アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 冬に野菜を・・ | トップページ | アフタヌーンティー その51 シャングリラ東京 
 ザ・ロビーラウンジ  »

雑記 冬の日に・・

今日は暖かで過ごしやすかったですね。sun
リビングではエアコンなしで過ごしてます。

今日こそ家から出ないぞと心に決めてcoldsweats01
朝から箪笥の整理をしたり、のんびりテレビ見たりしてます。Danromae

箪笥の整理しながらふと思いついて、
もう使いそうもない古いハンカチでシュシュを作ってみました。

私も娘もロングヘアと言うわけではないのですが、
掃除したり本を読んだり料理をしたり・・
髪を束ねたいときは案外多いもの。
シュシュはいくつあってもいいのです。

お裁縫なんて、ほとんどしない私です。
針を持つのは綻びを直す時と、ボタン付けくらい・・。

ハンカチをチョキチョキしてチクチク縫って・・。
あ・・ミシンは押入れの奥深くに眠っているので、手縫いです。coldsweats01
そして、出来上がったのがこれです。

Img_0900_1024x768
ハンカチの模様がラインだったので、
片側にだけ模様が入っちゃった・・。

どうすればよかったのかなぁ。
この辺りが普段からお裁縫をしない人の作品ですよねぇ。
小学生以下・・ていうか・・bearing
古いハンカチはまだ沢山あるので、
次は、模様のことも考えてみようかな。

冬の日・・。
子供のころは雪国でしたから、家からでることはあまりなかったように思います。
当時七輪があって、その上でコトコト煮えるおかずの匂いが家中にしてて、
私は炬燵に入りながら、インスタントのお汁粉とか食べてたなぁ。
インスタントのお汁粉って今でもあるのかしら。
粉状になった餡子が最中の中に入っていて、
それをお椀に入れて、お湯を注ぐのです。
とろりと溶けた最中をお餅にみたてたお汁粉・・そんなおやつでした。

雪は学校の行き帰りで嫌と言うほど味わいますから、
それ以上に付き合いたいとも思わなかったんですよね。snow

うんと小さいころはそれでも親に買ってもらったソリを持って
近所の小さな坂道まで行って遊んだりもしたのですが、
長ずるほどに・・・寒さは苦手となりまして・・sweat01
雪国生まれなのにスキーもスケートも避けてきた人生ですcoldsweats01 ski

雪で唯一好きなのは・・
どんどんと空から落ちてくるぼた雪を見上げていると、

ふとした瞬間、自分が空に昇っていくような錯覚に陥ります。
この感覚は足がすぅっと浮くようで好きでした。confident

一人っ子でしたし、あまり友達も多くありませんでしたから、
こんなことが楽しい子供だったんですね。

大学時代に故郷を出て、関東に住むようになりました。
その後も、雪が多い地方に住むことはほぼありませんでしたので、
もはや、雪の生活の大変さには戻れないような気がします。

暖かな日差しが柔らかく差し込んでくる暖かな部屋にいると
外の寒さを忘れてしまうことがあります。
洗濯のために窓を開けて、冬を思い出す・・・。申し訳ない・・think

太陽って本当にありがたいですね。

そろそろその太陽が沈む時間です。
明日もいいお天気だといいなぁ・・。shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 冬に野菜を・・ | トップページ | アフタヌーンティー その51 シャングリラ東京 
 ザ・ロビーラウンジ  »

コメント

故郷が 雪国だった事は 心豊かな ぴあのさんの
原点でも あったのでは ないでしょうか?

どんどんどんどん ぼたぼた 降ってくる ゆきを
見上げては 見えない空に 吸い込まれていくような
気持ちは 好きだったなぁーー

今では 雪がふっても そんな余裕がないですものね

ハンカチのシュシュ とっても ステキです!!
上品な柄が  部分的に見えるのが いいですよ!

暖かな お部屋で 針をもっている姿は・・
優雅ですよ (^_-)-☆

私が裁縫したら ストーブを しょって背中を丸めて
悪戦苦闘 している姿になっていますよ (>_<)

sakuraさん・・
やっぱり降る雪を見上げるのはお好きでしたか?
不思議な感覚ですよね。

私が針を持つとこなんてちっとも優雅じゃないですよ~。
本当にお裁縫はめったにしないのです。
ここ数年ボタンしかつけてない(^_^;)
だから、たったこれだけのものを作るのに針を何度指先に刺したことか!

でも使えるものを作るのって楽しいですよね。
いま、二個目に挑戦中です☆

子供の頃の冬と言えば、しもやけの試練を思い出します。
それから、祖父母の部屋の掘りごたつの練炭と
ベランダに盛大に干された漬物用の大根。

冷たい布団に入るのが嫌で、湯たんぽを抱くようにして寝て、
朝にすっかり冷めたその湯たんぽが、何故かとっても切なかった。

雪はめったに降りませんでしたので、天気予報で「夜半に雪が降るかも」と言われると、
朝にはすごーく期待して、カーテンを開けました。
降る雪を見上げて、幻想的だなぁと思ったのは、
大学生になってスキーをはじめてからかも知れません。

冬には冬の、忘れがたい思い出がありますね~♪
ぴあのさんの記事で、しみじみと懐かしくなりました。

blue kittyさん・・
しもやけ~。私も小学生のころは毎年悩まされました。
手指と足指にできました。小さい時は割れて血が出るくらい・・。
中学になってバレー部に入って、冬でも汗かくほど運動したら、
しもやけがまったくできなくなったんです。
それ以来、ほぼできません。

冬の朝独特のキンと張った空気は嫌いじゃないですけど・・
やっぱり寒いのは苦手です。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/58996055

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記 冬の日に・・:

« 冬に野菜を・・ | トップページ | アフタヌーンティー その51 シャングリラ東京 
 ザ・ロビーラウンジ  »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず