アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« 英国紅茶サロン  | トップページ | 雨の誕生日 »

懐かしの松竹新喜劇  観劇

先日、新橋演舞場にお芝居を観に行ってきました。
「松竹新喜劇」という劇団のお芝居です。

子どもの頃・・
土曜の半ドンから帰ってくると、テレビではちょうど吉本新喜劇が始まります。
ご飯を食べながらそれを見て、
ちょっと一服してると、今度は松竹新喜劇が始まるのです。

舞台中継と寄席中継が交互に合って・・。
私は大阪の人間ではないので、日常に笑いがあるわけではないですが、
それでも十分「お笑い」で育ったと言っていいと思っています。

「松竹新喜劇の東京公演を観に行かない?」と誘われて、
ぜひにと思った気持ち・・懐かしい気持ち・・・。

関西出身者なら分かってくれますよね。

ネット情報ですけれど、
松竹新喜劇が夏に東京公演をすることについて、
昔、劇団の大スター藤山寛美さんがこう言っていたそうです。
「夏は東京の役者さんは休まはるやろ。その間、わてらがいって、
ちょっとお芝居させてもらうんや」

この考え方って、寛美さんの根底にあったようですね。
お芝居をして見せる、のではなく、して観てもらう。
東京で芝居をする、ではなく、させてもらう・・。

そうして、お足をいただく。頂けるだけの芝居をする。
それが寛美さんのポリシーだったそうです。

今回のお芝居もそんな夏公演の一環ですが、
今年、劇団創立65周年だそうで、節目のご挨拶もありました。
   
(写真はお芝居のビラと幕間に食べた幕の内弁当です)           

Img_1692_960x1280

そして、なんとsign01
この記念すべき年に、寛美さんのお孫さんが入団されたそうで、今回の芝居でも主役を張ってらっしゃいました。
藤山扇二郎さんと仰いましたよ。

他にもなんとなく見覚えのある役者さんがちらほら。
小島慶四郎さんなどは、はっきりお顔を覚えていますが、
もう83歳になられていて・・。
けれど、舞台でのセリフは当時のままの「間」で、
聞いた時、あっという間に私の気持ちは
小学生の頃の土曜日の気だるさを思い出していました。

ビラに久本雅美さんのお写真がありますが、彼女は紅萬子さんとのダブルキャストで、この日はお休みの日でした。

お芝居は、設定こそ現代になっていますが、
繰り広げられる世界は当時のまま・・。

空気感は一気に40年ほど遡った感じです。confident

笑いのツボも、笑わせかたも、当時のまま・・。
期待した通りのオチがあります。
もちろん、分かっていても大笑い・・・。
そして、松竹新喜劇らしい人情話ですから、
最後には涙だか笑いだか分からない状態に・・
happy02crying

幼いころに沁みついたリズムと笑いを、思い出しながら、
まさか、東京で、寛美さんのお孫さんの舞台をみることになるとは、と
本当に灌漑深い思いでした。

まだまだ、新人。
先輩のベテランさんに支えられてる感じでしたけど、
どうか、いい役者さんになられて、新喜劇を引っ張って行ってください。

巨大なおじいちゃんに、負けんとねshine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 英国紅茶サロン  | トップページ | 雨の誕生日 »

コメント

土曜のお昼からの、お決まりでしたね。
明日は日曜日だ、という嬉しさもあって、
心から楽しめた新喜劇です。
吉本新喜劇はバカバカしさと、お決まりのギャグで笑わせてくれ、
松竹新喜劇は、笑いだけじゃなくて、ホロッとさせられて。
毎週見てましたよ~!

東京に出て来て直ぐの頃、
K大学卒とS女子大学卒のお友達パーティーに呼ばれたことがあります。
湘南までドライブをして、夕食を取ったのですが、
その時、K大学卒のお坊ちゃまが「見てごらん、星が降って来そうなほどきれいだよ」
って、大声で叫んだんです。
私は、新喜劇を見て育った人間ですからねぇ。
もう、すんでのところで「何、気取ってんねん!」って、彼の頭をはたくところでしたよ。
すかさず「ほんと~っ!!!」って、S女子大卒の友達が答えていたので、
一人関西ツッコミをしなくて済みました。
恐るべし!
東京!
と思った事件でした。

あ~ 新喜劇の世界が好きだわ~

blue kittyさん・・
そうですよね、土曜の昼のお決まりでしたよね。
でも松竹新喜劇はもう地上波ではやってないんじゃないかなぁ。
少なくとも娘たちは知りません(>_<)

「見てごらん~」のセリフはさすがの東京人もちょっと、ではないですか?
よほどのイケメンなら・・許される気も・・(^_^;)

でもね、日常でもノリツッコミがあそこまで根付いているということに
他から行くとすっごく驚きますよ。
テレビの中のお笑いならともかく、日常会話があのままですからね。
しかも大阪の方はそれを自覚していない(^_^;)

私がほぼ抵抗なく大阪的ノリツッコミ会話ができるようになるまで
5年かかりましたから・・。

お久しぶりでございます。この蒸し暑さ いや日常の暑気払いに
緊急に金吾さんライブ新宿・曙橋バックインタウンに 滑べりこみます。
いかれますかあ~notesその際には お話しをしたいですね。
関係ない話題でしたあmist

なおさん・・
コメントありがとうございます。
行きますよ~。土曜ですよね。
えっと・・どうしましょうか?(^_^;)
なおさん・・アメブロですよね?
メッセージいたします。しばしお待ちください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/59989451

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの松竹新喜劇  観劇:

« 英国紅茶サロン  | トップページ | 雨の誕生日 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず