アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« アフタヌーンティー その72 京王プラザホテル スカイラウンジ | トップページ | 20数年ぶりの挑戦 »

故郷の人々

皆様、大変お久しぶりでございます。
随分、お休みしてしまいました。
 
ここで何度か触れていましたが、
私はこの1年、体調を崩した両親に会いに
幾度も故郷を訪ねていました。
 
昨年6月に父が肺炎で亡くなりました。
誰しもがびっくりした急な旅立ちでした。
 
秋に孫が生まれて、
しばらく母に会いに行けずにいるうちに
母は体調を崩して昨冬に続き、再入院となりました。
 
一進一退を繰り返しておりましたが、
2月に入り、体力低下から寝たきりとなりました。
ただ、病状は落ち着いていましたので
退院しなくてはならなくなり、ホームへ戻ることとなり・・。
 
そして、ホームに戻って三日目に母は亡くなりました。
 
両親は福井県敦賀市に住んでおりました。
両親が相次いで病気で倒れたのが昨年の冬。
それ以来、本当に沢山の人に支えてもらいました。
二人が入居したホームの人たち、入院先の先生、看護師さんたち、
退院後の生活を快適にすべく、あらゆるアイデアを出して、
介護保険を駆使し、手立てをしてくれたケアマネさんたち・・・。
 
敦賀には老人や障害を持っている方のために
生活の一部をお手伝いしてくれる制度があります。
両親もそれを利用していました。
銀行にお金を下しに行ったり、留守宅の郵便を見てもらったり、
市役所に書類を出しに行ってもらったり・・。
市全体で老人を支える体制が整っていると強く感じました。
敦賀市のこのような体制の整いは私には心強いものでした。
 
敦賀は原子力発電所があり、国から援助金が出ていて、
潤っているから、いろんな制度が成立するのだと言われたことがあります。
真偽のほどはまったくわかりませんが、仮にそうだとしても、
そこには、実際に制度構築の市政の過程があり、
実践してくれている多くのヘルパーさんやケアの方々の努力があるのです。
 
少なくとも敦賀市は、私の両親の最後の1年を、
本当に、心を込めて支えてくれたと、私は思っています。
 
そして、そんな方々と私が関われたこと、
優しくしてもらって、嬉しかったりしたこと・・。
両親といっぱい話したり、外食したり、買い物したり・・・
この1年でそんなことができたのは、
両親からの時間のプレゼントだったようにも思います。
 
帰省中、毎晩、ご飯を食べに行っていたお店のご主人と女将さん。
二人の笑顔にどれほど支えられたことでしょう。
 
すべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
どんなに覚悟をしていても、訪れるときは急なもので、
あたふたとしているうちに、時がたち、
ブログをすっかりお留守にしましたが、そろそろ再開いたします。
また週1ペースで書けたらいいな・・。
どうぞ、皆様、お付き合いくださいませね。

Fullsizerender_3    ずっと利用していたホテルの部屋から見えた敦賀駅と野坂山

 

 

« アフタヌーンティー その72 京王プラザホテル スカイラウンジ | トップページ | 20数年ぶりの挑戦 »

コメント

お母さまのご逝去にあたり謹んでお悔やみ申し上げます。

いつかはその日が来ると知りながら、やはり、お別れするのは辛いですね。
まだまだ、お心をいためていらっしゃると思います。
どうぞ、ぴあのさん自身のケアも含めて、無理をなさいませんように。

故郷を思い出す時に、大切なご両親と一緒に、
心温まる人たちの顔でいっぱいになることは、幸せですね。

blue kittyさん・・
ありがとうございます。

その瞬間まで現実味ってないものだなぁと思いました。
いろんな人に助けてもらったなと思いますね。

すごく大変で忙しかったですが、
いい時間だったと思ってます☆

ぴーままさま

最近ぴーままさまの周囲がはげしく変わっていくので
体調を崩していないか心配です。
気が抜けた瞬間に重い風邪をひいたりするので
くれぐれも気をつけてくださいね。
来週お話し聞かせてください。

友人さん・・
心配してくれてありがとう~☆

1年ほどの間に、全部が起こって
全部が終わっていった感じよ。
「急」という意味では大変でしたが、
長患いすることもなく、逝く方も送る方も
短い時間だったけど充実した1年を過ごせたと思うし、
子孝行な両親だったと思います。

ケーキ食べたり、おしゃべりしたりが何よりよ。
楽しみにしてるから~(^^♪

お昼に久しぶりにびあのさんの
お孫さんのベストの・・ブログだけみて今、
夜勤で落ち着いたのであらためて
このブログ拝見して・・
びっくりしてしまいました。
急な事だったのですね。
大変でしたね。

お悔やみ申し上げます。

お孫さん
お母様にも 似てるのかな?
ぴあのさんやお孫さんの事
空から見守ってくれてるでしょうね

sakuraさん・・
ありがとうございます。
今年に入ってぐっと具合が悪くなっていましたので、
覚悟はしていましたが、今日、この時間、というのは
もちろん分からないので、どんな場合でも
「急」な気分になるなと思いましたね。

孫は、母にはいろんな写真を見せてあげれました。
スマホに沢山入れてあげてたのですが、
それを病室にくる看護師さんたちに見せて楽しんでくれたようです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/65011708

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の人々:

« アフタヌーンティー その72 京王プラザホテル スカイラウンジ | トップページ | 20数年ぶりの挑戦 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50代 主婦ブログ

”ぴあの” 今日のおかず