アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」

insta

無料ブログはココログ

« アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町
| トップページ | 高松編 »

初めての四国  徳島編

寒くなりましたねぇ。typhoon

今日は最高気温が10度あるかないか・・。bearing

ホットフラッシュでこの歳にして暑がりな私ですが、
それでも今日は厚手のコートで出かけました。

さて、そんな本格的な寒さが来るちょっと前、
生まれて初めての四国の旅に行ってきました。

実は私、大阪に9年も住んでいたことがあるのですが、
何故か四国には行ったことがありません。

まさに、念願の旅でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

四国の第1歩は「徳島阿波踊り空港」です。
マイレージのポイントでゲットしたチケットだったからなのか、
単に混んでいたのか、乗った飛行機は朝7時台出発のものでした。
我が家が羽田に近いとはいえ、これは早い~。眠かったよ~。

でもお陰で徳島に8時台に着くことができました。
空港から、まず最初に大塚美術館へ行きました。

実は、今回の旅、ふらり旅と決めていましたので、
ここでも、高いタクシーなど使いませんcoldsweats01

ローカルバスに揺られること30分ちょっとbus
大塚美術館は山の上にありました。

大塚美術館は陶板名画美術館といいまして、
大塚製薬グループが開発した陶板印刷を使った
全編レプリカの美術館です。
世界中の名画が一同に集まっています。coldsweats02sweat01

モネ、ゴッホ、フェルメール、レオナルド・ダ・ビンチ・・・

初めはこの印刷技術は墓石用だったみたいですよ。
1000年経っても消えない印刷らしいですsign011000年ってsign03

Img_3266_4

レプリカなんて、どうなんだろうと思っていたのですが、その精巧さや、実物大の絵は迫力満点。
特に、イタリアのシスティーナ礼拝堂の再現は、素晴らしかったです。

写真はシスティーナ礼拝堂の天井画です。
礼拝堂の大きさも実物大ですので、すごく大きいわけですよ。

この美術館では、ガイドさんが無料で館内を案内してくれサービスがあります。
出発時間がいくつか設けられていて、入口からぐるっと全体を説明しながら進んでくれます。
途中で抜けても大丈夫、ということで、私たちもついていきました。
全部聞くと2時間になるそうですsign01

Img_3272

こんな絵もありましたよ。
「自由の女神」です。
う~ん、つい最近、本物を見たわ~coldsweats01


絵は、写真では分かりませんが、質感も再現されているのです。
ゴツゴツした油絵の具の厚みがあって、本当に本物に見えます。


ちょっとしたコスプレコーナーもあったりして、
思いがけず楽しく過ごすことができました。

え?やったのかって?
もちろんですわ! 
「真珠の耳飾りの少女」ならぬ、女
sign01になってまいりましたわ。

美術館鑑賞を終えて、再びローカルバスにて徳島駅へ。
駅近くにある、眉山や阿波踊り会館を見学しようと思っていました。

Img_3287_2

ところが、実はこの日、夜には高松に移動する予定で、
眉山に昇るロープウェイとのタイミングが合わず、
両方を満足するには時間が足りませんでした。
しかたなく、眉山に昇るのを諦めて、「阿波踊り会館」 だけ見学に~。


ここでは、本場の阿波踊りのグループが踊りを披露してくれます。
ちょっとしたホールがありまして、そこで踊りの説明や、歴史の紹介など楽しいパフォーマンスをしてくれます。

実際に目の前で繰り広げられる阿波踊りは、
賑やかで激しいというだけのイメージを覆し、可愛くて艶のある踊りでした。

でね、ここで、「踊ってみませんか?」コーナーがありまして・・。
まぁ、ベタな企画ですわね。でも、ノルのが私ですよね。

割とノリのいいお客さんが多くて、十数人の人が前に出て踊りました。

私、褒められましたのよsign01まぁ、めったにないことですわsign03
ご褒美に阿波踊りの手ぬぐい頂きました~heart04

Img_3291阿波踊り会館ではお土産売り場の奥にあるお茶屋で「焼きもち」を食べました。一緒に写ってるのは「すだちジュース」です。

どっちもお勧め!美味しいですよ~lovely

ほんの短い時間の徳島滞在でしたが、
とても充実した1日でした。

徳島駅からJR特急に乗って1泊目の高松へ移動です。
「うずしお」という特急ですが、駅のホームに行っても特急が見当たりません。

私たちの指定席はうずしおの6号車。
止まっているのは2両編成の小さな電車です。

ふと、まさか、と思い、電車の先頭へ回ってみると~

Img_3294

「うずしお」って書いてます~coldsweats01sweat01

まさしくローカル線です。たった2両の特急です。
でも、なぜ6号車なんでしょうねぇ。

1時間ほどで、うず潮は高松駅に到着しました。

高松ではパパさんの同僚のWさんご夫妻が待っていてくれます。
さぁ、今夜は高松の御馳走です~heart04
そのお話は続きにて・・。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

« アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町
| トップページ | 高松編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/66151142

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての四国  徳島編:

« アフタヌーンティーその79 フォンティーヌ 
ロイヤルパークホテル 人形町
| トップページ | 高松編 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず