アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 4/19「モナリザン 川崎のイタリアン」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 相棒コンサート 「響」  | トップページ | 英国紅茶サロン  »

続・そんな時代

いつのまにか紫陽花もすっかり散ってしまいました。
でも、まだまだ雨が続いていますね。
もうそろそろ終わってくれないかしら・・。

さて、「続・そんな時代」という題でお分かりと思いますが、
今回は、先日書いた「そんな時代」の続きでございます。
いよいよ父の白内障の手術となりまして、
私は、また、付き添いのため、帰省することとなりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Img_1639_1280x960

父は手術の前日に入院しました。私は前回同様、実家から父と一緒にタクシーにて福井へ移動。cardash
父を入院させて、やはり前と同じホテルにチェックインです。

写真はホテルの窓から見える景色です。
山が近いですよねぇ。

入院したのは4人部屋でしたが、
父より年上らしい方々とご一緒で、会話などありそうもなく・・。
sweat01
きっと退屈するだろうと、すぐにテレビカードとイヤフォンを買いました。
tv
私が昨年入院した時と同じで、パジャマもタオルもレンタルです。
これは、本当に便利ですよね。洗濯が不要ですからね。

白内障というのは、眼球のレンズ部分が白濁する病気です。
だからレンズそのものを人工のものと交換する手術を行います。

手術は30分ほどで終わってでてきましたが、
直後から劇的に見え方が変わっていたようでした。
それまで白く濁って光をさえぎっていたものが無くなりますので、
光をしっかりとらえることができ画面が明るく見えたようで、とても驚いていました。

驚いたと言えば・・・sign01
父の場合は、数年前に今回とは逆の目も白内障の手術を受けており、
そちらの目は緑内障で視野が狭いとはいえ、0.7の視力がありました。
今回、それに合わせてレンズを入れたので、
両目で観ると、視力は0.8~0.9ほど見えるようになったのです。
sign03

15歳から眼鏡をかけて生きてきた父にとって、
まさに、60数年ぶりの裸眼での生活が始まることとなりました。
いいな・・・。
私はど近眼ですからね・・・。
coldsweats02sweat01

父が入院中、ホテルでただ待機の私は、何もすることがなく・・・。
すっごく暇な時間を過ごしていたのですが・・。

もちろん、それでもただ黙って過ごしていたわけではありません。
可能な限り楽しもうと思いまして、まぁ、できるのは食べることですよね。heart04

前に来たとき、ホテルのすぐ近くに福井で有名な洋食屋、
「ヨーロッパ軒」 の本店があるのを見つけていました。

Img_1629_1280x960そこで、一日目の夕食は、ヨーロッパ軒のソースかつ丼をいただきました。
今回、初めて「ソースかつ丼セット」を頼んでみました。サラダ、味噌汁、つけもの付です。手前に見えているさしみしょうゆみたいなものは、実はソースが入っていまして、かつ丼の味が薄い場合は使うためのものだそうです。

相変わらずのクオリティで本当に美味しかったです~。heart04
ソースかつ丼は全国に沢山あるようですが、福井のはシンプル。
ご飯の上にはカツしか乗ってません。甘いウスターソースで衣全体が味付られています。
お肉も分厚いトンカツ肉ではなく、叩いて少し薄めにしてあります。
そのため、とても柔らかくて食べやすいですよ。
happy01

Img_1637_1280x960

次の日はこれも福井名物「越前そば」を頂きました。
やはりホテルの目の前にあるお店で、「さのや」さんというお店です。
前回父と一緒に食べようと思っていたお店なのです。まぁ、「肉が食べたい」と言われて諦めましたので、今回、リベンジですね。
coldsweats01
写真で分かるでしょうか。
うどんくらいの太さがあるのです。
蕎麦ですから平たい麺ですが、太いのです。
蕎麦粉の割合は8割だそうですよ。
独特の歯ごたえと強い蕎麦の香りがします。
出汁は透明ですが、大阪のものほど甘味がありません。
別皿で大根おろしがついてきまして、好みで入れて食べてくださいということでしたので、
私は全部入れて食べました。美味しかったですよ。heart04

Img_1640_1280x960

あまりに美味しかったので、あくる日、昼食にも行ってしまいました。
ソースかつ丼は福井の名物ですが、ヨーロッパ軒以外のものを食べたことがありませんでした。
前日、さのやさんでお蕎麦を食べた時、メニューにソースかつ丼を見つけた私はどうしても食べてみたくなっていました。
でも、越前そばももう一度食べておきたい・・・。
ということで、かつ丼とおろし蕎麦セットを注文しました。

カツ丼は小さめでお願いしました。
お蕎麦には花がつをと刻みネギがついてきて、
つけ汁にたっぷり大根おろしが入っていました。

もうお腹いっぱい。
入院のつきそいか、食べ歩きか分からなくなりそうな毎日でした。

しかも、おまけに・・
退院して昼過ぎに病院を出た父と私。
私の乗る特急しらさぎの出発時間まで余裕がありましたので、
昼食を一緒に食べることにしたのですが、
父は、敦賀に帰ってヨーロッパ軒に行きたいと言いまして・・。

結局私は、この短い滞在で二度ヨーロッパ軒に行くこととなり、
さすがに、もうソースかつ丼はいらなかったので、
Bランチを頼んでみました。そうしましたら・・・。

Img_1643_1280x960

メインディッシュはプレーンオムレツとポークカツレツだったのです。
すっごく美味しいオムレツとカツレツでしたが・・・。
さすがに、もうしばらくトンカツはいいかな・・・。coldsweats01

ヨーロッパ軒の味は、忘れえぬ故郷の味だと思います。
また、きっと食べたくなるんだろうなぁ・・。

また秋に診察のため、福井まで行くことになっていますので、その時また何か食べられたらいいなと思っています。

「そんな時代」になって、お金もかかるし、
行ったり来たりと忙しくて疲れることが多くなりそうです。
けれども、そのおかげで、数十年ぶりに福井の街を歩いたり、いろんなものを食べたりと、
私自身が昔を懐かしく振り返ることができたりして、
故郷や昔を振り返る、そんな時代でもあるのかなと感じた数日間でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 相棒コンサート 「響」  | トップページ | 英国紅茶サロン  »

コメント

40代までは視力も良い方で、字を読む苦労をしたことがありませんでした。
最近は、普段、老眼鏡をかけるほどでもないのですが、
小さい字や暗い場所で読む字には苦労するようになり、
読書もすぐにあきらめてしまいます。
目が良いって、幸せなことだったんだなと、つくずく感じています。
お父様、色々なものがはっきり見えるようになって、良かったですね(*^_^*)

揚げものは、突然、猛烈に食べたくなります。
ソースかつ丼、食べてみたいです。
とんかつにソースの味がしみて、美味しいんでしょうね。
あっ・・・涎が・・・

blue kittyさん・・
私はすごい近眼なので、普段コンタクトを入れてます。
そうすると、老眼力が発揮され(^_^;) 老眼鏡が必要となります。
でも・・裸眼だと目の前のものはとてもよく見えます。
例えば、針に糸を通すなどは、裸眼じゃないとできません・・ややこし~。

ソースかつ丼はね、ソースがたぶんオリジナルだと思うんです。
家で作るときはトンカツの日に少し残しておいて、
あくる日、フライパンにウスターソースとお砂糖を入れて溶かし、
火をつけてプツプツとしてきたら少し温めたトンカツを入れて、
衣にソースをからめます。
なんちゃってソースかつ丼ですけど、よかったらお試しください。
結構甘目の方が美味しいです☆

こんにちは。
ご無沙汰しています。
お父様、無事手術が終えられたようで良かったですね。お疲れさまでした。
それにしても美味しそう♪

実は私は娘の看病の為に先月末に三日間東京に滞在したのですが、ただ暑かっただけで、出掛けたのは病院とスーパーとコンビニだけ。次は楽しむ上京にしたいと帰りの新幹線の中で思いましたよ。(苦笑)

さて、ぴあのさんに季節のお便りを差し上げたいのですが、差し支えなければご住所を教えていただけませんか?
アメーバのメッセージに区からのご住所をお知らせいただけないでしょうか?
アメーバは個人情報やり取りの規制があるのでここでのお願いですみません!
お気持ちむきませんでしたら、このコメントスルーしてくださいね。私の区からのご住所あとでメッセージさせていただきますね。
よろしくお願いいたします。

よしこさん、コメントありがとうございます(*^_^*)
私もたまたま泊まったホテルが繁華街にあったので
近所に美味しいもの屋さんがあっただけで、
4日もいたのに、何も見ませんでした~。
看病だとしょうがないですよね。
お嬢さん、夏風邪だったんでしょうかねぇ。
最近引いてる人が多いみたいです・・。
もうすっかりよろしいのですか?

住所、メッセージしておきますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/59932264

この記事へのトラックバック一覧です: 続・そんな時代:

« 相棒コンサート 「響」  | トップページ | 英国紅茶サロン  »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず