アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« お誕生日にウチごはん | トップページ | アフタヌーンティー その54  マンダリンオリエンタル東京 
オリエンタルラウンジ »

「相棒劇場版Ⅲ」初日舞台挨拶

ゴールデンウィークが始まりましたね。

子供が小さい時は、旅行でもしようか、何をして遊ぼうかと
早いうちから悩んだものですが・・・。
今は、もう人ごみに進んで入るのも面倒だし・・
交通費だって、GW中は高いし・・なんて考えて、
ほとんど家にいることが多い我が家です。
でも、今年は、個人的には、いろいろとあるわけで・・・
えっと・・
昨日(4/26)は、「相棒劇場版Ⅲ」初日舞台挨拶を観に行ってきました。
いつもお世話になっている「川原さんファン」の女神様とご一緒です。
以下、できるだけネタバレはしないようにしますが、
真っ白な状態で観たい方は、ご注意くださいませ。

Img_1373_1280x960

******************************
公開初日、朝から一日かけて、東京、横浜で、
何か所にもわたって舞台挨拶がありました。

私たちは、きっと沢山の出演者に会えると思い、
丸の内東映のマスコミ取材の入る午後の回のチケットを買っていました。

ただ・・・
上映前の公式の発表では、この回は主演お2人のみの登壇となっていました。

それでも右京さんとカイトくんに会えるのは嬉しいもの。
当日、私たちはウキウキと丸の内に向かいました。

映画館に入って、まずはグッズ売り場に。
東映限定(らしい)湯呑とパンフレットをゲット。

Img_1387_960x1280

Img_1386_960x1280

このグッズ売り場も混んでいて列になって待ったのですが、
その時・・・スタッフの皆さんが打ち合わせをしている真横を通りました。

 

スタッフの手元をチラッと見ると、
本日の登壇者の立ち位置が書かれた紙を持っているじゃないですかそして、どう見ても、二人じゃない

そこには川原さんの名前も、ミッチーの名前もあったのです~
はい、この時点で、またテンションMAX~。

会場に入ると、舞台上に二段のひな壇が作られていました。
テレビカメラがいましたので、あれこれ準備をしていて、
少し時間が押して、いよいよ舞台挨拶が始まりました。

ひな壇の下段は、真飛聖さんを筆頭に(相変わらず真飛さんは、お綺麗・・)、
続いて出てきたのが鈴木杏樹さん。
私、初めてお目にかかりましたわ~。可愛らしい~。

宅間さん、伊原さん、主役のお二人が続いて、釈由美子さん、そして、ミッチー登場。
「キャァ~」とあがる黄色い声~
それにきっちりこたえて、ポーズとるミッチー。もはや様式美。
下段最後は石坂浩二さんでした。

上段には・・
片桐竜次さんを先頭に捜査一課、山西さん、小野さん、監督と並びます。
総勢17名。豪華でしたね~。
以下、覚えてるものだけ・・・。

川原さんは、いつものように、笑いをとってらっしゃいましたよ。
「ゲストの方は頑張ってらして・・。レギュラーは・・俺は、頑張りました。」
みたいなことを仰ってました。

川原さんはこのときだけの発言でしたが、
下段にいたミッチーは久しぶりというのもあったのか、
沢山おしゃべりしてくれました。

自身の映画でのセリフが15ページにも及ぶ長いものだったことを受けて、
「豊さんと成宮くんは特命係。僕は説明係」とか、
「僕はドラマの中でソンと呼ばれることもありましたが、
この映画は、観ないと、ソンソン
なんて、ほぼ、おやじギャグとも思える話で笑いを取ってました。

「相棒」はワンシーンワンカットで撮ることがあるドラマですが、
ミッチーの出番もそうだったらしく、とても大変だったそうです。

成宮くん曰く、
「及川さんは間違えると2行ほど勝手に戻ってまた始める」のだそうです。
カットがかからないからそのまま最後までやっちゃうそうで、
「ああやってNG出せばいいのかって思いました」という成宮くんに
水谷さん、思わず、「NGは出しちゃダメです」と言って会場爆笑~。

「この長セリフが自分の相棒史上、三番目に大変だった」、と
また、気を持たせるような言い方をミッチーがしまして、
思わず、司会者がそれに乗って、二番目三番目を聞いていました。

二番目は劇場版Ⅱで大河内監察官の運転する車を身を挺して止めたとき。
本当に怖かったそうで、やらせた監督に「ムカついた」そうです。
一番は神戸君のシリーズ最終回での長セリフだそうです。
右京さんを説得する場面・・・ってどれだろ?
赤い風船の場面かなぁ・・・。

さて、キャストの最後は石坂さんでした。
ミッチーが思いっきり笑いを取った後で、やりにくい雰囲気だったにも関わらず、
さすが しっかり話をまとめてらっしゃいました。

そこまで、水谷さん初め、いろんな方が挨拶の頭に使っていた、
「GWにも関わらず、おいでくださり・・」という言葉を受けて・・
GWというのは、映画業界の人が作った言葉ですので、
GWに映画を観に来ている皆さんは正しい日本人のあり方です」と博識を披露。

「局を超えて、鑑定団でも宣伝したんですけど、カットされました」
なんてことまで仰ってました。

皆さんが仰ってたことにもう一つ、「水谷さんは天気を操る」というのがありまして、
なんでも、単に晴れ男というのではなく、撮影で雨が欲しい時は降らせるそうです。
ホントかしら~

他にも、課長が話し始めるとみんなして「(暇か?が)でるぞでるぞ」とからかったり、
小野さんが雨男という話になると、「照生(役名)なのに?」とチャチャが入ったりと
終始和やかな雰囲気で、本当にみなさん、仲がいいんだなと感じましたね。

あと、どういったタイミングだったか忘れたのですが、
釈由美子さんが舞台上で新旧相棒に挟まれて立っていたのですが、
それがすごく光栄で嬉しいと言うと、
ミッチーが「そう?」と言いながらピッタリとくっつくように迫っていって、
それを受けて、反対から成宮くんも超接近~
思わず釈さんがタジタジしてしまっていて、可愛かったですよ。
・・というか、ミッチーてば、ほんとオヤジですわね。

最後にフォトセッション。
すでにネットニュース等で出ていますが、
客席に大きな鯉のぼりを入れて、お客さんがそれを支え持ち、
キャスト、お客さん、鯉のぼりで写真を撮りました。
いろいろ、考えますね、宣伝部の方も・・。

もっと、楽しいお話がいっぱいあったんですけど、思い出せるのはこれくらいかなぁ。
この初日舞台挨拶はきっとDVDの特典になると思うので、
万一、記憶違いの時は・・・書き直しますかね。

さてさて・・・映画ですが・・・
推理劇なので詳しく書けません。

一つ言うならば、今までの劇場版とは違う角度の映画だと思います。

劇場版Ⅰが切ない親子愛、Ⅱが警察の暗部を描いていたのに対し
今回はちゃんと殺人事件に主体を置いているかな、と思いました。
ただ、その事件が起きた背景に国防という問題があり、
大きな組織が絡むことで、捜査が二転三転する、という感じです。
その大きなテーマはドンと見る人の前に提起され・・
そして、相棒らしく、終わっていくのです。

孤島に行く経緯はこの大きなテーマに絡むことだったはずなのに、
右京さんがいつものように「細かいことが気になり」
まったく違った角度から事件を掘り起こしてしまう、という「いつものスタイル」。
普段のドラマに近いストーリー展開かもしれないですね。
水谷さんが一番「相棒」らしい話って言ってた意味が分かった気がします。

「相棒」は今や、小学生も楽しみにしているようなドラマになって、
脚本も、どの世代もが楽しめるようなものにしなくてはならなくなったと思うんです。
それを受けて面白くなくなったと感じる人もいるのかなと思いますが、
私はそれぞれに、どの相棒の時代も面白くて好きですね。
キャラクターというより、「相棒」の世界が好きなんだと思います。
あそこに行って、みんなに会いたいもんね。

「相棒」は長く続き、時代とともに変化することが求められ、
それに成功している番組、と言えるかもしれません。

永遠ではないけれど、もう少し、楽しませてもらいたいな、と思ってます。

えっと・・・
これで舞台挨拶のお楽しみは終わり、のはずだったんですけど、
私がいつも見ている映画館にも豊さんがいらっしゃるということが分かりまして。
それにも行こうと思ってます。

また、その時はお付き合いくださいませ~。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« お誕生日にウチごはん | トップページ | アフタヌーンティー その54  マンダリンオリエンタル東京 
オリエンタルラウンジ »

コメント

当然、初日には観に行ってらっしゃるだろうと思っていました!
登壇者が増えて、超ラッキーでしたね。
ぴあのさんの、日頃の行いが良いのですよ~☆

もう一度豊さんの舞台挨拶が見られるかも、ですね。
また、突然のサプライズで、出演者の方が増えると良いなぁ。

blue kittyさん・・
はい、沢山いらしてホントラッキーでした。
実は、どういう理由か・・・大人の事情?・・
今回、舞台挨拶のメンバーや舞台挨拶の劇場など、
直前になってバタバタと発表になったんです。

川崎の舞台挨拶も初日前日に発表されて・・・。

いつもの場所に右京さんが来るのは、ちょっとワクワクしますけど(*^_^*)

ぴあのさん記憶力抜群ですね!
やはしもりもり若返ってますね。
そうそうやっとぴあのさんを狂わせている
川原さんのお姿を拝見しました。
こりゃカッコいいわ!足長くてバビったわ~。

あとは明日お話ししましょう。

友人さん・・
”愛”です”愛”~。

なんてね。この記事書いてから、
あちこちで別の人が書いているレポ読むと、微妙~に違ったりしてね(^_^;)

川原さん! 何をご覧になったのでしょ~。
明日、楽しみにしています~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒劇場版Ⅲ」初日舞台挨拶:

« お誕生日にウチごはん | トップページ | アフタヌーンティー その54  マンダリンオリエンタル東京 
オリエンタルラウンジ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず