アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 旅ゆけば~ 晴れの国、岡山・・ | トップページ | アフタヌーンティー その49 セラフィーナ・ニューヨーク »

入院の顛末

入院中は、ご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
皆様からの、暖かいお見舞いの言葉、本当に嬉しかったです。
心から感謝申し上げます。

*********************

結婚30周年の旅にでる前々日
このところ、不穏な動きをしていた私の腎結石がsign01
ついに暴れだして、夜中激痛を起こしました。shock

あくる日、病院へ行きましたが、石はすぐに出る様子がなく、
沢山の鎮痛剤(解熱剤でもあります)を持って旅立つこととなりました。

境港を楽しんだ後、皆生温泉で温泉とお料理を楽しみ、
少し早めにベッドに入った私は、
結局2時を過ぎても眠れませんでした。sweat01

なんとも居心地の悪い思いで、
幾度も寝返りをうち・・。
お酒と温泉のせいだと信じていた体のほてりが、Cosmoscut172
どんどんひどくなる自覚もありました。

起きてはトイレ、水を飲む、を繰り返して、
ついに、これは発熱ではないかと、自覚するに至り・・。sweat01

解熱剤を使用して、ようやく眠ることができました。

そしてその日から三日間。
旅の間ずっと8時間おきに発熱。解熱剤の使用、を続けることとなったのです。

熱以外に不具合を自覚していませんでしたが、
旅から帰った次の日、休日診療センターへ行くべきだと決断したのは
遅きに失したとはいえ、正しい判断でした。

休日診療にて、血液検査をしていただき、結果を待つこと数分。
お医者様の下した診断は、即入院というものでした。

え~?痛くないのに?sweat01 熱はあるけど薬が効いてるよ・・。coldsweats02

しか~しsign01
ほら、と見せてくれた血液検査の結果は、typhoon
素人の私が見ても分かるほどにとんでもないくらい酷いものでした。shock
私の腎臓と肝臓は極度の炎症を起こしていたのです。

「よく病院にきてくれましたね」

なんて、セリフをお医者様に言わせてしまった私。
入院したくない、なんて言えません・・。

私はすぐにERのベッドに寝かせられ、
何本も血液を採られました。
中でも
血液培養検査のための採血は、
ちょっと経験したことのないほどの痛みでshocksign03

もう、痛いなんてもんじゃないsign01

血液培養検査のための採血は、静脈と動脈の両方から採取するのですが、
この動脈からの採血がsign01とんでもなく痛いsign01crying

一通りの検査の後、
とりあえず、入院準備に帰りたいと願い出て、
入院直後の一時帰宅となりました。

だって皆様、私、まだ旅の荷ほどきさえしていない・・。sweat01

家に帰って、二人の娘に手伝ってもらいながら、
荷ほどき、洗濯、旦那さんの会社に行く準備1週間分・・
などなどを済ませ、最後に、シャワーを浴びて病院に戻りました。

この間、岡山で買った「桃太郎ぶどう」をむさぼるように食べました。
もう、ものすご~く美味しかった・・。heart04

こうして、私の9日間に渡る入院生活が始まりました。

***********

病院での様子は、
Facebook、ツイッターでお付き合いくださいました皆様には
逐一ご報告していました。

病室には携帯とiPadを持って入っていいと言われました。
今は昔。まさかこれが許されるとはsign01
おかげで、退屈することなく過ごせました。

毎日のようにつぶやいて・・coldsweats01
お付き合いくださった皆様にはほんとうに感謝しています。

熱は4日ほど上がったり下がったりを繰り返しました。
出ると39度を超えますので、結構大変でした。sweat01

「変な食欲」にも悩まされました。
ものすごくお腹が空きます。グ~グ~鳴ります。
でも、目の前に出てきた食事に箸が延びません。weep
食べられるのは野菜とスープだけ。

少しでも油を感じるとまったく食べる気がしないのです。
白いご飯も最初はダメでした。

仕方なく娘にコンビニのお蕎麦を買ってきてもらったり、
果物を用意してもらったりしました。

食事がまずかったから?sweat01
いいえ、病院の名誉のためにも、そこはきっちりと。think
病院のご飯は、決して悪いものではありませんでした。
たとえば、ある日の昼ごはん。

Img_0569_1024x768マカロニグラタンです。
アツアツで出てきましたよ。でも見た瞬間に食べられないと思いました。sweat01
ついてきたロールパンを一つ食べるのがやっとでしたね。
野菜と白いご飯は徐々に食べられるようにはなりましたが、
お肉とお魚はなかなか口に運べませんでした。

例えば・・・Img_0577_1024x768
これはある日の朝ごはん。
この時はすでに熱も下がっていて、点滴も外れていたのですが、
それでもこの美味しそうなアジの干物は二口ほど食べただけ。
この中で一番うれしかったのは・・大根おろしですcoldsweats01

内臓と言っても、胃や腸を病んだわけではないのに、
腎臓と肝臓でも食欲は狂うのだとよく分かりました。

入院5日目で点滴が終わり、外出が許されましたので、
すぐに家に帰りました。
滞っているであろう家事をしに帰ったのですが、
意外にも娘が頑張ってくれていて、
そう大変なことにはなっていませんでした。

ほんと、今回の入院では、娘たちに世話になりましたね。confident
知らないうちにちゃんと大人になっているものです。

なんとか、熱も下がり、食欲も戻り、
9日目に退院となりました。
happy02

************

まだ肝臓の炎症の値は元に戻っていませんし、
何より、石は未だにお腹の中に居座っています。sweat01

あとは、十分に休養と水分を取って、
お薬も忘れずに飲んで・・・。しばらくは大人し目に過ごして・・。

そうは言いつつ・・sweat01
すでにアフタヌーンティーに行ってきましたので、
次の記事は、お茶会のことになると思います。

イタリアンレストランでのアフタヌーンティー。cakecafe
記事をお待ちくださいませ。shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 旅ゆけば~ 晴れの国、岡山・・ | トップページ | アフタヌーンティー その49 セラフィーナ・ニューヨーク »

コメント

ぴあのさん、入院も十分大変なことですが、
難しいことにならなくて良かったです。

私も肺炎で入院することになった時、娘が淡々と入院の準備をしてくれて、助かりました。
入院中は、遊びまわっていたようですけど(>_<)

アフタヌーンティーを敢行されたようなので、今はもうお食事の方は普通に戻られたのでしょうか?
どうぞどうぞ、くれぐれも無理をしないで下さいね。
暑くなく寒くなく、良い季節になりましたので、大切にご養生下さいませ☆

blue kittyさん・・
はい。入院当初は手術かもとも言われてたんです。
でも、まぁ、それほど大きなことにならずにすんで
本当にホッとしました。

食欲は、もう、戻りすぎちゃって困ってるんです。
特に、ここ数年、アフタヌーンティー以外で
甘いものを食べたいとあまり思わなかったんですけど、
退院後、急に食べたくなって・・止まらなくなって・・

少し気を付けないと大変なことになりそうです(^_^;)

入院時の様子を拝見して・・ こんなにも大変な状況だったとは、
あらためて お見舞い申し上げます。
桃太郎ぶどう 本当に美味しかったのでしようね。
体が求めていたのでしょうね。
写真を見ると 美味しそうなグラタンですが、 体が受けつけないほど
弱っていたのですね。
大根おろし・・に ホッと 救われましたね。
私も 以前 手術後 初めて口にした おもゆとタチの味噌汁の味は
一生 忘れらない 美味しさでした。
これから  美味しいもの 食べ放題ですけど・・
食べることへの 感謝を 経験できた事は 一層に美味しいものを
求められる気がします。
さて・・ これから・・ アフターヌーンティーその4 のほうを 拝見してみまーーす (^_-)-☆

sakuraさん・・
タチの味噌汁? タチって白子のことですか?
すごい!! ご馳走~。

健康の大切さって病気になってみて初めて実感しますよね。
でも、抗ってもどうしようもない時もあるし、
とにかく、なにがあっても戦っていくだけの気力は蓄えておきたい、
そんな風に思いました。
そのためにもしたいことをして食べたいものを食べるのは・・
大事かな~とも。

そして、何より、友人は大切!とも思いました。
ネットやメールで支えてくれた皆様に、ほんと感謝しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/58494341

この記事へのトラックバック一覧です: 入院の顛末:

« 旅ゆけば~ 晴れの国、岡山・・ | トップページ | アフタヌーンティー その49 セラフィーナ・ニューヨーク »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず