アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« ポールと兄 | トップページ | 「青天の霹靂」   映画 »

そんな時代 

今週に入って、数日、久しぶりに帰省していました。

私の故郷は福井県で、今、原子力発電でもめてる町です。

私が子供の頃は父が勤める会社が街を支えていました。
その後、原子力発電所ができ、
その役割は、そちらへと移っていきました。

すでに、故郷を離れて、40年が経ち・・・。
その間、ずっとあの町は原子力発電所が支えてきたのです。

これから、どうなるのかなぁ・・・。
心配しても、遠く離れた私には、もうどうしようもありませんが・・。

今回の帰省は、父の白内障の手術のためでした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
午前中に品川から新幹線に乗り、
昼過ぎには故郷の駅に降り立ちました。
bullettraindash

この前の帰省は去年の秋だったのですが、
まぁ、駅がすっかり変わってしまっていて、ものすごく驚きました。
小さな駅なのに、受付カウンターがあり、
綺麗な制服の案内係の女性が、三人もいてsign03
えっと・・何を説明するつもりなんだろ。道案内?coldsweats02

着いてすぐに父を連れ、
タクシーで、手術をしてくれる病院のある福井市へと向かいました。
思えば高校生以来の訪問でした。
だから・・・
まぁ~ったく知らない街になってました~。coldsweats02sweat01

診察は次の日でしたので、その日はホテルに泊まります。
ここで、ホテルというのは、いかに年寄りに冷たいかよく分かりました。
ごく普通のビジネスホテルでしたが、
まず、ユニットバスは年寄りは使えません。
あの浴槽の高さは、とても越えられません。
第一、浴槽内で体を洗うということに、まるで対応できないんですよね。

父は年相応に歯も一部入れ歯で、堅いものは上手く噛めません。
朝食など、歯ごたえのある野菜が多く、(レンコン、いんげんなど)
結構苦労をしているようでした。
バリアフリーにもなっていず、結構あちこち段差や、小さな階段がありました。

私は前もってグーグルアースでホテルの前に蕎麦屋を確認していました。
それなのに・・・。
「肉が食いたい」とのたまった父。wobbly

しかたなく、部屋で待たせて外に店を探しに出ました。
偶然にもホテルの目の前に小さなステーキのお店がありました。
ご夫婦二人でしている、とても小綺麗なお店で、いかにも美味しそう。heart04
カウンターにしつらえた鉄板で焼いてくれるタイプのお店です。

ご主人に年寄りを連れてくるというと、
小さく食べやすい大きさに切ってあげますと言ってくれました。
とても優しいお二人で、ここなら大丈夫と思い、父を迎えに行きました。

Img_1520_1280x960200gで7500円ほどのお肉は、それはそれは、柔らかくて美味しいお肉でした。

私は結構満足したのですが、父は・・・
「もう少し食べたい」と再度のたまいまして・・。coldsweats02

結局100g追加で焼いてもらうことに。sweat01

でも、本当に美味しかったです。
めったにこういう機会はないので、ご馳走できて親孝行した気分。coldsweats01

診察はあくる朝9時からでした。
初めての病院で勝手がわからないというのもありましたが、
あれこれ検査が多く、手術前の注意説明なども長くて・・・。
終わったのは夕方5時でした。shocksweat01

よく同じ世代の友人が、親のために今年は帰省が増えた、
というような話をしていましたが、
いよいよ、私もそんな時代になるようです。

次は、今回の診察時に決まった白内障の手術日に帰省します。
また、同じように父を病院に連れて行く予定です。

私は遠く離れて住んでいて、今すぐ来てくれと言われても無理ですが、
こうやって計画的にことを進めれば、少しは助けることができます。
これからもできるだけ助けになれればと思っています。

私自身はどうなるでしょう。
娘が二人いますが、もし嫁に行ったら、
当てにはできませんし、する気もありません。

60歳を越えたら、私も先を考えて、いろいろ準備をしなくちゃな、
親を見るたび、そう思うのです。

私の親は再三の私の進言に耳を貸さず、ほぼ無計画でしたからねぇ。
あの危機感の無さはなんだったのかなぁ・・。

Img_1534_1280x960

さて、明日から6月です。
梅雨が始まりますね。
ウチのマンションの庭の紫陽花は、
だいぶ咲きかけています。
今年はまた鎌倉に行ってみたいな。

そして、雨のひと月、本を読みたいなと思っています。
今月の本棚、本が一つ変わりました。
ここに載せるのは、読んだ本ですので、
もし、ご興味があったら、お尋ねくださいね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« ポールと兄 | トップページ | 「青天の霹靂」   映画 »

コメント

ぴあのさん お疲れ様でした。
お父様の 超高級!美味しい!お肉を頬張っているお顔を
想像しましたら
こっちまで 嬉しくなります。
これから ひとつでも多く そんな幸せそうなお顔を
みれたら 良いですね。
白内障の手術をおえたら 視野に入るものが すべて
鮮明にみえて 又 幸せなお顔 拝見できますね (*^_^*)

sakuraさん・・
ありがとうございます。
思わず店主と顔を見合わせた私です<お財布が~Σ(゚д゚;)

でもお肉が何より好物なので、よかったです。
健康を心配するあまり、普段はほとんど食べさせてもらってないので。
あ・・母にです。厳しいのです。(^_^;)

白内障の手術、成功するといいなと思っています☆

お父様孝行でしたね。
お肉をおかわりできるくらいお元気で、羨ましいです。

生前、父の痴呆(アルコール性脳萎縮のはず)が進み始めた時、
いつもいつも通っていたステーキハウスで待ち合わせたのですが、
迷子になって来られませんでした。
あの

ゴメンナサイ、途中で送信してしまいました!

こんな風に書こうと思っていました。

生前、父の痴呆(アルコール性脳萎縮のはず)が進み始めた時、
いつもいつも通っていたステーキハウスで待ち合わせたのですが、
迷子になって来られませんでした。
あの時に、お肉を一緒に食べられなかったことが、
何故か異様に引っかかっている私です。

ぴあのさん、いっぱいいっぱいお父様孝行、して差し上げて下さいね。
でも、決して無理はなさいませんように。

のはずだったのです。。。
きゃっ!
ごめんなさい!

え~。福井のご出身なんですかあ。ワタシの叔父もそちらの原発で
清掃の仕事を しています。

ご両親が遠方においでると 色々と大変ですね。うちは両家とも県内なので
有難いんやね。

そちらですと プチ関西弁ですかあ。

blue kittyさん・・
お気にならさらず~(*^^)

後悔することは沢山ありますよね。
私も「進言」だけでなく、もっと具体的にしてあげることはなかったかなぁと
いまさらながら思ったりしますが、でも、やっぱりあれ以上は無理だったかも・・
と思ったりもします。

今、できることしか、できないのだから、それを精いっぱいやろうと思います。
それ以上はどんなに愛情があっても無理なんだもの。
私の体は一つなのですわ。

blue kittyさんのお父様は、きっと、あちらで、
「食べとくんやったなぁ。けどこっちのが美味しいもんあるで。」
なんて言ってらっしゃるんじゃないかしら。
あれもいい思い出だっていいながら、晩酌してらっしゃいますよ。

なおさん・・
そうなんですよ、同じ北陸の人間です~。
距離はどうしようもありませんね。

言葉はそうです、プチ関西弁(^_^;)
小さい頃、吉本を見て(TV)育ってますから、気質も関西系?
そのうえ、転勤で10年近く大阪に住んでいたので、
私は、半分は関西人かもしれません。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/59735983

この記事へのトラックバック一覧です: そんな時代 :

« ポールと兄 | トップページ | 「青天の霹靂」   映画 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず