アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« ワールドグルメツアー in 川崎 | トップページ | 久々の・・野球観戦 阪神VS横浜 »

「しゃばけ」 観劇

昨年、いくつか観劇をしたのですが、
基本的に、〇〇さんが出演するから・・というのが目的の観劇がほとんどでした。

今回、珍しく、お話に惹かれてチケットを買いました。
舞台のお題目は・・「しゃばけ」

ご存知の方も多いでしょうか?Img_top
畠中恵さんのベストセラー小説の舞台化です。

シリーズ第一作目が出た時からずっと読んできましたので、
これが舞台化されると聞いて、ぜひ見てみたいと思いました。

以下、若干ネタバレありますので、お気を付けください。

「しゃばけ」について簡単にご説明しますと・・
江戸の大店「長崎屋」の一人息子、一太郎は病弱で
何かというとすぐに寝込んでいるような息子です。
歳は15歳。高校生くらいですわね。

実は彼には特殊な能力があります。
それは、世に棲む
「妖(あやかし)」が見えるのです。
見えるどころか、一太郎の周りにはその妖がいっぱいいて、
彼等は一太郎に友達のようにまとわりついております。

一太郎の世話役の手代も・・実は妖。
どうしてこんなことになっているかというと・・・

その謎解きと、妖たちと一太郎が巻き込まれるお江戸の騒動記が
「しゃばけ」シリーズです。(初刊2001年~10シリーズ)

「しゃばけ」には出版社に公式サイトがございます。
こちらをご覧になると、登場人物など詳しく載っています。
「しゃばけ倶楽部」

ご存知の方も多いと思いますが・・・
私は大の妖怪好き。eye
sweat01

身の回りにいる面白おかしい愛くるしい妖たちと若旦那の日常は
ある意味憧れで・・heart04

さて、その「しゃばけ」が今回、沢村一樹さん主演で舞台化されたのです。
共演者は、宇梶剛士さんや、麻実れいさん、マギーさんなどです。

高橋光臣さんも沢村さんの弟役でご出演でした。

「しゃばけ」の可笑しくもあり、切なくもある世界を
舞台でどう表現するのか・・
妖たちは、どんな風なのか、とても興味がありました。

舞台そのものは、予想外に歌あり踊りありの楽しいものでした。
麻実さんの歌と踊りは、お得な感じがありましたよ。
お綺麗です。スタイルも抜群・・。舞台にパァッと花が咲きます。heart04

そういえば沢村さんもスタイルいいのです。
細身で、お顔がちいちゃいsign03

全体をコメディタッチで描きつつ、
ほんのりと苦く淡い恋心や、生まれ持った因果に悩む若旦那など
原作の持つ世界観もちゃんと描いていました。

鈴彦姫という妖役の星野園美さんという方が
高い声と大きな体をつかって強烈なキャラを振りまいていまして、
この方のおかげで舞台が賑やか・・happy02

私としては大好きなサラリーマンNEOの沢村さんと、
「相棒」でいい味を出していたマギーさんが見れただけでも 
キャスト的には大満足だったのです。

ただ・・・

もともとある「しゃばけ」の設定を
ここまで変えて舞台化する意味ってなんだろうと思ってしまいました。think

「しゃばけ」では一太郎はまだ子供です。
でも沢村さんは・・どうやら等身大の年齢設定。
そのせいか、一太郎の腹違いの兄弟が、原作では兄なのに、
舞台では弟・・これが高橋光臣さん・・になっていました。

微妙にニュアンス違います。sweat01

まだ幼い頼りない一太郎が、
自らの出自とそれにまつわって起きる事件とに振り回されながらも、
大人として成長していく物語であるはずなのに、
それは、沢村さんでは無理ですよね。

幼馴染みの栄吉を宇梶さんが演じてらっしゃいますが、
原作ではもちろん、こちらもまだ若者のはず。

若者のもつ青春の悩み、苦悩というものは・・無理ですよねぇcoldsweats01

そして、マギーさんの演じた手代佐助は大男のはずだし、
もう一人の手代「仁吉」は切れ長の目の色男のはず。
でもお芝居ではこの二人が「笑いどころ」を担当。
原作でも、若旦那を溺愛する様が笑いを誘いますが・・
相当にイメージは違います。coldsweats02

沢村一樹さんで「しゃばけ」をしたいがための、人物設定なのかな?
長年のファンとしてはちょっぴり複雑でした。

「しゃばけ」は映画化もされていまして、
そちらでは一太郎はジャニーズの手越くん、
先ほどお話した鈴彦姫は早乙女太一さんがしてまして・・
そちらは原作のイメージ通りです・・coldsweats01

あ・・だから同じことはしない、ということでしょうか。
わざと違った色の「しゃばけ」で挑戦してみた・・ということかなぁ。

ところで、ロビーに飾られた沢山のお祝いの花・・。
中には有名な女優さんや俳優さんからのものもありました。
その中に・・こんなの見つけて思わず写メを撮ってしまいました。
P1010573_640x480

いつか、義徳君のお芝居も見てみたいな・・。heart04

「しゃばけ」ご興味のある方はぜひご本をご覧ください。
アニメ読むみたいに、軽く読めます。

楽しいですよ~☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« ワールドグルメツアー in 川崎 | トップページ | 久々の・・野球観戦 阪神VS横浜 »

コメント

初めて「しゃばけ」を読んだ時、面白いなと思って、何冊が続けて読みました。
今も本屋さんではシリーズで平積みになってますね。
これだけ、独特の世界観があるものを、舞台にするのって難しそうです。
私は映画や舞台があまりに原作とかけ離れてしまうと、
ちょっと残念な気持ちになってしまいます。

と、言うのか、読むばかりで観ないのですが・・・(汗)

blue kittyさん・・
舞台や映画のまた別世界と思えばいいのでしょうが、
作品に思い入れがあると、ちょっと戸惑いますよね。
もちろん、お芝居自体は芸達者なかたがお揃いで
今回もすごく楽しかったんですけどね・・。

それと、私はお芝居は深刻で難しいものより、
こんな感じで笑って泣いて、最後、幸せになるのがいいなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/57245573

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゃばけ」 観劇:

« ワールドグルメツアー in 川崎 | トップページ | 久々の・・野球観戦 阪神VS横浜 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず