« 夏の思い出 その2 映画 | トップページ | 雑記  つれづれごと »

スクンビット・ソイ・トンロー

この夏、もう一つ楽しんだものは、やっぱり美味しいもの。

出かけた先でいろんなものを食べましたが、
今回は、一つのお店をご紹介しようと思います。

タイで本場のタイ料理を楽しんだ人たちの間でも満足の味。
そんな風に教えてもらって行ってきたのが、
東京駅北口から徒歩・・・5分かなぁ・・。
そんなにかからないかしら・・。

スクンビットもソイもトンローも・・バンコク市内の地名ですね。
トンローはBTSの駅もあったと思います。
どこかしら、とても懐かしい響きの店名に惹かれました。

東京駅北口を出て、すぐの大通りを渡り、左へ何本目か・・
目印は並木道。
大きな通りではありませんが、並木が目立つのですぐわかります。
並木道に入るとすぐ左手にお店の看板が見えてきます。

スタッフはすべてタイ人とうことで、飛び交う言葉はタイ語。
でも、皆さん、もちろん日本語が流暢で困ることはありません。
お店の雰囲気はカジュアルな居酒屋という感じ。

Img_1784_1280x960

でも調度品や、
テーブル上の陶器の調味料入れを見ると、
まさしく、タイの雰囲気。

このテーブル上の調味料ですが、
ナンプラー、粉唐辛子(あら刻み)、唐辛子入りお酢、お砂糖が普通です。

タイ料理はトムヤムクンに代表されるように、
唐辛子の辛みが特徴の一つですが、
出汁と塩のみ、というときもありますし、
割と薄味で調理されているものもあるんですよね。

Img_1785_1280x960

そこに、この調味料を足して、
自分の好みにして食べると美味しいです。
タイ米のパラリとしたチャーハンなどは、
ナンプラーをかけると一気に、異国の味になります。
ガラスの器が一般的だと思うのですが、
このお店のは素敵な陶器でした。

さて、まずはオードブルとして・・。
「生春巻き」です。最近ではスーパーで生春巻きの皮が買えますよね。
このお店のは透明でモチッとしてて美味しい!
ソースも手作りで柔らかな辛みと甘みで美味しい~

Img_1776_1280x960もう一つ・・・「青パパイヤのサラダ」です。

Img_1779_1280x960

シャキシャキとした歯ごたえが美味しさをアップさせますよね!

次にタイ料理と言えば、これ、という「トムヤムクン」

Img_1777_1280x960

写真ではよく分かりませんが、
エビ(タイでは手長エビが普通だそうです。日本だとなんだろ?)、フクロダケ、レモングラス、なんてのが入ってますよね。
甘味と酸味、そして辛みが絶妙なバランスです。
世界三大スープとか言われてますけど、この不思議な味は、一度好きになると忘れられないかも。

この店のは出汁感がとても強く、辛みがそれほど気になりません。
アジアのお料理ってやっぱり出汁が決め手ですよね。

スープの上のパクチー、綺麗な彩ですが・・。club

このパクチー(香菜)が苦手な方が多いと思います。
パクチーは西欧ではコリアンダーって言いますよね。
意外と、異国料理には多用されています。
生じゃなければ、知らずに食べているときもあるかもしれませんよね。
ちなみに・・・私は大好物(^^)

そして、こちらもタイ料理ではお馴染みの空芯菜。

Img_1620_1280x960

私が空芯菜を初めて食べたのはもう10年近く前。
バンコクのレストランで食べて、あまりの美味しさに感動しました。
シャキシャキしたものが好きな私にはドンピシャだったんですね。
ナンプラーとガーリックが効いています。

そして、こちらもお馴染み、エビのガーリック炒め。

Img_1621_1280x960_2

炒めじゃなかったかな?
写真を見ると「揚げ」てますね。
衣に甘辛の味がついています。
やはり辛みがまろやかで、食べやすかったです。
ビールにはもってこいのお味です。beer

この日のメインは、まずは、家族みんなが大好きな「プー・パッポン・カリー」

Img_1782_1280x960_2

ブルークラブというカニのカレーです。
カレーと言っても、香辛料で煮込んだカニを卵でとじてあるので、
辛みはほとんどありません。
辛いものが多いタイ料理のなかでは食べやすいと思います。
このままでも、ご飯にかけても美味しいですよ。
ソフトシェルクラブが使われていたので、殻ごと食べれます。

次に、最近、巷で流行っているらしいバンコク鶏飯
ご飯の上に煮込んだチキンが乗っています。
ご飯にほんのり香りがありますね。

Img_1788_1280x960

乗っているチキンは塩味。
たっぷりパクチーが乗っていますが、
ご飯やお肉にはパクチーの匂いがついていないので、
苦手な人は、私にください。coldsweats01
そういえば、友人にパクチーだけでなく、
ココナッツオイルやミルクの風味もダメという人がいます。
確かに、普段食べ慣れないですからね。
でも、一度受け入れたら・・・おそらくヤミツキだと思われます。
世界的に美味しいものと認識されているわけですから、
ぜひ、挑戦してみてほしいなと思ってます。confident

ここまで食べて、美味しいお店だなと思っていたのですが、
最後のデザートが、超美味だったのです~heart04cake

バンコクで食べるデザートはどれもとても美味しいのですが、
日本で美味しいタイのデザートに出会ってなくて、
どこかにないかな~と思っていました。・・・ありましたねsign01

まず、ココナツミルクのホットゼリー

Img_1790_1280x960

ホットなゼリーってsign02 
見た目はゼリーというよりプディングですね。
食べた感じもどちらかというとそんな感じ。で・・・。
これが、まさしく絶品~heart04 もちっとした食感で、甘さもちょうどいい感じ。
ゼリー、プディング、団子sign02 そんな不思議なお菓子でした。

こちらはバナナチマキ

Img_1793_1280x960

バナナともち米をを合わせてついて蒸してあるのかな。
包んでいるのはバナナの皮だと思います。banana
甘いバナナの香りに包まれますが、こちらも甘味はちょうどいい感じ。
日本でいうところのおハギみたいでしょうか。

どちらも初体験のお味。そして・・・美味しい~lovelyheart04

今回は、初めてのお店ということもあって、お料理はスタンダードで攻めてみました。
次回は、少し挑戦してみようと思います。

他にもこの夏、ラーメンなどはいくつか初見のお店がありました。
いつかまた、ご紹介したいと思っています。

今回の「スクンビット・ソイ・トンロー」は私の中ではかなりのヒットsign03
久々に、サイドの「美味しいお店」に加えることができました。

今年の夏は雨だったり暑かったりと、体調管理が難しい夏でしたが、
何故か・・・食欲衰えず~。夏痩せって何? という感じでした。
coldsweats01
このまま秋になるのか・・・。ちょっと怖い気もしますが・・。
引き続き、美味しいものを求めて、食べ歩きたいと思います。(え
sign02

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 夏の思い出 その2 映画 | トップページ | 雑記  つれづれごと »

コメント

私もタイ料理は大好きです。
最近、ディープな池袋のはずれや上野の裏通りのお店に立て続けに行きました。
日本語も英語も通じないスタッフで、注文はタイ語がわかる元上司にお任せでした。
どちらも、美味しかったのですが、タイ語が分からないと、
自分たちだけでは二度と行けません。。。

タイのソーンブーンというお店で、生まれて初めて蟹カレーを頂きました。
あまりの美味しさに、自分の指ごと食べてしまいそうでした(笑)が、
スクンビット・ソイ・トンローの蟹カレーも食べてみたいわぁ。

いつも、デザートに行く前に、ビールとお料理でお腹がいっぱいになってしまいます。
タイ料理のスイーツも美味しいんですね。
次回は余力を残して、頼んでみようかしら?

ぴあのさんの 美味しい物を求めるその意欲は
健康の秘訣のようですね (^。^)

不安定な天気が続いていましたが
落ち着いた秋の夜長を過ごせていますね!!

ぴあのさんの グルメ・料理・お茶・読書・映画・観劇・・・そして相棒
全部 ステキですheart04

blue kittyさん・・
いいですねぇ、ディープなタイ料理。
泥臭い感じがして・・(^_^;)

カニのカレーは私もバンコクで初めて食べました。
その時はカニは殻が硬かったのよ。
でも、お店によってソフトシェルのを使っているみたいですね。

デザートは私の経験的には暖かいのが美味しいと思います。
ココナッツミルクに小豆が入ってるようなおしることか、
お餅系が美味しいです。
あとね、マンゴーを暖かなもち米と一緒に食べるの。
これも絶品だと思ってます。日本では見つけてないのです~。

sakuraさん・・
それがね・・・。
先日人間ドックで、コレステロールが高いって言われたの!
前日たっぷり自作のいくらの醤油漬けを食べてしまっていたのですが、
魚卵は気を付けましょうとか言われてしまって・・。

これからは健康に気を付けて食べねばなりません。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/60237349

この記事へのトラックバック一覧です: スクンビット・ソイ・トンロー:

« 夏の思い出 その2 映画 | トップページ | 雑記  つれづれごと »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず