アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 曙橋・・ふたたび・・  濱田金吾ライブ | トップページ | 雑記6  「夏の思い出」 »

バレエ音楽コンサート  オーチャードホール

今まで見たこと聞いたことのないものを
初めて体験するのってわくわくしますよね。

ここまで長く生きてくると、いろんなことを経験してますが、
それでもまだまだ・・見たいものも聞きたいものもいっぱい・・。
Barairoiro

行けるときに行かなくちゃ、ということで、
先日、生まれて初めて「クラシックバレー」というものを見てきました。

誘ってくれた友人は、よく一緒にお芝居を見に行く人です。
彼女Aさんは、20年以上前に同じ社宅に住んでいました。

お互いに長女が同級生で家族ぐるみでのお付き合いでした。

最近、私も見ているTBSのドラマ「半沢直樹」で、
社宅の奥様がたの恐ろしいお付き合いのあれこれが描かれていますよね。
私も時々「社宅って住みにくいんでしょ?」と言われたことがあります。
上司部下の関係性が奥様方の関係にも深くかかわる・・とすれば
それは確かに息が詰まる思いですよね。

でも、私の場合、故郷を遠く離れ、知り合いもなく、
初めての出産、子育ては、社宅だったから安心してできたと思ってます。
毎日のように、一緒に遊んで、お茶して、ご飯を持ち寄って・・。

私にとっては社宅は下町の温かい町内会というイメージなのです。
ドラマとは、えらい違いです。

今ではすっかり遊び仲間になった私たちは、
お互いの好きなものを押し付けあっては、見分を広げています。

で・・今回は彼女からのお誘いで、
夏休み特別企画のバレエ音楽のコンサートに行ってきました。
青島広志さんが司会&指揮をなさって、
解説者として宮尾俊太郎さんと熊川哲也さんがいらっしゃるということでした。

Img_0325_720x960_2


Img_0328_960x720_2

 

実際には宮尾さんと青島さんがずっと解説をなさって、
熊川さんは一曲だけお話に出てきて、すぐ帰ってしまわれました。
なんていうか・・客寄せ?って感じで残念でしたけど・・think

それはともかく、全体を通して、とてもいい時間を過ごせました。

なんですか、バレリーナという人種は体重がないんですか?sweat01

彼女らは、元気よく、勢いよく飛ぶ、ということは決してありません。
優しく、優雅に、ふんわりと・・飛ぶのです。
どうやったら、あんなふうにスローモーションのように飛べるのでしょう??

指の先までも計算され尽くした優美さが、
まったく苦しさを感じさせずに持続され、ふわり、と終わる・・。
本当にお人形のようでした。lovely

そしてそのお人形のような動きをサポートしている男性ダンサーも
みんなとても優雅で綺麗でしたね。heart04

彼らはみんな、恐ろしいほどにいい体してます。
特に上半身は女性を持ち上げるためなのか、ものすごいマッチョです。
でも足はとても綺麗。適度についた筋肉って感じでゴツゴツしてません。

最後にボレロを踊ってくれた宮尾俊太郎さんは、
その美しい体を生かして、広い舞台で一人、素晴らしい踊りを見せてくれました。
静かに始まり、だんだんと激しくなる音楽に合わせて体が躍動する感じ。
色気と激情のようなものがこちらに伝わってきます。heart04

自分の体が自分の思うように動き止まるって実際にはすごく大変なことですよね。
私なんて足をまっすぐに伸ばす、なんてことすらもうできませんもん。weep

長いバレエの舞台を全部飽きずにみる自信はないんだけど、
こんな風に解説付きで、いろいろと見せてもらうと面白いですね。

夏休み企画ということでお子様向けでもあったのですが、
客席には幅広い年齢層の方がたくさんいらっしゃっていました。
他にもなにか探して行ってみようかしらん・・。

今年の夏は、少し文化的に過ごしてみようかなぁ・・と言っておきます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 曙橋・・ふたたび・・  濱田金吾ライブ | トップページ | 雑記6  「夏の思い出」 »

コメント

母がバレエ&宝塚のファンで、子供の頃から劇場に入り浸っていたようです。
バレエのレーザーディスクは何枚か持っていて、最近DVDに移しました。

私は・・・両方とも見た事がなくて、あまり興味もないんです。

でも本物を見たら圧倒されるんでしょうねlovely

プリモさん・・
どんなものでもそうですが、本物の持つ力ってすごいですよね。
絵も、芝居も、スポーツも、みんな・・。

でね、宝塚だけど、今まで一回だけ行ったことがあるの。
始まりのアナウンスからあの「男性風の声」で入るんだけど・・。
それがもうダメだった・・。
ダンスとかショーとかは綺麗よ。

でももう数十年前のことなので、もう一回チャンスがあったら挑戦します。
歳とったらよく見えるってこともあるじゃない?

そうそう、この芝居好きのAさんはヅカファンです☆

クラッシックバレエのダンサーにはとっても憧れています。
基礎から積み上げてきた血の滲むような努力を微塵も感じさせず、
軽やかで優美で。。。
本気でバレエをやっていた方は、年をとっても姿勢がとても美しいですね。
結構、NHKでバレエをやっていると見入ってしまいます。
生でも見てみたいなぁ。

宝塚は学生の時にファンの友達に連れられて何度か行きました。
私も、今いち、のめり込めないタイプです(笑)

blue kittyさん・・
そう、それです、「微塵も感じさせない」です。
生まれ持っての体重ゼロ感。すごいですよね。
もちろん、才能を持ってらっしゃるのでしょうけど、
その上の努力はいかばかりかと思います。
これは好き嫌いを超えるなと思いました。

宝塚はね、当時、前時代的な楽団の音にも驚いたんですよね。
でも、ホント、自分自身の感性が当時とは違うはずなので、
もう一回見てみたいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/57921942

この記事へのトラックバック一覧です: バレエ音楽コンサート  オーチャードホール:

« 曙橋・・ふたたび・・  濱田金吾ライブ | トップページ | 雑記6  「夏の思い出」 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず