アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR | トップページ | アフタヌーンティーその48 SwallowTail »

秋田で出会った味

今年の夏はいつもよりは少しは遊べたかなぁと思ってます。
遠くにこそ行きませんでしたが、
いつもどおりに食べたり飲んだり。

映画やコンサートもありましたしね。

少しまえ・・
暑い夏も、そろそろ陰りを見せ始めて、
朝夕は少しだけ過ごしやすくなった頃・・。

そんな夏の最後にちょっと遠くへ行ってきました。

主人の実家がある秋田へ、義父母の法事で出かけました。

我が家から羽田まではタクシーに乗れば20分ほどです。
もちろん、電車でもそれほど時間はかかりません。

朝早くの便でしたので、家で朝食をとらずに、
羽田で
「肉の万世」のカツサンドを食べました。
最近、朝早いときはこれが定番ですね。

5時ころの起床でしたので、
離陸をぼんやり覚えている程度で目覚めたらそこは秋田でした。coldsweats02

降り立つと信じられないくらいに涼しくて爽やか~。
法事は滞りなく済み、夜にはみんなで「秋田温泉プラザ」へ・・。
この「秋田温泉プラザ」というのは、宿泊施設付きの温泉です。spa

冠婚葬祭、とくに法事なんて言うのは面倒くさい行事だけれど、
こうやって普段遠く離れている兄弟を
亡くなった両親がたまには顔を合わせろといっているようなものだ、と。
それが法事のほんとのところの意味合いなのかもしれないね、
などと、みな、口にしていました。

夜はまさに温泉宿のお料理という感じでしたが、Img_0267_1024x768_3
一つ、印象に残ったのが、こちら・・
菊の花びらのお浸しです。
私は主人と結婚するまで菊を食べるなんて思ってもいませんでした。
最近は普通にスーパーなどで手に入りますが、大概は黄色い花です。

でもこれは紫・・赤紫?? Image
ネットを探したら、山形の食用菊の写真がありました。ちょっと、拝借・・。
黄色の菊は香りが強く、私はちょっと苦手。
まさに野に咲く花を食べてる気分で、食べ物という認識ができないのです。
でも、この紫色のは、きつい香りがまったくありませんでした。
おかげで、とても美味しくいただけました。heart04
歯ごたえがシャキシャキしてていいんですよ。
美味しいお野菜をいただいてる感じです。

あくる日、午後には秋田を発つのでその前に昼食を食べました。
行ったお店は「大同門」という焼肉屋さん。

焼肉食べ放題、と行きたいところですが、
なにせ、前日の暴飲暴食で・・coldsweats01
そこで、めったに食べない「冷麺」を頼んでみました。
 

Img_0273_1024x768冷麺特有のあの噛みきれない麺とか、
出汁感のあまり感じられない汁とかが好きではないので
めったに食べないのですが・・・
このお店の冷麺は
そば粉が混ざっているとかで、
冷麺の伸びやかさを保ちつついい感じに噛みきれます。
お出汁も、少し
和風の味がついていて美味しくいただけました。
これなら冷麺もイケル! ・・けど、このお店じゃないと食べられませんね。

再び飛行機で灼熱の羽田に降り立ったのはその日の夕方。
法事の引き出物でいただいた中に、大好きな佃煮が入っていました。
 

Img_0279_1024x768
手前は秋田の郷土料理で「イカあられ」です。
のしイカみたいなイカと・・なんと甘納豆sign01を甘~く煮てあるものです。

飴煮の一歩手前くらい甘いです。
でもちょうどいい柔らかさを保っていて、
さらに噛めば噛むほど味が出る・・そんなイカあられです。
向こう側は
ちりめんじゃこの佃煮。
やっぱり飴煮一歩手前の甘さです。
佃煮とはいいますが、おかずというよりおやつかな。

あまりの甘さに初めて食べた時はちょっと引いたのですが、
これが食べなれると後引く旨さ・・。lovely
機会があったらぜひお試しください。

秋田の食べ物にはある特徴があると思ってます。
もちろん、あくまで私見ですよ。

秋田は「甘味」をとても大事にするのです。
こういった佃煮もそうですが、
お蕎麦のおツユも甘めです。

炊き込みご飯が甘いのは、さすがにすごいなと思いますが、
他にも亡くなった義母などは梅干やトマトに砂糖をかけていました。

確か青森は赤飯も甘いと聞いたことがあります。
めったに手に入らない砂糖を贅沢に使ってお祝いしたんでしょうか。

いろんな地方の郷土料理ってその土地の歴史を反映してて楽しいですよね。

もっといろんな所へ行って、いろんな美味しいもの食べてみたいですね。

次に行けるのはどこだろうね・・shine


 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR | トップページ | アフタヌーンティーその48 SwallowTail »

コメント

ご主人のご実家は秋田だったのですね。
私は、一度も、行ったことがないです。

確かに、すぐになじめる郷土料理と、何度トライしてもだめな郷土料理があります。
秋田のきりたんぽ鍋は、だーい好きです。
是非、本場のお鍋も食べてみたいです♪

そして、何より、平野政吉美術館を訪れてみたいと思っている私です。

blue kittyさん…
あぁ、そうでしたね、美術館。
そろそろリニューアルしてますよね。
私も次は行きたいです。
秋田の食べ物では「ジュンサイ」も好きです☆

ところで、いま、新幹線の中なんですよ〜。

秋田までの 法事 お疲れ様でした (^。^)

法事・・ 遠く離れている 兄弟を 亡くなった親が会わせてくれてるか・・なんて
すばらしい 皆さま方でしょう
そういう 感性の持ち主の ご兄弟さまなのですね

甘みを感じながら 義母さまを 思い出し 郷土の良さを感じた 旅でしたね。

我が家のお赤飯は 甘~い 甘納豆です (定番)です

sakuraさん…
あ、甘納豆入りのお赤飯ですか?!
赤みは付くのでしょうか?
北海道も砂糖が貴重品だったのかしら。
想像もつきませんが、
きっと故郷と母を思い出せる暖かな味なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/58161819

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田で出会った味:

« アフタヌーンティーその47  SHARI THE TOKYO SUSHI BAR | トップページ | アフタヌーンティーその48 SwallowTail »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず