アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

☆お友達☆

  • 好きなものだけ
    川原和久さん、加藤虎ノ介さんを応援するまちこさんの「愛」と貴重な「情報」満載のブログです。
  • 独り言 のち 時々猫
    お仕事に頑張って毎日を一生懸命に生きてるblue kittyさん。 ほのぼのとした、猫のあ太郎くんとの写真が素敵なブログです。
  • そんちょ ぶろぐん
    お仕事に遊びに、一生懸命取り組む素敵なパパのブログです。
  • ホッ!とお茶しませんか?
    北の大地での素晴らしい自然とかわいいワンちゃんたちとのお話。ホッとするブログです。
  • 気分はコギャル!
    貴重な同い年のお友達。前向きな姿勢に刺激を受けてます。
  • 元気してる?
    ほっとする話題がいっぱいの優しいプリモさんのブログです。
無料ブログはココログ

« 5日目  パリ最終日 | トップページ | アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町 »

フランスの旅 お土産とか・・

長く続けてきた、フランスの旅、旅行記ですが、
ようやく、前回で、すべての日程を書き終えることができました。

ガイドさんと回った観光地は、メモを書いたり、写真を撮ったり、
記憶を引き出す材料が多かったのですが、
パリの二日間は、メモもなく、写真も少なくて、
思い出すのが、すでに大変でした・・。

それでも、こうやって記録を残すのは、とても大事なんです。
何年かたって、ここを読み直すと、すごく楽しいのですよ。
すっかり忘れているようなこともあって、
もう一度、旅してる気分になれるんですよ。


お土産をご紹介しましょう。

1日目、シャルトルに着いた夜。
シャルトル大聖堂の美しいプロジェクションマッピングを見学して、
ホテルに戻った私たちは、ガイドさんの案内で、
すぐ近くにあった小さな雑貨屋さんに行きました。
海外旅行に行くとき、お金を両替していくわけですが、
日本では外貨の両替はお札だけですよね。

Img_3097

でも、例えば、フランスの場合、トイレに入るのに小銭が必要なことが多く、そのため、できるだけ早めにお札を崩す必要があります。
そこで、この雑貨屋さんで何かしらのものを買って小銭を作ったのです。
私が買ったのはピスタチオcoldsweats01
殻つきです。小銭獲得のために買ったのですが、これが意外と美味しくてラッキーでした。
次にお土産を買ったのは、モンサンミシェルです。

Img_3107

モンサンミシェルでは、ホテルのすぐそばに大きなスーパーがあったのですが、ここはほぼ観光客向けのお土産屋さんでしたね。
名物の赤い箱のクッキーが山のように積まれてました。あのオムレツのお店を作ったおばさんの絵がのったクッキーです。
美味しいんですよ。
大きな瓶詰は豚肉とリンゴの煮物。パテみたいな感じでした。
薄味で美味しかったです。
細長い瓶と、袋詰めは塩です。
海沿いだからか、お塩が名産みたいですね。
袋詰めの方は、別ツアーの日本人の方が買っていて、パン作りにいいと仰るので、
真似して買ってみました。そのうち使ってパン焼いてみます。
次のお土産はベルサイユ宮殿です。

Img_3110

宝塚大好きお友達が、ここにはマリーアントワネットのラベルがついている薔薇ジャムheart04がある、と調べておりまして、ショップではまずそれを探しました。

パンに塗るにはちょっと味が頼りないようですが、紅茶に入れるといいかも、とすでに試した友人が言ってました。私はお正月にみんなで試すつもり~cafe

箱の中身は小さな可愛い匂い袋三点セット。自分と、娘二人で分けました。袋の留め金がそれぞれ違う形で凝ってるんですよ。

ボールペンは、必要で買ったものですが、頭の部分がスワロフスキーだって噂sign03 
確かに、真上から見るとすごくキラキラしてるんです
shine

買うとき全然気づかなかったわ。

パリに移動して、初日。

Img_3215

歩いて歩いて・・たどり着いた手芸店
サジュー。ガイドブックには沢山パリの可愛い手芸店が載っていますが、なかなかこのお店はありません。
だからお店のマダムは日本人が買い物に来たのが不思議だったみたい。
私は、柄がとても気に入ったテーブルセンターを買いました。いつ使おうかなぁ・・。
Img_3105












その後、また歩いて歩いて、たどり着いたマルセイユ石鹸専門店で買った石鹸たちです。
この状態で売っているんですよ。
比較的優しい香りのものを選びました。
 
モノプリ・シャンゼリゼ店の臨時店舗にはお土産物はほとんど無かったの。
Img_3108
モノプリのお土産といえば有名なのはトートバッグです。いろんな色柄があって、選ぶのが楽しい・・・はずだったのに、モノトーンの色がいくつかと、柄ものは1種のみ。仕方なくその柄物を買いました。
これが帰ってから調べてみたら、今年の秋の新柄でした。これで「ひまわり」なんですって。口が大きく開いて使いやすいですよ。

Img_3112



そして、疲れた
体を癒したKUSMI TEAで買ったお茶です。
娘たちの分もと、3缶買ったらこんな可愛い箱に入れてくれました。
チョコフレーバーの紅茶です。甘いわけじゃないですよ(^_^;)

Img_3216



馬のマークのチョコをホテルの近くのモノプリで買いました。
モノプリっていろんなところに支店があるんですが、中心街の大きな店以外はお土産物はあまりありません。
でも地元の美味しいものは沢山あるんですよ。
馬のマークのチョコは、フランスに昔からあるメーカーの物だそうです。
頑張って探さないとなかなかありません。

パリ二日目、お買い物はこんな感じです。

Img_3106_2

鍋つかみは、ノートルダム寺院横の路上店。浅草浅草寺の仲見世にあるような、お土産屋さんで買ったものです。調子のいいイスラム系のおじさんが売っていて、ご多分に漏れず、メイド・イン・チャイナcoldsweats01 でも、ビニールの袋に入れてくれたり、とっても愛想のいいおじさんでした。

他はサン・ルイ島で買ったものです。
パリの観光地の柄のペーパーナプキンを買ったのは私よりお姉さんのマダムのお店で、
このペーパーナプキンをフランスの人はどう使うのかなと、
バカな質問をした私に、マダムは一生懸命身振り手振りで教えてくれました。
優しいの~
confident
一番手前の赤いエッフェル塔は柔らかい樹脂でできた鍋敷き。
ペローヌというお店で、パリのあちこちに支店があるみたいです。
可愛いデザインでひと目惚れです。

Img_3104

ギャラリーラファイエットでは、本当はカフェオレボールを買いたかったのですが、どうしてもこの英語が通じなかったの。
フランス語でなんていうのか調べればよかったです。
仕方なく、カフェオレ飲んだら美味しいだろうなぁと思って、この綺麗なマグを買いました。GIENってブランドです。
奥のカップの柄はモネの絵です。こっちが私のね。手前はパリの絵らしいです。こっちが旦那さんへのお土産です。

ギャラリーラファイエットではこの他にも一口チョコのセットを買いました。
可愛い包み紙だったんですけど・・・写真撮り忘れちゃいました。

9965054294612mclechocolatdesfranc_3

通販サイトを探したら見つけたので・・拝借します・・。

小さなチョコがたくさん入っているので、英語のクラスで配ったんですけど、差し上げた後で何枚か残ったのを食べてみたら、味が何種類か入っていまして・・。
人によって感想様々だったかしらと思ってます。

Img_3218


他にも、実は・・・
どうしても買いたいと思っていたものがありました。
数年前に旦那さんがフランスに行った時、お土産でエルメスのスカーフを買ってくれたんですが、それにつけるスカーフリングをエルメスで買いたいと思ってました。
パリ観光でその時間がなかったんですけど、帰りの空港の免税店で、買えましたheart04
シンプルだけど気に入ってます。


最後に、お土産ではありませんが、こんなおまけもついてきました。
今回のツアーは往復ともANAだったのですが、
帰りの飛行機は、
「スターウォーズ仕様」だったんです。
全部で4機しかないらしく、出会いは偶然、とCAさんに言われました。
coldsweats01

Img_3217_3

飛行機内の座席のヘッドカバーや、食事のナプキンなどR2D2の模様になってました。
離陸直前に、室内灯が消えて、
の光が点滅し、スターウォーズのテーマ曲が流れたり、
パイロットの方の放送が入るときに、
R2D2の声で合図が入ったりしました。
写真はナプキンと記念のカードです(友人撮影)
ほんの少しだけど、楽しめましたよ。
happy01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

数年前に英語を習い始めたとき、
生まれて初めてフランス人と出会いました。
まぁ、先生だったわけですが・・・。

先生からいろんなフランスの話を聞くうちに、だんだんと興味が湧いて・・。
でも一人旅の自信はないし、どうしようと、相談した友人が、
私が一緒に行く、と言ってくれて・・・実現した旅でした。
airplane

今回の旅で、美しいもの、珍しいもの、楽しいもの沢山見ました。
きっと長く忘れることはないでしょう。
でも、何よりの思い出は、フランスで出会った人々でした。

いろんな場面でいろんなことを教えてもらった人たち。
モノプリで一緒に塩クッキー探してくれたマダムとか・・。
ペーパーの使い方を身振り手振りで説明してくれたマダムとか・・

想像と全然違って・・・みんなとても愛想がよくて優しかった。
フランス語と英語と日本語と、一生懸命に分かり合おうとしたの。
お互いに、通じ合うと楽しくて嬉しくて・・・。happy01

JTBの添乗員さん。
ビックリするくらい準備万端。よく気が付いて、助かりました。
ツアーのお仲間も、みんな挨拶の気持ちいい人ばかりだったな。

途中で全然役立たずだったUberは、car
結局は私がスマホの「機内モード」を解除し忘れてたのが原因で。
Uberありきで立てた計画が、丸っと崩れたんだけど、
私を咎めることなく、一緒にいっぱい歩いてくれた友だちにも・・・
みんなに、心から感謝ですheart04

いい旅は、人との出会いから・・。
そんな実感を持った、フランスの旅でした。

長い記事にお付き合いくださってありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

« 5日目  パリ最終日 | トップページ | アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町 »

コメント

楽しかったです~note

旅のリポートって案外疲れるんですよね。
でも小さな感動が記憶にあるうちに書き留めるのは
とても大切ですよ~
後で読み返すと「そうそう!」なんてねbleah

私ももう一度行きたくなりましたlovely

プリモさん・・
読んでくださってありがとう~☆

今までもいくつか旅日記書いたんですが、
何年か経ってから見ると、
案外忘れていることもあったりして楽しいですよね。
その時と空気感とか、思い出したりして・・。

私ももう、すでにまた旅したくなってます(^^♪

楽しく全編読みました。
一緒に旅をしているみたいでしたよ。
パリは35年くらい前に行ったのが最後です。
実は、悪い事しか覚えていません。
きっと、今、この歳で行くと、
見方も感じ方も違うのでしょうね。
時を経て、また、同じ場所に旅をするのも、
楽しいのかも知れません。

ニャンコがいた時には出来なかった旅行。
いざ、行ける様になっても、
なかなか、実行出来ません。
えいや! と出掛ける決断がつかなくなってるー(笑)

blue kittyさん・・
とても不思議なのですが、私の周りにも
何人かパリへ行ったことがある人がいて、
10年以上前に行った人は、いい思い出を持っていません。
嫌な思い出は人によってそれぞれなんですけどね。
最近行った人は私と同じでいい印象で帰ってきてます。
フランスが変わったのかなぁ・・・。

そう、旅行はえいやっ!が必要ですよね。
行き慣れるといいのでしょうが・・。
私は、危機意識です(^_^;)
もう十数時間飛行機に乗るのが耐えられるのはあと何年か?
そう思ったら、いてもたっても・・って感じでした(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/66023392

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの旅 お土産とか・・:

« 5日目  パリ最終日 | トップページ | アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず