アフタヌーンティーへようこそ

お腹いっぱいになあれ

  • 8/8「暑い夏に爽やかなゼリーを」
無料ブログはココログ

« イギリス旅行記 1 | トップページ | イギリス旅行記 3 »

イギリス旅行記 2

今回参加したツアーは、羽田を11時台に離陸、
ロンドンに16時台に(イギリス時間)着く、
というとても楽ちんなタイムテーブル。

着いたその日はホテルのパブでビールを飲んで、
羽田で買って遠路運んできたおにぎりをパクつき就寝。
あくる日から2日間、バスツアーを楽しんだわけです。

ツアーとしては3日目オールフリー、4日目午後3時までフリー。
その日の夜にはロンドンを立つというものだったのですが、
私たちは1泊延泊しまして、フリータイムをもう1日ゲットしていました。

そんな丸2日間のフリータイムのお話を2度に分けて書いてみますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

3日目、一日フリーのこの日。
私たちはロンドンのあちこちに行きました。

朝、8時半にホテルを出て、
地下鉄でアールズコート駅からセント・ジョーンズ・ウッド駅へ。

目的地はアビーロードです。
そう、ビートルズのレコードジャケットの写真で有名になったあそこです!

Img_7724 駅からあの「横断歩道」までの道は、
前もってGoogle Earthで予習済み(^^♪
何度も、何度も歩きました。(PCの画面を)

パパさんは地図があれば大丈夫と言ってましたが、私はそれでは不安でしょうがない(^^;)
なので、何度もシミュレーションし、それを文章に起こしておきました。
〇〇を右に行くと△△が見えて、それを・・・って感じに。


でも、ここではそんなことしなくても、行けたかもですぅ。
沢山の人が同じところへ向かって歩いていたから~(^^;)

アビーロードではみんなで仲良く順番守って撮影会です。              。

私はよく分からないのでパパさんの真似をしてパシャリ。
なんか、違う気もするけど・・(^^;)

思っていた以上に車が通ります。でも、車の方が遠慮しちゃって・・🚙💦
よく問題にならないなぁ。

この写真の左手に「アビーロードスタジオ」があります。
中には入れませんが、写真は撮れます。
スタジオの塀は訪れる人が記念にしていく落書きが
びっしりあることで有名らしいのですが・・・。
記憶にないんですよ。
いえ、撮った写真に落書きは写ってるんです。
なぜ気づかなかった?( ゚д゚)どんだけ~。ボケボケですわ。

日本では壁に落書きは許されませんよね。でもイギリスは記念に落書き、が多い。
海外の方にとっては当たり前なの?? ちょっと不思議でした。

何度も横断歩道を渡り、写真を撮り、街を眺めて・・・満足、満足。
次はベイカーストリート駅へ向かいます。

ベイカーストリートは言わずと知れた、
シャーロック・ホームズの住まいがあったところです。

もちろん、小説ですけどね。📖📚
駅の地下通路には、こんな感じでホームズ君がいました。
Img_7571_1

 

 

 

Img_7572

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイカーストリート駅をでると、大きなホームズの銅像が迎えてくれます。
駅からベイカーストリートを右へ進んでいくと、左手に見えてくるのが・・
Img_7570

「シャーロック・ホームズ博物館」です。Img_7776
この入り口はお土産店の入り口です。ここで入場チケットを買います。

すぐ横に博物館の入り口があります。
お巡りさんの恰好をした人が門番のように立って入場者を整理してるんですよ。
イギリスのお巡りさんってネクタイ締めてるのね。
写真を撮らせて欲しくて、頼んでみましたら・・。

なんと、小道具(帽子とパイプ)が用意されていて、ツーショットとなりました。(^^;)
自分が写るつもりが無かったので、あたふたしました💦
でも、お巡りさんの彼はとても親切で愛嬌のある人でしたよ。

人数制限をしながら入るので、少し待ちます。30分くらい?
中に入ると、解説をしてくれる紳士がいました!
勝手に見るんだと思っていたのでビックリ!

身振り手振りで、博物館の展示を解説してくれます。
ちょうど、ディズニーのキャストのように・・そういえば分かる?(^^;)

あとは特に時間制限もなくゆっくり見て、お店に戻ってお土産を買いました。

このベイカーストリート駅のすぐそばに、鉄道の駅、メリルボーン駅があります。
ここもパパさんが来たかった場所。
ビートルズの映画に出てくる場所だそうです。ファンの人は分かるかな?

4人が駅脇の路地を走る場面があって、そこでジョージが転ぶんですって。
そこで、パパさんは転ぶ真似をして・・・パシャリ。
何やってんでしょ、遠路日本から来て・・(^O^;) 

その後、ロンドンで一番賑やかと言われるピカデリーサーカスへ。Img_7574
もちろん、駅はピカデリー・サーカス駅

東京でいえば・・・渋谷?新宿??

駅の前には「エロスの像」というのがあります。
像の周りは大勢の人でごった返していました。待ち合わせかな?
渋谷のハチ公みたいなもの?なんていうと怒られるかな(^^;)

 

 

 

まず私たちが行ったのは、やはりビートルズゆかりの場所。
「旧アップルビル」です。

Img_7581

 

ビートルズが最後のライブを行ったのは、このビルの屋上だそうです。
予告なくいきなりこの屋上から大音量でビートルズが演奏を始めたんですね。
ビルのある場所はいわば路地裏なんですよ。

せまい道路に音に引き寄せられて大勢が集まったんでしょうねぇ。


お巡りさんに中止させられたって言いますけど、そりゃそうだよね。
いわゆるゲリラライブだもんね(^^;)

その後、私が買い物に行きたかったキッドソンフォートナム&メイソンへ。
キッドソンで娘や孫にお土産を買ったり、フォートナム&メイソンで紅茶を買ったり~☕

フォートナム&メイソンは紅茶屋さんだと思っていたのですが、
クッキーやジャム、マスタードなどの食料品から日用品まで売っている、
デパートみたいな店でした。

買い物に夢中でお店の写真撮り忘れました~💦
実は地下に素晴らしい茶器が沢山あったと後で知りまして、
行かなかったので、ちょっと後悔~。

その後、また地下鉄でコベント・ガーデン駅へ。
こちらもロンドン市内の有名なショッピングスポット。
表参道的な??
いえ、劇場が沢山並んでましたから、日比谷?有楽町?

こちらでは、通っている紅茶教室の先生に教えてもらったティーハウスというお店へ。
紅茶や茶道具などが売られています。


素敵なお店でしょ?小さいんですけど楽しいお店でした。
Img_7585

ずっと探していた大き目のティーコージーを発見。
マグも、大き目のもの見つけてゲットしました。普通のカップの2杯分入るかな。

朝早くから歩き回って、買い物しまくって(^^;) 
この時点ですっかりくたびれてましたので、
ここで打ち止め。
またまた、地下鉄にてホテルに戻りました。乗換えもすっかりお手の物~。

この日のディナーは・・。
ホテル近くのインド料理店へ行きました。

「Lily」というお店です。帰国してから調べたら、
トリップアドバイザーに推薦されてる店でしたわ!
2e80e8975cb848c28b04d38c99db7d3d
ビーフカレーとナン、タンドリーチキンとインドビールです🍺
青いラベルの方がインドのビールだったと思います。

インドは元イギリス領。
そんな関係なのかロンドンには美味しいインド料理店が多いそうです。

こちらも凄く美味しかったです。
カレーもですが、タンドリーチキンが~(≧▽≦)
今まで食べたことがないくらい柔らかくて美味しかったわ~💕

さて、この日私たちはずっと地下鉄で移動してました。
Img_7820

外国で困るのがチケットの買い方ですよね。
でも、ロンドンでは日本でいうところの
「SUICA」「PASUMO」にあたる「オイスターカード」と言うのがありまして、
それを買ってチャージして使います。とても便利です。

余談ですが、チャージする、はイギリスでは「top up」と言います。
chargeは通じませんのよ。

ロンドンについてからでも、日本にいる間でも手に入れることが出来ます。
日本で買うとイギリスからの送料がかかってしまいますが、
旅行者用の図柄のものを送ってもらえます。写真は私のカードです(^^♪

しかも、このオイスターカード、チケットを買うよりず~と安い運賃で電車に乗れます。
半額くらいらしいですよ。
ロンドンへ行くときはぜひ調べてみてくださいね。

ロンドンの町を一日歩き回って、本当にヘトヘトになりました。
明日は5時起き。ドキドキの長距離移動です。

今回の旅のメインイベント、リバプールへまいります。

第3弾へ続く・・・。

 

 

« イギリス旅行記 1 | トップページ | イギリス旅行記 3 »

コメント

おはよー御座います( ^ω^ )

ビートルズの横断歩道はやっぱり有名なんですのね〜 笑
あたしはリアルでは知らないけど…(´∀`)

にしても、今は電車もそう言ったカード使う国多いですよね!
あたしも行きたいからtop upって言うの覚えておくわっ!笑

ますます旅行に行きたくなってきたー(◍︎˃̶ᗜ˂̶◍︎)✩︎

MAGIちゃん・・
(これ可愛いわ)

横断歩道には沢山観光客がいました。
なんかね、同じTシャツを着た団体もいたわ。
朝9時前だったのに!!

乗り物のプリペイドカードは多くの国にあるようですね。
香港はオクトパスカード?
便利でいいんですが、今回途中で残金不足になり、
Top-Upするのに四苦八苦してしまいました(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イギリス旅行記 1 | トップページ | イギリス旅行記 3 »

「向こう」

  • 違う まだまだ君は終わりじゃないよ  君の向こうに広がる道が どこへ辿り着くかはわからないけど  楽しいときは笑うんでしょ? 悲しいときは泣くんでしょ?  どんなに毎日が辛くたって それさえできれば生きていける 生きていかなきゃ…  違う まだまだ道は続いているよ  歩いていけばきっと 生まれてきた意味も 生きている理由も わかってくるんじゃないかな・・・  そう信じて進んで もっともっと遠くまで まだまだ君は歩いていけるよ        
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自分らしさ1

”ぴあの” 今日のおかず