アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー その40 HIGASHIYA GINZA | トップページ | 雑記 1 「秋の夜長に好きなもの」 »

音の宝石 「やもりやもり」 「山下達郎」

「感動」ということばって、素敵な言葉ですけど、
そうそう、容易く手に入るものではないですよね。

好きな役者さんに会って、
ドキドキとときめくことはあっても、
すこし・・「感動」とは違うかなぁ。Gpiano
「感激」だよね、あれは・・。

このところ、続けて、音楽に感動することができました。

今日は、そんなお話・・

9月に入って、ライブに二度ほど行く機会がありました。notes

一つは、蒲田のアプリコというホールで開催された、
「やもりやもり」のコンサート・・・heart04

「やもりやもり」といっても誰かしら?と思いますよね。
実は、森山良子さんと矢野顕子さんのお二人が、
ちょっと、やってみようかと組んだコンビです。

森山良子さんと言えば、私の世代では、やっぱり・・
「禁じられた恋」ですよね。confident
良子さんはあの頃となんら変わることない透明な歌声でした。

矢野顕子さんといえば・・
最近、CMで「ただいま・・ただいまnotesと歌ってらっしゃいます。

ピアノが天才的にお上手。
彼女が弾くと、ピアノは楽器ではなく、彼女そのものになるみたい。
自由自在と言う言葉の意味がよく分かる、そんな弾き手です。

二人のデュエットは想像通り素晴らしいものでした。heart04

良子さんの透明な歌声は、どこまでも正統派で、純粋で・・。
そして、顕子さんの歌は、決して予想通りには進まず、
あっちこっちと飛び歩きます。それでいて、決して迷子になることはない。
二人の音楽性が絶妙に絡み合います。

顕子さんのピアノで森山さんが歌った歌もありましたが、
まさに、このコントラストの醍醐味でした。
自由に動き回るピアノの旋律に、決してつられることのない歌声。
どこへ行ってしまうのかと思うと、ふっと帰ってくるピアノの音は
不安定なのではなく、歌に虹のような色をつけていきます。

良子さんは「さとうきび畑」も歌ってくださいました。
透明で純粋な声だからこそ、あの歌の意味がストレートに刺さってきます。

そして、もう一つ・・
二人で歌った
「あなたと歌おう」という歌がとても印象に残りました。
著作権の問題がありますので、全部は書けませんが・・

「夢はまだあのまま 私を待つはず
 約束通りに行く 必ずまっていて
 ****
 あなたと歌おう 
 ***
 憂いを希望に変える 明日への歌を・・」

今、この年齢だからこそ歌える歌なのかもしれない、そう思いながら聴きました。
さとうきび畑とともに、聴いていて心が揺さぶられ、涙が出ました。

そして、心に響いたと言えば、もう一つのコンサートも素晴らしいものでした。

それは、つい先日まで渋谷の映画館で上映されていたもので、
「山下達郎 シアター・ライブ」というフィルムコンサートです。

1984年から昨年までに行われたライブの中から、
選りすぐりのものを選んで、つなぎ合わせて、
まるで目の前でライブが行われているかのように編集されたものでした。

30年ほど前からずっと達郎さんの音楽を好きで聴いてきましたので、
すべての曲が当時のいろんな思い出とともに、心に響いてきました。

何より、「やもりやもり」と同じで、その圧倒的な実力は、
それがフィルムなのだということを忘れさせるほどに素晴らしく、
改めて山下達郎と言う人のすごさを見せつけられた気がします。confident

映画の中ではいつものライブと違って、ほとんどMCがありません。
ずっと歌でつながれていくのですが、一か所だけ説明がありました。

それは「希望という名の光」という歌のところです。
「てぃだかんかん」という映画の主題歌でもありましたので、
ご存知の方も多いかもしれません。

達郎さんによると、これは2010年に作ったものだそうですが、
震災後、この歌へ思いを寄せる声が多く、
2012年のライブで、また歌うことにしたそうです。

途中、こんな歌詞があります。

「底知れぬ闇の中から かすかな光のきざし
探し続ける姿は 勇気という名の船
*****
運命に負けないで たった一度の人生を
何度でも起き上がって 立ち向かえる 力を送ろう」

私たち一人一人の人生にある、沢山の迷いや、悲しみ。
でもそこから先に小さく見える光を目指して、
何度でも、立ち上がって行きたい・・

お互いが支え合い、助け合って、足りない力を寄せ集め、
明日に向かって進むことができたなら、
少しでも、前に進めたなら・・・きっと生きていける・・。

そんな気持ちが湧いてきます。

実は、ちょっぴりバカにしていたシアターライブ。
どうせ、映画でしょ・・・。

それなのに、達郎さんの歌の力は、圧倒的で、胸に迫りきて、
そして、この歌のところで、まさに感極まって、
涙がボロボロと零れ落ちました。

そして・・
どうやら、周りのみんなも・・weep

音楽は・・

声と楽器という媒体を使って、たった数分の中に
強く、温かいメッセージをこめて、私たちに感動をくれる・・。

改めて、音楽の素晴らしさを知った・・そんな9月でした。shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« アフタヌーンティー その40 HIGASHIYA GINZA | トップページ | 雑記 1 「秋の夜長に好きなもの」 »

コメント

森山良子さんも、矢野顕子さんも、そして山下達郎さんも、
皆、大好きなアーティストです。
音楽で涙が出ることってありますよね。
素敵な感動の瞬間を持たれたの、羨ましいです。

そう言えば、山下達郎さんのベストがそろそろ出る頃だと思います。
いろんな思い出もあるので、是非買おうと思っています(^-^)

blue kittyさん・・
達郎のベスト、もう出てるみたいですよ。
ツイッターで聞きました。

私も達郎の曲は、時代の場面が思い出されます。
でもライドオンタイムですら、もう30年前??(^_^;)

山下達郎のベスト、つい先日(9/26)発売されたようですね。
昨日はFMでも山下達郎特集(ベスト発売記念?!)で、沢山彼の曲が流れていました。うちの旦那もベスト買う気満々です(ただ今出張中

歌声で感動して涙する。そんなパワーを持ったアーティストさん、いますよね
山下達郎さんもそのおひとりなのですね。素晴らしいなぁ
いい体験をされましたね!

あやめさん・・
達郎のライブで泣いたことって今までありませんでした。
なんていうか、いつもHAPPYにしてもらって帰ったという感じです。

今回、この歌の持つ力と言うか、楽曲の力ではないかと思うのです。
もちろん、それを表現する実力が達郎にあるということも確かですけど。
作ったのも達郎なので、総合的に彼に力があると言う事なのだと思います。

ま、それに加えて自分が20歳のころから
ずっと聴いてきた人だということもあるかもしれませんね。

もし、CD買われたら、「希望と言う名の光」、聞いてみてくださると嬉しいです。

同じく私も
森山良子・矢野顕子・山下達郎が大好き~(*゚▽゚*)
“やもりやもり”は知らなかったけど…
それにしても、ぴあのさんのその情報はどこからくるの~?
チケット購入ルートも気になるし、、、
また今度何か機会があった時、私にも声をかけて~☆
長野から飛んでいくわ♡

ゆかりんさん・・
なにを仰います~。
ゆかりんさんの方が、いろいろ情報お持ちじゃないですか。
なんとかソレイユとか、いろいろ・・。
私はあの手のものはゆかりんさんのブログで知るのですわよ。

私の場合はぴあで「お気に入り」タレント登録して
好きな人の情報を集めています。
音楽関係は放っておいても主人が情報を集めてきますので、
達郎などは、黙っててもCDが我が家にやってきます。(^_^;)

やもりやもりの場合は、
このコンサートを行っているホールが我が家から近いこともあって、
会誌を送ってもらうようにしていて、それで知りました。
落語とかときどき、こういうコンサートとか・・
そうそう、市原悦子さんもこちらのホールの関係で知りましたね。

それくらいです。
ゆかりんさんが長野の情報をお持ちのように、
私は川崎、大田区の情報は持っている、というだけですわよ。

何か楽しそうなことがあったら、お互いに、声かけましょうね!

そうそう、12月に神奈川芸術劇場で向井理の“悼む人”があるね~☆
最速抽選で申し込んでみようかと思っているんだ(^O^)v
もしかして、ぴあのさんも?

ゆかりんさん…
いま、サイト見てみましたが…
平日、昼間の回がない!
土日や夜はダメですぅ。残念。
ゆかりんさん、行ったらまたお話聞かせてください。

山下達郎さんを30年もお聞きになられたということなら、
ライドオンタイムよりまえでしょうかね。
シュガーベイブの達郎さんや矢野さん。
あのころは才能と情熱の塊のような人でした。

そうる11さん・・
そうですね、シュガーベイブは後追いなので
あまり詳しくはありませんが・・。
ライドオンタイムは確実にリアルタイムです。
そのちょっと前から知っていて、聞いていました。
GO AHEADとかかなぁ・・。
主人が友人から教えてもらったのが始まりです。

彼らは才能がまだ枯渇していないのがすごいですよね。
キラキラ、今も輝いていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/55738638

この記事へのトラックバック一覧です: 音の宝石 「やもりやもり」 「山下達郎」:

« アフタヌーンティー その40 HIGASHIYA GINZA | トップページ | 雑記 1 「秋の夜長に好きなもの」 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず