« ちょこっと名古屋 | トップページ | 睡眠  雑記 »

ナミヤ雑貨店の奇跡  観劇

実は、GWの始まる直前から、半ばにかけて、
あるお芝居を見に行っていました。

「かけて」とは何故か?

何故なら~

同じお芝居を何度も見たからですぅ・・。
(もったいぶるほどの中身じゃなくてすみません)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以下、多少のネタバレあります。
ご注意ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それは「ナミヤ雑貨店の奇跡」というお芝居です。
ベストセラーになっている東野圭吾さんの本の
劇化でございます。

今回、何故に同じお芝居を何度も見たのか・・。
はい、そこの人、正解です。

愛しの川原和久さんがご出演なさいましたの・・heart04

1回だけは寂しいなと、二日分チケットを買っておりましたところ、
いつもの女神様から、東京公演の千秋楽のチケットがあるんだけど・・
とお声をかけていただき・・lovely
結果・・3回見ることになったという、幸運~sign03

お芝居は、東京では「ZEP六本木ブルーシアター」にて、
4/21~5/1まで上演されました。
このブルーシアターですが、
麻布十番駅から歩いて5分ほどの距離ということで
どんな立派な建物かと思い、出かけたのですが・・・。

先にご覧になっていた女神様から「掘立小屋」みたい・・と。Img_0204_1024x768            ふふ・・確かに・・coldsweats01

入ってみると、座席やステージはしっかりしてて、
外観からは想像つかないくらい立派な劇場でした。

ただ・・
トイレは、人が歩くとドアがガタガタして開きそう~sweat01
建物が「掘立小屋」だと思い出させます。

ロビーには沢山のお花が届いていましたが、
まぁ、私としては、ここに注目sign01
Img_0207_1024x768
あれ?豊さんのが無いなと思いましたが、
「相棒スタッフ」と山中さんのがあったから・・happy01
他にも「レモンハート」の関係者さんからきてましたよ。

パンフレットにと~ても素敵な川原さんのお写真があったのですが、
グッズには川原さんのはありませんでした・・・。残念。
クリアファイルとかブロマイドとか・・欲しかった・・weep

お芝居ですが・・
実は、今回はお話を先に本で読んでいきました。
最近理解力が弱っているのでね。

この話は「ナミヤ雑貨店」を巡るいくつかのエピソードが
オムニバスのように繋がるお話で、
小説では5つの話がありますが、お芝居はそれを
上手に繋げて、三つのエピソードにまとめていました。

ナミヤ雑貨店の店主波矢雄治が、ひょんなことから始めた「人生相談」
その相談者と雄治の間に起こるあれこれが話の中心ですが、
面白いのは、時空を超えて、人々の悩みが物語を紡ぐところです。
タイムスリップですが、未来ものではないので、
ぐっと現実感がありますよ。

本を読んだとき、私が一番感動したのは、
赤ちゃんとお母さんのお話でした。

不倫の子を身ごもり、産むのを悩んだ母親が雄治に相談の手紙を出します。
それに対して、子供を幸せにするだけの覚悟はあるかと問う、雄治。

生まれた赤ん坊は・・・?産んだ母親は・・・?
どれほどの覚悟を持って、母が子を産み、育てるのか・・。
読んでいて涙が溢れるという、久しぶりの感覚でした。

ところが・・・。
お芝居を見たら、私が感動したのは別の場面で・・。

もう一つのエピソードにミュージシャンの話があります。
親と喧嘩してまで志したミュージシャンの道。
止めるか続けるか、相談してきた彼に
諦めずにいろと告げた「ナミヤ雑貨店」の回答。

この悩みに答えたのは波矢雄治ではありませんでした。
それこそが、この話のもう片方の未来に住む主人公たち。
時空を超えて悩みが未来へと送られてきていた・・。

彼は、彼の音楽は、世に残ったのか??

本を読んだときは、筋書きの展開に感心はしましたが、
泣くほどではなかったはずなのに・・。

これは、役者に泣かされたと思いました。
ミュージシャン役の
「鯨井康介」さんという方ですが、
この方、とてもよかったです。すごく惹きつけるものがありました。
こちら、鯨井さんのブログです。→ 「Kujira-ism」

そして、肝心の川原さんですが・・。

刑事役以外の川原さんは昨今とても珍しいわけですが、
しかも、20代から80代までの役です。
初々しい青年役~そして、白髪老人sign01

お芝居って・・
セリフの発声が独特でしょ?
特に、キャラメルボックスの役者さんはとても元気で・・。
時々、それが不自然に感じるのですが・・
(恐らく私の好き嫌いです。役者さんのせいじゃありません)

ところが、川原さんに関しては、セリフがとても自然で流れがあって、
さすがベテランというか、実力ありsign01を目の前で見た気がします。
いえ、決して欲目ではありません・・ない・・はずです。

そして、これも珍しく、笑顔のある場面がいくつかあって、
それがとても嬉しかったです。笑顔大好きheart04

久しぶりのお芝居は、3回とも、とても面白く観れました。
本当はたった一回の出会いを楽しむものなのかもしれませんが・・coldsweats01

この小説についてはいつか「本棚」のカテゴリーで
詳しく触れたいと思っています。

苦手意識のある「東野圭吾」さんの本ですが、
今まで読んだ中では一番好きな本でしたshine

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« ちょこっと名古屋 | トップページ | 睡眠  雑記 »

コメント

やっと、本を読むことが出来ました~♪
オムニバスのお話しが、お芝居でどのように繋がっていたのでしょう。
興味津々です。

ブログに書くときに、リンクを貼らせていただいて良いでしょうか。
よろしくお願い致します

blue kittyさん・・
コメントありがとうです~☆
リンク、ご自由にどうぞ。光栄ですわ(*^^)

ナミヤ雑貨店にくる手紙の話なので、
お芝居では合間にナミヤ雑貨店が挟まってたと思います。
ただ、時代が前後するので、
先に本を読んでから見に行ってよかったと思ってます。
お話の並びとか違ったような気もする・・。
すみません、すでにあやふや~(^_^;)

blue kittyさんの感想、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/63620024

この記事へのトラックバック一覧です: ナミヤ雑貨店の奇跡  観劇:

« ちょこっと名古屋 | トップページ | 睡眠  雑記 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず