« アフタヌーンティー その83 スノーピークグランピング | トップページ | 駅前だけの京都旅行 »

最期のお別れの旅

先週末、久しぶりに帰省してきました。
昨年の6月以来、ほぼ1年ぶりでした。

最近、暑くなったり寒くなったりしてましたが、
旅の日は、グッと暑く、夏日でした。
sun
目的は・・・納骨です。
両親が一昨年、昨年と続けて亡くなりまして、
二人の納骨に、行ってきたのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
実家は浄土真宗のお寺の檀家でした。
父の生家があったのは、滋賀県の山深い集落で、
村全体が浄土真宗ってところだったんです。
そして、村にはお墓というものがありませんでした・・・私の知る限り。

浄土真宗にもいろんな考え方があると思いますが、
父の育った村の宗派は、お墓を持たないって教えだったみたいです。

まぁ、そういうわけで、実家にも墓はなく、
宗派の教えに従って、遺骨は檀家であるお寺の総墓と、
京都の本山、西本願寺に納めることになったのです。
そう、京都まで、骨を運ぶという仕事が、
両親の法事の、葬式に次ぐイベントなのです。

私の次女は、ちょうど、妊娠出産子育てと続いたため
祖父母のお見舞いもできず、お葬式も参列できなかったんです。
だから、彼女の達ての願いで、全行程、娘&孫も同行しました。

敦賀までは新幹線&特急で2時間半ほどの旅。
1歳半の孫は頑張ってくれましたよ。
彼女は、新幹線のほとんどの行程を寝て過ごしcoldsweats01
特急では飲み物を飲んだりおやつを食べたり、おもちゃで遊んだり。
とっても、おりこうさんに過ごしてくれました。

オモチャは、パパさんが東京ドームに巨人の試合を見に行った時に、
孫のために買ったもので、野球のボール型のバッグに、
ジャビット君の顔でできた小さなお手玉が入ってるものです。
握り具合が気持ちよく、孫は気に入って、
キスしたり抱きしめたりして遊んでました。heart04

のちに、どこかの虎キ〇娘が京都から合流し、
孫にお手玉を投げつけるsign01遊び方を教えてしまいましたがね・・sweat01

お寺でも、お経の間、私たちの周りを自由に歩いてましたが、
ずっと静かで、いい子にしてくれて、本当に助かりました。
ただ・・・
もうあと少しでお経が終わるというタイミングで、
香しい匂いが彼女のオムツから・・・・。オイsign03
まぁ、そんなハプニングも優しいご住職とそのご家族に助けられ、
なんとか無事に法事を終えることができました。

その日の夜は、私が両親のところに通って居た頃、
毎晩のご飯を食べていた居酒屋さんで、
みんなでまた美味しいご飯を頂きました。

で、そのお店で、ちょっと驚きのものを頂いたのです。

Img_4482_2

お店のご主人が、私の好物の魚の昆布〆や、
パパさんの好物のイカめしを作ってくれていたり、
孫のために骨のない焼き魚を作ってくれたり、本当に優しさと美味しさ満載~
heart04

この写真のお吸い物の具が、驚きのものだったんです。

白く見えているのは、しらうおに似たお魚なんですが、
これが、市内の川で取れる魚らしいのです。

えっと・・・小さい頃、その川でメダカ取りしてたぞ、私。
メダカと一緒に小さな魚も取ってたような気がする。
あれか? あれなのか??? まぁ、違うとは思いますが
coldsweats01

その日は、私の定宿だったホテルに泊まりました。
すっかり顔なじみになっているスタッフさんたちも、
久しぶりの再会を喜んでくれて、孫をあやしてくれたり・・。
相変わらずアットホームなホテルで、ゆっくりできました。

あくる日、京都にサンダーバードで移動。
ここでも、孫はオニギリにかぶりついていたかと思ったら、
riceball
あっという間に寝てしまい、京都までずっと寝てくれました。
ええ子や・・・。

つづく・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

« アフタヌーンティー その83 スノーピークグランピング | トップページ | 駅前だけの京都旅行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93048/66665321

この記事へのトラックバック一覧です: 最期のお別れの旅:

« アフタヌーンティー その83 スノーピークグランピング | トップページ | 駅前だけの京都旅行 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず