アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« 秋のお茶会 | トップページ | 風の詩   お知らせ »

11月花形歌舞伎   観劇

すっかり秋も深まってきました。

私の住む地域では、まだ紅葉は始まったばかりという感じですが、
北の地方ではもう雪が降っているところもあるとか・・。
いよいよ冬の足音が聞こえてきています。

さて、それでもまだ昼間は暖かな日差しの中、
明治座まで出かけてきました。
11月花形歌舞伎、ということで初めて市川猿之助さんのChiyo_008
大がかりな歌舞伎を観に行ってきましたよ。

Chiyo_008_2


市川猿之助さんと言えば、先代の猿之助さんがスーパー歌舞伎を始められて、
大人気になっていた頃、私は大阪におりました。

当時働いていた会社の先輩のお姉さま方が、
よくこのスーパー歌舞伎を観に行っていました。

すごいのよ、カッコいいのよと話は散々聞かされていましたが、
実際にはまだ行く機会も興味も持っていなかったんですよね。
その後、歌舞伎とのお付き合いは、数えることたったの3回。
たった3回ですが、玉三郎と勘三郎を観たというのは
なかなかに運がよかったと思っております。heart04

今回ようやく話を聞いてばかりいた「スーパー歌舞伎」を
見る機会が巡ってきたのです。

もちろん、今回観たのは4代目猿之助、ということになります。

出し物は「四天王楓江戸粧」(してんのうじもみじのえどぐま)です。
江戸時代の歌舞伎を先代が復活させたものだそうです。
 

あらすじは・・どちらかでググってくださいませ。m(__)m
とても一言で簡単に言えませんの・・いや、ほんとに。coldsweats02
何せ、4時に始まって途中30分、20分の二度の幕間を挟んで、
終わったのが9時近くなのです。長いのですわ。
あらすじはともかく、歌舞伎の見せ場がたっぷりと詰まった舞台でした。
といっても、そんな知識は私にはないのですが・・sweat01
「音声ガイド」を借りまして、細かい解説を聞きながらだと本当に楽しめます。
「この太鼓は風を意味しております」なんてことまで言ってくれますのでcoldsweats01

と友人は一番安い三階席のさらに端っこ。何故なら・・。

このお席だと宙づりになった猿之助さんが、
天上の入り口から消えていくところが見えるのですよ。heart04
いいお席を取ってくれた友人に感謝でございます。

目の前に宙吊りで上がってきた猿之助さんをしっかり見れて
本当にダイナミックさを堪能いたしました。
 

さすがに歌舞伎の舞台は道具や飾りがとても綺麗ですし、
役者さんの衣装が、これまた、とても豪華で煌びやかで・・shine

また、演出が派手でスピード感があり、
長い時間ではありましたが、まったく飽きずに観ることができました。

もちろん、幕間にはちゃんとお弁当をいただきましたよ。

Img_2019_1024x768_2 

銀だらの西京焼弁当。美味しかったぁ~。

短い幕間にはアイスをいただきました。

Img_2022_1024x768_3

これがまた、美味しいんです。 

アイスといっても、濃厚なものではなく、口どけのよいあっさりしたもので、サラリと食べてしまいます。お芝居をみて、少し興奮気味の頭も体もすっとリセットしてくれますね。

すごく売れてましたよ。 

猿之助さんが宙吊りから裏へ戻っていくときに
これでもかってくらいに紙吹雪が舞ったのですが、
それがハラハラと私たちの上にも舞ってきたので、
しっかり受け止めて持って帰りました。

家に帰って、娘にお土産と言って、頭の上から撒いてやりました。shine
いつも、お芝居に誘ってくれるお友達・・。
貴方のおかげでまたいい思いができました。ありがとう。 

目と心に鮮やかな素敵な思い出となりましたheart04

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 秋のお茶会 | トップページ | 風の詩   お知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/60613269

この記事へのトラックバック一覧です: 11月花形歌舞伎   観劇:

« 秋のお茶会 | トップページ | 風の詩   お知らせ »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず