしつらえてあり、3時半頃着くと、
すでにお客さんがびっしりと座っていました。
予約券は持っているものの、席は早い者勝ち。
皆さん、2時ころから陣取っているそうです。sweat01

4時59分に口上が始まり、5時ジャストに祭りが始まります。
その時をじっと待つ男たち・・。

P1010183_640x480_2アナウンスでカウントダウンが入ります。
30秒前・・10秒前・・

うぉぉ~という掛け声とともに一番手の山笠が境内に雪崩れ込んできて、
決められたポイントを回って出て行きます。
境内に入ってから出るまでのタイムを競っているそうで、
だいたい35秒前後・・あっと言う間です。coldsweats02

コンデジで頑張ってみましたが、
動きのある写真を撮るときどうするんだっけ?
と言ってるうちに山笠は去って行きます。sweat01
結果・・ひどい写真ですが・・
こんな感じで、走りこんできます。手前に旗があって(見えてませんがsweat01
それをぐるっと回って戻って行きます。

P1010195_640x480_4数トンにもなるという山笠を担いで押して・・
大勢の男たちの声と熱気、力強さが、桟敷の上までも届いてきました。

飾り山も一つだけ引かれてきます。
飾り山は高さがあるので、電線などの障害をクリアできなくなって、
今は、一つだけを最後に担いでくることになったようです。
この飾り山は背の高さが調節できるようにしてあるそうです。

P1010197_640x480境内を出た山笠は街をフルスピードで駆け巡ります。
P1010203_640x480
こうやって、沿道で見るのも迫力ありますよね。

私たちが見たのは「追い山笠」といって、山笠祭りのクライマックス。
実際にはお祭りは7月の始めからずっと続いていたようです。
約一月間、祭りに没頭した人たちは、
終わるとしばらくは気が抜けたようになるんじゃないでしょうか。

ホテルで朝食を摂った後、チャーターしたワゴンのタクシーで唐津へ向かいました。

唐津市に入って、最初に行ったのは呼子の朝市です。
P1010205_640x480といっても、すでに11時近くなっていて、「朝市」という雰囲気ではありませんが・・。sweat01
P1010204_640x480イカを売るお店が多かったです。
沢山捕れるのかなぁ。
←これは、いいアイデア!


傘のようにぶら下げられたイカが
勢いよく回っています。
よく乾くだろうな・・・
そして・・美味しいだろうなぁ・・。delicious

 

P1010206_640x480_2



こんなものもありました。→

「呼子イカ検定」 の石碑 coldsweats01
やっぱり呼子の名物はイカに違いないですね。

お昼を挟んで、次に行ったのが「波戸岬」
ここは九州の最西北端。目の前の海は
玄界灘です。↓
P1010222_640x480
気持ちのいい海風を体いっぱい浴びることができました。
・・あ・・・日焼け止め塗るの忘れた!と思ったのはこの時・・shock

その後、車は唐津くんちの山車の展示館「唐津曳山展示館」へ向かいました。

唐津くんちの山車は「曳山」と言うのです。

この大きな曳山を引いて歩くんでしょうね。こちらも迫力ありそうだなぁ。
そして、どれもとてもユニーク。
 

P1010228_640x480_4

P1010226_640x480_7

P1010229_640x480

P1010232_640x480唐津ではもう一つ、石炭王としてその名を馳せた高取伊好の屋敷に寄りました。
それは大きな立派なお屋敷です。

 

国の重要文化財となっています。
邸内の写真は撮れませんが、表からの写真を撮ってみました。

 

P1010230_640x480_2

 

このお屋敷は明治大正昭和と継ぎ足される形で大きくなっていったようです。
古い日本家屋ですが、窓枠や電燈、調度品など隅々に凝った細工がなされ、西洋の香りがしていました。

 

洒脱な方だったのでしょうね。
そして、当時の石炭産業の勢いを強く感じる贅沢なつくりのお屋敷でした。

 

半日以上かけてゆっくりと唐津の町を楽しむことができました。

ワゴンタクシーをチャーターしての旅は初めてでした。rvcar
私たちは全員で8名だったのですが、
バスだと、時間の無駄もなく、体も楽で非常に良かったです。
チャーター料も人数で割ればお得ですし、
ゆっくりと観光できて、とても便利でした。happy01

P1010245_640x480_2

福岡に戻って、元祖もつ鍋をいただき、そのままホテルに戻る・・はずでしたが、
やっぱり、どうしても行っておきたいということになり・・coldsweats01
ふらりと
中洲へでかけました。屋台が沢山並んでいます。

こちらでは「長浜ラーメン」を食べました。
ええ・・晩御飯を食べた後でしたけど・・coldsweats01



あくる日は、太宰府天満宮へ・・。
とても綺麗に整えられた参道・・。

P1010249_640x480
ご存知菅原道真公をお祀りしている神社です。
京都から流されてきた道真公が亡くなった折に、牛舎に乗せて運んだところ、
途中で牛が動かなくなり、そこに墓を建てたと言われているそうです・・。
 

御神牛の像です。
P1010255_640x480

道真公のご遺体を引いた牛ということですよね。

 

頭をみんなが撫でていく・・coldsweats01
もちろん、秀才だった道真公にあやかろうとしているわけですから、私もせっせと撫でました。




参道にもう一つとても目を引く建物がありました。P1010253_640x480



珍しそうに観光客が写真を撮っています。camera (あ、私もか・・coldsweats01

スターバックスですね。
スタバって地元の風景を反映することがありますよね。

確か、韓国のスタバがそうでした。
世界で唯一母国語で書かれた看板だった・・。
 

P1010267_640x480


境内で、小さなお猿さんが一生懸命芸をしていました。
福岡の猿回し・・ま、関東とさほど違いませんが・・(^_^;)

 愛嬌のある姿に、一同、温かい拍手です。

 
たった二泊三日の旅でしたが、
本当にたくさんのものを見ることができました。

当地で案内役をかってくださった友人ご夫婦に感謝しています。confident
お蔭さまで、まったく無駄なく、楽しい旅行となりました。

福岡には、絶対、もう一回、来ますsign01
今度は「ドーム」で野球を見にsign01
楽しみは残しておかなくちゃね。

さて・・お食事編へと続きます。
アップは今しばらくお待ちくださいませ。shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« グルメはどうした? | トップページ | 九州の旅 お食事編 »

コメント

案内してくださる方がいると旅もぐっと楽しくなりますね!
沢山の写真からも楽しさが伝わってきます、
楽しさのおすそ分け有難うございました♪お祭り、迫力あるなぁー

あやめさん・・
あやめさんの三連休はいかがでしたか?

お祭りは想像以上に山笠が大きかったのでびっくりしました。
大勢の男衆の迫力がすごかったです。
この祭りのためだけに集まる担ぎ手もいるらしいですよ。

旅行は好きなので、また機会があったら行きたいですね!

旅行中はお天気に恵まれていらしたのかな?
山笠、迫力がありそうですね。
揃いの衣装で、勇壮な男衆を見ると、
見ている側もワクワクするような。。。

お食事編、楽しみに待っています(^o^)

blue kittyさん・・
お祭りが始まる時間には雨はあがって、
そのあと、ほとんど降らず、唐津ではいいお天気でした。
本当に、帰りに飛行場に着いたら土砂ぶりに・・。
友人の話だとその日一日ひどい雨だったそうです。
実は仲間内に晴れ男がいたんです。今回も、みごとでした!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/55219771

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の旅 旅情編:

« グルメはどうした? | トップページ | 九州の旅 お食事編 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず