アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー その46 インターコンチネンタル・東京ベイ | トップページ | アフタヌーンティ 番外編 
マイフェアレディ・ガーデンアフタヌーンティ »

マイ・フェア・レディー 観劇

「マイ・フェア・レディー」を観劇してまいりました。heart04130516_123020_640x480

その昔・・・
たぶん、高校生か、大学生・・もう定かじゃない・・coldsweats01

「マイ・フェア・レディー」を原書で読んだことがあります。もちろん、読んだ・・・というより訳した、というほうが正しいですけど。

訳すのに一生懸命で物語を味わうなんてことはもちろん出来ず、正しく訳したのかどうかも・・・分かりません。
そういうことをやってみたかったんですよね。

まぁ、それでもなんとなくストーリーは分かりました。

大方忘れてますが・・・sweat01

オードリー・ヘップバーンの映画もありましたね。観てませんが・・sweat01
テーマ曲の「踊り明かそう」は有名です。

素敵なミュージカルの舞台・・観てみたいな~というのも
もちろん、本当の気持ち・・・ですが・・。

以下、多少のネタバレあります。ご注意ください。

実は、今回のお芝居の主役は
寺脇康文さんと真飛聖さん

えぇ、えぇ、二人とも「相棒」の出演者の方でございます。coldsweats01
寺脇さんは言わずと知れた一代目相棒の亀山薫、
真飛さんは、シーズン11から新しく相棒になった甲斐亨の恋人・悦子役です。

こんなチャンスは・・滅多にございませんsign01
一粒で二度おいしい・・この状況sign03

いろんな意味で、このお芝居をぜひ観たいと思いまして、
早くからチケットを買って楽しみにしていました。

劇場は「帝国劇場」
昔・・「ミスサイゴン」を見たのが最初で最後の劇場です。
あの時は今は亡き本田美奈子さんが主演で、
彼女の圧倒的な歌唱力に感動したものです。confident

「マイ・フェア・レディー」、ストーリーはあまりに有名ですが・・
一人の花売り娘を半年で貴婦人にする、と宣言した言語学者と
それが成功した折には資金を出そうと言い出した大佐。
娘は特訓の末、正しい英語を話すようになったり、
貴婦人としての立ち居振る舞いができるようになりますが・・・

教育によって自我が芽生え、淡い恋心を抱いた娘と、
あくまでも研究対象としてしか彼女をみない教授。
・・まぁ、もっと言うと彼は女を男と同等には見てません。

さて、二人の運命は・・?という感じのものです。
(端折りすぎ??coldsweats01 )

甘い恋愛もの、ではありませんが、
人の価値とは?思いやりとは?といったことがテーマなような気がします。

寺脇さんが歌がお上手なのは知っていましたし、
相手役の真飛さんは、宝塚のスターですからね。
歌と踊りに関してはほぼ安心して観れました。

何より、大勢の役者さんたちが、ほんとうにお上手で、
歌も、もちろん名曲揃いだと言うこともありますが、聴きごたえがありました。notes

娘に恋をする青年役の方・・平方元基さんと言うのですが、
素敵な声をしてましたね。歌もすごく上手でした。

まだ線が細い気がしましたが、お歳が27歳ということで、
これからが期待されますね。

寺脇さんだから、なのか、ところどころ「笑い」の要素もあって、
大佐役の田山涼成さんとの掛け合いも面白かったです。

そして、真飛さんの衣装が、もう素晴らしいsign01
豪華絢爛。

キラキラと輝いていて、それでいて貴婦人らしい品もあって・・。heart04

さすがに宝塚出身の方だけあって、歌いながらの演技も、
あたりまえですが 堂にいってました。
彼女は男役のスターでしたけど、ドレスの着こなしも素敵でしたよ~lovely

もちろん、演出でもあるのでしょうが、
主人公の花売り娘が、下町の下品な姿でも貴婦人となった上品な姿でも
とても可愛らしくチャーミングで、天真爛漫に見えたのは、
真飛さんのお人柄のような気がしました。

「相棒」が長く続いて、特に主役だった寺脇さんは、
亀山薫の色がつきすぎたのではないかと懸念もされましたが、
その後の活躍目覚ましく、まったく払拭されたのではないでしょうか。

役者さんってほんと大したものですね。
これからもいろんな役で楽しませていただきたいです。

さて、今回のこのお芝居ですが、楽しいコラボがあるのです。
椿山荘にて、マイフェアレディー・アフタヌーンティーという企画がありまして、
キャストの皆様も、召し上がったようです。
公式HPにその様子が・・・

「SPECIAL TALK  真飛聖 寺脇康文 霧矢大夢」

このアフタヌーンティーを来週いただいてまいります。

そのご報告はまた別の機会に・・お楽しみに・・shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« アフタヌーンティー その46 インターコンチネンタル・東京ベイ | トップページ | アフタヌーンティ 番外編 
マイフェアレディ・ガーデンアフタヌーンティ »

コメント

マイ・フェア・レディと言って、直ぐに思い浮かぶのは
「スペインの雨は主に広野に降る」という言葉と、
オードリー・ヘップバーンの大きな帽子の衣装です。
ぴあのさんは、映画は観てらっしゃらないのですね。
でも、舞台も面白そうです♪

次回は、椿山荘のアフタヌーンティーですね。
楽しみにしています(*^_^*)

blue kittyさん・・
「スペインの~」はいったいどこが韻なのかと思いまして調べました。
・・覚えてないのがバレバレ(^_^;)
”The rain in Spain stays mainly in the plain”
なんと、「in」ですね?
訛るとどうなるんでしょうね。

舞台での衣装はほんと素晴らしかったです。
あの有名な大きな帽子の白と黒のドレスもですが、
社交界にデビューするときに着る真っ白なドレスがもう眩いばかりで・・。

ああいうのを見ると、ダイエットしようかなぁ~って(^_^;)
してもドレスが無いか・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/57403588

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・フェア・レディー 観劇:

« アフタヌーンティー その46 インターコンチネンタル・東京ベイ | トップページ | アフタヌーンティ 番外編 
マイフェアレディ・ガーデンアフタヌーンティ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず