アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー その65  東京マリオットホテル
 ラウンジ&ダイニングG
| トップページ | 世界平和を希求する »

歌舞伎ワンピース  観劇

先日、スーパー歌舞伎を観に行ってまいりました。
去年もちょうど今頃行ったんですよね。

今回、猿之助さんが「ワンピース」を歌舞伎にしちゃったと聞きまして、
猛烈に興味がわいたワタクシ・・。
ぜひに観たいと友人にお願いし、チケットを取ってもらいました。

場所は新橋演舞場でございます。

ネタバレをせずにお話しできる自信が無いので・・coldsweats02sweat01
この先は、情報を入れたくない方はご注意ください。

Img_3994_1024x768_2

          

今回、「ワンピース」を歌舞伎で演ずると聞いたとき、
あのお話の壮大さや、登場人物の破天荒なところが
スーパー歌舞伎と合わさったら凄いんじゃないかと思いました。
想像すればするほど、どうしても観てみたくなったわけです。

11時公演でしたので、10時少し過ぎ頃演舞場に行ったのですが、
すでに入り口付近、黒山の人だかり。
随分早くから皆さんいらっしゃるのだと思ったのですが・・・。

なんとsign01
その人だかりは男子高校生の皆さん。まだ幼い感じでしたので、1年生かな。
学校から社会科見学で来たんでしょうねぇ。羨ましい限りです。

確かに、子供たちにとっても、今回の題材は打ってつけですね。
歌舞伎の勉強にもなり、大好きな「ワンピース」も楽しめる・・shine

「ワンピース」はご存知の通り、尾田栄一郎さんが描かれた漫画です。
アニメにもなってますね。
ルフィーという少年が
「ひとつなぎの大秘宝・OnePiece」を求めて
海賊となって仲間たちと航海をする・・・といったお話です。

旅の途中で沢山の仲間との出会いや別れがあり、
「友情」や「絆」「愛」「死」といったことをテーマにお話は進みます。

「ワンピース」はと~ても長いお話となっておりましてcoldsweats01
漫画は現在79巻まで発売されています。
世界的にみても、約35か国で出版され、合計6000万部売れております。
国内に至っては3億2000万部sign01と言いますから、とんでもないわけであります。

おそらくワンピースファンから、舞台化に対していろんなご意見あると思います。
でも、歌舞伎も「ワンピース」もちょっとかじった程度の私から申しますと、
今回のお芝居、本当に素晴らしいものでした。heart04

歌舞伎役者の見事な立ち回りや、美しいきめのポーズ、
スーパー歌舞伎ならではの、大がかりな舞台装置。
どれをとっても、まさに、絶品、口をあんぐり状態です。

役者さんたちの衣装は歌舞伎らしさを失わず、豪華絢爛、見事でしたし、
スーパー歌舞伎恒例の宙吊りも、さらに一工夫、サプライズがありました。

また、舞台の上で大量の水が滝のように流れるのですが、
これも、あまりの水の多さに、客席の前の方の人たちは
ビニールを配られていまして、水を防御しないとならないくらいでした。

「ワンピース」をご存知の方なら、「ゴムゴムの手」はどうするのかとお思いでしょう。
登場人物はいろんな力を持っています。
不思議な実を食べてその力を得るのですが、
ルフィーは「伸びる手」を持っています。手が伸びる・・・sign02

この部分は、実は、舞台上で二つの方法で表します。
一つは歌舞伎らしく
黒衣さん活躍します。
そして、もう一つは、
プロジェクションマッピングです。

これだけネタバレしても、実際に観ると、とても驚くと思います。
特にプロジェクションマッピングはあちこちで多用され、
舞台に臨場感を持たせていました。

立廻り、早変わり、六方、見得など歌舞伎の要素もたっぷり。

猿之助さんはルフィー、ハンコック、シャンクス三役を演じます。
ストーリーを知ってる人は分かると思いますが、
この三人はがっつり絡みがあります。
そこをどう演じ分けるか、二人が同時に舞台上にいることもありますので、
どんな仕掛けになっているのか、なども見どころです。

ミュージカルのように舞台全体で踊ったり歌ったりしたかと思えば、
舞台中央で、ルフィーが大きく見栄を切ったり、まさに自由自在の舞台構成でした。
テーマソングを
ゆずの北川さんが作ってまして、
盛り上がること間違いなしのゆずテイストに溢れます。heart04

ここに書き切れませんが、本当にサプライズが盛りだくさんの舞台です。

尾田先生の原作を一つの舞台にするための脚本は
劇団扉座の主宰である横内謙介さんがやっておられ(演出もかな)、
そのせいかどうか、扉座の役者さんもご出演されていたようです。

今回のお話は、ルフイーの兄、エースにまつわるお話で、
恐らくファンにとっては涙無くては見れないストーリーです。
私でさえ、うっかり泣きそうになりました。weep

エース役の福士誠治さん、めちゃくちゃカッコいいです。
歌舞伎俳優さんではありませんが、所作が大変美しく決まっていました。
「歌舞伎ワンピース」のHPでスチール写真撮りの様子が動画で見れます。
キャストの皆さんの素晴らしお姿が見れますので、ぜひどうぞ。
ページを下の方までスクロールしてみてください。

「歌舞伎ワンピース衣装撮影スペシャル映像」

お商売の方も上手にやってらっしゃいましたよ。
「歌舞伎ワンピース」にちなんだグッズが沢山販売されていました。
おそらく演舞場でしか手に入らないのだと思うのですが、
ワンピースファンにはコレクターも沢山おられると思いますので、
すごく売れているのではないでしょうか。

私は、娘のためにこれを買いました。Img_4026_1024x768クリアファイルです。「ワンピース」のキャラが歌舞伎仕様になってます。coldsweats01
自分の分も買えばよかったかしら・・。

お弁当も特別仕様で「海賊弁当」なんてのもありImg_4002_1024x768
ました。「ワンピース」の絵で包みが掛けられていましたよ。

骨付きのお肉に見立てた大きなウインナーが入ってます。
海賊マークの海苔とか楽しいですよね。

実はこの下のご飯は、間にツナマヨが挟まっているということで、苦手な私はこれではなく幕の内を食べました。

でも、幕の内も包み紙の絵はルフィーでしたよ。Img_4004_1024x768

「歌舞伎ワンピース」は期待以上に、
歌舞伎とワンピースの相性の良さがわかる舞台でした。
ここに目を付けたのは、流石sign01ですね。

お時間があれば、ぜひ。お勧めです。heart04

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« アフタヌーンティー その65  東京マリオットホテル
 ラウンジ&ダイニングG
| トップページ | 世界平和を希求する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/62637706

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎ワンピース  観劇:

« アフタヌーンティー その65  東京マリオットホテル
 ラウンジ&ダイニングG
| トップページ | 世界平和を希求する »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず