アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 雑記6  「夏の思い出」 | トップページ | アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR »

プーシキン美術館展  横浜美術館にて・・

夏休みももうすぐ終わりですね。
でも、夏は全然、終わる気配がないですけどね・・。Picturerenoir

暑さで何もかもが融けてしまいそうな午後・・。
横浜美術館へと行ってまいりました。

「プーシキン美術館展」が催されております。

プーシキン美術館のプーシキンというのはロシアの有名な詩人の名前だそうです。
その人の名にちなんで美術館の名前を付けたんですね。

横浜美術館はみなとみらい駅のすぐ隣にある、比較的新しい美術館です。
私・・実は何度もみなとみらいには行っていますが、
この美術館に行くのは初めてでした。

Img_0239_1024x768_2駅を出てすぐ目の前に美術館があり、
左奥には、ランドマークタワーがそびえて見えます。

美術館は建物が新しいので、とても綺麗です。
一人1500円のチケットを買って、
エスカレーターを登ったところに展示場の入り口があります。

そこで「音声ガイド」を借りるのですが・・。
外国の絵は理解しにくいものも多いので、ガイドは便利ですよね。

あ~いえ・・あの・・sweat01

実は・・今回・・
なぜロシアの美術館のコレクション展に来たのかという動機がですね・・sweat01
この「音声ガイド」にありました。

今回のガイドを務めているのは・・この方・・。
Goodsspeechguidance


はい・・。
水谷豊さんですheart04

豊さんにとっても、こういったお仕事は初めてだそうです。

そういえば、「少年H」が参加して、特別賞を取った映画祭はモスクワ映画祭でしたっけ。

まぁ、そんなタイミングもあってこのお仕事を引き受けられたのかもしれないですね。

ということで、何はともあれ、この「音声ガイド」を借りなくてはなりません。
(レンタル料500円でした)

音声ガイドを手にして、「相棒展」を思い出したのは・・まぁお許し願うとして、
まずは説明をお聞きください、と案内の方に言われた番号を押してみますと・・

「こんにちは、水谷豊です」という声が聞こえてきますheart04
予想を超えたいいお声で、一気にテンションが上がってしまいました。
豊さんの声がいいのは知っておりますよ・・知っておりますが、
それにしても、はるか予想を超えておりました。
きっと・・・ヘッドフォンを通して耳元で響いたからでしょうね。

絵は全部で66点あったそうですが、
そのうちの25点にガイドがついていました。

何度繰り返し聞いてもいいので・・
聞き逃したところは聞き直したりしながら coldsweats01
ゆっくり1時間以上かけて、楽しみました。

時代を追って絵が展示されていて、
寓話の時代から、貴族の絵、庶民の絵と時代が移り変わります。

私でも知っている画家の絵もありましたので、面白かったですね。
たとえば・・
ルノワール「ジャンヌサマリーの肖像」・・これはチケットの絵にもなってます。
トップに載せた絵ですね。ふんわりと柔らかな色合いです。
ドガ「バレエの稽古」、ゴッホ「医師の肖像」、ゴーギャン「エイアハ・オヒパ」など・・。
ピカソの絵もありました。
一番人が集まっていたのが、モネの「陽だまりのライラック」でした。
どうしてああいう、点描のような書き方で、
ふんわりと柔らかで温かい日差しが表現できるんでしょうねぇ。
まったく絵心のない私には、マジックのように見えてしまいます。

そういえば、ピカソのキュービズムというものが
どういうものか、今回のガイドで初めて知ることができました。

「いろんな視点から見たものを平面に同時に表す」というような意味だそうです。

だからピカソの絵ってあんなわけわかんないことになるのね、と思いました。
あ・・ものすごい素人で無知なこと言ってますよね、きっと・・。coldsweats02
sweat01

解説の豊さんの調子は、初め、すごくゆっくり丁寧な感じだったのですが、
終わりの方では、豊さんらしい抑揚が感じられるところもありました。
わざと取り直さなかったんだろうなって思いました。

そして、・・あ~えっと・・これを言うと、引かれるのを承知で言いますが、
ガイドの最後に、こんなナレーションが入ります。

今日はお越しくださってありがとうございました・・というあいさつの後・・
「あ、そうそう。皆さん、最後に一つだけよろしいですか?
おや、このフレーズどこかできいたことのあるような・・」

えぇえぇ、耳にタコができるくらいによく知っているフレーズですとも。

そして・・ガイド機を出口で返却してくださいという案内の後・・
「すみませんねぇ、細かいことが気になって。僕の悪い癖・・」

この部分のガイド音声・・私、3回ほど繰り返して聞かせていただきました。heart04

最後の絵の前でずっと・・動かず・・sweat01
すみません・・。

夏休みですので、結構混んでいましたが、
展示されている絵も、どれも見ごたえがありましたし、
豊さんの声も、十分聴きごたえがあり、
そして、「相棒」ファンに嬉しいおまけもあって、
とても有意義な美術鑑賞の一日となりました。

横浜では9月の16日まで、
そのあと、神戸市立美術館で9月28日から12月8日まで展示されます。

暖かで、艶のある水谷さんの声で、ぜひ、素晴らしい絵画をお楽しみください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 雑記6  「夏の思い出」 | トップページ | アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR »

コメント

こんにちは
プーシキン美術館展、気になっていたので教えていただいて嬉しいです、ありがとうございます。
豊さんの素敵なお声とともに名画を楽しむ、なんて素敵なひと時でしょうv
相棒ファンにもサービス、驚きました。これはもう絶対行かなくては
神戸での開催が一層楽しみになりました。

あやめさん・・
豊さんご自身が、このナレーションは最後に右京さんが、
と仰ってましたので、ずっと行きたくて・・。

川原さんや神保さんもこの手のお仕事をやっていただきたいですね。
どちらも美声ですしぃ~☆

まさしく、一粒で二度おいしい♪
という感じでしょうか。
ぴあのさんは、耳でも目でも至福の時を過ごされたのですね。
うらやまちぃ。

国立近代美術館の藤田嗣治展に行ったときは、
人の後頭部ばかりを見ていたような気がします。
その時、美術館巡りの達人に言われました。

「開館とともに入場して、人が少ないうちに目当ての絵を先に鑑賞し、
後は順路など無視して自由に美術館を歩くのが良い」

のだそうです。
それを聞いてからは、まだ、混んでいる美術館に行っていませんが(^_^;)

プーシキン美術館展も行ってみたいです♪

blue kittyさん…
藤田嗣治っていうと、私などはすぐに秋田の千秋公園にある美術館を思い出します。
平野正吉さんのコレクションに藤田嗣治の作品が多くあるんですよね。
あの、いっつも空いてますけどね(^_^;)

特に「秋田の行事」っていう作品は巨大で迫力あります。
今年の秋に秋田美術館はリニューアルオープンするので、
また見にいけたらいいなって思ってます。
あ、主人の実家が秋田だってお話しましたっけ?

美術館とはなかなか縁がないのですが、豊さんの音声ガイドなら行ってみたいかんじがします。近隣の県に大きな美術館があって、そこへ行ったときのことを思い出しました。
入ってすぐに大きな絵があって、あまりの迫力に、最初に行ったときは鳥肌がたちました!
いろんな絵をみていると心が和みますよね。
そういえば今年は相棒展はないのですね。なにかイベントがありましたら教えてくださいね(*^_^*)

花さん・・
美術館は私も好きなんですけど、混んでるとどうもその気が失せます。
今回のはほどよい混み具合でした。
解説も、俳優さんがすると、すごくいい感じなんだなと思いました。
聞きやすいしなんといっても心地よい・・。

「相棒展」はないですけど、
もしかしたら「XDAY」のDVD発売記念に何かするかも・・。
米さんの時もあったそうなので、期待しています。

水谷豊さんのナレーションなの?
素敵!行きたい気持ちが、倍になりますね。
芸術の秋を先駆けですね。(^O^)

fantasiaさん・・
そうなんですよ!
始まりの一言から引き込まれます(*^_^*)
神戸でもありますから、お時間を見つけてぜひ・・。
もちろん、絵画も素晴らしいですよ。

米さんのときもDVD発売イベントがあったんですね!
東京ですよね〜。
DVD発売イベントがおやすみの日だったら、がんばって行きたいな(*^_^*)

ついでに東京観光もしたいなあとおもう今日この頃です。


花さん・・
東京にいらしたら、お会いできるといいですね。
あ・・でも私、平日じゃないと無理なんですけど・・。

もし、時間が取れたら、ご連絡くださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/58038175

この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術館展  横浜美術館にて・・:

« 雑記6  「夏の思い出」 | トップページ | アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず