アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« アフタヌーンティーその52 パレスホテル・ロビーラウンジ  | トップページ | 創作意欲 »

雑記 ひな祭り

我が家には二人、娘がいます。

娘と言っても・・・一人は29歳。一人は26歳。
もはや立派に大人です。

この子たちが小さい頃は、ひな祭りはいろいろ工夫して祝っていました。
お料理も・・・
ちらし寿司にハマグリのお吸い物。
「段々ケーキ」も焼きました。
ピンクの生クリームたっぷり塗ってね。
ゆで卵でお雛様作ったりして・・。
もちろん、本物のお雛様も飾りました。

Hinasamab

我が家のお雛様は7段飾りで、とても立派なものでした。
飾ると一部屋潰れます。
ご近所のお友達を誘ってみんなで遊んだりしました。
子供たちが小さい頃は
一人一部屋なんて使っていませんでしたからね。
ひと月くらい部屋がつぶれても平気でした。
そのうち二人がそれぞれに部屋を占領するようになると、
もうお雛様のいる場所がありません。
東京に来てからは
ついに一度も7段で飾ることはありませんでした。

それでもせめてご馳走くらいはと、
毎年、ちらし寿司とハマグリのお吸い物は作っていました。
お雛様もお内裏様とお雛様だけ出して飾っていたのですが・・・。
やがて上の娘が家を出て一人暮らしを始め、
ついに、飾ることがなくなりました。

飾ってもらえなくなったお雛様は、惨めなものです。
長く箱に入ったままになったお道具類は、壊れてこそないけれど、
どことなく古めかしくなってくるし・・。
お内裏様とお雛様も、心なしか髪が乱れ、悲しそうなお顔になります。weep
そのうちどうにかしなくては・・・。
とても捨てるに忍びない。いったいどうしたら???

そんな時、友人がいいことを教えてくれました。
日本には、町中でお雛様を飾ってお祭りをするところがある。
そこは、沢山のお雛様を必要としている。
送ってあげたら、ちゃんと飾ってくれて、
そして、使い終わったらきちっと供養してくださる・・。

なんてすばらしいお祭りheart04

あちこちによく似たお祭りがあるようですが、
友人が仕入れてきた情報は「千葉県勝浦市 ビッグひな祭り」 のものでした。

町に飾っていただいて、多くの人に愛でてもらい、最後は供養していただく。
それは最後の花道・・。shine

こうして我が家のお雛様は、昨年、勝浦にもらわれていきました。

昨日のひな祭り。
すっかり忘れておりました。
朝から、ずっと忙しく、ハッと気づけば、もう夕方の5時sign03
今日はひな祭りじゃないかsign03
それから慌てて、米を炊き・・・「なんちゃってちらし寿司」を作りました。
塩サケ、スナップエンドウ、酢レンコン、茹でエビ、卵・・。
写真撮り忘れました・・。撮るほどのものでもないですけど・・。

しかも、前日のチゲ鍋が大量に残っていましてbearing 
ハマグリのお吸い物は見送りとなりました。
なんとか真鯛の切り身を買ってきて塩焼きに・・。
寂しいひな祭りやねぇ。

まぁ、いいかと思いながらご飯の支度をしていたのですが、
あと数分で娘が帰ってくる、というときになって、
どうしても何かひな祭りらしいものを用意したくなりました。
で、急いで作ったんです。

Img_1080_1280x960千代紙で作ったお雛様。

作り方なんてもうすっかり忘れていました。

Youtube見ながら折りました。
動画見ながらで、初めて作る折り方というのもあり、なんだがちょっと不恰好・・。

練習したかったな・・。
でも娘は可愛いと喜んでくれました。

ねぇ、お雛様。
なんちゃってちらし寿司とチゲと鯛の小さな切り身だけど・・・
娘の幸せを祈ってもいいかしら?
「素敵な人と巡り合って、幸せになりますように」
祈りだけは、心をこめて・・・手を合わせた私です。confident

ところで、皆様・・。
雛あられといえば、どういうものを思い浮かべますか?
私はこれ・・。

Img_1024_1280x960_2

ぼんちの雛あられです。
いろんな味の小さなあられが入っています。
ええ、お醤油とかお塩味のあられですけど・・。
いくつかチョコ味が混ざっていていいアクセントです。

ブロ友さんに言われました。
普通白い甘いお菓子でしょ、雛あられは!って。

そうですよね。その通りです。食べたことありますよ。思い出しました。
毎年食べてたくらいの勢いです。

でも・・印象はこっちの勝ちだったのです。
だって・・・美味しいんだもんheart04

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« アフタヌーンティーその52 パレスホテル・ロビーラウンジ  | トップページ | 創作意欲 »

コメント

実家からお嫁に持って来た私のお雛様は7段飾りでした。
毎年箱から出して、説明書を見ながらお道具を持たせて飾っていました。
その内、お顔が欠け、お着物も傷み、思い切って供養して下さるところにお送りしました。
その後、母が孫娘可愛さのあまり買ってくれた親王飾りは、
私と娘が家を出る時に置いて出てきてしまいました(^_^;)
今頃、どうしているかしら?

お雛様には何故か物悲しい雰囲気があるような気がします。
白くて面長なお顔が憂いを含み、雪洞の仄かな明かりが部屋の暗さを強調するようで。

お嬢様に千代紙で作って差し上げたお雛様。
とってもステキです。

blue kittyさん・・
小さいころは7段飾りを見上げるようにしていた娘たちも
今や・・花より団子ですわ(^_^;)
お雛様って、ただ捨てるってわけにはいかないですよね。
この勝浦のは供養料を支払うのですが、
それでも、最後にお役にたった感があって、よかったと思ってます。

いつか、小さな豆雛様を買ってあげたい(自分が欲しい?)と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/59233437

この記事へのトラックバック一覧です: 雑記 ひな祭り:

« アフタヌーンティーその52 パレスホテル・ロビーラウンジ  | トップページ | 創作意欲 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず