アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 睡眠  雑記 | トップページ | アフタヌーンティー その69 Max Brenner Chocolate Bar »

Back in Town  NO.15

両親が高齢者住宅に入居してひと月。
入居後、あれこれと悩みが尽きない感じの二人ですsweat01

けどね、ようやく生活のリズムができたみたいで、
文句を言いつつも、穏やかに毎日を過ごしています。

そんな二人は私が行くのを待ち構えており、
行けば次々と用事が・・coldsweats02

2泊3日の短い帰省ですが、帰りはもう疲れ果てております。

先週もそんな帰省をしておりましたが、
今回は、帰ってきてからのお楽しみがありましたので、
帰りの新幹線の中では、もう心はBACKinTOWNへ~。

ということで、恒例、濱田金吾さんのライブに行ってきました。

Img_0472_1024x768                ゲストにはmiccoさんがいらしてました~。

先回は2月でしたので、随分間が空きました。
あの頃からは私の毎日も怒涛のようでしたが、
世間的にも熊本の大地震があり、サミットありと、
いろいろあった数か月でしたね。

そして、B・I・Tは変わらず待っていましたよ。
6時でも外が明るいsunImg_0444_1024x768
小さな入り口。
入ると階段があって、壁にはB・I・Tで演奏した歴々の写真が飾られています。

会場はいつも満席。
ここは食事も美味しいので、ライブが始まる時間まで
みんなゆっくり食事を楽しみます。
私たち川崎組は、ず~っと飲んでますけどねcoldsweats01
winebarbeer

ここしばらく、ライブの始まりは金吾さんのソロでした。
ギター1本で弾き語りから始まるのが常だったのですが、
今回はいきなりのバンド登場~heart04

実は、この日のバンドは、私の大好きなパラダイムシフトではありませんでした。
ドラムの宮崎さんが何やら他にお仕事があったそうで、
ドラムは濱田尚哉さんでした。

この方もいろんなアーティストの演奏に加わっていらっしゃるようです。
プロフィールを見ると一番初めにドリカムの名前がありました。

楽器は同じものを使っても弾き手によってまるで音色が変わります。
ドラムも同じですよね。
もしかしたら、音色も調節できるのかな?
ドラムは触ったこともないので、知らないのですが、
なんか、張り具合とか・・なんとか、音程そのままに音色変えたりできるのかな。

何が言いたいかというと、確かにドラムは色が違ったということです。
上手く言葉で表現できませんが、粒立ち?
この日の元気で明るいロックな選曲にもとても合っていた気がします。

腕のあるアーティストさんって、きっと楽曲に合わせて
ドラムでさえも、硬くも柔らかくも叩けるのでしょうね。
Img_0463_1024x768

そういえば、ギタリストの松下さんが、珍しく(だと思うのですが・・)キーボードで弾き語りをしてくれました。
何度か途中でやめちゃってましたけど、誰も責めない~coldsweats01sweat01
松下さんは柔らかい声の持ち主で、金吾さんの声も柔らかいトーンなので、二人で合わせるととてもいい感じにハモりますよね。
なんか、二人のユニット名をふざけて言ってましたけど、忘れちゃった、なんでしたっけ?coldsweats01

最後の方で歌ってくれた「DEAR SONG」はやっぱり大好きです。
歌詞の中に・・
「気が付けば随分と見上げることのなかった空」というのがあります。
(細かくは違ってるかも~)

空を見上げることさえ忘れることって、誰にでもありますよね。
それは、生きることに必死になっているとき。
仕事だったり、子育てだったり、介護だったり・・・。
闘病だったりもしますよね。

でも、そんな時、どこからか流れてきた綺麗なメロディが
ふと、心を休ませてくれる・・。
青く澄んだ空を思い出させてくれるんじゃないかなって思います。

空はね、誰に対しても平等。
青い時は誰にも青い。暖かい風は誰にでも暖かい。
そんなことに幸せを感じる心があれば、まだまだ大丈夫。
そんな気がします。

金吾さんの歌って、青い空とか暖かい風に似てる・・。
だから、またライブ終わりにはほんわか幸せな気持ちで帰ることができるのです。

次は7月です。
今から、楽しみです~shine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 睡眠  雑記 | トップページ | アフタヌーンティー その69 Max Brenner Chocolate Bar »

コメント

ボクの歌が暖かい風かどうかは別にしても・・・
ボクからも、ありがとう!

金吾さん・・。コメントありがとうございます。
感謝感激!!

あのライブの一番のよさは、全体の雰囲気だと思うんです。
そして、もちろん金吾さんの音楽がそれを作っている・・。
金吾さんのお人柄も。
長い時を経て、いまもなお愛されると言うことは、
そういうことだと、思っています。

7月も行きます!!

待ってま〜す。

Dear Song  kingo.h

雨に揺れるTail Lamp 少し休めと赤に染まる
仕方がないさ ただがむしゃらだけが 
研ぎ澄まされた武器だったから

マニュアルだらけのこの都会(まち)も ダッシュボードに仕舞い込めば
ぽっかりあいた心の隙間に違う景色が見えてくる

気が付けば 随分と見上げる事の無かった空  
いつのまにか目にしてたのは もやったビルのテッペン
そのもっと上には  一日も休まず 
輝いた幾千の夢があった筈なのに
    ※
freeway とばして出かけよう 
Guitar 助手席(トナリ)に座らせて
時計はずして昔のように きっと夜更けを待たずに雨は止むから

同じ服きたTeen Age が  スクランブルをすれ違ってく
でも その瞳はちょっぴり輝いて思った程は悪くはないよ

「時代は繰り返す」 なんて  言葉が少し照れ臭いから 
フロントガラスに 雨の雫が  一筋流れて落ちていく

そう、今さら 生きることの 三分の二を使って
人生を語る程 偉くもないし 後悔も無い
だけど 歩き続けた 自分を肴に 
今日だけは立ち止まり好きな歌を唄おう


get back to my mind

金吾様!!
お忙しいのに・・ありがとうございました。いい歌詞ですねぇ・・。

幾千の夢はもう見えないかもしれないけれど、
たった一つの夢をまた見つけて、
これからも歩いていければいいなと思います。
夢って叶えるためのものだけど、最後にまた見えなくなったとしても
夢見て歩いているときがずっと楽しいといいなと思うわけで・・。
そんな夢なら幾つになっても持てるよねと思っている私です。

しみじみと心に染み入る歌を、これからも聞かせてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/63701847

この記事へのトラックバック一覧です: Back in Town  NO.15:

« 睡眠  雑記 | トップページ | アフタヌーンティー その69 Max Brenner Chocolate Bar »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず