アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 1日目 シャルトル | トップページ | 2日目 モンサンミシェル »

1日目 後半 サント・スザンヌ~モンサンミシェル

さて、シャルトルを出た私たちは・・・
ル・マンを通って、さらに西へ・・・

次の目的地「サント・スザンヌ」へ向かいます。
私たちのツアーは・・
「デラックスバスで行く北フランスの旅」というのでして、coldsweats01
移動はすべてバスでした。
busdash
デラックスバスはね・・・割とゆったり目の座席とぉ
緊急時に使えるトイレ(超~狭そう)がついてました。
座席が広いのは、長旅にはとても良かったですheart04

そんなバスで向かった「サント・スザンヌ」は
「フランスの最も美しい村157」に選ばれた村です。

凄く多く選ばれてるように思えますが、
フランスって、小さい村が沢山あるそうなので、
この数になるのかもしれません。

一応、選出基準があるそうです。
☆人口2000人以下、都市化されていない。
☆歴史的建造物、自然遺産などを2か所以上所有している。
☆協会が定める基準での歴史的遺産を有する。
☆歴史的遺産の活用、開発、宣伝、イベント企画などに積極的なこと
過疎に陥った村に観光客を呼ぶためのものかな??
日本でいうところの町興しみたいなものですね、きっと。
サント・スザンヌはこんなところにありました。

Img_2679

これは村にあった一番高い建物の上からの1枚。
その建物はもう半分以上壊れていました。
そういう廃墟のような建物と、まだ人が住む建物が混在しています。
人口わずか30人だそうです。coldsweats02

Img_2678

Img_2698

可愛くて素敵な村でした。古い建物がメルヘン~heart04
村の教会は解放されていて、中に入ることができました。
そこにもステンドグラスがありました。
シャルトルより小さく、簡素なものですが、
そのステンドグラスが素晴らしい仕事をしてましたよ
shine

Img_2695

教会の前と側面にステンドグラスがあり、
側面から日の光が差し込んでいたので、
床がとても綺麗に彩られていたのです~。本当に綺麗でした~
heart04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
こんな過疎の村ですが、小さなお店が1軒ありました。
せっかくなので、寄ってみると、
優しそうなお母さんって感じのマダムが店番をしてました。

ショーケースにパンやお菓子が並んでいました。
私たちはアップルパイとキャンディー、クッキー1袋を買いました。

これがね、どれも、美味しかったの。
この辺りから、おや、これは・・と思い出したんです。
フランスって、何食べても美味しいんじゃないか?と・・。
coldsweats01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、この美しい村をあとにして、またバスで移動です。
次の目的地はかの有名な「モンサンミシェル」です。

途中、トイレ休憩を挟みながら、
モンサンミッシェルについたのは まだ日も高い17時頃。

もうすぐ着くよというところで、バスが写真撮影スポットに止まりました。

Img_2707

とてもいいお天気だったの~sun

この距離からこれだけはっきりモンサンミッシェルがみえるのは
案外、珍しいそうですよ。

Img_2709


モンサンミッシェルまでの道はずっと田舎道で、景色はこんなのが続くのです・・羊ちゃんと牛ちゃんcoldsweats01

この辺りの名物料理は仔羊料理。私たちも次の日のランチにいただくことになってまして・・coldsweats01

なんとなく、複雑な思いで羊ちゃんたちにご挨拶~。

不思議だったのは、こんな頼りない感じの柵があるだけだったこと。

Img_2708

しかもすぐそばに大きなバスが通るような交通量の多い道路があるのです。

これって・・・sign01
もしかしたら・・・sign03
年に何頭かは犠牲になっているのでは
sign01sign03

フランスは国土のほとんどが平地だそうで、畑と牧場がどこまでも続いていました。

特に北フランスはこんな感じのようですよ。


モンサンミッシェルでの私たちのホテルは海のすぐ側。
部屋の窓からはモンサンミッシェルが見えていました。

ホテル直ぐ近くに、おそらく、モンサンミッシェルを見るための橋があって、
そこからごく間近に見える姿を写真に撮れたのはラッキーでした。

すべて、この日のお天気のお陰です。

・・・誰か晴れ女がいるんじゃないか??

Img_2710

本当についてるわぁ~と言っていたのですが・・・
次の日は・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この日のディナーはホテルでツアーの皆さんと一緒に頂きました。
窓から大きくモンサンミシェルが見えるレストランでしたよ。

Img_2718

お皿はいわゆるミート皿の大きさです。そこにそこそこの存在感で乗っているのはパテです。

なんの肉かなぁ。牛肉?

残念ながらメニューをメモしなかったんです。ずっと、このあとも・・。失敗したわ。
とにかく、小食の方なら、これでお腹いっぱいかもね、という大きさです。

Img_2720

この日のメインはお魚です。鮭ですね。バターソテーにクリーミーなソースがかかっていました。
ご飯はピラフみたいな感じかな。
旅を通じて、このバター風味のクリームソースというのが、よく出てきました。美味しけど、友人はすでにお腹にもたれてきた様子~coldsweats02
私? 
これが、平気なのよ~happy02

Img_2722

デザートはリンゴのタルトだったと思います。
カスタード風のソースですね。
ツアーの食事ですので、それほどお値段も張らず、恐らくは日本人向けに、旅行社がある程度交渉して、このメニューとなっているのだと思います。
量も、たぶん、外国の方にはこれでは少ないかな。
私たちには十分でしたけど。
ここでは私・・ビールをいただきました。
フランスの「1664」って名前のビールです。
ほんのり香りがついてますが、すっきりと美味しいビールでした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


この日は、夜のモンサンミシェル散策に参加しました。
シャトルバスに乗って、島の入口まで行き、
ほんの少しだけ中に入って、見学しました。
夜のモンサンミシェルの写真で、今日は、〆といたします。

Img_2724

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
              にほんブログ村

« 1日目 シャルトル | トップページ | 2日目 モンサンミシェル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/65926401

この記事へのトラックバック一覧です: 1日目 後半 サント・スザンヌ~モンサンミシェル:

« 1日目 シャルトル | トップページ | 2日目 モンサンミシェル »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず